ディアブロ 3 ヘルファイア アミュレット。 【ディアブロ3プレイ日記175】ヘルファイア・アミュレットの作り方

Diablo3。ヘルファイア・アミュレットのお話

ディアブロ 3 ヘルファイア アミュレット

Diablo3についての記事です。 今日は系装備の話。 を作るための素材は強化ボス部屋でゲットできます。 強化ボス部屋はアクト1の上側の小屋にあり、そこで使うアイテムはアクト1から4にいるキーワーデンを倒すことで得られます。 手順は、 1,アクト1,2,3,4のキーワーデンを倒してInfernal Machineを取る(4種類) 2,アクト1の上側にある小屋でInfernal Machineを使用し、ポータルを開く 3,4つのポータル内で強化ボスを倒し、素材(Organ=内臓)をゲット 4,アクト2の中央広場にいる少女から・アミュレットのレシピを購入 5,宝石屋にレシピを渡す 6,宝石屋に・アミュレットを製造してもらう (DEX、INT、STRを間違わないように!!) という順序です。 レシピはシーズンごとに1回購入すれば何度でも製造してもらえます。 通常ではパッシブスキルは4つですが、5つ目を使用可能になるということです。 つまり、 良いパッシブがついていないHFはゴミです。 5つ目として有用性のあるパッシブがついているものを引き当てないといけないので、1個や2個を作ったところでゴミを手にしてしまうだけです。 序盤であれば適当なパッシブが付いているだけでも強いのですが、ある程度以上、つまり、を作れる段階までゲームが進行しているなら、的確なパッシブがついていないと本当にゴミでしかありません。 具体的な数としては、20個量産をワンセットとして考えておくと良いでしょう。 また、Diablo3はがかなり高確率で出るゲームなので、基礎ダメージを底上げしたり、クリティカルチャンスを上げるより、「クリティカルが出た時にドカンと大きな値が出る方が有利」なバランス設計です。 なにしろものすごい連続攻撃を多数の敵に対して当てていくゲームです。 とかのゲームバランスでは、はたまにしか出ないラッキー要素です。 しかし、Diablo3のは毎秒数回出るのでクリダメ上昇こそが優先されるわけです。 おk? たしかに属性ダメージは袖とアミュレット(その他ごく一部の装備品)でしか上がらないため、貴重な気がしてしまいます。 しかし、そんなことよりもクリダメ上昇の方が遥かに大事です。 しかし要注意なのは、一部のビルドではクリティカルのダメージよりチャンスを増やした方が良いです。 AIじゃなかった時点でゴミです。 その上で良いパッシブを引き当てる必要があります。 現時点ではAI化される確率は10%とされています。 つまり10個作って1個のAIが出れば良い方です。 なので20個とか30個を一気に製造しないと無意味だと言えます。 逆に言えば、LoNビルドで無いならAIであることに価値はありません。 たしかにAI品はCaldesann合成が可能ですが、そんなことよりクリティカルです。 クリティカルの数値はAIであろうと非AIであろうと同じです。 AI品である必要がありません。 もし運良くAI品だったらキープしておく程度で良いでしょう。 Thorns系のビルドではセカンダリにThornsがついているものが良品となります。 Thorns系ビルドではクリティカルが無意味であることが多いので、優先度は「1,良パッシブ」「2,セカンダリにThorns」という順番で鑑定します。 いずれにしても明らかに 使いみちのないパッシブスキルがついているものはゴミです。 悩まずにすぐ破壊して素材にしてしまいましょう。 悩んでいる時間が無駄です。 運=試行回数数なので、一喜一憂したり、他人に自慢している間にもう一回マシーンを集めに走ったり、リフトを開始したり、素直にゲームをやめて休憩した方が健康的です。 こんなのただのガチャですから。 他人の10倍やれば良いだけです。 その為に必要なのは徹底したファームプレイのみです。 こんな場末のブログを読んでいる人がハイランカーであることはまず無いでしょうが、もし徹底的にランキング上位を狙うのであれば妥協は敵です。 当たり前ですね。 事実ハイランカーでさえ完璧な性能の装備品を持っているわけではなく、微妙に残念な装備をしていることがほとんどですから。 もしバウンティ中にキーワーデンを狙うのであれば、 「運良く経路にいたら倒しておくか」程度の心構えで、バウンティのついでにキーワーデンを倒しましょう。 1,目的地の経路にいたら辻斬りで倒す 2,目的地への黄色い矢印が出ていないなら、とりあえず紫の矢印に走っても (どっちに行くべきか分からないなら、キーワーデン表示のある方角が「広い」と確定しているので、紫矢印に従えば効率が良くなる可能性が高い!) 