ロジャー 海賊 団。 ロジャー海賊団メンバー

ワンピースネタバレ966話最新話確定ロジャーがついに戦闘!黒ひげは寝ない?

ロジャー 海賊 団

1997年から少年ジャンプで連載開始し、20年以上にわたって多くの読者に愛されてきた尾田栄一郎の漫画『ONE PIECE ワンピース 』。 少年漫画の金字塔ともいえる本作は、2019年6月現在92巻まで刊行されており、その世界観は他に類を見ないほど膨大な規模で展開されています。 そのため、「ワンピース」にまつわる謎の多くは未だ不明な点が多く、それらを考察することも読者の楽しみの一つとなっています。 「ロジャー海賊団」も謎の一つ。 海賊王と称されたゴールド・ロジャー 本名ゴール・D・ロジャー が船長を務めた海賊団ですが、その中でも数人の船員 クルー しか正体が明かされていません。 今回は、そんなロジャー海賊団のクルーたちを、アニメ映画版のみ登場のキャラクターも含めて紹介するとともに、彼らにまつわる謎について考察していきます。 読む際は十分に注意してください。 「ワンピース」の主人公・麦わらのルフィは、海賊王になることを目指して旅をしています。 作中で海賊王といえばゴール・D・ロジャーのこと。 そのため、ルフィたちが冒険をするにあたって、「ワンピース」物語のもう一つの軸となってくるのが、ロジャー海賊団の存在なのです。 ゴール・D・ロジャーが海賊王と称されるのは、偉大なる航路 グランドライン を制覇し、終点ラフテルへと到達した唯一の人物だからです。 ラフテルとはいったいどこにあるのか、ルフィたちはたどり着くことが出来るのか、などが物語の焦点の一つになっています。 第1話で、ロジャーが大海賊時代の幕開けのキッカケになった大海賊として描かれて以降、ロジャーや彼の海賊団については多くの部分が謎に包まれていました。 しかし物語が進むにつれ、シャボンディ諸島でロジャーの右腕・シルバーズ・レイリーが現れるなど、彼らの過去が徐々に明かされていきます。 ゴール・D・ロジャーはロジャー海賊団の船長で、海賊王と称された人物です。 作中序盤では「ゴールド・ロジャー」と呼ばれていましたが、彼が白ひげと盃を酌み交わすシーンで、間に「D」が入る本名が明かされました。 息子はポートガス・D・エースです。 彼は、ルフィの祖父で海軍中将のガープと、何度も殺し合いを繰り広げています。 海軍と海賊という間柄ではありますが、ロジャーの人柄はガープですら嫌いにはなり切れなかったほど。 海賊王とされるだけあって、人を惹きつける力は持っていたようです。 そして当然、覇王色の覇気を使えたと思われます。 ロジャーは白ひげや金獅子のシキなど、当時の名だたる人物と互角以上に戦っています。 白ひげはマリンフォード頂上戦争で、老体でありながら何人もの海兵を一網打尽にする、想像以上の力を見せました。 全盛期はきっとそれ以上に強かった白ひげ、そしてそんな彼と互角以上に戦っていたロジャーは果たしてどれほどの強さを誇ったのか。 ロジャーの戦闘シーンがいつか描かれるといいですね。 ゴール・D・ロジャーは、処刑から4年前に不治の病にかかり、体の限界を悟って自ら海軍に捕まりました。 その潔さからも、大物感がひしひしと伝わります。 主人公のモンキー・D・ルフィも名前の中に「D」が入っています。 「ワンピース」にはときどきこの名前を持つ人物が登場し、彼らは「Dの一族」や「Dの意志」を受け継ぐ者と呼ばれるのです。 トラファルガー・ローの過去編に登場したコラソンによれば、彼らを「神の天敵」と呼ばれることもあるのだとか。 そして、マリンフォード頂上戦争で白ひげがティーチに放った「ロジャーが待ってるのはお前じゃない」という言葉は果たして何を意味するのか。 ロジャーの意志が、誰かに継がれていくということを指すのでしょうか。 だとすればロジャーの意志とは?そしてそれを継いでいるのはやはりルフィなのでしょうか。 他にも、ロジャーは「万物の声が聞ける」との情報がありましたが、ルフィも象主 ズニーシャ や海王類の声が聞こえたりと、共通点が多くあります。 ゴール・D・ロジャーにまつわる謎が、今後のルフィの未来を示唆していると言ってよいでしょう。 シルバーズ・レイリーは、ロジャー海賊団の副船長であり、のちにルフィの師匠となった人物です。 レイリーの初登場はシャボンディ諸島編。 人さらいによって奴隷が売りに出されるオークションで、わざと捕まって金を盗もうとしていました。 そしてルフィが天竜人チャルロス聖を殴って大騒ぎになっていた会場に登場、覇王色の覇気によって会場にいるほとんどの客を気絶させました。 