ウォーキング デッド ミルトン。 ウォーキング・デッドシーズン3第16話「奇襲攻撃」アンドレアが総督の魔の手にかかり命を落とす!

ウォーキングデッドシーズン3詳細なあらすじとネタバレ感想【全話まとめ】

ウォーキング デッド ミルトン

画像引用: シーズン3からの主な登場人物 この項目の画像引用: ミショーン ダナイ・グリラ 森の中でウォーカーに襲われそうになったアンドレアを助けた。 腕を切り落とし顎をつぶしたウォーカーを2体鎖につないで連れていて、刀を武器としている。 人を引き付ける魅力があるが、裏では恐ろしいことを平気でする。 ミルトン・マメット ダラス・ロバーツ ウッドベリーの住民で、ウォーカーの研究をしている。 シーザー・マルティネス ホセ・パブロ・カンティージョ ウッドベリーの民兵で総督の側近。 タイリース・ウィリアムズ チャド・コールマン 25人いたグループのリーダーだったが、ウォーカーに襲われ5人逃げ延び刑務所へたどり着いたうちの1人。 サシャ・ウィルアムズは実妹。 サシャ・ウィリアムズ ソネクア・マーティン=グリーン ウォーカーに襲われ刑務所へたどり着いたうちの1人で射撃が得意。 タイリース・ウィリアムズは実兄。 ネタバレ シーズン3 第1~16話 第1話 厳しい冬を越えて Seed 引用:The Walking Dead Season3 — AMC• 農場から逃れたリックたちは、安全な場所を求めて冬を越しても移動し続けていた。 そんな中リックとダリルは森の中に狩りに出て刑務所を見つける。 リックたちは刑務所に留まるため、役割分担しグラウンドにいたウォーカーを一掃した。 一行は安全なフェンスの中で久しぶりに解放感を味わい休むことができた。 次の日リックたちは独房棟に入り、鍵を手に入れ数体のウォーカーを片付けた。 その日からベッドで休めるようになった。 ローリのお腹は大きくなり、いつ出産してもおかしくないくらいだった。 リックはシェーンを殺して以来ローリを避けていた。 ローリはハーシェルに不安や後悔を話したが、ハーシェルはお腹の赤ん坊は気にしないと慰めた。 アンドレアは森でウォーカーに襲われた時に助けてくれたミショーンと行動を共にしていた。 ミショーンは長いラスタヘアの黒人女性で刀を武器としていて、腕を切り落とし顎をつぶしたウォーカー2体を鎖につないで荷物を持たせていた。 アンドレアは熱があって具合が悪く、ミショーンの世話になっていた。 翌日リック・ダリル・グレン・マギー・Tドッグ・ハーシェルは刑務所内で医務室や食堂を探しに出た。 しかし途中でハーシェルがウォーカーに足を嚙まれてしまう。 6人は近くの部屋に駆け込み、リックが噛まれたハーシェルの足を斧で切り落とした。 その部屋には生存していた囚人が6人いた。 第2話 縄張り争い Sick 引用:The Walking Dead Season3 — AMC• リックたちはハーシェルを急いで元いた独居棟に運んで手当てした。 リックは囚人たちと取引し、刑務所の1棟のウォーカーを一掃して住めるようにする代わり、食料を半分分けてもらうことになった。 彼らは外界から隔離されていて何も知らず、リック・ダリル・Tドッグがウォーカーの対処法を教えて刑務所の中を進んでいった。 しかし途中でビッグ・タイニーという囚人がウォーカーに引っかかれてしまう。 ビック・タイニーは大丈夫だと言ったが、囚人のリーダー格トーマスは彼をいきなり殺した。 トーマスはウォーカーと戦っている時、どさくさに紛れてリックも殺そうとした。 リックはトーマスとにらみ合いになったが、危険だと判断して彼を殺した。 アンドリューという囚人がそれを見て逃げ出したが、ウォーカーが大量にいる中庭に出てしまい、リックは鍵をかけて中に入れないようにした。 外からはアンドリューの叫び声がした。 リックは残った囚人オスカーとアンドリューには、自分たちとは違う独居棟の1つを与えた。 カールは1人で刑務所の中を探索し、医務室を見つけてハーシェルのために医療品を取ってきていた。 ローリは危険だと咎めたが、カールは反抗的な態度だった。 ハーシェルは寝ているときに息が止まってしまう。 ローリは危険を顧みず人口呼吸と心臓マッサージをした。 ハーシェルは息を吹き返し、その後意識を取り戻した。 リックは渡り廊下にいたローリのところへ行った。 リックは久しぶりにローリの肩に手をおいて話し「みんな君に感謝している」と伝えた。 第3話 暗黒の楽園 Walk with Me 引用:The Walking Dead Season3 — AMC• アンドレアとミショーンは軍のヘリコプターが墜落するのを見て現場へ行ったが、後から車で男たちがやってきたので警戒し隠れていた。 しかしミショーンが連れていた2体のウォーカーが騒ぎ出し、彼女はウォーカーの首を切ったが見つかってしまう。 彼女たちを見つけたのはメルルだった。 2人は目隠しして車に乗せられ、彼らの町ウッドベリーに連れていかれた。 病気で具合の悪かったアンドレアは、ウッドベリーで手厚い看護を受け回復した。 ウッドベリーは総督 ガバナー と呼ばれている男が町を仕切っていて、塀に囲まれ医療や教育も受けられ町として機能していた。 住民は平穏に暮らし完璧に見えた。 メルルはアンドレアに、アトランタで手錠でつながれた手を切り落とし失血死しそうなところを総督に助けられたと話した。 アンドレアは妹が死にアトランタにいたグループとははぐれたと話した。 総督は彼女たちがいないところでメルルにもっと聞き出せと指示した。 