資格の大原合格web。 資格の大原の公務員試験講座

資格の大原のFP(ファイナンシャル・プランナー)講座

資格の大原合格web

LECはもともと法律系を柱として業容拡大してきた学校で、法律系の資格のノウハウと実績を持っています。 会計資格も税理士などでは法律(税法)の範疇に入ります。 LECは特に通信講座では強みを発揮します。 大原・TACに比べると多少割安感があります。 LECのWeb講義は、基本的に音声ダウンロードが標準装備されている(他社は基本的に別料金が必要)おり、スマホにダウンロードすればオフラインで視聴でき、PCやスマホ・タブレットで視聴しても視聴履歴が引き継がれるなど、 特にオンラインでの学習者を応援することに非常に力を入れているため、 Webをメインに学習していこうと考えている方にはベストです。 またLECの講座は、学校に通う<通学クラス(自宅学習フォロー付)>、自宅学習の<通信クラス>のいずれかを選んで受講でき、自宅学習の映像講義は、Web動画(音声ダウンロード付)か、DVDのいずれかを選択するスタイルです。 通学クラスにも、通信クラスと同じ映像講義の学習フォローが付くので、より万全の体制で学習を進めることができます。 資格試験のタイミングにも寄りますが、時々、 申込みの早割サービスやクーポン発行を行っているため、国家資格の受験で、講義付きの通信学習を考えておられる方は、上記のの申請はお得になります。 とにかく早く専門学校から情報をもらって学習を始めたい方には向いています。 サポートは費用がその都度掛かる部分もありますが、おすすめできる学校です。 TAC TACはもともと会計を柱としてスタートしているので、簿記や税理士・会計士等では非常にノウハウと実績がある学校です。 Webの「i-support」という、受講生と講師や受講生同士でサポートし合えるウェブシステムがあります。 そのためモチベーションが下がった時なども頻繁にアクセスし、 他の受講生の学習状況をチェックしてあなた自身のやる気につなげることが出来ます。 受講講座別の よくある質問のデータベース閲覧ができるため、先生に質問したいけれどもそもそもどうやって質問すればよいか分からないといった悩みも、過去の受験生の質問事例で解決できたりします。 意外とこれは使えます。 さらにTACでは通信講座にチューター制度 一人ひとりカルテを作っての電話相談 、質問カード等、通信生にも板書議事録付きなど、手厚いサポートがありますので、 価格は高いですがかなりオススメできるサポート内容になっています。 大原 大原は、言わずと知れた会計に強い大手専門学校です。 こちらもTACと同じく会計係を柱として学校運営をしてきた経緯があります。 質問体制については、専用質問フォームによる質問というのが基本にあり、郵送・電話・メールでの質問受付体制が整備されています。 質問受け付け電話も日・祝日も9:00~15:00の間でサポートしてくれますので、休日に電話質問したい場合にも早めに電話するとつながりやすいでしょう。 通学の人には常駐講師のサポートが手厚いのですが、 通信講座の場合は基本はメール・電話のみのサポートになっています。 チューター制度は無料で利用登録できます。 希望者のみになりますが、登録すると専任講師が定期的に電話でアドバイスをしてくれます。 大原の教室が近い方には、予約不要で無料の自習室が使えるというのはありがたいですね。 大手資格予備校の大原・TAC・LECを全体的に比較 <講師の質> 講師の質に関しては、通学講座の場合は当たり外れがあるでしょう。 例えば、その資格を 合格したばかりの方が講師になられた場合とベテランの講師では教え方や情報量が違うでしょうし、授業の後いつまでも残って質問に対する回答をしてくれる講師もいれば すぐに帰宅する講師もいるでしょう。 人それぞれなので、一概に決めることはできません。 自分がどんなタイプの講師と合うかによって決めましょう。 通信制の場合は一般的に人気講師が担当することが多いので当たり外れは少ないです。 TAC・大原・LEC論点別の特徴 <教材と学習形態の種類> 教材と学習形態に関しては、3社とも大手だけあってほぼ全てのニーズに応えています。 追加のメディアなども出てきている場合がありますので詳細は各社サイトでご確認ください。 サイトにはLECのみ追加費用が掛かる可能性があるとなっています。 ただし一番リーズナブルなのでご自身の質問の頻度を考えて選べば良いでしょう。 サポートを頻繁に使いたい方は大原・TAC寄りでしょうし、自力で解決することをメインにしたい方はLEC寄りでしょう。 <大原> 電話やe-mailなどの質問受付体制が整っている。 また、日・祝日も質問電話受付時間9:00~15:00で受け付けてもらえます。 <TAC> 通信講座の場合は「質問カード」による回答、Web通信講座の場合はよくある質問のデータベース化やメールで質問ができる「i-support」 インターネット がある。 電話で講師に直接質問できる「質問電話」も利用できます。 土日祝も電話での質問対応をしています。 <LEC> インターネットフォローが充実しており、受講生は「質問・受講相談[教えてチューター]」を使っていつでも質問できます。 その他資格によっては、テレホンチューター制度 LEC専任講師・スタッフに電話で直接質問・あらかじめ予約が必要)があります。 受講生相互の交流[教えてメイト]は、よくある質問のデータベース化もされており、受講生は専用のホームページ「Myページ」を活用して学習を進めることができます。 <スクーリング制度> <大原> 答案練習・模擬試験の他、講義も自由に参加できます。 (通信生の参加可能回数はコースによって異なる。 ) <TAC> 答案練習・模擬試験の他、講義も自由に参加できます。 (通信生の参加可能回数はコースによって異なる。 ) <LEC> 主にインプット講座が対象で、希望クラスが定員に達していないことが条件 通学受講生優先。 事前に受講される本校への連絡が必要です。 LEC加盟校・LEC提携校につきましてはスクーリングはなし。