彼はシャボンディ諸島では、船のコーティング師として隠居しています。 しかし、海軍大将・黄猿 ボルサリーノ による光速の攻撃を防いだり、山ほど大きい獣相手に指一本触れずに覇気で倒したりと、伝説と呼ばれるだけあって、とんでもない強さです。 レイリーはルフィの師匠として1年半ほど稽古をつけました。 ルフィが再び仲間と集結し、レイリーに別れを告げると、うっすら涙を浮かべる心優しい一面もあります。 また、白ひげが頂上戦争で命を落とした際も涙を浮かべ、「逝ったか」と一言。 人情深く味のあるキャラクターです。 シャンクスは赤髪海賊団の船長を務める人物で、海軍本部・王下七武海とともに世界の3大勢力と言われる四皇の一人です。 主人公ルフィを近海のヌシから救い、その代償として左腕を失いました。 そして左目には黒ひげ マーシャル・D・ティーチ から付けられた傷があります。 黒ひげに関して、シャンクスと白ひげの交渉が決裂したシーンでは、天を割るほどの覇王色の覇気のぶつかり合いがあり、彼の実力が垣間見えました。 また、頂上戦争を止めるべくマリンフォードに現れた際は、海軍大将サカズキ 赤犬 の攻撃を、悠々と止めて見せています。 シャンクスの力は未知数ながら、やはり四皇の一人だけある、とは言えるでしょう。 彼は青年期、海賊見習いとしてロジャーの船に乗っていました。 過去の描写は多くはないものの、ロジャーがローグタウンで処刑される際には、バギーと共に現場にいたことが分かっています。 ということは、彼はロジャーと共にラフテルへ到達し、「空白の100年」を含む世界の歴史を知っているはずなのです。 ネタバレを見る 世界会議 レヴェリー を前に、天竜人の中でも最高位に当る五老星。 そんな彼らのもとに黒いマントを被ったシャンクスが現れるのです。 本来ならば、海賊と世界政府は絶対に相いれない存在。 しかし五老星は、「君だから時間を取った」と彼に向って呟きます。 彼らが何を話したのかは明かされていませんが、シャンクスは「ある海賊について話がある」のだとか。 それはルフィのことか、それとも黒ひげのことか、はたまた全く別の海賊なのか......。 いずれにしても、なぜシャンクスが五老星に謁見できたのかは、謎です。 彼はもしかしたら、「空白の100年」の真実を知っていることで、何か特殊な立場や権力にある人物なのかもしれません。 また、シャンクスは海賊王ロジャーと共に行動していたにもかかわらず、未だに海賊王になっていないことも謎ですね。 彼ならば、もしかしたら「ひとつなぎの大秘宝 ワンピース 」のありかやラフテルへの行き方を知っているかも。 しかし四皇に留まるのには、何か理由があるのでしょうか。 バギーは、バギー海賊団の船長で、物語序盤にルフィ以外の初めての「悪魔の実」能力者として登場した人物です。 「バラバラの実」の能力を駆使してルフィと戦ったものの、敗北。 彼はその後、女海賊レディ・アルビダと連合を組み活動していた様子が、漫画の扉絵連載で描かれていました。 バギーが久しぶりに登場したのは、ルフィが兄エースを救うためにインペルダウンに突入した時。 そこで彼は強運と謎のカリスマ性によって、自身の何倍も強い海賊たちを仲間にしました。 インペルダウンを脱出後、インペルダウンから連れ出した仲間と共に、アルビダ達と再び合流。 その勢力によって王下七武海にまで上り詰めました。 バギーがインペルダウンの凶悪犯たちを手なずけることが出来たのは、彼がシャンクスと共にロジャー海賊団の船で海賊見習いをしていたことが一つの理由です。 彼はシャンクス同様、ロジャーが処刑されるまでロジャー海賊団にいました。 もしかしたら、彼もラフテルへの行き方や「空白の100年」の真実を知っている一人なのかも......。 ダグラス・バレットはロジャー海賊団の元メンバーで、2019年映画『ONE PIECE STAMPEDE スタンピード 』に登場するキャラクターです。 劇場版「スタンピード」は、ブエナ・フェスタが開催する海賊万博に名だたる海賊たちが集結し、海賊王の遺した宝を探す物語になっています。 バレットは、インペルダウンLv. 6からの脱獄囚で通称は「鬼の跡目」。 2019年6月現在、映画はまだ公開されていませんが、彼の能力や強さが一部明らかになっています。 彼は「ガシャガシャの実」を食べた能力者。 鉄や武器などあらゆるものを合体させ、変形させることが出来ます。 ワポルの「バクバク」の力に似ていますね。 さらには覇王色の覇気も身に宿しています。 シャンクスやレイリー、そしてバレットと、ロジャー海賊団にはいったい何人の覇王色使いがいるのでしょうか......。 