手 の 痺れ 病気。 「しびれ(上肢のしびれ)」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる

「手のしびれ」は病気のサイン?手が痺れる原因とは?

手 の 痺れ 病気

「朝起きると手が痺れている、時間が経つと治るが変な病気じゃないかな?怖い・・・」 こんな状況でお困りではありませんか? 痺れと言うのは些細な病気から重大な病気まで幅広くあります。 そのため、あなたも「大きな病気じゃないのか?」と不安に駆られているのではないでしょうか? この記事では 寝起きの痺れの病名、原因をお伝えしていきます。 そして、自分で出来る寝方や枕選びをお伝えしますので、 軽度な痺れでしたらこれで解消することができます。 さらに、それでも 痺れが取れない場合は病院の何科に行けばいいのまでお伝えさせて頂きますので、しびれに対しての対策がとれます。 是非お役立てください。 寝ている姿勢やマクラの選び方 寝起きの手のしびれの原因で特に多いのは、寝ているときに血管を圧迫することによる痺れが多いです。 正座を長時間していて足が痺れるのと同じ理屈です。 特に、寝方や枕があっていないことも原因のひとつなので、是非一度確認してみてください。 寝ている姿勢は上向きですか? 正しい寝方は基本的には、上向きです。 上を向くことにより呼吸がしっかりとでき、寝返りもしやすくなり体が回復しやすくなります。 例外としてましては、妊婦さん、ぎっくり腰のように上向きで寝る事により痛みがでたり不具合がある人は、横向きです。 自分にあった枕を選べていますか? まず、枕って何のために必要かご存じでしょうか? 理由は首の骨のカーブを維持するために必要なのです。 首の骨は自分の体の前の方に向かってカーブしていて、 「気をつけ」の姿勢をした状態で首のカーブが5度が理想的と言われています。 この5度のカーブが崩れてくると痛みや痺れがでやすい状態になります。 そして、この首のカーブを守ってくれる枕がありまして、 それが私たちがお勧めさせて貰っているテンピュールと言うマクラです。 こんな形の枕です。 枕を選ぶ重要なポイントは3つです。 これは自分では難しいので、誰かに立っている状態と、寝ている時の状態を見てもらう方が良いですね。 この3つがきちんと揃うと首の骨が整えられてしびれの解消や予防にまで繋がります。 出来るだけ早く自分にあった枕を選んで購入してください。 寝起きに痺れるときはこの3つを疑ってください 手根管症候群 腕の真ん中を通っている正中神経が、手の靭帯に押さえつけられ痺れが発生しています。 妊娠や出産などの女性に多く、理由は「むくみ」が関連していると言われています。 どういうことかと言うと、靭帯がむくみにより膨らみ、神経の圧迫がおきることにより痺れが発生します。 だから、むくみやすい女性はこの病気になりやすいです。 後は、よく仕事やスポーツで手を使いすぎる人によく起きます。 痺れる指としましては、人差し指・中指・薬指が痺れ、手を振ったり、指を曲げ伸ばしすると痛みは楽になります。 手根管症候群がどうかを調べる方法 手の表と表をあわせる合掌ってありますよね、あれは手の表面を合わせているのですが、それと逆で手の甲と甲をしっかりと合わせると痺れてくるので、手根管症候群の人はすぐに分かります。 この方法が気になる方は「ファレンテスト」で検索をしてみてください。 そして治療は整形外科にいくと、湿布やビタミン剤、固定、あまりにもひどい場合は注射などの治療になります。 胸郭出口症候群 鎖骨のあたりの神経や血管の圧迫が原因となっています。 なで肩の女性や重い物をよく持つ人に多く見られ電車のつり革につまるときの動作なので、肩や腕に痛みや痺れ・指の筋力低下を伴う事があります。 筋肉の名前はややこしいので、胸郭出口症候群の原因は3つの場所が原因となっている事があるという程度でOKです。 自分が胸郭出口症候群かどうか調べる方法もあるのですが、この仕方は少し難しいのであまりお勧めはしません。 それでも確かめてみたいと言う方のために、下記のURLに自分で出来る仕方のHPがあるので参考にしてみてください。 治療としては、整形外科に行くと消炎鎮痛剤、血流改善の薬、ビタミン、ブロック注射・さらに酷い場合は手術となります。 頚椎椎間板ヘルニア 椎間板とは首の骨と骨の間にある、ゴムのようなものです。 椎間板ヘルニアとはゴムが破けて神経を圧迫し痛みをだしている状態の事を言います。 頸椎椎間板の症状としては、しびれ・痛み・感覚異常・筋力低下・運動麻痺などです。 よくこの状態になる年齢としては、30代~50代の方です。 頸椎椎間板ヘルニアかどうかを自分で判断するのは難しいのですが、上を向いておでこに手のひらを乗せて、首の骨の方を向いて押すと痛みや痺れが悪化すると言う特徴もあります。 ただ、これで頸椎椎間板ヘルニアかと言うとそうではない場合もありますので、 先ほどの方法を試して痺れなどの異常があれば、神経的な何かがあるので必ず整形外科などに受診してください。 治療としては、整形外科に行くと牽引・カラー固定・筋弛緩剤・消炎鎮痛剤・ビタミン・注射・さらにひどいときは手術となります。 こんな痺れがあればすぐに病院へ• 手の痺れと一緒に口も痺れる• 痺れと一緒に指に力が入らない• 指先の色が紫色• めまいが伴う• しびれが10分以上続く• 物の見え方がいつもとちがう• 頭痛や吐き気をともなう• 足も一緒に痺れる このような状態は、脳などに異常を併発している可能性がありますので、すぐに病院に受診してください。 病院は何科に行くべきかと言うと、まずは 整形外科、もしくは 神経内科を受診し医師に自分の状態を伝えてください。 ちょっとしたことで痺れが解消される場合もありますよ いかがでしたでしょうか? 寝起きの痺れは簡単な原因で言うと初めにお話した、寝方や枕が原因のことが多いです。 例え、胸郭出口症候群や頚椎椎間板ヘルニアだとしても、寝方や枕を変えることで状態が良くなる方もたくさんおられます。 是非、朝の痺れで困られている方は寝るときの環境を変えてみてください。 それでも駄目でしたら、医療機関を受診することを強くお勧めします。 *また、他に私の書いたしびれに関する記事がありますので興味がある方はご覧ください。 左手にしびれがあり、力が入らず物を持っても落としてしまう。 あなたに.