3,先にバウンティが終わったら、運が悪かったと思って次のマップに飛ぶ というのが妥当でしょう。 あくまでもバウンティを素早く終わらせることに集中するべきです。 キーマップに先行している人がいたり、マップが攻略済みだった場合にもかかわらずキーワーデンを狙いに行く人はまずいません。 つまり、バウンティを早く終わらせるためには、キーワーデンを優先してしまう人に先だって、自分がそのマップを潰してしまえば、そこに2人目はまず行かないということです。 特にアクト1と2のキーマップは広いので、足の遅い人がそこに行くと、パーティ全体として大幅に時間を失うことになります。 あなたが高速移動に特化したビルドでバウンティに入っているなら、あなたが最も広いマップを担当するべきです。 (同様に、移動スピードに特化しすぎて戦力が低いビルドなら、ボスマップに行くべきではありません!ボスマップはDPSが高い人が率先して潰し、パーティ全体のバウンティ進捗を良化させるべきだからです。 ) 自分がいち早くキーワーデンのいるマップに行き、上の3つの方針で「運良く経路にいたら倒しておくか」程度の心構えでバウンティを行えば、バウンティ全体を高速化できるということです。 ダメな人はキーマップに行き、バウンティとキーの両方を終わらせるまで他のマップに行きません。 しかも足の遅いビルドで。 これではバウンティ全体が遅くなってしまい、パーティ全員の時間が無駄になります。 (バウンティは早ければ15分程度で終わるものです!) バウンティは長時間のプレイが必要です。 マシーン集めをしていると時間をさらに長くしてしまい、とても疲れてしまいます。 バウンティならバウンティ、マシーンならマシーンに集中するべきです。 余談ですが、キー優先でプレイしている人がキックされている光景を稀に良く見ます。 他のプレイヤーが一生懸命にバウンティを走っているのにお前なにやってんだよ!ってことですね。 Vaultも同様です。 まぁ序盤ならバウンティ中に出現したVaultに行きたくなるのは分からないでもないですが、Vaultに行った人数分だけバウンティの時間が伸びているわけです。 Vaultで得られるのは基本素材と宝石とお金です。 それらは普通にNRをやっていれば、プレイ時間に正比例していくらでも増えるのですから、まったく無価値だということです。 単に珍しいから行こう、という考え方をしている人は、正月に福袋を衝動買いして、お店の在庫処分に騙されているのと同じです。 本当に無意味な行為です。 すでにキーマップのバウンティが達成されているのに篭っている人や、終わっているのに飛ぶ人、キーだけを取ってバウンティを無視している人は即キックで構わないと思います。 そういう人は十中八九なので、バウンティのボーナスをミスします。 他のプレイヤーのためにもキックするべきです。 ちょっと練習すれば、1秒もあればマップチェックができるので、誰がどのマップにいるのかはすぐに分かります。 キーマップのバウンティにチェックが入っているのに何分も篭っている人がいたら即キックでです。 あー、あと言うまでも無いですが、バウンティ中はDBとかジェムとか無視です。 それだけで数段早くなりますので。 DBとジェムはNRでいくらでも増えます。 特にアクト1と2はゲーム中屈指の広いマップなので、マップ生成の傾向をどれだけ知っているかが、マシーン入手スピードにそのままつながります。 アクト3はたいてい1本道なのですが、脇道にキーワーデンがいることもあります。 脇道形状を知るためにも連続的に走るべきです。 言うまでも無く、マシーン集めはたった1体の敵を倒すためだけに走るので 移動スピード重視のビルドにしてから開始しましょう。 スピード装備であれば、途中の敵すべてをスッ飛ばし、一気にキーワーデンまで到達できます。 これをやらないで通常の高GR用のビルドでマシーン集めをしていると、数倍の時間がかかってしまいます。 ) なぜ全員で走らないのかというと、他の人がキーワーデンを発見してから、周辺の的を一掃して、テレポートして、という作業をやっているだけで数十秒かかってしまうことがあるからです。 だったら1人だけが走って、他の人は街で倉庫整理やリロールなどの雑務をしていた方が速いというわけです。 時間効率を考える際には、あえて何もせず待機し続けるという選択肢を忘れてはいけません。 特にアクト3と4はほぼ直線マップなので、後ろをついて走る必要が無いどころか、遅い人が追いついてくると、それを追いかけて余計な敵が増えてしまいます。 サボっているようで気が引けるというのは分かりますが、真面目にやっているつもりが、逆に足を引っ張ってしまうのは最悪でしょう。 このやり方だとT13でのマシーン集めも相当なスピードで周回できます。 