エマニュエル 夫人 飛行機。 エマニエル夫人 : 作品情報

「エマニエル夫人」は乗りもの映画である~もちろん二重の意味において【後編】

エマニュエル 夫人 飛行機

エマニエル夫人とは、1974年に公開されたフランス映画です。 原作はエマニュエル・アルサンの小説『エマニュエル夫人』で、官能的かつアンニュイな世界観の作風は大きなヒットを呼びました。 耳に残る主題歌も話題となり、この時代に映画を見た人は大体主題歌を覚えているのではないでしょうか。 当時性描写のあるポルノ映画は男性向きと思われがちでしたが、エマニエル夫人は女性向きなのも特徴です。 まずはネタバレなしの大まかなあらすじですが、バンコクに住む外交官の妻・エマニエル夫人は、満たされた生活の裏にどこかマンネリや物足りなさを抱きます。 そんなエマニエルは、ある日「性の儀式」を知人に紹介されます。 初めは戸惑っていたエマニエル夫人でしたが、徐々に大胆になり性への欲望を開花させていきます。 始めは性に対して奥手だった若い夫人が、激しい性の世界へと進んでいく背徳的な物語となっています。 この先では更にネタバレあらすじをご紹介します! エマニエル夫人の基本情報 製作国 フランス 公開年 1974年 監督 ジュスト・ジャカン 脚本 ジャン=ルイ・リシャール 音楽 ピエール・バシュレ 上映時間 91分 エマニエル夫人の1番の見どころ エマニエル夫人はポルノを取り扱っているにもかかわらず、男性向きではなく女性向きということです。 官能的なシーンはたくさんありますが、ハードコアポルノではなくソフトコアポルノなので、女性でも受け入れやすいのが特徴です。 その理由として挙げられるのが、フランス映画特有の演劇風の演出、またおしゃれでロマンティックな雰囲気などが挙げられます。 エマニエル夫人の作中にはレズビアン描写もあり、美女同士の絡みは同性が見ても美しく感じます。 決して下品なエロスではなく、美しく官能的な雰囲気がエマニエル夫人の見どころです。 女性同士の恋愛やセックスなど過激なテーマながら、芸術作品のようなエマニエル夫人を是非お楽しみください!ストーリーを知りたい方はネタバレあらすじもお楽しみください。 なお同様に官能的な作風の映画はこちらもおすすめです! エマニエル夫人の原作『エマニュエル夫人』は、フランスの女性作家エマニュエル・アルサンが手掛けた小説です。 タイのバンコクで生まれたタイ人女性ですが、フランス人のペンネームとしてエマニュエル・アルサンという名前で執筆活動をしていました。 元々は映画の脚本家として活躍していましたが、執筆活動面での功績が大きく注目されました。 『エマニュエル夫人』では過激な性描写をはじめレズビアンや激しい愛情の形を赤裸々に綴り、そのインパクトある作風は男女問わず高い人気を博しました。 その後もエマニュエルシリーズの執筆活動は続けており、人気のシリーズとして世界的に愛読されています。 なおエマニュエル・アルサン本人も16歳という若さででフランスの外交官と結婚しています。 エマニエル夫人の主人公と重なる部分もありますね。 エマニエルは20歳ほどの年若き妻でした。 年の離れた夫との生活はとても幸せなものでしたが、どこか物足りなさも感じるものでした。 夫のジャンは、若く美しい妻エマニエルを独り占めするのは良くないという、独特な考えを持つ男性でした。 妻の美しさを多くの男性にも知って貰う為、妻が自分以外の男性と関係を持ってもまるで構わない、むしろ歓迎するという価値観の持ち主です。 そんなジャンは時々「浮気をしても構わない」などと冗談めいたことを言いました。 性に対する道徳心が非常に奔放であったジャンは、エマニエルに浮気を勧めると同時に自身もあらゆる女性と関係を持ちます。 しかしエマニエルはそのようなことも出来ず、ただ平穏で平凡な日常が過ぎていきました。 先にバンコクへ向かった夫・ジャンの後を追いバンコクへと旅立つエマニエル。 しかしバンコク行きの飛行機の中で、エマニエルはある体験をします。 ネタバレありのあらすじですが、今まで貞節を守っていたエマニエルが、飛行機の中で初めて見知らぬ男性とのセックスを体験します。 一人目の相手とは周囲の乗客が寝静まった客席でセックスし、二人目の相手とは飛行機のトイレの個室で行いました。 