ぶっ 飛び 君 75hs。 ジャンプライズ ぶっ飛び君95Sの使い方徹底解説 サーフヒラメ・マゴチ攻略

ぶっ飛び君95S

ぶっ 飛び 君 75hs

人気商品を真似るのは商売の定石だから 人気商品がパクられるのは宿命みたいなもの。 今回紹介するルアーは、JUMPRIZEの「」に酷似しています。 こいつが数々の釣果をあげ、どの店からも姿を消し、ネット在庫も皆無になるほど流行した時期があります。 その人気に続けといわんばかりに、後追企業が続々と「 9cm・重い・シンペン・飛ぶ!」などの要素を持つルアーを販売しました。 その理由は、絶大な釣果による信頼、そして口コミによる所が大きい。 名前の通りにイワシが飛ぶ!「ジェットサーディン」 特にパクり品が多い「ヘビーシンペン」のカテゴリですが、ひょんな所で知った「 ジェットサーディン」は、もう見た目から攻めてますね(褒め言葉)。 まずは互いのスペックを比べてみましょう。 95mm・27g(ぶっ飛び君)• 95mm・28g(ジェットサーディン) 形状も同じだしスペック自体もほぼ同等。 単体を褒めてあげよ? ……その評価はわりと高く、ルアーに多少不満があっても、価格ですべてが吹っ飛ぶので、コスパは重要なんですねぇ。 単価が安いルアーは複数カラーを用意するのに最適 ぶっ飛び君は1個失くすだけで、そこそこ良いランチが食べれる金額です。 1,500円以上なら都内のイタリアンで女性が満足するランチを提供するのも容易。 しかし、ポンポン失くすのは「ただの下手」なので、改善しましょうね。 ジェットサーディンの価格は、ファミレスでも満足できるレベル。 アレの値段で2色買えるんだから、スレ防止やその日にあったカラー選択のチョイスがしやすくなります。 単体であらゆるレンジを通せるため、いくつかのカラーを用意するほうが、釣れる可能性が高まります。

次の

ヘビロテ入り間違いなし!?ぶっ飛び君95S & ぶっ飛び君95SSのインプレ&使い方を解説!|TSURI HACK[釣りハック]

ぶっ 飛び 君 75hs

ジャンプライズのぶっ飛び君ミディアム95ssの特徴 ジャンプライズから発売されているぶっ飛び君ミディアムの特徴は以下のとおりになっています。 ・ぶっ飛び君ラインよりもウエイトが重い これが一番の特徴というか、限定生産だからこそできるスペックになっているかと。 21gという自重 ぶっ飛び君ライトとぶっ飛び君ミディアムを合わせれば基本的に河口でのサーフのヒラメ釣りにおいては十分かと。 ですが、2016年に限定生産されたぶっ飛び君ミディアム95ssを揃えるとさらに最強。 ぶっ飛び君ミディアム95ssの自重は21g。 ぶっ飛び君ライトとぶっ飛び君ミディアム95sとの中間的な立ち位置になっています。 アングラーによっては、細かいローテーションをさせるのが面倒だからと使わない人もいるかもしれません。 ですが、こういった細かいローテーションをさせている人ほどよく釣果をあげるもんです。 ぶっ飛び君ミディアム95ssの使い方 使い方はぶっ飛び君シリーズ同様の使い方でいいかと。 河川なんかでシンキングペンシルを使う場面にシンプルに使う。 基本性能が高いジャンプライズのぶっ飛び君シリーズだからこそ普通に使うだけで十分釣れるかと。 まとめ ぶっ飛び君シリーズって、使っていて本当に楽しいですよね。 投げていて楽しい。 だから集中して投げ続けられる。 だからヒラメを釣ることができる。 ヒラメだけでなくシーバスなんかのターゲットにもぜひとも使いたいルアーですね。

次の

ぶっ飛び君ミディアム95ssのインプレと使い方

ぶっ 飛び 君 75hs

出典: リトリーブでは強めのハイピッチアクション、フォールではローリングを伴った水平フォールでフィッシュイーターを誘ってくれるのが特徴。 使い方によって表層からボトムまでをカバーしてくれるルアーとなっています。 ぶっ飛び君のラインナップとインプレ ぶっ飛び君には同じサイズで重さが違う3モデルがラインナップされています。 使い分けすることによって細かに状況に合わせることができ、より攻略の幅を広げることが出来るでしょう。 ここではその3モデルをレビューと併せて紹介します。 ぶっ飛び君95S ぶっ飛び君の3モデルの中で最も重量のあるモデルです。 飛距離と強めのアクションで広範囲をサーチするのに向いています。 使い方を工夫していくことで、河川からサーフ、磯といった多くのシチュエーションで活躍してくれます。 76cmのヒラメが釣れました。 やはり魚の反応は抜群です。 オススメです。 (出典:) ぶっ飛び君を使うようになって、ジグを使わなくなりました。 とにかくフォールを動きが効きますね。 (出典:) 1投目、試しに軽くキャスト60mしかも綺麗に飛んでいく。 まるでメタルジグ!(出典:) メタルジグで今までヒラメが釣れなかったのですが、同じ場所でぶっとび君使用したら簡単に三匹も釣れてしまいました。 (出典:) サーフの波が荒く風があっても良く飛び購入後の釣行で初ヒットしました。 (出典:) ぶっ飛び君ライト95SS ぶっ飛び君の3モデルの中で最も軽いモデルがぶっ飛び君ライト95SSです。 浮き上がりが速いのが特徴で、シャローを攻略するのに向いています。 特に釣り人が多くナーバスになっているシーバス攻略に使ってみてください。 出典: ぶっ飛び君は飛距離とアクションを活かして、広範囲を探るサーチベイトとして有効なルアーです。 魚を釣るのはもちろんのこと、流れの変化を見つけたりする事も。 ここではぶっ飛び君の使い方を紹介します。 スローリトリーブ ぶっ飛び君のスタンダードな使い方がスローリトリーブです。 シンキングペンシルの中でも強めのアピールで魚にアピールしてくれます。 表層からボトムまでをカウントダウンしつつ、狙っていく層を変えてスローリトリーブさせていくと良いでしょう。 流れが強いところでは、アクションがより強くなってくれるので変化も分かりやすいです。 その日の状況をより早く把握するのにおすすめの使い方です。 フォールさせてはリトリーブして浮き上がらせることを繰り返してみてください。 バイブレーションやメタルジグではアクションが速すぎてしまうといった時に効果的となってくれます。 ぶっ飛び君のおすすめカラー ぶっ飛び君には多くの状況に対応してくれる豊富なカラーラインナップがあります。 ここでは特に人気の高いカラーをご紹介します。 サンライズチャート.

次の