次の

手の痺れは疲れのせい?脳の病気?痺れが起こる原因とは|疲労ラボ

手 の 痺れ 病気

1 一時的なしびれ 朝起きたとき、からだの下になっていた手がしびれたことなどを経験したことがあると思いますが、すぐに治ってしまう場合は、血行が一時的に悪くなったためのしびれで心配ありません。 これは正座をした後と同じです。 ただし、では、朝方に眼がさめたときにしびれや痛みが強くなりますので注意が必要です。 手指を動かすと軽くなるのが特徴です。 2 しびれの部位による考え方: 母指(親指)・示指・中指と環指の母指側半分の掌側だけがしびれている場合は正中神経の障害と考えられ、が最も疑われます。 初期や軽症のときは、示・中指のしびれだけのこともあります。 小指と環指の小指側半分の掌背側がしびれたら、尺骨神経の障害でが最も疑われます。 母指・示指・中指の手の甲(手背)側がしびれて手首が背屈しにくくなったら、が最も疑われます。 手背・前腕・上腕がしびれている場合や両手がしびれる場合は、頚椎の疾患やなどが疑われます。 また、両手足がしびれる場合には、頚椎疾患や神経内科が専門の末梢神経の変性疾患が考えられます。 一方、片側の手足がしびれる場合や上肢のほかに口の周りなどがしびれる場合などには、頭の中の病気(脳腫瘍や脳血管障害などの頭蓋内病変)を考えます。 詳しくは整形外科医にご相談ください。 3 自分でできる障害神経の判定: を疑ったら両手の手首を直角に曲げて手の甲をつけたかたちで1分間保持します。 その間にいつもの痺れが強くなれば、の可能性が高まります。 であれば、肘の内側に軽くたたくと小指に放散する痛みやしびれを感じます。 では、手首や指が背屈できなくなるのでわかります。 いずれにしても整形外科医にご相談ください。