アンドレアは警戒を解き始めていたが、ミショーンは警戒したままで心を開かなかった。 総督は墜落したヘリコプターの生存者ウェルズに事情を聴き、仲間がいると分かると救出すると約束した。 しかし現地に行くと白旗を挙げて近づき油断させておいて、ひそかに周りを包囲させていた部下に一斉に射撃させ彼らを皆殺しした。 総督たちは彼らの物資を奪取して町へ帰り、住民には救出に向かったが兵士はウォーカーの餌食になっていたと噓をついた。 総督は自分の部屋に戦利品としてか、殺した人間の首を飾っていた。 その中にはミショーンが切ったウォーカーの首とウェルズの首があった。 第4話 命の決断 Killer Within 引用:The Walking Dead Season3 — AMC• ミショーンは総督たちが乗って帰った戦車に銃で攻撃された跡を見つけ疑念を深めていた。 ミショーンは一刻も早く出て行こうとしたが、総督とよい雰囲気になっていたアンドレアは町に留まりたいようだった。 何者かが刑務所のフェンスを閉じていたチェーンを切り、鹿を餌にして刑務所内にウォーカーを引き入れていた。 グラウンドにウォーカーが入ってきて、くい止めようとゲートを閉めていたTドッグがウォーカーに噛まれてしまう。 Tドッグはキャロルと刑務所内に逃げたが、そこにもウォーカーは入り込んでいた。 噛まれていたTドッグは自分はもう駄目だと身を挺してキャロルを逃がした。 この騒動は逃げ出した囚人のアンドリューが、リックを逆恨みして起こしたものだった。 アンドリューはさらにウォーカーを引き付けるよう警報を鳴らした。 リックたちが電源を切ろうと予備の発電機があるところへ行くとアンドリューが襲ってきた。 リックは争いの最中に銃を落としたが、囚人のオスカーが拾ってアンドリューを射殺した。 ローリ・カール・マギーはウォーカーに追われて配管室へ逃げ込んだ。 ローリは産気づいたが外はウォーカーだらけで戻れず、その場で産むことを決意する。 しかしカールも帝王切開だったローリには普通に生むことは困難で、マギーに腹を切開して子供を取り出してほしいと頼んだ。 マギーはカールからナイフを受け取りローリを切開して赤ん坊を取り出した。 ローリは息を引き取り、カールは母の頭を撃った。 リックたちは戻る途中Tドッグの遺体を見る。 キャロルの行方は分からないままだった。 そして外に戻るとマギーとカールが赤ん坊を連れて戻ってきた。 リックがローリのことを聞くとマギーは泣きながら首を振った。 リックはその場に倒れこみ慟哭した。 無音エンディング 第5話 愛が狂った時 Say the Word 引用:The Walking Dead Season3 — AMC• リックはローリの死を知り、我を忘れて刑務所内のウォーカーを殺して回った。 ローリが死んだ配管室に行くとローリの遺体はなく、腹を膨らませたウォーカーが座り込んでいた。 リックはウォーカーの腹を裂こうとしたがやめてめった刺しした。 グレンはローリ・Tドッグ・キャロルのために墓を掘り、アクセルとオスカーも手伝った。 ダリルはキャロルの墓にナニワイバラをささげた。 ミショーンは総督の留守中に家に入り込み、刀を取り戻した。 総督の部屋にあった日記には人の名前がつづられていて、ペニーと書いてある後は無数の斜線が書かれていた。 ミショーンは総督たちが酒を取りに来たので裏から部屋を出た。 そこにはケージにウォーカー数体が閉じ込められていて、ミショーンはケージを開けてウォーカーを殺した。 そして部屋に戻りアンドレアにすぐに出ようと言った。 ミショーンはここからは普通には出してもらえないと言ったが、門にいたメルルに出ていくことを告げると開けてくれた。 アンドレアはそれを見てウッドベリーに残ることを決め、ミショーンは彼女と別れて出て行った。 刑務所では余興としてウォーカーを周りに囲み、拳闘する見世物をやっていた。 アンドレアは驚いて野蛮だと非難したが、総督はあれはストレス解消のためでやらせだと耳打ちした。 リックは配管室に座り込んだままになっていた。 すると突然、配管室にあった電話が鳴り始めた。 リックは受話器を取った。 Sponsored Links 第6話 届かぬ想い Hounded 引用:The Walking Dead Season3 — AMC• リックが受けた電話は悲しみからくる幻だった。 リックはそれに気が付かず、安全な場所にいるという彼女たちに仲間に加えてほしいと言った。 電話は何度かかかってきて最後は女が出た。 リックはそれがローリだと気が付く。 他の電話も死んだ仲間だった。 リックはローリに対する態度を後悔していると言い、ローリはカールと赤ちゃんをお願いと言った。 リックはその後、皆の所に戻って初めて赤ん坊を抱いた。 アンドレアは総督と恋愛関係になった。 メルルは部下を連れてミショーンを殺しに行っていた。 しかし、1人はミショーンに殺され、1人は騒ぎから集まったウォーカーに殺され、その間にミショーンは逃げていた。 メルルは女は死ぬだろうと後を追うのをやめたが、部下のガルジュリオは総督の命令だと探そうとした。 メルルは同意するふりをしてガルジュリオの頭を撃って殺した。 グレンとマギーは調達をしている時にメルルに出くわした。 メルルは弟のところへ連れて行ってくれと言ったが、グレンは銃を向けて拒否した。 しかしマギーを人質に取られ、ウッドベリーへ連行されてしまう。 その様子をミショーンは隠れて見ていた。 ダリルは刑務所の中を巡回している時に、閉じ込められ出られなくなっているキャロルを偶然見つけた。 ダリルはキャロルを抱きかかえて連れ帰った。 