チェンソー マン サンタクロース。 チェンソーマン【第71話】お風呂のネタバレ!闇の悪魔による被害が明らかに|漫画市民

チェンソーマン59話ネタバレ!サンタクロースの人形軍団がデンジに迫る!?|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

チェンソー マン サンタクロース

サンタクロース=サタン・クロノス説 サタンというのは悪魔のことです。 Satan という単語は 旧約聖書において神の「敵対者」「告発者」と言った意味があります。 また以前からファンの間で囁かれてる天使の階級 天軍九隊・九歌隊 の名前が公安の悪魔・魔人につけられているという説あります。 上位階級。 (1)『熾天使(セラフィム)』 (2)『智天使(ケル ビム)』 (3)『座天使(オファニム)』 中位階級。 (4)『主天使(ドミニオンズ)』 (5)『力天使(ヴァーチャーズ)』 (6)『能天使( パワーズ)』 下位階級。 (7)『権天使( プリンシパリティーズ)』 (8)『大天使(アークエンジェルス)』 (9)『 天使(エンジェルス)』 (引用:) 公安の悪魔・魔人=天使 という立場に置き換えた場合、 天使たちは「神」の創造物であることから、 マキマさんは「神」というポジションに置かれて物語が進んでいる可能性があります。 【補足】 そもそも悪魔というものは神に仕えていた天使が堕天した存在=堕天使のことを指します。 簡単に説明すると 堕天使=悪魔 というわけです。 チェンソーマンの重要人物が旧約聖書を参考に作られていると仮定し その上でマキマさんが悪魔・魔人 天使階級 を従えていることから、マキマさんを「神」というポジションに置いて仮定を進めていきます。 ここで疑問に思うことは、マキマさんは何の神様がモデルなのだろう? ということです。 【考察】 旧約聖書におけるマキマさんのモデルとは まだまだ正直勉強が足りていなくて申し訳ないのですが、 サタンが敵対していた神が「ゼウス」という理由から、 【結論】 マキマさんのモデルは「ゼウス」 サタンとの戦いのあとは終焉の日 別件になりますが 個人的にすごく気がかりな文章を見つけました。 「至福の1000年の終わりにサタンとの最終戦争を経て最後の審判が待っている」というものです。 また最後の審判で、悪魔が滅ぼされるという説もあることから。 地獄に住んでいる悪魔たちもマキマさんを狙っているのかもしれません。 どちらにせよ、サンタクロース サタン との闘いが終わったあと、物語が一気に進む可能性は高いですね 重要なことなので二回目 今回はキリストをベースに考察していきましたが、北欧神話の方もチェックした方がいいのかなと最近思ったりもしています。 温かく見守っていただければ幸いです。