次の

「しびれ(上肢のしびれ)」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる

手 の 痺れ 病気

手が痺れる。 これはだけでも経験したことがあると思います。 手の痺れは腕の末梢神経が圧迫されたり、血行が悪くなることで発生します。 少し腕を変なかたちで床についていたり、重たい荷物をずっと持っていたりすることでも起こります。 これはずっと正座をしていて足が痺れるのと同じことです。 これらの一時的な手の痺れはすぐに治るので問題はありませんが、継続的に手の痺れが止まらない、朝の寝起きにも痺れているような場合には、その痺れの奥に病気が潜んでいることがあります。 手の痺れぐらいで大げさだと思う方も中にはいらっしゃるでしょう。 しかし命にかかわるような重大な病気の可能性もあるのです。 ここでは手の痺れが止まらない時に疑うべき7つの病気について説明します。 神経の走るトンネルが圧迫される これには痺れの場所と症状によって3つに分けられます。 まずは手根管症候群です。 手根管症候群は親指の外側や人差し指、中指の外側が痺れているときに疑われます。 朝、目覚めたときに痺れや痛みが強く、手指を動かすと軽くなるのが特徴です。 手首の手のひら側中央にある手根管という正中神経の通り道が何らかの原因で圧迫されておこります。 次は肘部管症候群です。 これは小指とくする指が痺れて感覚がなくなり、指を開いたり閉じたりすることが難しくなります。 肘の内側にある肘部管を通る尺骨神経が何らかの原因で圧迫されて起こります。 最後は橈骨神経麻痺です。 親指、人差し指、中指の手の甲側が痺れて手首が背屈しにくくなります。 なで肩の女性は気を付けましょう なで肩の女性に多いといわれているのが胸郭出口症候群です。 これは腕やその付け根の肩甲骨を支配する腕神経叢や鎖骨下動脈が、それぞれの部位で絞めつけられたり、圧迫されたりして起こります。 なで肩の女性だけではなく重いものを持ち運ぶ方も気を付けてください。 症状としては物干しの時や吊革につかまるときなど腕を上げるどうさをしたときに腕や手の痺れや痛み、肩甲骨周辺の痛みが生じます。 また手の小指側にうずきが生じたり刺すような痛み、ピリピリした感覚障害や握力低下と細かい動作がしにくいなどの運動障害も起こります。 胸郭出口症候群では予防と保存療法が大切になってきます。 症状を悪化させるような腕を上げて行う作業や重い物を持ち上げるような動作、リュックサックで重いものを担がないようにしましょう。 脊椎や頚椎が原因となることもあります 手の痺れには手や腕の問題ではなく、脊椎や脊髄が原因になっているものも多くあります。 ここではどのような病気があるのかいくつか紹介します。 変形性脊椎症の多くは加齢によっておこります。 軽症なものは症状が出ないこともありますが、変形が進んでひどくなると慢性的な痛みや痺れがでてきます。 頚椎椎間板ヘルニアは椎体と椎体の間にある椎間板という部分が変性してしまって、脊髄や神経根を圧迫してしまいます。 脊髄が圧迫されてしまっている場合は、両側の手の痺れや運動障害が起こるか、最初は片方だけだったのに後から反対側にも同様な症状が現れることも多いです。 神経根が圧迫されている場合には首や肩の後ろ側や手指にかけて痛みがあり、痺れや知覚障害などが見られることもあります。 甲状腺の機能が低下しても痺れはおきます 甲状腺とは身体の代謝を促進するホルモンを出すところです。 甲状腺機能低下症とは甲状腺自体の炎症や、甲状腺ホルモンの分泌を促す刺激ホルモンが低下することでおこります。 40歳代以降の女性が発症することが多く更年期障害と間違えられやすい病気です。 