今まで性に対して内向的だったエマニエルでしたが、この体験がきっかけでこの先向かうバンコクでは更に激しい性の世界へ踏み込むこととなります。 バンコクに到着したエマニエルはジャンと共にバンコクの街を観光します。 しかし、物乞いをする貧しい子供や鶏をさばいて売る野蛮な市場など、優雅で美しいパリとは正反対の生活に早くもうんざりしてしまいます。 エマニエル夫人のネタバレ:様々な女性との出会いが夫人を変えていく ある日バンコクの庭園でとあるパーティが開催されます。 ここには外交官や芸術家、エマニエルと同じく有閑マダムなどが集まっていました。 そしてここで出会う人々によって、エマニエルの生活は変わっていきます。 有閑マダム達は高級クラブでスカッシュや水泳、ゴルフなどを楽しみます。 時には夫以外の男性とセックスを楽しむこともあるという奔放なマダム達でしたが、エマニエルはそのような周囲の人達にどこか馴染むことができませんでした。 この有閑マダム達のリーダー格であるアリアーヌという女性は、エマニエルに「ここでの唯一の敵は退屈だ」と教えます。 エマニエルはアリアーヌと友人になります。 このアリアーヌは、ネタバレあらすじですが、エマニエル夫人の背徳感をより高める人物でもあります。 エマニエルは周囲の有閑マダム達とは一線を画したような存在である、ビーという女性を気にかけます。 その一方で、マリアンジュという年下の少女から「家を訪ねてもいいか?」と聞かれ、エマニエルはそれを承諾します。 エマニエル宅に遊びに来たマリアンジュは非常にあけすけな性格で、性に関する質問をしてはエマニエルを困らせたり、エマニエルの目の前で自慰をしたりなど驚きの行動に出ます。 そのように奔放なマリアンジュに感化されたのか、エマニエルはバンコクへ来る際飛行機の中で二人の男性と肉体関係を持ったことを打ち明けます。 エマニエルは徐々に性に対する抵抗を無くしていきます。 エマニエル夫人のネタバレ:レズビアン趣味の美女との関係 エマニエルは夫・ジャンとの性生活を高める為、自分をより磨こうと努力していました。 ここから重要なネタバレあらすじですが、ある日有閑マダムのパーティーで友人となったアリアーヌに、女性同士、つまりレズビアンのセックスを教えられます。 アリアーヌはエマニエルと同じく有閑マダムでありながら、レズビアン趣味があり自身の性生活にも不満を抱いていたのでした。 そんなアリアーヌからスカッシュの誘いを受けたエマニエルは、アリアーヌから誘惑されるようになります。 しかしその一方で、エマニエルはビーの存在が気になります。 有閑マダム達の輪に入らずいつも一人でいる美女・ビーは、アメリカ出身の研究者でした。 考古学を勉強する為タイに来ているビーは、堕落的な生活を送る他の夫人とは違い、自分の目的に向かって生き生きと暮らす、素晴らしい女性でした。 エマニエル夫人のネタバレ:女性研究者・ビーとの恋 始めは姉を慕うような感情をビーに抱いていたエマニエルでしたが、その感情は徐々に大きな愛へと変化していきました。 しかしビーは、エマニエルに対してそのような感情を抱いていません。 それでもビーに対して一途な恋心を抱くエマニエルは、ジャンには内緒でビーと一緒に二泊三日の研究旅行へついて行きます。 今まで受動的でしかなかったエマニエルでしたが、ビーに対する思いは初めて自ら切り開いた恋愛でもありました。 そしてエマニエルとビーは、レズビアンのセックスを楽しみます。 ネタバレ感想ですが、この時が一番映画内でエマニエルが恋愛にときめいていたように思えます。 しかし、この事が夫のジャンにばれると、あれほど浮気を勧めていたにもかかわらず怒ったように態度が一変してしまいます。 この人物もネタバレあらすじ的にはかなり重要な人物です。 性に対して独自の哲学を持つマリオは、社交界でも特別な存在でした。 「複数の人間と時や場所を選ばずに行うセックスこそ性の喜び」と謳うマリオですが、エマニエルにとっては不快な存在です。 エマニエルにとって思いを寄せる相手は女性であるビーです。 しかし、ネタバレあらすじになりますが結局エマニエルはビーに冷たくふられてしまいます。 あの時ビーがエマニエルとレズビアンセックスを行ったのは、エマニエルを傷つけない為というビーなりの優しさでした。 