リックたちは赤ん坊を抱いてグラウンドへ出ていた。 そこへグレンたちが集めたミルクを持ったミショーンがやってきた。 リックは銃を構えてミショーンに近づいた。 第7話 隣り合わせの恐怖 When the Dead Come Knocking 引用:The Walking Dead Season3 — AMC• アンドレアは総督に頼まれて、ミルトンの実験を手伝った。 それは転化した後に生前の記憶があるか試すものだったが駄目だった。 グレンはメルルに元の顔が分からなくなるほど殴られたが、仲間の居場所を答えなかった。 メルルは業を煮やし、グレンのいた部屋にウォーカーを放した。 グレンは縛り付けられていた椅子ごと立ち上がり、壁に椅子を打ち付けて壊して間一髪でウォーカーを退治した。 総督はグレンが答えないので、マギーにグレンの手を持ってくると脅して服を脱ぐよう命じセクハラをした。 グレンのいた部屋に上半身裸のマギーを連れて行き、グレンを殺そうとするとマギーは刑務所に10人いると答えた。 ミショーンは刑務所のフェンスの外で倒れた。 リックたちはミショーンを助け、なぜミルクを持っていたのか聞いた。 ミショーンは、アジア人の男とガールフレンドがウッドベリーに連行されたが、彼らが刑務所の話をしていたのでここが分かったと話した。 リックが出発する直前、カールは赤ん坊の名を恩師の名からとってジュディスはどうかと聞いた。 リックはいい名だと賛成した。 リック・ダリル・オスカー・ミショーンはグレンとマギーの救出に向かい、3キロ手前で車を止め徒歩でウッドベリーに向かった。 途中ウォーカーに追われトラブルに見舞われたが、4人はウッドベリーに到着し侵入しようとフェンスの外から様子をうかがった。 第8話 悲しい再会 Made to Suffer 引用:The Walking Dead Season3 — AMC• カールはウォーカーに追われて焼け落ちた壁から刑務所に入り込んだ5人の男女を助けた。 しかし女性1人がウォーカーに噛まれ死んでしまい、タイリースという男がハンマーで頭を砕いた。 カールは5人に必要なものを与えたが、自衛のため鍵をかけて閉じ込めた。 リックたちはミショーンの手引きでウッドベリーに侵入した。 グレンとマギーは総督に命じられたメルルに処刑されそうになったが、リックが煙幕を張り2人を救出した。 しかし町の外へ逃げるのは困難で、オスカーが撃たれて死にダリルが捕らわれてしまう。 ミショーンは総督を殺そうと総督の部屋に入り込み、そこで水槽に漬けられたウォーカーの首と少女のウォーカーを見つける。 少女のウォーカーは総督の娘ペギーで、ミショーンが殺そうとすると総督が入ってきて殺さないでくれと命乞いをした。 しかしミショーンはペギーを一突きで殺した。 ミショーンは怒った総督に殺されそうになり、割れた水槽の破片で総督の目に突き刺して刀を取って逃げようとした。 そこへアンドレアが銃を構えてやってくる。 二人は武器を互いに向けあっていたが、ミショーンが刀を下げて逃げて行った。 残された総督はペギーを抱きしめて泣いていた。 ミショーンは町から出てリックたちと合流した。 ウッドベリーでは広場に住民が集められ、総督がテロリストに攻撃されたと演説していた。 そして仲間の中にテロリストの手引きをしたものがいるとメルルをやり玉にあげ、そこへ捕まえたダリルを連れてきた。 2人を取り囲んだ住民たちは口々に殺せと叫んだ。 第9話 死闘の果て The Suicide King 引用:The Walking Dead Season3 — AMC• 総督はメルルとダリルの周りにウォーカーを囲ませ、2人を戦わせた。 そこへリックたちが煙幕を投げて奇襲をかけた。 銃撃戦になり住民はパニックになって逃げまどい、その間にダリルとメルルはリックたちと逃げた。 リックたちは待たせていたグレンとマギーと合流したが、グレンはメルルを見ると怒って銃を向けた。 ダリルが止めたがメルルは悪態をつき、総督は魅力的な男でお前のアンドレアもイチコロだとミショーンに言った。 メルルの言葉でウッドベリーにアンドレアがいたことを皆が知る。 リックはメルルを刑務所へは連れていけないと言い、ダリルはメルルと離れられずリックたちと別れた。 ウッドベリーは敷地にウォーカーまで入り込み、出て行こうとする人々でパニックになった。 しかし総督は家に閉じこもったままで住民は口々に不安を言い合った。 アンドレアは総督の代わりにいまこそ一致団結しよう、将来ウッドベリーのことが歴史書に残ると演説し皆を安心させた。 リックたちは刑務所に戻りダリルがグループを離れたことを告げた。 リックは人を信用できなくなっていて、タイリースたちに出て行ってほしいと言った。 ハーシェルは彼らを助けようと助言したが、その時リックはローリの幻を見てパニックになり銃を構えて出て行けと叫んだ。 タイリースたちは出ていくしかなかった。 第10話 宣戦布告 Home 引用:The Walking Dead Season3 — AMC• ダリルは赤ん坊を連れた一家がウォーカーに襲われているところを助けた。 メルルは一家から物資を略奪しようとしたが、ダリルはメルルにクロスボウを向けて止めた。 ダリルとメルルは言い合いになり、ダリルは刑務所へ戻っていった。 メルルは自分は行けないと言ったが、ウッドベリーにも戻れず結局ついていった。 グレンはマギーをひどい目に合わせた総督を殺したがっていて、ハーシェルが止めるのも聞かずに出て行ってしまう。 ハーシェルはグレンが暴走していて、今こそあんたが必要だとリックに言ったが、リックはローリの幻を探して刑務所の外をうろつくのをやめなかった。 