ルフィたちの前に立ちはだかる強敵・バレット。 彼らの勝負の行方は、ぜひ劇場で確かめてください。 スコッパー・ギャバンは「ワンピース」0巻 劇場版『ONE PIECE STRONG WORLD ストロングワールド 』入場者特典 に登場する人物です。 ロジャーの仲間として描かれており、彼がロジャー海賊団のナンバー3ではないかと噂されています。 ゴールド 金 、シルバー 銀 を思わせる名前の、船長ゴール・D・ロジャーと副船長シルバーズ・レイリー。 そのため、順当にいけば彼がナンバー3の実力者だという説があります。 本編で彼が登場するかは分かりませんが、3番手の実力者だとしたら相当強そうですね。 麦わらの一味でいうサンジと似たポジションにあたるのでしょうか。 光月おでんは、ワノ国の先代大名です。 当時無法地帯となっていた九里をまとめ上げ、荒くれものたちを仲間にする懐の広い人物として知られていました。 彼は古代文字を扱うことができ、「歴史の本文 ポーネグリフ 」に興味を持ったことがキッカケで、海賊となってワノ国を出ました。 おでんは、はじめは白ひげ海賊団に所属していましたがそこでロジャーのスカウトを受け、ロジャーと共にラフテルに到達しています。 白ひげやロジャーといった大物たちを魅了した人柄や、彼がどれくらい強い人物だったのかとても気になりますね。 彼は20年前に、カイドウたちによって処刑されてしまったため、過去編で活躍が描かれるのを期待して待つしかありません。 ロジャーが活躍していた時代に名を馳せた人物たちは、ファンの間で0 ゼロ 世代と呼ばれています。 ゼロ世代の面々として挙がるのは、ゴール・D・ロジャー、白ひげ エドワード・ニューゲート 、金獅子のシキ、首領チンジャオ、パトリック・レッドフィールド 劇場版『ONE PIECE アンリミテッドワールド』に登場 などです。 また、当時活躍していた海軍は、センゴクやガープ、つるなどがいます。 当時の海賊や海兵たちがどんな生き様を貫き、戦ったのか、ルフィたちの物語からは大きく外れるもののファンにとっては気になりますよね。 彼らが活躍したかつての情勢などを含め、物語の背景がしっかり設定されていることが、「ワンピース」の壮大な世界観を支えています。 ネタバレを見る 「ワンピース」ワノ国編では、ついに四皇の一人・百獣のカイドウの能力が明かされました。 彼は普段は人型ですが、能力を解放すると龍に変身します。 カイドウの能力については、ファンの間でも意見が分かれるところです。 何らかの動物系 ゾオン の悪魔の実を食べたとは思われますが、それが単に「リュウリュウの実」幻獣種モデル・青龍ではないという意見もあるのです。 それは、カイドウはもとが龍であり、「ヒトヒトの実」幻獣種モデル・鬼を食べたのではないかという説です。 「ヒトヒトの実」や幻獣種の存在が明らかになっているため、この可能性はなくはないでしょう。 そしてもし、カイドウの正体が「ヒトヒトの実」を食べた龍だとすれば......。 オーロ・ジャクソン号に積まれていた卵に宿っていたのは、もしかしたらカイドウだったのかもしれません。 海賊王を目指すルフィが最終的に到達しなくてはならないのが、最果ての地ラフテルです。 ラフテルは、ロジャー海賊団以外は未踏の地であり、そこへの行き方が物語のカギを握ります。 ラフテルに行くには、様々な情報が記されている「歴史の本文 ポーネグリフ 」の中でも、ロードポーネグリフが必要とされています。 現在はビッグ・マムがその一つを所有していることが明らかになっていますが、それらを読み解くことで、ラフテルへと到達することが出来るという代物なのです。 ラフテルとはいったい何なのか、これも「ワンピース」ファンの間で争点となる議題の一つですね。 最も知られている説は、ラフテルは月にあり、そこへすでに到達しているエネルがルフィたちのラスボスになる、という説です。 しかしこの件に関しては、未だに確証が持てるような事実は明かされていません。 偉大なる航路 グランドライン の最後の島とされているラフテルですが、そもそも島として実在するのかどうかも怪しいところ。 こればかりは、ワンピースの完結間際にならないと何とも言いがたいです。 1995生まれ、青森県出身の男です。 筑波大学を卒業後、ciatrで主にアニメや「ジャンプ」漫画、実写化作品などの記事を書いています。 映画やドラマなどで好きなものに共通するのは「わびさび」があること。 ジャンルはヒューマンドラマ系、青春もの、恋愛ものが好きです。 また、漫画は年間100冊以上読んでおり、漫画の実写化作品や、アニメ化作品に関しては高い専門性があると自負しています。 特に「ジャンプ」系の漫画には通じています。 初めて見た映画は『猫の恩返し』、映画を好きになったキッカケは『ソラニン』です。 他には『たかが世界の終わり』など、繊細な心象描写がある作品が好みです。 アニメは特に渡辺信一郎の作品が好きです。 好きな漫画家はジャンプ作家のほか、「魚喃キリコ なななんきりこ 」「真造圭伍 しんぞうけいご 」「町田洋 まちだよう 」などです。