なお、「足が速い人」と言っても、DHはこういう作業をする時には意外と遅いです。 DHは基本的にザコを殲滅しながらじゃないと前進できないので、ザコを倒すことに全く価値がない状況ではむしろかなり足が遅いキャラです。 移動がジグザグになることと、画面下方向への移動が苦手という欠点もあります。 モンクも非常に速い気がするのですが、In Geomが発動していないと連続移動ができません。 純粋な移動能力だけを考えると意外と遅いです。 一番速いのは徹底的に敵をスルーできるLoNクルセイダーとWWバーバリアン、チキンWDです。 NRが終わった後の30秒や、GRで次回が開始されるまでの時間でキーマップに走ります。 運が避ければウェイポイントのすぐ近くにキーワーデンが居ることもあるので、スキマ時間でマシーンを増やすことができます。 もしプレイ中にこのことを思い出したら、ちょっとした待ち時間があった時にキーマップに飛んで、周辺をぐるっと1周回ってみてください。 画像が小さくなってしまっているのでテキストで要点だけ書きますね。 Machine数 T10 1個+2個目が60% T11 1個 +2個目が70% T12 1個 +2個目が80% T13 1個 +2個目が90% T10からT13にしてもこれしか上がりません! 10回やって16個と19個です。 T10で12回やればT13より上です。 Organ数 T10 2個+3個目が50% T11 2個+3個目が75% T12 2個+3個目が90% T13 2個+3個目が100% T10からT13にしてもこれ効率が上がりません! 10回やって25個が30個です。 T10で12回やればT13より上です。 敵の強さ T10 に対し、 T11 体力2倍、攻撃力1. 4倍 T12 体力5倍、攻撃力2倍 T13 体力10倍、攻撃力3倍 T13の10倍ライフ強化ボスを秒殺できるビルドは存在しません! T10ならファームビルドでもころころ倒せます。 つまり、T13の強さの相手をしている間に、T10、T11でスピード回しをした方が上だということです。 私個人としてはファームビルドのまま余裕で勝てるT10をオススメします。 10だとなんだか低すぎるよなぁと思う人はT11でもです。 4人ならT10、2人ならT11が適度でしょう。 マップ読み込みや部屋立て直しの時間もあるので、回数を減らしたほうが良いという考え方もありますが、T13より2部屋多くT10で回す程度ですから、どうやったってT10のほうが効率が良いです。 (Diablo2にハマりすぎた人だと、「産地の悪いアイテムは性能が低くなる」とか言い出すかもしれませんが。 たしかに同じアイテムでも産地が高難易度の強い敵だった方がランダム数値が良くなるというDiablo2の仕組みは的に非常にアツいものがありましたが。 ) 多くの勘違いプレイヤーはとにかく高難易度のほうが報酬が良いと思い込んでいて、プレイ時間に対する効率を考えていません。 先程もをやってきたのですが、そのプレイヤー曰く「T13の方が良い。 WIZARDSもってくる!」とのことでした。 こういうことを言い出す人はそもそも時間効率という概念が無いので、説得しても無意味です。 あー、はいはい。 WIZ様使いたいのね。 最強の高火力だもんね。 T13Uberも一撃ですよねー。 はいはい。 ってバカじゃねーの。 で、結局アーコンのスタックのために長時間を要し、挙句に死にまくっていました。 その上で「T11くらいに下げて早回しした方が良さそうだね」と提案し、残りのランをすべてT11で終えました。 難易度を下げたほうが 以外のボスは数秒で終わるので快適です。 はやるかやられるかのプレイを楽しむ場じゃないですよ? Diablo3はどこまで難易度を下げるかというゲームだと言えます。 もしT13にこだわるならソロでやりましょう。 パーティでのT13とか効率を落としているだけの愚行です。 さっさとファーム専用のキャラを作りましょう。 がほしいなら高GRをやるか、EXP装備でT12T13を回していた方が良いです。 HFは要求レベルが無く、必ずソケットが付いているので、新キャラにいきなり装備させることができます。 ソケットにはあらかじめ強化済みのレジェンダリジェムをはめ込むのが定番です。 そこそこの威力があります。 また、ランク25以上にしておくと、放電時には25%の移動速度上昇の効果も得られます。 ソロで新キャラ育成をする時にはすさまじい効果です。 低難易度での高速素材集め(ファーム)の際には、Bene of Strickenなどの高GR用ジェムが不要なので、こういうユーティリティ・ジェムを使うと良いです。 育成やファームでは移動しているだけで敵をザクザク倒せるので、このジェムの高速移動の効果を強く実感できます。