アクセルとキャロルはグラウンドで談笑していた。 しかしその時いきなりアクセルが射殺される。 総督が部下を連れ襲ってきたのだった。 総督たちと刑務所のグループは銃撃戦になった。 その間に車が突っ込んできて、その車から大量のウォーカーが解き放たれた。 総督たちは帰っていったが、グラウンドはウォーカーでいっぱいになった。 リックは銃弾が切れウォーカーに襲われて危険な状態になったが、ダリルがメルルを連れて戻ってきてリックを助けた。 車で出て行ったグレンも戻ってきて、ハーシェルたちを助けた。 総督は銃を持てる者は少年少女まで集め、表向き防御のための訓練だと言って射撃の練習をさせた。 アンドレアは戦いを避けようと刑務所に行くために協力するようミルトンに頼んだ。 ミルトンは総督に密告したが、総督は協力しろと言った。 リックとハーシェルは刑務所を捨てて逃げるかとどまって戦うか意見が分かれた。 しかし決定を任されたリックは逃げずに戦うつもりだった。 カールはリックが外を監視している時にやってきて、もうリーダーはやめてと言った。 アンドレアはミルトンに手伝わせ、ミショーンのようにウォーカーの腕を切り落とし、顎をつぶしてカモフラージュに使った。 その時刑務所を追い出されたタイリースたちがやってきた。 ミルトンはタイリースたちを町に連れて行き、アンドレアは刑務所に向かった。 アンドレアは刑務所に行き戦いを回避したいと言ったが、リックにそれならば総督を殺させろと言われて交渉は決裂した。 アンドレアはかつての仲間に警戒され、ミショーンが彼らに何か言ったのかと思ったようだった。 ミショーンはウッドベリーを出てから殺されそうになったことを話し、ウッドベリーに戻ったのは総督の正体を暴くためだと言った。 キャロルはアンドレアに総督に最高の夜を味あわせ寝ている間にすべて終わらせてと言った。 その後アンドレアはウッドベリーに帰り、総督に彼らに帰れと言われたのかと聞かれて自分の意志で戻ったと答え抱き合った。 その夜総督と愛し合い、彼が眠っている間にナイフを取り出したが刺せなかった。 第12話 守るべき思い出 Clear 引用:The Walking Dead Season3 — AMC• リック・カール・ミショーンは戦いに備えてリックがかつて勤めていた警察署に武器を取りに行った。 しかし警察署の武器は根こそぎ持っていかれた後だった。 武器を探そうとして通りに出ると「引き返せ」と大きく書かれたメッセージやあちこちに罠が仕掛けてある異様な光景を目にした。 リックたちはその中を進んでいこうとしたが、ビルの屋上にいた男に攻撃され銃撃戦になった。 男は屋上から下に移動してリックを撃とうとしたが、カールが男を撃って倒れた。 男は防弾チョッキを着ていて無事だったが、つけていたヘルメットを取るとそれはリックが病院から出てきたとき助けてくれたモーガンだった。 リックたちが彼を部屋に運ぶと、警察署の武器が大量に置いてあった。 リックはモーガンが気が付くまで待つことにした。 カールはその間にベビーベッドを取ってくると、ついていくのを申し出たミショーンと一緒に出た。 しかしカールの本当の目的はカフェに飾ってあった家族の写真だった。 カールは1人で取りに行こうとしたが、カフェにはウォーカーがたくさんいてミショーンの助けを借り無事に写真を手に入れることができた。 モーガンはウォーカーになった妻に息子を襲われ、その息子も転化しておかしくなっていた。 しかしリックが無線機を見せてこれをやったというと、リックに気が付いた。 モーガンは無線機は雑音しか聞こえなかったと言ったが、リックはここから遠ざかり続けて仕方なかったと答えた。 リックは一緒に来るように言ったが、彼は駆除しなければとそこに残った。 3人は武器とベビーベッドを車に積んで帰った。 帰り際カールはリックにミショーンは仲間になれると言った。 第13話 休戦協定 Arrow on the Doorpost 引用:The Walking Dead Season3 — AMC• リックはダリルとハーシェルを伴い、アンドレアが設けた交渉の場所へ向かった。 総督はアンドレアたちより一足先に1人で来ていて、リックを見て銃を置いて座ろうと言った。 しかし、抜け目なくテーブルの見えないところに銃を張り付けていた。 アンドレアは後からやってきて、2人に戦いをやめる話し合いをさせようとしたがその場を追い出された。 総督は最初降伏が条件だと言っていたが、ミショーンを渡せばリックが出した川の西と東で干渉しあわないという条件を飲むと言った。 総督とリックの緊張感をよそに、ダリルとマルティネス、ハーシェルとミルトンはお互いに打ち解けてきていた。 しかし総督とリックが出てくると元のように分かれて帰った。 グレンとマギーは町から帰ってからぎくしゃくしていたが、マギーがグレンのところに話に行ってグレンがあやまり、2人の関係は元に戻った。 総督はウッドベリーに戻り、マルティネスにリックたちがミショーンを連れてきたらあの女以外は殺せと命じていた。 ミルトンがそれが交渉の結果かと聞くと、総督はリックは生かしておけないと答えた。 しかしアンドレアには君のおかげで話をつけられたと嘘を言った。 リックは刑務所に戻ってから、総督は町を襲撃した俺たちを皆殺しするつもりだ。 戦争だと話していた。 しかしその後ハーシェルに、ミショーンを渡せと言われたことを打ち明け、彼女を渡せば自分たちも殺されるだろう。 でも違ったら?と聞いていた。 