次の

【ワンピース】966話「ロジャーと白ひげ」最新話ネタバレ考察!!ロジャー海賊団 VS 白ひげ海賊団【ONE PIECE】

ロジャー 海賊 団

(ロジャー海賊団 海賊旗) ロジャー海賊団とは 最終地点・ラフテルに唯一到達した海賊団。 いわゆる「偉大なる航路(グランドライン)」の最後まで制覇した唯一の海賊。 も参照。 ロジャー海賊団の海賊旗は、ドクロマークに謎の白い2本のヒゲが描かれてるデザイン。 ロジャー海賊団も元四皇。 同時代のライバルにはや金獅子海賊団がおり、金獅子のシキも元々は四皇の一角…というドル漫の予想は当たりでした。 ロジャー海賊団も麦わらの一味たちと同様に、金獅子海賊団との戦い(エッド・ウォー)を振り返ると艦隊を組まずに「海賊船一隻だけ」で戦うのも特徴。 麦わら一味は傘下を増やして大船団を既に組んでること考えると、ロジャー海賊団はマジでヤバい。 このロジャー海賊団の 海賊船は「オーロ・ジャクソン号」。 船首には「人魚」がかたどられ、甲板には「謎の卵」もあったそう。 何だか意味深な伏線としか思えませんが、この卵の謎は記事最後に考察。 おれと一緒に世界をひっくり返さねぇか」と一方的に声を掛けたのが始まり。 39年前にグランドラインを一度制覇し、ロードスター島(水先星島)に一度到達。 39年前のタイミングを考えると、ガープと共にを倒したあたりか。 その後、船長・ロジャーは28年前に不治の病に罹患。 難病におかされてからラフテルを再び目指し始める。 そこからロジャーはわずか3年あまりでラフテルに到達。 そこで「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を手に入れ、海賊団の解散を命じてロジャーは自ら海軍政府に出頭して24年前に処刑される。 ロジャーが「 おれの財宝か?欲しけりゃくれてやるぜ…この世の全てをそこに置いてきた」という死に際に言い遺したセリフがあまりにも有名。 もしかするとロジャー海賊団の実力を考えると、最初から目指そうと思えば目指せてたんでしょうね。 ゴール・D・ロジャー…ロジャー海賊団船長【死亡】 (ONE PIECE61巻 尾田栄一郎/集英社) まず最初の ロジャー海賊団メンバーは「ゴールド・ロジャー」。 ロジャー海賊団の船長。 いわゆる「」の血脈を持ち、ロジャーの 本名も「ゴール・D・ロジャー」。 世界政府がDの名前を隠すために「ゴールド」と敢えて略称で呼び、ロジャーも自らDの一族であることを積極的には名乗ってなかった模様。 また ロジャーは「ポートガス・D・エース」の父親。 何故二人の名字が違うのかと言うと、エースがロジャーの息子だとバレると処刑される恐れがあったから。 そのため奥さんのポートガス・D・ルージュは自らの名字でエースを出産。 結果的に海軍にはバレバレでしたが、エースはに引き取られて白ひげ海賊団に入ったこともあって事なきを得る。 ロジャーの最期は生まれ故郷で見せしめ的に処刑された。 そこにはシャンクスなどロジャー海賊団のメンバーや後にを結成するの姿もあった。 ロジャーの没年は53歳。 ちょうど50歳になってからラフテルを目指した計算になるため、まさに遅咲きもいいところ。 もしかするとロジャー海賊団の性質は赤髪海賊団のようにラフで自由な海賊団だったのかも知れない。 ロジャーはラフテルに到達後、ひとつなぎの大秘宝を手に入れてやたちがひた隠しにする「空白の100年」の秘密を知ったとされます。 ラフテルと空白の100年には密接に関係しており、ロジャーはその秘密を目指すためにラフテルを目指したのか。 また出身地を筆頭に、ロジャーは主人公・ルフィと共通点も多い。 ロジャーは豪放磊落かつ短気な性格だったのに対して、ルフィは朗らかなネアカな性格という違いはあるものの、例えば仲間に恵まれて周囲からの人望も厚く、ズニーシャ(象主)や海洋類など万物の声が聞こえる能力を持っていた。 実はも元々はロジャーの持ち物だった。 ルフィが今後のになる布石みたいなんがロジャーの存在からは読み取れます。 