次の

【ディアブロ3プレイ日記175】ヘルファイア・アミュレットの作り方

ディアブロ 3 ヘルファイア アミュレット

今回はシーズン18のウィザードプレイを開始して6日目となり、トーメント16まで到達しましたので、その流れなどの日記です。 6日目はひたすら地道な強化がメイン 悪夢の遺産セットが揃ってエンシェントで一通り固めた後は、火力が一気に伸びにくくなるので、トーメント16以降のグレーターリフトが一気にきつくなります。 そのためひたすら 火力とダメージ軽減の地道な底上げとなる一日になりました。 ヘルファイア・アミュレットの作成 リングは悪夢の遺産セットなので アミュレットのレジェンダリーを取りに行きます、これまでアミュレットのソケット付きエンシェントが無かったので丁度いいと思いまず最初に実行。 とりあえずマップ上の カギ付きのエリアの紫矢印の先にいる門番を一通り狩り、鍵を入手してニュートリストラムの 異端者の住み処でカギを使用し、ボスを狩りゲーム終了を繰り返し、素材を集めていきます。 難易度はやや下げてトーメント13で周回。 13個ほど作成して、運よく エンシェント付きを入手しましたが付いているパッシブスキルが覚醒とやや今一なものが、 とりあえず目的はエンシェント付きなので今後火力に悩んだらスキルも厳選して再びマラソンする予定。 レジェンダリー宝石の強化 ここでソケット付きのアミュレットも入手したので、次に強化できそうなところはメインで使用するレジェンダリー宝石3つを60以上まで強化が速そうかと。 ウィザードで有用そうな宝石は、 ゼイの復讐の宝石、囚われし者の悪夢、辺りがランクが上がるにつれてよさげです、 あと一つは即死回避用に 液状化したヌーの内臓、にすることにしました。 液状化したヌーはとりあえず吸収が欲しいので25まで強化。 ゼイの復讐の宝石と囚われし者の悪夢は70まで強化。 地味な上昇値ですが、 70まで強化するとグレーターリフト70も安定して回せるようになってきました。 この強化作業でパラゴンレベルが一気に600まで行きました。 特性の最大値厳選 ここで装備もほとんど動かなくなってきたので、 特性値の厳選作業に移ります。 主に行うのはクリティカルダメージなどの%ダメージ系。 火力に直結しない他の物はある程度高くなれば中断。 しかし防具は特性変化すればするほど費用がどんどん高くなってくるので、やばそうなら中断します。 一番 厳選が辛いのは振れ幅の大きいクリティカルダメージ。 地道な強化の末、トーメント16を攻略できる火力に 本日はこれらの作業のおかげで、最高難易度の トーメント16まで何とか攻略できる火力を確保できました。 ダメージは ディスインテグレイトのクリティカルで2000憶は最低ラインで出るようになりました。 耐久面も 即死はしないギリギリ程度まで大丈夫なラインになりました。 グレーターリフトもとりあえず75まで攻略、しかし本当の地獄はここからです。 トーメント15からは死の吐息も要石も3個安定して落ちるのでだいぶ楽に進めました。 ここまでの作業でパラゴンレベルは650まで行き、宝石強化してたら1日で200レベル上がる結果となりました。 カテゴリー一覧•