第14話 逃れられない呪縛 Prey 引用:The Walking Dead Season3 — AMC• 総督は拷問の準備をしていた。 ミルトンはアンドレアを拷問部屋が見える場所に連れて行き、総督はミショーンを連れてこさせ刑務所の人々を皆殺しするつもりだと話した。 アンドレアはその場で総督を殺そうと銃を構えたがミルトンに止められた。 アンドレアは刑務所に警告に行こうとタイリースとサシャが見張っている裏口を乗り越え、総督を信用するなと言って出て行った。 しかし、タイリースたちはアンドレアが出て行ったことを総督に話した。 ミルトンは後を追おうとした総督に放っておけと言い、総督はミルトンの態度からアンドレアにすべてを話したことに気が付いた。 総督は車でアンドレアを追った。 気が付いたアンドレアは森の中を走って刑務所に向かった。 しかし総督は森の中まで追ってきて、倉庫に逃げ込んだアンドレアを追い詰めた。 総督はじわじわアンドレアに迫ったが、彼女は総督をウォーカーがたくさんいた地下室へ閉じ込めて逃げた。 しかし刑務所のそばで追ってきた総督につかまってしまった。 タイリースたちはマルティネスにウォーカーの落とし穴に連れていかれ、車に乗せるのを手伝わされた。 タイリースはそのウォーカーを刑務所に使うと知り、女子供もいると批判した。 その夜何者かがウォーカーの落とし穴とウォーカーを積んだ車にガソリンをまいて火をつけた。 マルティネスは戻ってきた総督にタイリースが火をつけたと言ったが、総督はタイリースと話し火をつけたのがミルトンだと気が付いた。 そのころアンドレアはウッドベリーの拷問部屋の椅子に縛り付けられていた。 第15話 この世の定め This Sorrowful Life 引用:The Walking Dead Season3 — AMC• リックはミショーンを引き渡すことに決め、ハーシェルとダリルに話した。 その後メルルにも同行してくれと話したが、メルルはお前にそんな根性はないと言った。 メルルは1人でミショーンを引き渡しに行こうと、彼女に不意打ちを食らわせて気絶させ、ワイヤーで縛って外へ連れ出した。 リックは引き渡しに苦悩し、またローリの幻を見る。 リックはたまらずハーシェルとダリルに引き渡しをやめたと言った。 しかしメルルとミショーンがいなくなったことに気が付き、ダリルが後を追った。 メルルは途中で車を手に入れ、ミショーンを乗せて取引の場に向かっていた。 メルルはそれまで殺人をしたことがなかったのに、総督のところに行って16人殺したことをミショーンに話した。 ミショーンはメルルにまだ戻れる、2人で戻ろうと言ったが、メルルはそこでミショーンを解放して刀を返し、俺は戻れないと言って先へ進んでいった。 グレンはハーシェルにマギーと結婚したいと伝え、ハーシェルは祝福すると答えた。 グレンはウォーカーからとった指輪をマギーに渡して結婚を申し込み、彼女はイエスと返事した。 リックは皆を集めてミショーンを引き渡すつもりだったがやめたこと、メルルが彼女を連れ出してダリルが追っていることを話した。 リックは牧場から逃げたときに言ったことは間違いだった。 俺は総督じゃない。 全員一緒に残って戦うか逃げるか決めようと言った。 メルルは騒音をたててウォーカーを集めながら取引の場所へ向かった。 そして車から飛び降り建物に隠れて連れてきたウォーカーと戦っているウッドベリー軍を狙い撃ちした。 しかし見つかってしまい総督に射殺された。 総督はわざと頭を撃たなかった。 ダリルは取引の場所で、死体に食いついているメルルと対面した。 メルルはダリルを見て襲い掛かろうとしたが、ダリルは泣きながら頭にナイフを突き刺した。 Sponsored Links 第16話 奇襲攻撃 Welcome to the Tombs 引用:The Walking Dead Season3 — AMC• ウッドベリーに戻った総督はミルトンを拷問し、アンドレアを殺させようとした。 ナイフを渡されたミルトンは総督を殺そうとして逆に刺された。 総督は転化して食い殺せとアンドレアと2人きりにして鍵をかけて出て行った。 総督は軍を結成して刑務所へ向かった。 タイリースとサシャだけは人とは戦わないと町を守るために残った。 ウッドベリー軍は刑務所へ向かい、銃撃しながらフェンスを壊して建物の内部にまで侵攻していった。 しかし刑務所の中はもぬけの殻になっていて、ウッドベリー軍は二手に分かれて捜索することになった。 リックたちは逃げていなかった。 ウッドベリー軍が刑務所の奥まで進むと煙幕が張られ、ウォーカーが襲ってきた。 急ごしらえの軍はたちまちパニックになって逃げだし、外に出るとグレンたちに銃撃され彼らはそのまま退却した。 総督は逃げようとする人々に戻れと命令した。 しかし戻れば殺されると皆逃げようとした。 カッとなった総督は側近以外を全員射殺した。 リックは総督をこのまま逃がせばまた襲われて安心できないと、ダリルとミショーンと3人で総督を追い惨殺の現場にたどり着く。 リックたちは生き残っていたカレンを助けウッドベリーに向かった。 ミルトンは総督に命じられ拷問道具を片付けた時に、ペンチをアンドレアの後ろに残していた。 彼は死ぬ間際にそのことを伝え、拘束を解いたら自分の頭を刺せと言った。 リックたちはウッドベリーにやってきてタイリースたちに銃撃されるが、カレンが助けられたと事情を話して中に入れてもらった。 アンドレアを助けようと拷問部屋へ向かうと、彼女は拘束は解いていたがミルトンに噛まれてしまっていた。 アンドレアは自分でやれるうちにやるとリックから銃を受け取った。 