シルバーズ・レイリー…ロジャー海賊団副船長【生存】 (ONE PIECE52巻 尾田栄一郎/集英社) 続いての ロジャー海賊団メンバーは「シルバーズ・レイリー」。 ロジャー海賊団副船長。 前述のロジャー海賊団が結成した経緯を考えると、レイリーは最古参メンバー。 ロジャーと同じくラフテルに到達したレイリーも空白の100年の秘密を知ってる一人。 現在はシャボンディ諸島でしがないコーティング職人を務めているものの、海軍大将のと互角の戦いを展開し、現在80歳近い年齢であっても実力はワンピース最強クラス。 おそらくレイリーの懸賞金は余裕で30億40億ベリー超えか。 レイリーはルフィにの修行やを体得させるなど、まさに『ワンピース』ではお師匠的な存在。 現状最も活躍しているロジャー海賊団の元メンバー。 ちなみにレイリーはワンピース3巻あたりから登場しており、作者・尾田栄一郎のプロット力が改めて半端ないと痛感させられます。 ダグラス・バレット…ロジャー海賊団メンバー【生存】 (少年ジャンプ28号 尾田栄一郎/集英社) 続いての ロジャー海賊団メンバーは「」。 ダグラス・バレットは元海軍将校。 ただロジャーの強さや人間性に惹かれてロジャー海賊団に入団。 バレットは若かりし頃からロジャーとつるんでいたとされ、バレットはロジャー海賊団では「鬼の跡目」と恐れられるほどの強キャラ。 ロジャー海賊団の立ち位置は「戦闘員」か。 そのためバレットはレイリーと同じく覇王色の覇気が使えるのも非常に珍しいキャラ。 ただし、ロジャー海賊団の元メンバーは麦わらのルフィの「味方」であることが多いものの、バレットはガチガチの敵キャラ。 ロジャー死後は吹っ切れたように犯罪を繰り返したのか、バレットはインペルダウンのLEVEL6に収容されるほど極悪。 どうやらロジャーが病気に罹患してラフテルを目指し始めた時には、既にダグラス・バレットは脱退していた模様。 その後、エースやとの脱獄騒ぎに乗じてバレットも脱獄し、2019年8月に公開される劇場版アニメ『ワンピース スタンピード』のボスとしてルフィたちの敵として立ちはだかる。 ロジャー海賊団の中でバレットは「まさに異質・特異」とも言えるキャラクターなのかも知れません。 クロッカス…ロジャー海賊団船医【生存】 (ONE PIECE12巻 尾田栄一郎/集英社) 続いての ロジャー海賊団メンバーは「クロッカス」。 ロジャー海賊団の船医。 航海中は不治の病に冒されていたロジャーの治療に当たっていた。 当時のクロッカスは「海上一の名医」だったとか。 そのためロジャーに28年前に誘われた中途入社組。 あくまで一時的な仮メンバーだったものの、副船長のレイリーは「クロッカスは紛れもなく仲間だった」とルフィたちに対して述懐。 ロジャーも同様にクロッカスに対して絆を感じていたはず。 現在クロッカスは双子岬の灯台守でラブーンと共に暮らしてる。 ちなみに、ラブーンはルンバー海賊団から預かっていたクジラ。 ロジャーと共に航海してる間は放置してても大丈夫やったんかい、というツッコミは無粋。 そのため 最初に「ラフテル」の存在を教えてくれたのもクロッカスでした。 そりゃ、ロジャー海賊団のメンバーとして実際に足を運んでるんですから知ってて当然。 むしろ最初は何をシレッと知らないフリをしててくれてん話(笑) シャンクスとバギー…ロジャー海賊団見習い船員【生存】 (ONE PIECE3巻 尾田栄一郎/集英社) 続いての ロジャー海賊団メンバーは「シャンクス」と「バギー」。 現在シャンクスは赤髪海賊団を結成しての一人に君臨し、バギーはまで上り詰めましたが、どちらも若かりし頃はロジャー海賊団の見習い船員だった。 シャンクスもバギーも後に海賊王となるロジャー海賊団から海賊人生が始まってることになるため、冷静に考えるとヤバイ。 いきなり18歳で日本人がリーガエスパニョーラのバルセロナに所属してるようなもん。 二人ともロジャー海賊団時代はしょっちゅうケンカし、副船長のレイリーが間に入って仲裁していた様子。 シャンクスの腕っぷしはロジャー海賊団時代から凄まじく、バギーを一方的にしばいてたっぽい。 逆に言うと、バギーの身の程知らずっぷりと度胸だけは天性のもの。 野心だけはあったバギーはロジャー海賊団の見習い船員時代にバラバラの実を食べ、シキとの戦いでは既に悪魔の実の能力者だった模様。 一方、二人とも赤ちゃんの頃にロジャーに拾われた可能性が高そう。 空白の100年の真実を知っているか不明でしたが、おそらくバギーも知ってる可能性がありそう。 だから冷静に考えると、 ロジャー海賊団の元メンバーって再びラフテル目指す必要ある?と思ったのは内緒。 