しかし結局その気のないビーとはうまくいかず、エマニエルは失恋のショックで傷つきます。 夫のジャンもエマニエルには冷たい態度をとる為、エマニエルはビーを忘れる為性に奔放なマリアンジュと恋仲になろうとします。 エマニエル夫人のネタバレ:複雑な性と恋愛の関係 そして更に登場人物の関係に関するネタバレあらすじです。 マリアンジュは、実はエマニエルの夫であるジャンと関係を持っていました。 更にエマニエルに対して思いを寄せていたアリアーヌも、ジャンと関係を持っていたことがわかります。 夫をはじめ思いを寄せる相手、思いを寄せられる相手、様々な人物を巻き込んで複雑な関係となってしまったエマニエルは、性の哲学を持つマリオと会うことになります。 マリオと食事を共にしたエマニエルは、マリオから性の哲学を教えられます。 そしてあらゆる場所で、あらゆる男性と肉体関係を持つようになります。 それは恋愛の相手である愛情のあるセックスではなく、まるでレイプのような野蛮なセックスでした。 エマニエル夫人のネタバレ:性の哲学に目覚める結末 マリオに性の哲学を教えられたエマニエルは、アヘンの巣窟で男たちに強姦されます。 更にマリオは屈強なボクサーたちが集まる場所で、エマニエルに好みの男を二人選ばせます。 エマニエルに選ばれた男たちは、エマニエルを賭けてキックボクシングの対決をします。 勝者である男性にはまるで褒美のようにエマニエルの肉体が捧げられ、二人は関係を持ちます。 こうして恥辱としか思えないような一夜を体験したエマニエルでしたが、その表情は苦悶に満ちるどころか、不思議と爽やかなものでした。 マリオが言うように、エマニエル自身も性の哲学に目覚め、奔放な性の世界へと進む結末を迎えます。 異常がエマニエル夫人のネタバレあらすじになります。 映画「エマニエル夫人」の出演者について エマニエル:主人公(シルヴィア・クリステル) エマニエル夫人は男性向けのハードコアポルノ映画とは違い、女性向けのソフトコアポルノ映画という作風で今までにない評価を受けました。 一般的に大ヒットは望めないポルノ作品にもかかわらず、世界的にヒットした異例の作品と言えます。 もちろん評価は賛否両論でも、そのインパクトは絶大でした。 ネタバレ評価ですが、フランス映画でありながら舞台がタイのバンコクということもあり、全体的にエキゾチックなムードのある映画に仕上がっています。 そんなエキゾチックな雰囲気に加え、官能的かつ背徳的な描写やストーリーは、非常に多くの人から高く評価されました。 70年代の画期的な映画と言ってもいいでしょう。 ネタバレなしの個人的な評価としては、主人公エマニエルを演じるシルヴィア・クリステルをはじめ、美しい女優陣の肉体美など女性でもうっとりするようなシーンに目を奪われます。 ネタバレありの評価としては、内容よりお色気シーンがメインと思っていたので、意外にも複雑な恋愛描写がありストーリーも楽しめました! QUOTE エロチックなシーンが多いにもかかわらず、女性が嫌になるような嫌らしいシーンはありません。 美しい女優に映像、音楽などは女性が見ても楽しめるはず! 引用元:BLECY編集部調べ 映画「エマニエル夫人」のあらすじ:感想 エマニエル夫人のネタバレ感想です!女性向けとはいえポルノ映画なので、初めは抵抗がありました。 しかしフランス映画特有のアンニュイでソフトフォーカスのような映像や音楽は、性的描写があるのに不思議と嫌な気持ちがしない不思議な作品です。 公開当時も女性客が多く社会現象になったというのがよくわかります。 更にネタバレですが男女の性行為以外にレズビアン描写もあり、性別にこだわらない恋愛やセックスといった内容も、この作品のテーマなのかなと思いました。 性の哲学や自由な性など作中で語られている言葉も、そのように感じます。 同性のビーに対する愛情を向けてもそれが叶わないエマニエルの存在は少し切ないですね…。 エマニエル夫人を演じるシルヴィア・クリステルの美しい顔立ちやスタイルは、女性が見ても見とれてしまうほど魅力的です。 初めは少し初々しいエマニエルが徐々に成熟した色気を醸し出していく様子など、エマニエルの美しさに心を奪われた作品でした!ポルノだからと抵抗している方にも、是非おすすめしたい作品です。