ミショーンはアンドレアのそばにいると言い、リックとダリルは部屋の外で待った。 まもなく部屋からは銃声が響いた。 リックたちはその後ウッドベリーに残っていた住民を連れて刑務所へ戻り、誰と聞いたカールに新しい仲間だと言った。 リックはもうローリの幻を見なくなっていた。 エンディング:ベアー・マクレアリー Reconciliation ウォーキング・デッド シーズン3 の視聴できるサービス FOXのオンデマンド・サービス J:COM契約者向けです。 ひかりTVのオンデマンド・サービスにもあります。 スカパー!のオンデマンドでも検索しましたが、こちらは提供されていないようです。 国内最大級の動画配信サイトです。 月額933円 税抜 の定額制で、サイトにある動画は全て見放題です。 リアルタイムのFOXチャンネルの配信を行っていて、シーズン7も10月24日から放送になります。 こちらは時間が決まっていて、FOX準拠です。 docomoの動画配信サービスです。 月額500円 税抜 のサービスですがhulu同様FOXリアルタイム・チャンネルがあり、最新シリーズのウォーキング・デッド7の放送を最安で見られます。 見放題の海外ドラマ数は少ないのですが、とにかくウォーキング・デッドが見られれば!という人にはおススメです。 元々Amazonの配送サービスを拡張するためのものだったのですが、最近は音楽聞き放題、動画見放題サービスも付加されていて、年額3900円 税込み でかなりお得感があります。 見放題の海外ドラマ数は少なめですが、他の動画配信サービスで扱っていないような最新のドラマも扱っていて、掛け持ちで契約されている方も多数いるようです。 日本では去年始まったばかりの動画配信サービスですが、あっという間に会員数を伸ばし今では国内1~2を争う会員数があるようです。 オリジナルドラマのクオリティに定評があります。 感想 もうすぐシーズン7が始まりますが、こうやって見直してみるといろいろ気が付きますね。 私が思ったのは、シーズン6のリックがこの頃のメルルより良心が崩壊していること。 う~ん、良心が崩壊しているというより、殺人することに何も感じなくなっているのかな。 一方で仲間に対しては以前に増して愛情があるのですが… シーズン6のリックを善人とはとても言えないのですが、シーズン7ではどうなりますやら。 シーズン3はメインキャラクターがたくさん死んでいます。 Tドッグにローリにメルルにアンドレア…見直してみてもやっぱりウルッときますね。 特にメルル役のマイケル・ルーカーは憎めない悪党役がはまっていて、最後は格好良かった。 マイケル・ルーカーは最近はガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのヨンドゥとして、やっぱり憎めない悪党の青い宇宙人役をやっていましたが、こっちもハマっていましたw もうね、青い宇宙人役でも出てきた瞬間マイケル・ルーカーだ!と分かるあのしゃべり方としぐさ。 来年続編が公開されるので、それも楽しみにしています。

次の

【ウォーキングデッド】死亡キャラを一覧形式にまとめてみた!

ウォーキング デッド ミルトン

引用: 前回のあらすじ ミショーン引き渡し当日、リックは総督から要求されたミショーン引き渡しの条件を呑むことにしたが、途中でミショーン差し出しを思い直し取り止めることにする。 しかしリックの心変わりを読んでいたメルルは汚れ役を引き受けるためミショーンを刑務所から連れ出す。 しかしメルルは途中でミショーンを逃がし一人で総督達を襲撃するが総督達に返り討ちにあってしまう。 そして刑務所ではリックが今後の行動について全員で決めたいと提案する。 その後メルルを探しに出たダリルはウォーカーに転化したメルルを見つけ涙ながらにメルルに止めを刺す。 その後ミルトンを隣の部屋に連れて行くとそこではアンドレアも拘束されていた。 そして総督はミルトンにアンドレアを殺すように指示をする。 銃を渡されたミルトンは振り返り総督を撃とうとするが逆に総督に腹を刺され致命傷を負ってしまう。 刑務所ではリック達が荷物を纏めていた。 その間リックはミショーンに取り引きとしてミショーンを差し出ししようとしていたことを謝るがミショーンはリックの行動に理解を示し気にしていないと返答する。 ウッドベリーでは総督が住民を扇動し住民も含め殺気立っていた。 総督が住民を引き連れ刑務所に出発しようとしたときタイリースとサシャは刑務所を襲うことを拒否し、町に残り子どもを守ると総督に伝えると総督は険しい顔のまま許可して2人に武器を渡す。 そして総督達は刑務所に到着すると攻撃を開始し襲撃する。 銃撃しながら刑務所のフェンス破壊していくがリック達からの反撃はまったくなく、すんなり建物内まで攻め入る。 そのまま建物の中に入るも人影はまったく見当たらず中を詮索しても誰も見つからない。 総督はリック達を追うため部下を引き連れて、更に刑務所の奥まで進んでいく。 一方ウッドベリーでは瀕死のミルトンと拘束されたアンドレアが拘束部屋にいた。 ミルトンはアンドレアの近くにペンチを落としたことを伝え、それを使って拘束を解き逃げるように伝える。 刑務所の奥まで進んでいった総督達は突如煙幕と銃撃によってリック達に攻撃される。 たまらず外に飛び出たところを待ち受けていたグレンとマギーに狙撃されるとそのまま総督達はウッドベリーに退散していく。 そしてリック達は刑務所を守ることに成功する。 そんな中総督達の襲撃の際に森で隠れていたカール達だったが逃げてきたウッドベリーの住人の子どもをカールは撃ち殺す。 