光月おでん…ロジャー海賊団メンバー【死亡】 続いての ロジャー海賊団メンバーは「光月おでん」。 光月おでんは光月一族だけあって 「の解読」の役割を主に担っていた。 光月おでんはのかなり無頼派な久里大名。 侍だけあって戦闘力はかなり高い。 「ワノ国など過去編ではおでんとロジャーの航海も描かれる可能性が高そう」というドル漫の予想は当たり。 どうやら光月おでんの「目的」に他のロジャー海賊団も逆にシンパシーを感じていた様子。 またなどの正体も知っていた可能性が高いとされ、にも実は深く絡んできそうなメンバー。 改めてロジャー海賊団とワノ国の密接な関係性が読み取れます。 タイミング的にラフテル到達後にワノ国の将軍に上り詰めた模様。 ただし、最終的にとカイドウのクーデターによって処刑されて、奥方のとともに死亡。 ネコマムシ・イヌアラシ…ロジャー海賊団メンバー【生存】 続いての ロジャー海賊団メンバーは「イヌアラシ」と「ネコマムシ」。 現在イヌアラシとネコマムシはで昼の王と夜の王として君臨してるものの、幼い頃に光月おでんに拾われて以来ずっとワノ国で育っていたの二人。 そのため光月おでんがロジャー海賊団に入る際に、イヌアラシやネコマムシたちも同船。 ロジャー海賊団ではどんな役割を担っていたかは不明ですが、二人の腕っぷしの強さから考えると戦闘員兼おでんのボディーガードか。 おそらく途中でワノ国やズニーシャに戻ってる可能性があり、幼かったミンク族のペドロは幼かったためロジャー海賊団には入れなかったそう。 ただし、 他の錦えもんなどたちはロジャー海賊団のメンバーではなかった模様です。 当初光月おでんは白ひげ海賊団に無理矢理加入し、そこに付いてきたのはイゾウとネコマムシとイヌアラシだけだった。 その後、数年の旅を経てロジャー海賊団に遭遇。 そこでロジャーの熱烈なリクルートに誘われて白ひげ海賊団を脱退。 白ひげ海賊団と旅をしてる最中に、後の奥方となる光月トキと出会ってやを出産。 そして、そのままイゾウを除いて、光月おでん御一行はロジャー海賊団に入ったという流れ。 そのため光月モモの助や日和もロジャーの記憶が残っていた。 ただ、前述のクロッカスは双子岬で元赤鞘九人男のと思しきキャラクターと談笑しているシーンが扉絵で描かれており、この謎はまだ不明。 【死亡】トムはロジャー海賊団メンバーではな い? (ONE PIECE37巻 尾田栄一郎/集英社) 続いてはロジャー海賊団の海賊船であるオーロ・ジャクソン号を造船した「トム」。 「 この世に海賊船の設計図は存在しない。 乗り込んだ船乗りが海賊なら海賊船、海軍なら海軍船。 造った船に男はドンと胸を張れ」が口癖のコンゴウフグの魚人。 エニエスロビーでは海列車を作ったりもした天才造船技師。 でも、トムがロジャー海賊団のメンバーとしてラフテルに到達したかは不明。 むしろこれまでの展開を読む限り、トムはあくまでロジャー海賊団のオーロ・ジャクソン号を造った船大工に留まりそう。 要するに、 トムはロジャー海賊団の純粋なメンバーではない気がします。 そのためオーロ・ジャクソン号の「日常的なメンテナンス」を行っていたのは、おそらく副船長のレイリーか。 それなら現在レイリーが船のコーティング作業で飯を食っている理由も合点が行きそうです。 ただし、ロジャー海賊団に加担した罪でトムはロジャーが殺された一年後に処刑されてる。 そう考えたら、ロジャー海賊団の元メンバー(クロッカスなど)は生かされすぎじゃね?と思ったのは内緒。 ちなみに、トムがの設計図を持っていたことでも有名。 そのためロジャー海賊団がラフテルから帰還した後、 ロジャー自身がトムにプルトンの設計図を手渡したとしか思えない。 でなきゃ、トムも大事にプルトンの設計図を守らないはず。 だからロジャーは古代兵器に関しても核心部分にかなり迫った可能性がありそう。 スコッパー・ギャバン…ロジャー海賊団メンバー【生存?】 (ONE PIECE966話 尾田栄一郎/集英社) 続いてのロジャー海賊団のメンバーは「スコッパー・ギャバン」。 レイリーの隣りにいる丸いサングラスが特徴の男。 バギーの回想シーンにも登場し、どうやらロジャー海賊団の初期メンバー武器はまさかの手斧。 かなり原始的。 副船長のレイリーに対しても呼び捨てで呼ぶなど、ロジャー海賊団でも割と実力者か。 画像のようにギャバンはワノ国編の過去編でも登場するなど、今後ワンピースで再登場する可能性は比較的高そう。 ちなみに、ギャバンの由来は戦隊モノのヒーローの「宇宙刑事ギャバン」かは不明。 でもおそらく作者・尾田栄一郎の年齢的にはドンピシャ世代。 