次の

資格の大原のFP(ファイナンシャル・プランナー)講座

資格の大原合格web

更新日:2020年5月17日 宅建士の通信講座「 資格の大原」は、「」のページで、 おススメNo. 12という下位の順位でご紹介している通信講座です。 資格の大原は、あくまでも通学教室をメインとした資格予備校ですので、教室運営のためにどうしてもコストがかかってしまいます。 このため、 通信講座についても 受講料が高額になってしまうというのが、通信講座としてのおすすめランキングが下位の順位になってしまう大きな理由です。 講座内容自体は、これだけ大手の予備校ですから、 講師も教材も優れていますし、カリキュラムも充実しています。 しかし、 そこまで充実した教材やカリキュラムが果たして必要なのか、、、と疑問を持ってしまいます。 もっとシンプルな教材、シンプルなカリキュラムで十分に合格できるわけですから。 このページでは、資格の大原の宅建通信講座の概要や、どのような点が優れているのか、また、どのような点が残念なのかについて、掘り下げてご紹介したいと思います。 【関連記事】• 講義・講師• カリキュラム• 教材(テキスト・問題集)• eラーニング• 合格実績• サポート体制• なお、講義は、通学教室を収録したもので、黒板の前に立ち、板書しながら講義を進めるスタイルです。 【関連記事】• カリキュラムは、インプットとして、「 入門講義」と「 基礎講義」があり、アウトプットとして「 直前対策講義」が用意されています。 この基礎講義では、科目の学習が終わるごとに、定例試験により実力を確認するようになっています。 【関連記事】• 使用教材• テキスト• トレーニング問題集• 分野別縦断まとめ• 重要数字暗記集• 定例試験、基礎演習問題、直前演習問題、総まとめ問題、直前模擬試験、全国統一公開模擬試験 テキストについて テキストは、必要最小限の学習で済むようにコンパクトにしつつ、合格に必要な情報を網羅したテキストになっています。 このテキストの特徴は、わかりやすい解説と豊富な事例、そして、情報を整理しやすいまとめ表と、視覚的に理解できるイラストなどの工夫が施されており、印刷も2色刷りになっています。 問題集について 問題集は、合格に欠かせない重要な過去問が厳選して収録されたトレーニング問題集が使用されます。 【関連記事】• (パソコン、スマホ、タブレットいずれも可) 講義動画は、0. 1倍刻みでスピード調整ができ、最大2倍速まで速度を上げることができるようになっています。 その他、講義動画を受講すること以外は特段の機能はないようです。 資格の大原 合格実績 ここ数年は、公表されていません。 直近の公表数値としては、2017年度の宅建試験において、資格の大原から531名の合格者を輩出しています。 なお、この合格者の数には、公開模試のみの受講生や、教材のみの購入者などは一切含まれていない数値になっています。 資格の大原 サポート体制 資格の大原の通信講座では、Eメールによる質問が可能となっており、回数制限は、1通1質問として30回までとなっています。 黒板の前に立ち、板書しながら解説 教材(テキスト・問題集) 2色刷(オリジナルテキスト)。 その他教材の詳細は、以下のとおり。 ただし、これほど多くの教材やカリキュラムをこなす必要はなく、もっとコンパクトな講座内容で十分に合格できるわけですから、敢えて高額な講座を選ぶ必要はないのではないかと思ってしまいます。