カールが撃ち殺した子どもは無抵抗だったため、それを目撃していたハーシェルはリックにありのままを伝える。 刑務所襲撃で返り討ちにあった住民達はそのままウッドベリーに戻ろうとしていたが総督がそのことに怒り住民達の車を止める。 そして刑務所に引き返すように全員に伝えるが住人はウォーカーではないただの人間を殺すことに難色を示し反対する。 そして総督は刑務所を襲うことを避難されると逆上し住民をその場で撃ち殺していく。 その後残った側近を連れて総督達はその場から車で離れる。 リックは無抵抗の子どもを殺したことをカールに問い詰めるがカールはすべきことをしただけと言い張る。 そしてどうして総督を話し合いのときに殺さなかったのかと逆にカールに問い詰められる。 その後リックはミショーンとダリルを連れて総督達を追い討ちするため刑務所を出て追いかける。 そしてリック達がウッドベリーまで向かっていると途中で総督達の車が乗り捨てられているのに気がつく。 リック達は車の付近にいたウォーカーを片付けていると一人の生き残り女性カレンが車の中から姿を現す。 ウッドベリーでは拘束されているアンドレアがなんとかペンチを手にして拘束を外そうとするがミルトンは力尽きてウォーカーに転化してしまう。 なんとか拘束を外したアンドレアだったが…。 一方リック達はカレンを連れてウッドベリーまでたどり着く。 見張りをしていたタイリースとサシャはカレンから事の顛末を聞くとリック達を町の中に迎え入れる入れる。 総督の乱心を聞いたリック達はウッドベリー襲撃は止めたが刑務所に向かったはずのアンドレアが刑務所に来なかったためアンドレアが拘束されているのではと思いウッドベリーまで来ていた。 そしてリック達はタイリース達の案内で拘束部屋に到着し中に入ったがそこでリック達が目にした光景は…。 それにしても総督は本心では血しぶきと火薬の匂いが好きで勝つことが楽しいと言っています。 娘が死んで一気に変わったようです。 この世界ではこうしていかないと生き延びていけないと思ったのでしょう。 総督はミルトンに拘束しているアンドレアを殺せと指示をしていますが、これはミルトンに生きるチャンスを与えたということでしょうか?そう考えると総督はミルトンにはまだ傍にいてほしかったというか、一応総督にも昔なじみを大切にする心があったのかもしれないですね。 カールの怒り方を見て少しローリを思い出しました、やはりカールはローリに似ている感じがします。 そしてダリルはメルルが最後に自分を犠牲にした行動を意外に思っているようです。 メルルは死んでしまったけどメルルのことを誇りに思っているのでしょう。 リックに謝られたミショーンは気にしていないと言っていますが、メルルに捕獲されているときから思ってたんですけど、最悪自分が犠牲になることで争いが終わるならそれでもいいと思っていたような感じがしました。 総督達の襲撃ですけど武装が凄すぎですね(笑)まるでアクション映画のような感じです。 もぬけの殻に見せかけて一度総督達を建物内に引き入れてから建物内外で挟み撃ちでの攻撃したリック達ですが作戦的中ですね。 見事に提督たちの裏をかき提督達を返り討ちにしました。 そもそもリック達が反撃するまで刑務所メンバーは逃げたのかなって思ってました(笑) 拘束されているアンドレアとミルトンの会話ですけどアンドレアは総督も止めたかったと言っています、殺す以外の方法で。 その気持ちはよくわかります。 毎回疑わしい人を暗殺していくわけにはいかないですしね。 でも総督だけは別でしたね、相手が総督のいうのが運が悪かったと思います。 その総督ですが逆上して住民を撃ち殺してしまいましたね…。 まあ今まで守られてきただけの住人にはやはり戦闘は向かないでしょう。 それにしても反対した人達を皆殺しにするとは思いませんでした(汗) カールは無抵抗な子ども撃ち殺してしまいましたがこの行為はデールのときのウォーカー始末しなかったことでデールが襲われたこと、アンドリューを取り逃がしてローリが死んだことなどが原因だったんですね。 総督と2人きりで総督を殺さなかったリックも責めてます。 カールの言ってることはわからなくないですし、これはカールを単純に責めることはできないように思えます。 ただカールのやり方は総督のやり方に近い気がしますし、そう考えるとただ殺していくのは問題ですよね。 でもカールは農場からわずか一年で大きく変わりましたね。 この世界に順応しているという感じでしょうか。 アンドレアを見つけたけど遅かったんですね、ギリギリで助かるのかなって思ってました。 アンドレアを見つけたときのシーンは泣きそうになりました。 まさかのまさかで…ここでアンドレアが死ぬと思わなかったです。 アンドレアのみんなを救いたかったという言葉、リック達もアンドレアの気持ちを理解していたでしょう。 自分で頭を撃ちぬくと決めたアンドレアですが最後の最後まで強い女性でしたね。 リックはローリの幻覚が見えなくなったんですね、よかったです。 最後のお墓はアンドレアのお墓だったんでしょうか?それともローリのお墓ってことだったのでしょうか?ちょっとどっちなのかわからなかったです。 最終話は濃い内容だったためだいぶ長くなってしまいすみません。 総督と側近はどこに消えたのか?住民を受け入れ仲間が増えた今後のリック達はどうなっていくのか?この先が気になりますが、この先はシーズン4になりますね。 引き続きシーズン4を見ていきたいと思います!.

次の

ウォーキング・デッドシーズン3第14話「逃れられない呪縛」脱出するアンドレアに総督の魔の手が!