その他のロジャー海賊団のモブキャラクターたち 他にもロジャー海賊団のメンバーは存在します。 (ONE PIECE966話 尾田栄一郎/集英社) 例えば、ルスカイナ島でのロジャー海賊団と白ひげ海賊団の戦闘シーンでは、羽が生えたメンバーや鉄砲を構えるテンガロンハットの男、タンクトップの大男など個性的なメンバーが多い。 そう考えると麦わらの一味が貧相に見えます。 武闘派キャラも少ない上、数も少ないですから。 また「シーガル」というメンバーはかつて金獅子のシキと戦ったエッド・ウォーの海戦にも参戦済み。 他にも額に入れ墨をした女性キャラもメンバーとして確認できます。 このエッド・ウォーの海戦然り、クロッカスも腕っぷしがハンパなかったことが確認できます。 当初はメンバーの候補でもあったレイリーと半同棲状態のなども候補として挙げられますが、既に40年以上前に海賊を引退しているためロジャー海賊団に在籍していた可能性は低そうです。 オーロ・ジャクソン号の「謎の卵」の正体とは? 最後はオーロ・ジャクソン号の「謎の卵」について考察。 前述のように、オーロ・ジャクソン号はロジャー海賊団の海賊船。 前述のトムが「」を素材に造船。 この宝樹アダムは戦争でも倒れないほど絶対的な強度を誇り、サウザンド・サニー号にも使用されている伝説の木材。 (ONE PIECEマガジン3巻 尾田栄一郎/集英社) この オーロ・ジャクソン号の甲板には「謎の卵」が置かれていたそう。 しかも見た目通り、かなり巨大な卵。 船が沈没しないのか不安になりますが、果たしてこのオーロ・ジャクソン号の謎の卵の正体とは何なのか? 当初ドル漫では「謎の卵」を画像として見たことがなかったので、何らかの悪魔の実説も可能性が低いながら考察してました。 オーロ・ジャクソン号と陽樹イブと接触することで「新しい悪魔の実」を産んだ説など考えてた。 ただし、悪魔の実の正体は「フツーの果物」。 このフツーの果物に何かが憑依して悪魔の実が完成するっぽい。 そもそも既にルフィたちも魚人島に足を運んでるものの、サウザンドサニー号において何も起きてない。 そもそも 卵と悪魔の実を見間違える可能性は低いでしょう。 魚人族と巨人族を見間違えるようなもの。 画像を見る限り、オーロ・ジャクソン号の謎の卵は巨大な丸みを帯びており、 一般的には卵から孵化するような「爬虫類」や「鳥」といった系統の生物が入ってると考えられます。 当初ドル漫ではどこか非人風のが入ってる可能性も考えたんですが、そのまま赤ちゃんを出産する哺乳類でもない。 おそらく巨人族でもないはず。 他にもミンク族やの可能性も考えにくそう。 そのため謎の卵のサイズ感から考えると「海王類」あたりが妥当か? オーロ・ジャクソン号でロジャー海賊団が航海していたのは25年以上前の話。 少なくとも、現在は既に「謎の卵は孵化」してる可能性は高い。 そこで考察されてるのが「カイドウ説」。 カイドウの正体はこの卵から産まれた龍だった…という理屈。 ただし、カイドウの正体は元ロックス海賊団だったことが確定。 このロックス海賊団をかつてロジャーが戦って壊滅させた過去がある。 オーロ・ジャクソン号の卵が仮に巨大な生物だとしたら、それこそ「本物の龍」である可能性は十二分に考えられる。 カイドウの悪魔の実は幻獣種とされていますが、ドラゴンが実在した場合はどうなるのか? 前述のように、ロジャー海賊団がかつてカイドウが在籍していたロックス海賊団と戦って討ち滅ぼしてる。 結果的に死亡したのは船長ののみでしたが、この戦いで戦場となった「ゴッドバレー島」が消滅してる。 つまり、オーロ・ジャクソン号の卵が「龍の卵」だったと仮定すると、この龍がゴッドバレー島で孵化した結果、島ごと消滅しまったのではないか?この龍こそが最終的にカイドウを倒してくれる可能性も? 目には目を、龍には龍を。 この卵はオーロ・ジャクソン号が造船された当初から存在したのか?ラフテルから帰還後にロジャーが何か持ち帰ったものなのか? 結論から書くと、 ロジャー海賊団が「ラフテルに到達する前から存在」していた模様。 更に言うなら、オーロ・ジャクソン号ができた後にロジャーがどこからか拾ったか、だれかから預けられた卵。 何故なら、画像は金獅子のシキと戦ったエッドウォーの海戦。 そのためロジャー海賊団がラフテルに到達する2年前の話。 また光月おでんの過去話が描かれた際にも、このオーロ・ジャクソン号の卵が描かれていた。 そして、ロジャー海賊団とロックス海賊団が戦ったのは約40年ほど前。 もちろん当時からロジャー海賊団が卵がずっと所持してた可能性はゼロではないものの、前述のゴッドバレー島消滅うんぬんの考察はほぼ間違いでしょう。 