次の

【Diablo3:シーズン13】馬場PL829/ソロGR99+2.6.1馬場高速周回用ビルド(仮)

ディアブロ 3 ヘルファイア アミュレット

ヘルファイア装備は3種類ある ヘルファイア装備には、レベル60リング、レベル70リング、レベル70アミュレットの3種類がある。 ここで扱うのは主にレベル70アミュレットだが、混同しやすいのでざっと解説しておこう(作り方をすぐに知りたい人は読み飛ばしてください)。 レベル60のヘルファイア・リング 旧コンテンツ。 サブキャラ育成用のアイテム。 略してヘルリン。 「敏捷のヘルファイア・リング」 「生命力のヘルファイア・リング」 「知力のヘルファイア・リング」 「筋力のヘルファイア・リング」 実際のアイテム名(作成したもの)は「ヘルファイア・リング」 レベル70のヘルファイア・リング バージョン2. 1で追加されたヘルファイア・リングの上位版。 同じくサブキャラ育成用のアイテム。 筋力、敏捷、知性、生命力といった接頭辞はついていない。 実際のアイテム名はそのまま「ヘルファイア・リング」。 特殊効果を見比べれば区別はつくが、レベル60もレベル70も出来上がった指輪の名前は同じ。 今は「緩和の宝石」があるので、作る人はあまりいないかも。 ちなみにヘルファイア・リングは1つしか装備できない。 レベル60と70のリングを併用するといったことは不可能 ヘルファイア・アミュレット バージョン2. 1で追加されたレベル70のキャラクター向けの装備。 いわゆる最終装備のひとつ。 特徴 キャラクタークラスのパッシブスキルが特殊効果として付与される。 付与はランダムで1つ• 付与されるのは作成時のクラスのパッシブスキル• 他のクラスのパッシブスキルのついたアミュレットを装備しても効果はない• キャラクターとアミュレットで同じパッシブをつけても効果は重複しない(無駄になる)• (キューブによる再鋳造は不可能、パワー抽出も当然不可) 素材を集めて鍛冶屋で作成するのだが、ランダム生成のため、欲しい特性+欲しいパッシブがうまく揃うことは稀。 実装当初は、素材集めの大変さもあって、廃人向けのエンドコンテンツだった。 しかし、パッチ2. 3以降、いろいろと緩和され、現在はかなり作りやすくなっている。 この記事用に試しに作っただけで全然良くない品。 NPC名は、行商人スクワート。 必要なものだけ購入すればよい。 Act1からAct4の特定のエリアに鍵の番人という手強いユニークモンスターが出現する。 エリアは地図に鍵マークが出るのですぐにわかる。 出現エリアは固定。 Act1はリングの方でのみ使う(PC版とはこのへんが若干違う)。 ドロップする器はActごとに対応が決まっている。 ドロップ率は難易度に応じて変わる仕組み。 ちなみに、鍵の番人が出現する場所はマップ内でランダム。 Act3の鍵の番人は、枝道の見落としやすい場所にいることがあるので注意。 こういうところに番人がいることがあるので、ミニマップをチェックしながら進み、見落とさないようにしたい 3 Act1の町中の小部屋で器を使い、ボス戦へのポータルを開く アドベンチャーモードAct1の拠点の北側、秘術師のいる方へ行くと、「治療師マラキ」というNPCがいる。 このNPCのそばの小屋の扉を攻撃すると、中に入れるようになる。 