次の

エマニエル夫人

エマニュエル 夫人 飛行機

解説 地上最後の楽園と呼ばれるインド洋のエキゾチックなオアシスでくりひろげられるエマニエルのアヴァンチュールを描くシリーズ第3弾。 製作はイヴ・ルッセ・ルアール、監督はフランソワ・ルテリエ、脚本はフランソワ・ルテリエとモニーク・ランジュ、撮影はジャン・バダル、音楽はセルジュ・ゲンズブールが各々担当。 出演はシルヴィア・クリステル、ウンベルト・オルシーニ、ジャン・ピエール・ブーヴィエ、シャーロッテ・アレクサンドラ、ジャック・ドニオル・ヴァルクローズ、オルガ・ジョルジュ・ピコ、キャロライン・ローレンス、エリック・コラン、アレクサンドラ・スチュワルトなど。 1977年製作/フランス 原題:Goodbye Emmanuelle 配給:コロムビア ストーリー インド洋に浮かぶセイシェル・アイランズ。 このエキゾチックな島々には今日も観光客がたえなかった--。 エマニエル(シルヴィア・クリステル)は、建築家の夫ジャン(U・オルシーニ)とこの島にわたって来て3年になろうとしていた。 2人は互に干渉せず自由なSEXライフを送っている。 2人の友人には、ミシェル(ジャック・ドニオル・ヴァルクローズ)や、フローレンス(オルガ・ジョルジュ・ピコ)などがいた。 みんな自由な生活を送っている人々ばかりだ。 ある日、ジャンは得意先のドイツ人を家に招待し、エマニエルはその男を海岸に誘いSEXを楽しんだ。 と、その場面を沖の船から見ている人間がいる。 エマニエルはそれを知ると、興奮も高まっていくのを覚えた。 翌日、ミシェルの家に招かれ食事をしているエマニエル達の前に、若い映画監督グレゴリー(J・P・ブーヴィエ)が姿を現わした。 そしてエマニエルは、彼こそ昨日海辺の彼女のSEXを見ていた男と確信する。 その日、彼女とグレゴリーはある空家で快楽にふけった。 だが彼は、エマニエルのフリーSEX的愛の考えを否定する。 これはエマニエルにとってショックであった。 彼女は夫とセシル(キャロライン・ローレンス)の仲を知ってい、グレゴリーと女優ドロシー(アレクサンドラ・スチュワルト)の仲を嫉妬した。 だがドロシーはレズビアンたった。 そしてエマニエルはグレゴリーにひかれていく。 そんな妻の心変わりに気づき、説得しようとするジャン。 やがて、グレゴリーがパリに帰る日がやってきた。 グレゴリーを追って夫から去るべきか、どうか、悩むエマニエル。 でも、今、エマニエルは自らの愛のために、新しい人生を飛びたとうと決意するのだった--。 1988年• 1986年• 1984年• 1977年• 1975年• 1975年 さよなら エマニエル夫人• 作品トップ• 映画館を探す• 予告編・動画• インタビュー•