現状だとゴッドバレー島は古代兵器関連で破壊された説が有力か。 この謎の卵がどう絡んでくるか分かりませんが、やはりカイドウなど強敵を倒す存在になる可能性がありそうか。 そう考察すると、やはり「」が鍵を握りそう。 前述のように、かつてのワノ国の将軍だった光月おでんはロジャー海賊団元メンバーでした。 ワンピース最新話を読むと、赤鞘九人男たちは乗船してなかったようですが、この光月おでんの奥方が「」。 光月トキはを使って、大昔から未来にタイムスリップしている謎のタイムトラベラー。 個人的に光月トキもDの一族と考えてるんですが、例えば500年1000年近く前に存在した卵をタイムスリップさせてきたとしたら? この生物が20年の時を経てカイドウを倒すと仮定すれば、何故光月トキがモモの助たちを未来に飛ばしたのかなど辻褄が合いそう。 要するに、オーロ・ジャクソン号の卵の生物が成長するための時間が20年だった?ロジャーは故郷であるラフテルに持っていくことで卵を孵化させようとした?またロジャーの「空白の一年」もこの卵の孵化に当てられた? 思い返すと、オーロ・ジャクソン号の船首には人魚が象られていました。 人魚姫で思い出されるのがラフテルに存在したジョイボーイ。 かつての人魚姫を利用した過去を持つ謎の男。 だから、この謎の卵はといった古代兵器との関連性も匂わせる。 ここまで考察するとワンピースの物語に関連性がないとは考えにくく、今後、ロジャー海賊団の「謎の卵」の正体はいずれ明かされることでありましょう。

次の

【ワンピース】966話「ロジャーと白ひげ」最新話ネタバレ考察!!ロジャー海賊団 VS 白ひげ海賊団【ONE PIECE】

ロジャー 海賊 団

ゴール・D・ロジャー ゴール・D・ロージャーは海賊王と呼ばれている唯一ワンピースを見つけた海賊です。 海軍からはDの名前を隠す為にゴールド・ロジャーとも呼ばれています。 ロジャー海賊団船長を務めており、黒い長いひげが特徴です。 また現在モンキー・D・ルフィがかぶっている麦わら帽子の本当の持ち主でもあります。 ゴール・D・ロージャーは東の海のローグタウン出身でそこで処刑されています。 ゴール・D・ロジャーの能力 ゴール・D・ロジャーの能力は今のところ作中では語られていません。 しかし、古代文字を読むことができ、書き記すことも可能なことからなにか特殊な能力があったと分かります。 さらに、元四皇の白ひげとも互角に戦っていたことからも現在の四皇以上の力があったと言えるでしょう。 シルバーズ・レイリー シルバーズ・レイリーはロジャー海賊団にて副船長を務めていました。 また、冥王などの異名もあります。 丸メガネと白髪の長い髪が特徴で、現在はシャボンディー諸島でコーティング職人をして暮らしています。 後に麦わらのルフィと出会い、覇気の使いを教えるなど師匠のような存在となっています。 シルバーズ・レイリーはロジャーが海に出る時に仲間となり、最後まで右腕として活躍しています。 シルバーズ・レイリーの能力 シルバーズ・レイリーは悪魔の実の能力者ではありません。 しかし、「覇王色の覇気」の使い手であることからかなりの強敵と言えます。 さらに覇王色の他にも武装色、見聞色と全ての覇気を扱うことができ、海軍大将の黄猿と互角に戦うなど年老いても海軍の大将レベルの力があります。 道化のバギー バギーはピエロのような恰好をした海賊です。 現在はバギー海賊団の船長を務めており、王下七武海の一角でもあります。 大きな赤い鼻にコンプレックスを持っています。 バギーはシャンクスと同様に見習いとしてゴール・D・ロジャーの船に乗っていました。 道化のバギーの能力 バギーはバラバラの実の能力者です。 身体をある程度バラバラにして、それぞれを動かすことができます。 また、バラバラにできることから斬撃系の攻撃は全く効きません。 足を誰かに持ってもらうことで空を自由に飛ぶこともできます。 光月おでん 光月おでんは光月一族の者でワの国の一族です。 またモモの介の父親でもあります。 光月おでん 光月おでんの能力は判明していません。 光月一族の技術を受け継いでいることから、歴史の本文 ポーネグリフ を作れる技術を持っています。 さらに歴史の本文 ポーネグリフ を読むことも可能です。 まとめ ロジャー海賊団のめんばーについて紹介しました。 ロジャー海賊団のメンバーはワンピースの中でも伝説の存在であり、今後も重要になってくるキャラクターたちです。 全員がおそらくなんらかの重大な秘密を握っていることから今後登場することもあるでしょう。

次の