名称は「異端者の棲み処」。 ポータルを1個余分に開いてしまっているのはご愛嬌 4 ポータルの先にいるボスを倒し、素材を集める ポータルの先にはActボスのそっくりさんが待ち構えている。 通常は2体セット。 Act4の流れで行くボス戦は最初1体。 途中でランダムで2体追加。 通常のボス戦と同じで、プレイヤー側が全員が死ぬと最初からやり直し(リセットされる)。 特に制限はないので、勝てるまで何度でも再挑戦可能。 特にソロの場合は、死ぬとリセットで最初からなので、安定して勝てないと効率が悪くなる。 初挑戦の場合は、自分の実力よりも少し低めの難易度で試してみるといいだろう。 5 素材が集まったら鍛冶屋で作成する 作成は通常のクラフトと全く同じ。 書かれているドロップ率は実際とは異なる可能性もあり。 ポータル先のボスからの素材ドロップ率は100%(確実に1個出る)。 T10の場合は、鍵の番人から器1個は確定、2個目が60%の確率でドロップ。 ボスからの素材は、2個確定で、3個目が50%の確率で出るといった具合。 効率アップの基本 ・高速周回ビルドで回る ・できるだけ高難易度で回る ・友人とマルチプレイなら、器を持ち寄るのもあり 当然ながら「T13をサクサクこなす」のが理想となる。 ・鍵の番人狩り(器集め)は高速周回ビルド ・ポータル先のボス戦(素材集め)はGR攻略用ビルド 最初のうちは上記のようにビルドを使い分けるのが良いだろう。 マルチプレイの補足 一緒に遊ぶ仲間がいるなら、マルチプレイでボス戦をやると効率が良い。 ポータルは誰でも入れるので、誰か1人が器を使えば、他の3人は無料でボス戦に参加できる。 もちろん、ドロップも全員分ちゃんと出る。 例えば4人それぞれが器を3種類1個ずつ持ち寄ると、合計で12回もボス戦ができる。 事がスムーズに運べば皆ほくほくである。 ただ、鍵の番人狩り(器集め)に関しては注意が必要だ。 以前は、別のエリアにいても、ゲームに参加しているプレイヤー全員分の器がドロップした。 しかし、パッチ2. 3からは、番人を倒した時に同じエリアにいないとドロップしない仕組みとなった。 そのため、別々のエリアを手分けして探すというやり方は難しくなってしまった。 器集めは各自でやって、週末とかにみんなで器を持ち寄ってボス戦。 マルチプレイならこういうのが理想的だろう。 ヘルファイア・アミュレット関連の変更履歴 2. 3の変更点• ソケットが必ずつくようになった• 作成プロセスが簡略化され、素材の入手が以前よりも簡単になった• 難易度トーメント7-10が追加されたこともあり、以前よりも多くの素材を一度に手に入れられるようになった 2. 4以降の変更点• 2で難易度T11~13が追加。 器や素材集めの効率がさらにアップした• 鍵の番人のいるエリアでは、最初からミニマップに紫の矢印が表示されるようになった レベル70ヘルファイア・リングの補足 リングの方は、Act1、Act2、Act3で、器と素材集め。 PS3版から移行した人は、この指輪用の素材や器を持っているかもしれない。 混同しやすいので、同じアカウントに倉庫キャラを作り、移動してしまうのがオススメ。 「地獄への門を開く器」 「復讐の瞳」 「悶える背骨」 「悪魔の牙」 これがレベル60用の器と素材名。 名称の最初に何もつかない。 4対応.

次の