次の

【動画アリ】今見ても新鮮な映像。60歳、早すぎました… 「エマニエル夫人」のシルビア・クリステルさん、死去

エマニュエル 夫人 飛行機

解説 地上最後の楽園と呼ばれるインド洋のエキゾチックなオアシスでくりひろげられるエマニエルのアヴァンチュールを描くシリーズ第3弾。 製作はイヴ・ルッセ・ルアール、監督はフランソワ・ルテリエ、脚本はフランソワ・ルテリエとモニーク・ランジュ、撮影はジャン・バダル、音楽はセルジュ・ゲンズブールが各々担当。 出演はシルヴィア・クリステル、ウンベルト・オルシーニ、ジャン・ピエール・ブーヴィエ、シャーロッテ・アレクサンドラ、ジャック・ドニオル・ヴァルクローズ、オルガ・ジョルジュ・ピコ、キャロライン・ローレンス、エリック・コラン、アレクサンドラ・スチュワルトなど。 1977年製作/フランス 原題:Goodbye Emmanuelle 配給:コロムビア ストーリー インド洋に浮かぶセイシェル・アイランズ。 このエキゾチックな島々には今日も観光客がたえなかった--。 エマニエル(シルヴィア・クリステル)は、建築家の夫ジャン(U・オルシーニ)とこの島にわたって来て3年になろうとしていた。 2人は互に干渉せず自由なSEXライフを送っている。 2人の友人には、ミシェル(ジャック・ドニオル・ヴァルクローズ)や、フローレンス(オルガ・ジョルジュ・ピコ)などがいた。 みんな自由な生活を送っている人々ばかりだ。 ある日、ジャンは得意先のドイツ人を家に招待し、エマニエルはその男を海岸に誘いSEXを楽しんだ。 と、その場面を沖の船から見ている人間がいる。 エマニエルはそれを知ると、興奮も高まっていくのを覚えた。 翌日、ミシェルの家に招かれ食事をしているエマニエル達の前に、若い映画監督グレゴリー(J・P・ブーヴィエ)が姿を現わした。 そしてエマニエルは、彼こそ昨日海辺の彼女のSEXを見ていた男と確信する。 その日、彼女とグレゴリーはある空家で快楽にふけった。 だが彼は、エマニエルのフリーSEX的愛の考えを否定する。 これはエマニエルにとってショックであった。 彼女は夫とセシル(キャロライン・ローレンス)の仲を知ってい、グレゴリーと女優ドロシー(アレクサンドラ・スチュワルト)の仲を嫉妬した。 だがドロシーはレズビアンたった。 そしてエマニエルはグレゴリーにひかれていく。 そんな妻の心変わりに気づき、説得しようとするジャン。 やがて、グレゴリーがパリに帰る日がやってきた。 グレゴリーを追って夫から去るべきか、どうか、悩むエマニエル。 でも、今、エマニエルは自らの愛のために、新しい人生を飛びたとうと決意するのだった--。 1988年• 1986年• 1984年• 1977年• 1975年• 1975年 さよなら エマニエル夫人• 作品トップ• 映画館を探す• 予告編・動画• インタビュー•

次の