ヘップバーン カット。 オードリー・ヘップバーンの記憶に残る映画ファッション・クロニクル

オードリー・ヘプバーン

ヘップバーン カット

髪型でもヘップバーン現象!!「ヘップバーンカット」がブームに!! 今、ヘアー業界にペップバーン旋風が起こっている! オードリーヘップバーンはが起こした流行、ブームはどれだけあるのだろか? 前髪は毛先をそり、後ろ髪はえり足いっぱいにカットするしたこの独特な髪型におおくの女性達がマネしている。 私も「ヘップバーン」になりたい!そんな女子達が全世界にいるのだからすごい。 洋服と違い髪型はお金が無くてもマネができる点が素晴らしい、誰でもできるのだ。 「ヘップバーンカット」が流行した要因は、「スターへの憧れ」だ。 人るは真似る事で進化してきた生物だ、優れた人物を真似る事は成長につながるのだ。 ただ、一点間違えてはいけないのは、いくらスターでも何でも優れているわけではない。 何がすぐれているのかをしっかりと見極めてマネをしないと大変な事になるのだ。 未来でもこの「ヘップバーンカット」から影響を受けたブームは数知れず。 例えば2043年に流行した「ウニ星人カット」はウニ星人に憧れる一般市民のなかで流行となった。 この「ウニ成人カット」は未来で楽しんでほしい。

次の

オードリー・ヘプバーン 初公開カット多数の写真集が話題

ヘップバーン カット

質問一覧• 1950年代くらいのアメリカの田舎町が舞台で、そこに住む少女の成長物語のような感じでした。 日曜日にはおばあちゃんと一緒に教 会へ行って、他の人たちとピクニックする様子や夏休みに都会に住む叔母さんのところへ遊びに行き... 方など回答お願いします! ヘップバーンカットして見たいのですが現代日本人に似合うでしょうか?今高校生なのですが、割と個性的で昔の髪型なので少し心配です…。 この髪型にするには毎朝ヘアアレンジが必要ですか? もし... ます! ヘップバーンカットして見たいのですが現代日本人に似合うでしょうか?今高校生なのですが、割と個性的で昔の髪型なので少し心配です…。 この髪型にするには毎朝ヘアアレンジが必要ですか? もし必要でしたらなんと... 私に果たして似合うのか悩んでおります。 私自身、ベリーショートが似合うとよく言われますし ヘップバ ーンカット自体はとってもお洒落だと思うのですが オードリー・ヘップバーンだからこそ似合ってるのかなーと。... 「ヘップバーンカット」とか言いはじめ「昔はルリ子カットだったのよ」 と言い始めました。 「セシルカット」なら知ってますが、その他映画 の影響で流行った有名な髪型が有ったら教えて下さい。 御願い致します。... パーマがかかているのでしょうか? 着ていたから…」「あの人がこの髪型だったから…」など、映画や有名人 王女など が元で日本に流行したファッションを調べています。 例えば髪型ならヘップバーンカットやダイアナカットなどです。 年代は現代でも過去のもの... それ以前にちょっと恥ずかしさもあるのですが。

次の

オードリー・ヘプバーン 初公開カット多数の写真集が話題

ヘップバーン カット

ユベール・ド・ジバンシィとタッグを組んで完璧なパリ・モードを体現する一方で、天才衣装デザイナー、イーディス・ヘッドとともに、普通の女の子でも手が届くカジュアルスタイルに小粋なアイディアを注入し、世界中の女性の共感を得た唯一無二のファッションリーダー。 170㎝のモデル体型と当時のグラマー女優とは一線を画すファニーフェイスに加え、オランダの男爵の血を引く令嬢、そのうえイギリスでバレエや上流階級の教育を受けたという気品とセンスが加わることで、映画界はもちろん、ファッション業界をも虜にするスタイルアイコンに。 View Gallery 46 Photos 衣装デザイナー/イーディス・ヘッド 本作でハリウッドデビューを飾り、いきなりアカデミー主演女優賞に輝いたオードリー。 監督のウィリアム・ワイラーは、スクリーンテストに現れたオードリーが「カット!」の声がかかった瞬間に見せた、こぼれるような笑顔に心を奪われたのだとか。 イーディス・ヘッドが手掛けたプライベートファッションは、親近感がありながらも清潔感と気品が漂うシャツスタイル。 開襟シャツにフレアースカート、足もとはストラップ付きバレエシューズ、首もとにはストライプ柄のミニスカーフをあしらうという着こなしは、今なお普遍的なアイコニックスタイル。 衣装デザイナー/イーディス・ヘッド、ユベール・ド・ジバンシィ 『ローマの休日』でオスカーを手にしたオードリーが次に挑戦したのが、ラブコメの達人、ビリー・ワイルダー監督の『麗しのサブリナ』。 富豪に仕える運転手の娘が、その家の兄弟2人(当時の二大人気俳優、ハンフリー・ボガードとウィリアム・ホールデン)から愛されるという設定で、オードリーはパリの洗練された雰囲気漂う小粋な女性を演じた。 この作品が、当時パリで新進気鋭のデザイナーだったユベール・ド・ジバンシィとの生涯にわたるコラボレーションと友情の始まり。 ジバンシィは、エレガントなイヴニングドレスとシルクタフタのカクテルドレスをこの作品のためにデザインし、オードリーは完璧なまでに着こなした。

次の