次の

【チェンソーマン 58話感想】サンタクロースやばそうwwwww

チェンソー マン サンタクロース

サンタクロース トーリカの師匠 トーリカの師匠でトーリカに狩りを通じて命を殺した感覚があるかを聞いていた。 デビルハンターとして活動していたが、デンジを殺す任務を上から受け、トーリカと共にデンジを殺しに日本にやって来る。 正体はサンタクロース 当初、が脅威と思っていたドイツのサンタクロースは触れた人間を人形に変えるお爺さんだと思われたが、実はトーリカの師匠がサンタクロースだと明らかになる。 トーリカの師匠となっていたのは、トーリカに人間しか持たない感情である敬愛・崇拝・哀憐・罪悪感を入れ込むため。 大量の人形を操り、デパートに入ったデンジたちを追い詰めていく。 トーリカがデンジに4回目の釘を刺したタイミングで正体を明かし、トーリカを精巧な人形に変える。 当初サンタクロースだと思われたお爺さんもサンタクロースが操る精巧な人形で、このお爺さんを操り、お爺さんの命とお爺さんが任務の前に調達した3人の子供の命を捧げさせ、地獄の悪魔の力でデパートにいる者を全員地獄に送り込んでいく。 闇の悪魔と契約 サンタクロースは人形にしたトーリカを地獄に送り込み、地獄に現れた闇の悪魔に「契約通りチェンソーの心臓を持ってきました」と伝え、マキマを殺せるだけの力を懇願する。 そして、闇の悪魔から肉片を渡され、闇の悪魔の力を得て異形の姿と変わる。 闇の悪魔の力を得たことで闇の悪魔との戦いで手負いのマキマを殺そうとするが、チェンソーの悪魔へと変身したデンジに阻まれる。 デンジと悪魔に変身したクァンシと戦い、見えない速さで動くクァンシに苦戦していたが夜がきたことでさらにパワーアップ。 クァンシの魔人を人形に変え人質に取りクァンシを追い詰めるが、炎をまとったデンジの馬鹿げた攻撃でやられてしまう。 死んだとしてもサンタクロースの人形は世界中に存在し、触れて人形にすれば誰しもがサンタクロースと呼ばれる殺し屋としてまたデンジを殺しにいくはずだったが、クァンシの魔人の一体であるコスモの宇宙の魔人の能力でハロウィンのことしか考えられなくなったまま死んでいった。 能力 呪いの悪魔 呪いの悪魔と契約している。 4回釘を刺すと相手の命を奪える能力で、サンタクロースはハンバーガー屋でデンジとすれ違った際に一瞬で3回釘を刺した。 代償は大きく、契約したことでサンタクロースは指の感覚をいくつか失っている。 4回目の釘はトーリカに託し、トーリカがデパートの床に釘を仕込み、クァンシから逃げるデンジが踏み、呪いの悪魔の力でデンジの命を奪った。 人形の悪魔 人形の悪魔と契約している。 人間に触れることで意のままに操れる人形に変えることができ、人形が触れた人間も人形に変えることができる。 ただ、魔人やデンジのような悪魔の力を宿す人間は人形になることはない。 また、契約者が近くにいないと人形を操ることはできない。 精巧な人形を作ることも可能で、人形にする人間に人間にしか持たない感情である敬愛・崇拝・哀憐・罪悪感を入れ込むことで通常の人形よりも精巧な人形にすることができる。 地獄の悪魔 地獄の悪魔と契約している。 作中では自身と三人の子供の命を捧げることで力を使っていた(サンタクロース自身ではなく、操る人形の命だが)。 一定の範囲にいる全生物を地獄に送ることが可能で、デパート内のデンジたちをまとめて地獄に送り込んでいた。 闇の悪魔 地獄にチェンソーの心臓を連れて来たことで闇の悪魔の肉片を取り込む。 異形の姿へと変身し、暗闇に入ればどんな傷も瞬時に回復する能力を得る。 他にも操る人形が強化されていたり、痛覚を人形に分散させることで痛みを感じないようにすることもできるようになっていた。 夜になるとさらに力を増す。 関係のあるキャラクター トーリカ.

次の

チェンソーマン63話ネタバレ!サンタのプレゼントでコベニの愛車が大破する!?|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