甲状腺機能低下症の症状には、全身の倦怠感、低体温、皮膚の乾燥、顔のむくみ、声枯れなどがあります。 ではなぜ甲状腺機能低下症で痺れが起こるのでしょうか。 じつは甲状腺機能低下症の直接的な症状ではなく、甲状腺ホルモンが影響した神経障害として手根管症候群の症状がでてしまうのです。 手根管症候群自体は更年期障害を発症するような年齢の女性に多くみられます。 手が痺れるといった症状がみられたらホルモンの病気も関係している可能性がありますので、一通り確認をしておくのがよいでしょう。 起こると危険な手の痺れ 手の痺れの中には起こると生命に危険が生じるものもあります。 脳梗塞や脳出血などの症状としての痺れです。 ここではどのような痺れが危険なサインなのかいくつか紹介します。 片側だけの手足がしびれる・薄い手袋をはめているような感覚がする・片側の手と口が同時に痺れる・急に起こって数分で消える、このような症状がでたらすぐに病院に行き医師の診察を受けましょう。 他にも低カルシウム血症や糖尿病性ニューロパチー、脳腫瘍などの病気でもてのしびれが症状として出てくることがあります。 糖尿病を患っている方や、様々なお薬を飲んでいる方は副作用などで低カルシウム血症が起こる場合もあります。 今一度ご自身の状態を確認しておきましょう。 パニック障害での手の痺れ パニック障害は突発的な発作として、様々な症状が起こりパニックに襲われます。 その方の状況や精神状態が作用して起こりますが、どのような症状があるのか見てみましょう。 多くは、電車内や会社や授業中など周囲に人がいる状況でおこります。 心臓がドキドキして来て呼吸が荒くなってきたり、冷や汗が出て身体が震える。 手足がしびれてつっぱった状態になる、めまいなどが出てきて、このままでは死んでしまうのではないかと思うような強い不安に襲われます。 このような発作が起きて急いで病院へ行ってもそのころには発作は消え、心電図などの検査にも異常は見られません。 しかし、発作を繰り返すようになってしまうと痺れやめまいが慢性化することがあり、次の発作に対して怯えてしまい不安が募ってしまいます。 うつ病での手の痺れ 全項のパニック障害と併発して発症しやすいのがうつ病です。 うつ病とはやる気が出ないという意欲低下、悲しい気分になる抑うつなどの心の症状と食欲低下や不眠、倦怠感などの身体の症状が現れる病気です。 ではなぜうつ病で手が痺れることがあるのでしょうか。 うつ病になると自律神経の不調が起こりやすくなります。 それで血液の流れが滞り、酸素が不足して手が痺れたりします。 また、抗うつ薬を減薬したり、自分の判断で飲むのをやめてしまうと離脱症状が起きてしまいます。 この抗うつ薬の離脱作用には様々な症状が起きますが、中でも耳鳴りが「シャンシャン」鳴り、手が「ビリビリ」痺れる状態、いわゆる「シャンビリ」が起こってしまいます。 このように手も痺れと言っても様々な原因があります。 身体的な原因で症状が出てくるもの、精神的な原因で出てくるもの。 その中でも起こると危険な手の痺れに関しては注意が必要です。 もし症状が起こったらほおっておかずに自己判断はしないで、早めに病院で専門家に見てもらってください。 また一時的な痺れの場合も、同じような症状が繰り返し現れる様でしたら、医療機関などを受診して専門家の意見を聞くようにしてください。 専門家の意見を聞いて原因がわかればストレスも軽減されて症状緩和の効果も期待できます。 まとめ 手の痺れが止まらない?!早めに疑うべき7つの病気 ・神経の走るトンネルが圧迫される ・なで肩の女性は気を付けましょう ・脊椎や頚椎が原因となることもあります ・甲状腺の機能が低下しても痺れはおきます ・起こると危険な手の痺れ ・パニック障害での手の痺れ ・うつ病での手の痺れ.

次の