ウォーキング デッド ミルトン

メルルの死亡、ウォーカーへの転化と衝撃の展開となってしまった前回の15話。 泣きながらウォーカーと化したメルルと滅多打ちにするダリルが悲しすぎました。。。 メルルが殺され、いよいよ総督たちがリックたちに襲いかかります。 リックたちは一体どのようにして総督たちに立ち向かっていくのか!? そして囚われたアンドレアの運命は。。。 ってことですが、タイトルでもわかるように、この回でも悲しい現実を突きつけられることになります。 ほんと、重要なキャラが当たり前かのように殺されてしまうこのドラマですが、そこが面白いところでもあるんですよね。 最終話となり、新たな展開へと進んで行くウォーキング・デッド。 目が離せません! 前回のあらすじはこちらから! 総督の手にかかるアンドレア!そしてシーズン3完結! 総督はウォーカーの捕獲場を燃やしたミルトンを拷問していた。 総督はミルトンに、捕獲場のこと、仲間が8人も死んだことを言い、彼を責める。 その後、ミルトンをアンドレアが拘束されている部屋に入れ、彼女を殺せと命じる。 ナイフをミルトンの前に出し、「俺から学んだことを証明しろ」という。 ミルトンは総督からナイフを受け取るが、総督に襲いかかろうとする。 しかし、総督に返り討ちにあいナイフが腹部に深く刺さる。 総督は、しつこくミルトンの腹部にナイフを突き立て、「失望させやがって」と言う。 深い重傷を負ってしまったミルトン。 総督はミルトンからナイフを抜くと、「この世じゃ、殺すか死ぬか、死んで殺すかだ。。。 」と言い、総督は彼らがいる拷問室から出て行くのであった。 刑務所ではカールが引っ越しの準備をしていたが、リックに対しかなり反抗的になっていた。 そしてミショーンはこれまで、刑務所に受け入れてもらい、総督に引き渡すことを思いとどまったことを感謝していた。 リックはミショーンに感謝をするならカールにという。 その頃、総督は8人も仲間を殺され、前回はウッドベリーでも5人殺されたと叫ぶ。 彼らはバイターと変わらないといい、殺さなければまた襲われるという。 気づいたものを奪われるんだ。 戦いに終止符を打つといい、仲間たちを囃し立てる。 しかし、タイリースたちは刑務所に行くことを辞退する。 バイターとは戦うが、人とは戦わないと主張するタイリース。 ここで子供達を守るというのだ。 戻ったとき出て行けというのなら従うというタイリースに、総督は銃を渡し、「ありがとう」というのであった。 刑務所を襲撃する総督たち。 しかしそのはもぬけの殻であった。。。 総督たちは刑務所に乗り込み刑務所に向かい一斉射撃をする。 署内に侵入するが、中はもぬけの殻で誰も見当たらない。 刑務所内を探す総督はある房で聖書を見つける。 そこにはマーカーで引いた言葉を目にする。 「善を行ったものは蘇って命を」「悪を行ったものは裁きを受ける」 総督はその場で聖書を投げ捨てる。 拷問室では瀕死のミルトンが道具を落とした時にアンドレアのそばにペンチを落としたと伝える。 拘束を外せた時は何か鋭いものを探し、僕の頭を指すんだというミルトン。 必ずそうしてくれと頼むミルトンを見てアンドレアはペンチを取ろうとする。 刑務所では総督たちが物音がする方向へ向かうと爆音とともにウォーカーが集まってくる。 そして、刑務所から出ると銃で攻撃される総督たち。 総督たちはウォーカーと戦いながら、襲撃を逃れながら一時撤退を余儀なくされるのであった。 アンドレアは瀕死のミルトンんと話していた、彼女はみんなを救いたかったという。 ナイフで総督の寝首をかけたのに別の方法で止めたかったという。 誰にも死んでほしくなかったというアンドレア。 瀕死の状態から意識を失っていくミルトンを見ながらアンドレアは靴を脱ぎ必死でペンチを取ろうとするのであった。 なんとか刑務所から撤退した総督たち。 その中に森に森に逃げ延びた少年がいた。 するとそこに隠れていたカールやハーシェルと遭遇してしまう。 少年はカールに銃を渡して降伏しようとするが、カールはその場で少年を殺してしまう。 ウッドベリーに攻めこもうとするリックたち。 総督はウッドベリーの住人を撃ち殺す。 リックたちは総督たちを罠にはめることに成功し、今度はウッドベリーに攻めに行こうとしていた。 しかし、カールもリックたちに付いていくといい聞かない。 ハーシェルはリックにカールが無抵抗だった少年を殺したことを話す。 その頃、撤退した総督たち。 総督は車を止め住人たちに戻って戦えという。 しかし、住人たちは戻って猛反発すると総督は次々を住民を撃ち殺していった。 死体の下にいた為、殺されずに済んだ女性が一人いた。 総督の部下はその光景を見て呆然とするのであった。 ウォーカーに転化するミルトン。 そしてアンドレアの最後。。。 アンドレアはペンチを必死に取ろうとしていると、ミルトンの転化が始まろうとしていた。 ウッドベリーに向かおうとするリック一行。 リックは無抵抗の少年を殺したカールを問題視し二人で話し合いをする。 しかし、カールは見逃していると殺されていたという。 以前、ウォーカーを見逃しデールが殺されたことを話す。 アンドリューを見逃し母が殺されたことも話す。 そして総督と二人でいる時に見逃したからメルルが死んでしまったことも話す。 僕はすべきことをしたというカール。 これで殺した少年は誰も殺さないといい、カールはその場から離れていくのであった。 リックはカールが捨てた警官バッチを手に取りなんとも言えない表情となる。 ウッドベリーへはリック、ダリル、ミショーンの3人で行くことになった。 リックらはウッドベリーに向かう途中、乗り捨てられた総督たちの車を発見する。 そしてそこに死体の山を見つけるのであった。 すると車の中から生存者の女性、カレンが出てきて住人たちが総督に殺されたと伝えられるのであった。 拷問室ではついにミルトンが転化してしまう。 アンドレアは必死に残りの片方の手にかけられた手錠を必死に取るが、ウォーカーと化したミルトンがアンドレアに襲いかかる。 リックたちはカレンを連れウッドベリーに到着する。 護衛をしていたタイリースたちにカレンが総督たちに仲間が殺されたことを伝え、ウッドベリーの門を開けさせる。 リックたちは襲撃をするつもりだったが、総督がしたことで気が変わる。 アンドレアを探すため拷問室に向かう。 そこには転化して死んだミルトンと首元を噛まれたアンドレの姿があった。。。 刑務所の仲間が無事で、ミショーンが仲間になったことを喜ぶアンドレア。 まだやれるうちにと言い、リックから銃を借りるアンドレア。 アンドレアは自ら銃の引き金を引くのであった。 リックたちはバスにウッドベリーの住人たちを乗せ刑務所へ帰還し、新しい仲間だとカールに伝えるのであった。。。

次の