チェンソー マン サンタクロース

何度ボコボコにされても立ち上がったデンジは、サンタクロースに車を投げつけて爆発を起こし、とどめを刺すのでした。 チェンソーマン【第70話】摘むのネタバレ 爆発によってサンタクロースの身体はほとんど焼けてなくなり、上半身のみの姿となっていました。 そんな中、デンジは死んだ操り人形の身体から滴る血を頭からかぶり回復します。 その様子を見つめながら、あなたの行動パターンは理解したと笑うサンタクロース。 サンタクロースは人形の悪魔と契約しているため、自分の人形たちは世界中あちこちにいると話します。 触れて人形にすれば誰しもがサンタクロースと呼ばれる殺し屋となり、闇の力で進化をし続けて何度でもあなたを殺しに行くと脅します。 しかし日曜は仕事が休みだから、来るなら平日にしてくれと余裕の笑みを浮かべるデンジ。 そんなデンジの様子を見たサンタクロースはあなたは恐れを知らないのではなく、頭が足りず理解が出来ないだけだと嘲笑います。 毎日あなたが会う家族も友人も他人も人形になり、あなたに襲い掛かってくるかもしれないのだというサンタクロース。 日常の中で常に死が付きまとう生活を想像できるかと問いかけます。 するとデンジは、不死身の俺にもわかるように想像させてくれとニヤつきました。 その瞬間、背後からクァンシがデンジの首を切り付け、頭部が吹っ飛んでいきました。 共闘は終わりだとつぶやくクァンシ。 そんなクァンシにサンタクロースは、あなたもいつか人形に加えると言います。 するとクァンシは仲間のコスモに、仕事だと告げます。 一人で東京観光をしていた罰だ、こいつに本気のハロウィンをくらわせてやれと指示するクァンシ。 するとコスモは「ハロハロウィイイン!!」と叫びながらサンタクロースに攻撃を仕掛けました。 その直後、サンタクロースは人間の姿に戻り、大量の本棚に囲まれた世界に佇んでいました。 そんなサンタクロースの前にはコスモが座っており、「ハロウィン」とつぶやきます。 どうやらそこはコスモの脳内で、サンタクロースを精神的に攻撃するつもりのようです。 しかしサンタクロースは自分の脳は世界中にいる人形たちとつながっているため、コスモの攻撃は血の一滴で海の青を赤に染めようとするようなものだから無駄だと言います。 するとコスモは突然「私は宇宙の魔人です」と、言葉を喋り始めました。 コスモは自分の仲間たちを殺されたことに対してサンタクロースに抱いている怒気はないと言います。 命あるものは狩り、狩られるのは自然な流れで、その流れにあらがうほどの感情はないというコスモ。 これからあなたに起こる現象もその流れに過ぎない。 今からあなたは森羅万象を知る。 闇の力で全てを理解したつもりでも、あなたが理解しているすべてというのは、この図書館の本の1ページ目にも満たないこと。 コスモはそういうと、これからサンタクロースの脳にこの図書館の本の内容がすべて流れ込み、今度こそ本当にすべてを理解することが出来ると言います。 そうすると私はどうなるのかと問いかけるサンタクロース。 「全てを理解した者は皆、死ぬまでハロウィンのことしか考えられなくなります」 コスモがそう告げた直後、サンタクロースの頭の中に大量の本の情報が流れ込んできました。 そしてサンタクロースの本体も火で焼かれていき、消滅するまでハロウィンハロウィンとひたすらつぶやくのでした。 その様子をじっと見つめるクァンシたち。 そんな中、クァンシの前に岸辺と吉田が現れました。 クァンシが剣を構えると、2人はおもむろに黒い布で目元を覆い目隠しをします。 するとその後ろから、剣を持ったマキマが現れました。 その瞬間、クァンシはあっさり「降参する」と言って両手を上げ、剣を投げ捨てます。 私が逃げると思うなら四肢を切ってもいい、だから私の女たちは殺すなというクァンシ。 助かるなら靴でも何でも舐めると言います。 しかしマキマが「死体が喋っている」とつぶやくと、クァンシや仲間の女たちの頭部が切断され飛んでいきました。 そしてサンタクロースが死んだため、世界中にいた操り人形は「ハロウィン」という言葉を連呼しながら、町中に溢れました。 その中にはアメリカの三兄弟の生き残りの男の姿も。 一方目隠しをとった吉田は、まだ目隠しを取ろうとしない岸辺に、とらないんですか?と聞きます。 すると岸辺は、なにも見たくないと話すのでした。 しかしクァンシさえも速攻でマキマに降参してしまったのは驚きでした。 それほどマキマの力は相当なものだというのが分かります。 サンタクロースとの戦いは終わったので、今後はどんな展開になっていくのか、とても楽しみです! 次回のチェンソーマン【第71話】が掲載される週刊少年ジャンプ26号は6月1日に発売されます。

次の