ピアノレットイットビー。 楽譜がまったく読めなくてもピアノで「レット・イット・ビー」が弾ける本

ピアノコードの簡単な覚え方と練習法【解説画像・動画付き】

ピアノレットイットビー

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の

Let It Be

ピアノレットイットビー

スポンサーリンク この記事ではビートルズの名曲「Let it be レットイットビー 」についてご紹介したいと思います。 ビートルズの数ある名曲の中でも、名曲中の名曲とされている「Let it be」。 では早速、見ていくことにしましょう。 ビートルズが解散する直前の1970年に発売されました。 ポール・マッカートニー作曲の名曲です。 この曲の歌詞は、聖母マリアが降りてきて、救いのことばをかけてくれる、「あるがままに」、といった内容ですが、このような内容の歌詞をポールが書いた理由は、実はビートルズ解散にあります。 この「Let it be」が発売された時期のビートルズは、解散寸前の状態でした。 デビュー当時から、メンバー4人で、ひとつの目的に猛突進し、世界の音楽界を席巻するほどのチームワークを発揮していましたが、ある時期からは、それぞれのメンバーの音楽性に対する趣向の違い、ズレや、マネージャーのブライアンエプスタインの突然の死、またジョン・レノンが当時の彼女のオノ・ヨーコにはまっていて、なんとビートルズのレコーディングスタジオにまでヨーコを連れてきてメンバーともめたりして、メンバーの足並みがてんでバラバラな状態でした。 その結果、さらに人間関係がこじれて、最終的に解散することになってしまいます。 この時期、ポール・マッカートニーが深く思い悩んでいたときに、不思議な体験をします。 とある日に、突然、ポールの亡き母のメアリー・マッカートニーがポールの元に降りてきて、次のようにささやいたそうです。 「いまの状況をただあるがままに、すべて受け入れなさい」 この不思議な出来事によって、ポールはインスピレーションを受けて、名曲「Let it be」を書き上げたそうです。 このインスピレーションである「あるがままに受け入れなさい Let it be 」は、ポール自身も、当初はなかなか受け入れることができなかったと思います。 なんせ、自分の人生とも言えるビートルズが、なくなってしまう・・・ そんな危機的な状況をなぜ、そのまま受け入れることができるのか!? しかし、どうすることもできず、万策尽きて、もうお手上げ状態になって、ポールもようやくインスピレーションを受け入れ、この「Let it be」を書き上げたんだと思います。 ですので、この「Let it be」の曲は、ポールの深い深い魂がこもっており、ビートルズの数ある曲の中でも、ひときわ目立つ超一級の作品に仕上がっています。 この意味でも、この「Let it be」は、ビートルズ最後の曲としてふさわしい作品といえます。 スポンサーリンク では、この「Let it be」の歌詞をご紹介いたします。 ーーーーーーーーーーーーーー Let it be あるがままに・・・ When I find myself in times of trouble Mother Mary comes to me Speaking words of wisdom Let it be ぼくが苦境にあるとき 聖母マリア様がぼくのところに現れるんだ そして、救いのことばをぼくに囁いてくれるんだ 「ただ、あるがままにしておきなさい」と And in my hour of darkness She is standing right it front of me Speaking words of wisdom Let it be ぼくが暗闇のどん底にいるときにも 聖母マリア様はぼくの目の前に立って 救いのことばをぼくに囁いてくれるんだ 「ただ、あるがままにしておきなさい」と Let it be, let it be Let it be, let it be Whisper words of wisdom Let it be 「ただ、あるがままにしておきなさい」 「ただ、あるがままにしておきなさい」 聖母マリア様は、救いのことばをぼくに囁くんだ 「ただ、あるがままにしておきなさい」と。 