次の

資格の大原の公務員試験講座

資格の大原合格web

この記事の目次• また、講義の体験も可能です。 キャッシュバック・返金制度 簿記2級はなし 受講割引制度 複数あり 公式サイト 資格の大原 簿記2級通信講座の特徴 さすが!合格実績トップクラスの大手資格スクール 資格の大原は大手資格スクールというだけあって、合格者を多数輩出しています。 そのうち、日商簿記2級の合格者数は1,908名。 僕もちょうど第143回の検定を受けて合格できたのですが、この時期は新試験範囲の導入もあり、問題の傾向がなかなかつかめませんでした。 僕は、2度目の受験だったので上手く乗り越えることができましたが、検定にはかなり不安な要素が多かったです。 それにもかかわらず、多くの合格者を輩出しているので、これが大原の力なのかなと感じますね。 何人受けてこの合格者数かはわかりませんが、それでもこの数字がとても大きなものであることに違いありません。 ちなみに、2017年度は3級・2級・1級あわせて5,058名とのことです。 さすがです(笑) ノウハウがたくさんつまったオリジナル教材 大原の教材はすべて専任講師が作成するオリジナル教材です。 長年の運営をいかし、試験の傾向に合わせて教材が作成されるので演習をしっかりとこなしていくことで検定合格がより現実的になります。 教材は、2018年度以降の新しい出題区分にもばっちり対応しているのでその点はなんの問題もありません。 ここでは、ノウハウがたっぷりつまった大原オリジナルテキストのポイントを簡単にですがご紹介します。 【大原テキストの3つのポイント】 1. もっと詳しく知りたい方はチェックしてみてください。 講師が簿記会計のプロだから講義がわかりやすい 大原の講義は受講生からわかりやすいと評判です。 まず大きな特徴として、大原の講師は、全国の講師の教え方の中から最も優れた教え方を共有しています。 そのため、受講生はより理解しやすく、講義内での合格ノウハウも満載。 全国にたくさんいる大原講師の中の、一番わかりやすい教え方を採用するということなので、無敵の講義ができるというわけですね。 次に講義の行い方です。 大原の講義は主にプロジェクター投影が使われます。 プロジェクター投影を使うことで本来黒板に書く必要があった内容はあらかじめ準備しておくことができるので無駄な時間がカットできます。 カットできた時間は、問題の解説や問題演習という合格に直結する部分に時間をあてることができるので、1回の講義でより深く理解できるようになるんですね。 このように、 講義の教え方と講義の行い方を工夫することで大原はわかりやすい講義を提供しています。 使いやすい講義画面 大原のWeb通信は、インターネット環境があればいつでも、どこでも講義を受講できます。 Webならではの便利な機能が盛りだくさん! 以下、講義画面で使える機能を簡単にまとめてみました。 【Web通信の便利機能】 1. 1倍刻みで最大2倍速まで対応。 学習の効率化に役立つ 6. 講座コースの詳細 大原の通信講座には、 Web通信のみとWeb通信+DVDフォローがあります。 Web通信は、パソコン・スマートフォン・タブレット端末とインターネット環境があれば、どこでも好きな場所で受講できるので便利です。 Web通信+DVDフォローの方は、自宅のWeb環境があまりよくない方におすすめです。 また、試験終了後も基礎講義の復習をしたい方や講義映像を手元に残しておきたい方にはおすすめ。 しかし、DVDフォローは基本講義のみなのでその点はお気をつけください。 ちなみに、受講料はWeb通信のみの方が安くなっています。 学習初心者・初学者の方向け 大原の学習初心者・初学者向け講座コースを紹介します。 まだ、日商簿記3級程度の知識がない方や、簿記をこれから学ぶ予定の方にオススメです。 講座コース名 受講形態 受講料 3級・2級W合格フルセット Web通信 72,500円 Web通信 +DVDフォロー 94,900円 3級から学ぶ2級合格フルセット Web通信 69,200円 Web通信 +DVDフォロー 91,600円 学習経験者の方向け 大原の学習経験者向け講座コースを紹介します。 日商簿記3級程度の知識がある方におすすめです。 講座コース名 受講形態 受講料 2級合格フルセット Web通信 66,000円 Web通信 +DVDフォロー 81,400円 3級復習講義 Web通信 3,200円 独学の方向け 大原の独学の方向け講座コースを紹介します。 各講座コースの詳細は公式サイトにてご確認ください。 資格の大原 簿記2級通信講座を利用した方々の口コミと評判 資格の大原の簿記2級講座を実際に受講して合格した方の口コミと評判をいくつかピックアップしてみました。 大原で簿記2級通信講座の受講をお考えの方はぜひ参考にしてください! 中村さん(男性) 特に良かったのが教材。 大原のテキストには設例が載っているので理解しやすく、合格に必要な情報がしっかりと詰め込まれたテキストだと思いました。 大原の教材だけで十分に合格できると思います。 大原簿記講座の資料請求を実際にしてみました! 大原の資料請求を実際にしてみました。 資格の大原は、コース設定や受講料は時期により変動しますし、割引サービスもかわります。 大原で受講を検討している方は資料請求で最新の情報を入手するようにしてください。 3分程度あれば終わりますのでぜひどうぞ。 サポートはまぁわるくはありませんが、手厚いというほどではないかなということで〇判定です。 実績についてはなにもいうことはありませんね^^ 以上の結果から、 資格の大原は、予算に余裕のある方にはオススメです。 本文でお話したとおり、実績はかなりありますし、講師・講師・教材どれもとっても間違いなく一流です。 しかし、僕としては価格がちょっと気になっちゃいますね…。 「価格はそんなに気にしない。 大事なのは中身なんだ!」という方はぜひ検討してみはいかがでしょうか?.

次の