And when the broken hearted people Living in the world agree There will be an answer Let it be 心に傷を負ったすべての人たちは、 みんな同じ意見なんだ 「ただ、あるがままにしておきなさい」って For though they may be parted there is still a chance that they will see There will be an answer Let it be みんなにはそれぞれ出会いがあり別れがある でも別れがあっても、また出会えるチャンスがあるんだ そう、もう答えはそこにあるんだ 「ただ、あるがままにしておきなさい」って Let it be, let it be Let it be, let it be yeah, there will be an answer Let it be Let it be, let it be 「ただ、あるがままにしておきなさい」 「ただ、あるがままにしておきなさい」 そう、もう答えはそこにあるんだ 「ただ、あるがままにしておきなさい」って Let it be, let it be Whisper words of wisdom Let it be 「ただ、あるがままにしておきなさい」 救いのことばが聞こえる 「ただ、あるがままにしておきなさい」って And when the night is cloudy There is still a light that shines on me Shine until tomorrow Let it be 夜空が曇っているような暗闇にいたとしても ぼくを照らしてくれる光は必ずどこかにあるものなんだよ 明日までずっと照らしてくれる光が 「ただ、あるがままにしておきなさい」 I wake up to the sound of music Mother Mary comes to me Speaking words of wisdom Let it be 音楽の調べでぼくが目覚めたとき 聖母マリア様が来てくれて 救いのことばを囁いてくれるんだ 「ただ、あるがままにしておきなさい」と Let it be, let it be Let it be, let it be There will be an answer Let it be 「ただ、あるがままにしておきなさい」 「ただ、あるがままにしておきなさい」 そう、答えはもう既にある 「ただ、あるがままにしておきなさい」って Let it be, let it be Let it be, let it be There will be an answer Let it be 「ただ、あるがままにしておきなさい」 「ただ、あるがままにしておきなさい」 そう、答えはもう既にある 「ただ、あるがままにしておきなさい」って Let it be, let it be Let it be, let it be Whisper words of wisdom Let it be 「ただ、あるがままにしておきなさい」 「ただ、あるがままにしておきなさい」 聖母マリア様は、救いのことばを囁くんだ 「ただ、あるがままにしておきなさい」って ーーーーーーーーーーーーーー 歌詞は以上となります。 この曲には、ポールの深い深い魂がこもっていますね。 ポールのビートルズに対する深い愛情と、ビートルズとの別れという非常に悲しい悲哀の念、そしていつかはまたメンバー4人がひとつになるときがくるという希望・・・ポールの何とも言えないいろんな気持ちが込められています。 今、一度、改めてこの「Let it be」を聴いてみてください。 また違った顔を見せてくれると思います。 この「Let it be」の奥底には、なんとなく深い深い愛のようなものも感じ取れます。 この記事は、以上となります。 さて、いただいた話題の「Whisper」。 これはコメントいただいたとおりポールが自分自身に言いたかったことだという解釈もあるかもしれません。 この曲を書いた頃のポールはビートルズ崩壊寸前の状態で見も心もボロボロだったそうです。 そんな時にポールの母親のメアリーが夢に現れて「let it be.. 」とつぶやいたそうです。 ポールはこの母親のことばでだいぶ気持ちが救われたそうです。 「let it be..

次の

レットイットビーの意味を調査!ビートルズの曲も少し和訳して紹介

ピアノレットイットビー

概要 [ ] 名義はだがポール・マッカートニーが単独で作詞作曲。 ポールは当初からこの曲を風に仕上げることを考えていたようでは「『ゴスペルっぽくするにはどうしたらいい?』とポールに質問された」と述べている。 そしてビリーのアイデアを基にゴスペル風のオルガンとコーラスを取り入れたという。 において第20位を記録した。 映画『レット・イット・ビー』のサウンド・トラック盤『レット・イット・ビー』(ビートルズのラスト・アルバム) に収録されている曲。 ビートルズが分裂しつつあるのをポールが悲観している頃に亡き母メアリー・マッカートニー が降りて来た際に述べた「 あるがままを あるがままに(全てを)受け容れるのです」との囁きを元に書いたと言われている。 ポールの母であるメアリー・パトリシア・モーヒン(1909年9月29日 1909-09-29 -1956年10月31日 1956-10-31 )は「子供達が大きくなるのを見たかったわ」と言い残し満47歳で死去している。 ポールはこの楽曲においてピアノを演奏しているので、がでベース・パートを演奏している。 ポールは1979年 1979 以降、やソロコンサートでこの曲を演奏し続けており、現在ではポール・マッカートニーのレパートリーのひとつになっている。 また、参加時にはこの曲をした。 録音 [ ] この楽曲は1969年 1969 の以前から存在しており、『』セッション中の1968年9月19日 1968-09-19 には、リハーサル演奏が行なわれていた。 その数か月後の1969年1月3日 1969-01-03 にトゥイッケナム・スタジオでリハーサルが行なわれた。 なお、このリハーサルの時点ではマルチトラック録音は行なわれず、アップル・スタジオでのセッション時より開始された。 に第1テイク 、に9テイク録音されたのち、と1970年1月4日 1970-01-04 にのがオーバー・ダビングされた。 これにより、ギターソロが2パターン存在することとなった。 ミキシング [ ] 「レット・イット・ビー」はシングル・ヴァージョンが、アルバム収録ヴァージョンがのプロデュースによるミックスダウンだが、元々は同じテイクから作られたものである。 両者の大きな違いは、下記の通りである。 ラストのサビの("Let it be, let it be... "と繰り返す部分)がシングル・ヴァージョンよりアルバム・ヴァージョンの方が1回多い。 シングルでは1969年4月30日 1969-04-30 にオーヴァー・ダビングされたジョージのリードギターを、アルバムでは1970年1月4日 1970-01-04 にオーヴァー・ダビングされたジョージのリードギターを採ってミックスダウンされている。 またアルバムでは、間奏後、ポールのヴォーカルに戻って以降エンディングに至るまで、1970年1月4日 1970-01-04 録音のリードギターが前面にフィーチャーされている。 オーケストレイションとコーラス。 また、ヴォーカルのエコー、ドラムのハイハットのエコー、ステレオの定位、個々の楽器のバランスなど、細部における違いも多い。 また、映画および『ネイキッド』で使用したのは別テイクで、映画版のソロとほぼ同じ。 映画版の3ヴァースにはシングル盤・アルバム盤、ネイキッドのテイクにはない歌詞"There will be no sorrow"という一節が含まれている。 の『』(Billbaord)誌では初登場6位で、これは当時のビルボードHOT100初登場最高位で、これはが1996年に発売した『スクリーム』(初登場5位)まで破られなかった。 1970年4月11日にチャート第1位を獲得。 ビルボード誌1970年年間ランキングは第9位。 アメリカだけで200万枚以上のセールスを記録している。 イギリスでは、「ミュージック・ウィーク」誌で最高位第2位を獲得し、30万枚以上のセールスに留まっている。 日本では138万枚以上 [ ]の売り上げを記録し、国内で発売されたビートルズのシングルの中では最大のヒット作となった。 B面は「」。 また、マスター・テープ到着前に発売したので日本盤のみ、ジャケットにステレオ表記があるにもかかわらず、モノラル・ヴァージョンで発売された(後にジャケットのステレオ表記は削除された)。 但し、モノラル・ヴァージョンは公式には作られておらず、このシングルに収録されている物は、ステレオ・ヴァージョンをそのままモノラル化したものである。 演奏 [ ] ビートルズ• — 、、• — コーラス、• — コーラス、• — 外部ミュージシャン• — 、• 演奏者不明 — 、 収録アルバム [ ]• 『』 カバー・バージョン [ ]• — 1970年 1970 の『』に収録。 — 1970年 1970 のアルバム『Fireworks』に収録。 オリジナルズ — 1970年 1970 のアルバム『Naturally Together』に収録。 — 1970年 1970 のアルバム『Patches』に収録。 — 1971年 1971 のシングル。 ビルボード誌最高位第47位を記録。 — 1971年 1971 のアルバム『』に収録。 — 1972年 1972 のアルバム『GARO2』に収録。 — 1973年 1973 のアルバム『Presenting... Nana Mouskouri... Songs From Her TV Series』に収録。 — 2012年 2012 のアルバム『Beautiful World』に収録。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• の『レット・イット・ビー』は写真集付のボックス・セットとして発売された後に廉価版が発売された。 をと解釈する人が多いがポール本人は「僕の母・メアリー=マッカートニー」とインタビューに回答。 一方で「この曲を聴いた人が聖母マリアと解釈するのは当然だ。 この曲で信仰心を高めてくれれば光栄。 」とも語っている。 なぜ当然かというと、 のマリアの言葉 成りますようにの箇所は、英語で let it be というためである。 そこでマリアが言った、「わたしは主のはしためです。 お言葉どおりこの身に成りますように」。 そして御使は彼女から離れて行った。 どうしようもない状況を暴力的に変えようというのではない。 さりとて、それに従えとか満足せよというのでもない。 そういう状況の中でも自棄(やけ)を起こさず希望を捨てないというのである」と書いている。 この時の音源は発売の『ザ・ビートルズ ホワイト・アルバム 50周年記念エディション』に収録。 この時の音源は発売の『』に収録。 出典 [ ]• 2009年. 2009年4月10日閲覧。 1988. The Beatles Recording Sessions. New York:. 156. The Beatles Bible 2007年. 2018年12月8日閲覧。 Winn, John C. 2009. That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966-1970. New York: Three Rivers Press. 254. (2006年2月22日時点の) [ ]• 外部リンク [ ] thebeatles. com• — SONGS 先代:.

次の