ペイペイ 現金化。 PayPay(ペイペイ)の残高は現金化できるの?

【2019最新】PayPay残高を現金化する3つの方法!ペイペイは換金できる?

ペイペイ 現金化

PayPay(ペイペイ)とは? インパクトのあるテレビコマーシャルが放映されているPayPayですが、正直 コマーシャルが個性的なのと変わった名称で何のことだか分からない方も少なくないと思います。 また、 電子決済サービスの一種だということは分かっていても、細かい中身までは理解していない方もいると思います。 それを踏まえまして、ここではPayPayの基本情報や利便性、利用方法、決済方法などについて紹介していきます。 PayPay(ペイペイ)の基本情報 PayPayは、 2018年10月5日に公開されたアプリサービスとなっており、PayPayのアプリサービスを提供しているPayPay株式会社は ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁会社となっています。 このPayPayが提供している決済ツールは、インドで最大の決済サービス Paytm ペイティーエム と技術提供を受けて連携しており、そこに目を付けたのがソフトバンク株式会社の孫社長です。 さらに、ヤフーとの連携もしっかりしたものとなっており、Yahoo! JAPAN IDを連携させる事でYahoo! JAPANアプリからも利用できるようになっております。 PayPay(ペイペイ)の利便性 PayPayを利用することによる利便性は、 電子決済で買い物がスムーズになることはもちろんのことなのですが、買い物をするユーザーだけではなく、店舗サイドにとっても利便性が高くなっています。 PayPayは、店舗側が負担する決済手数料に対し、開始から3年間は無料となっていますので、店舗サイドもPayPayを導入しやすい環境が作られています。 PayPay(ペイペイ)の利用方法 PayPayの利用方法は、App StoreやGoogle PlayからPayPayのアプリをダウンロードして、 電話番号とパスワードの設定を行うか、または Yahoo! JAPAN IDでログインを行ないます。 また、Yahoo! JAPANアプリでもPayPayが使えるので、メニュー欄にあるPayPayのアイコンをタップすれば利用できます。 スキャン支払い 利用した店舗が提示しているQRコードをカメラで読み取って支払いの確認や完了させる作業を行います。 コード支払い アプリ画面のバーコードを店舗スタッフに提示してスキャンしてもらう手順となっています。 この2通りの支払い方法は、ファミリーマートやビックカメラなどの大手であればコード支払いを導入している場合が多く、逆に小規模な店舗ではスキャン支払いを取り入れる所が多くなっていると思います。 PayPay(ペイペイ)の決済方法 PayPayの決済方法に関しては、支払い時のコード表示や金額入力画面に 「支払い方法」が表示されますので、ご自身が希望する支払い方法を選ぶことができます。 決済方法の種類は、大きく分けると3つです。 PayPay残高• Yahoo! マネー• クレジットカード PayPay残高とは、 Yahoo! JAPANカードや Yahoo! ウォレットの預金払い用口座からチャージされたものや、キャンペーンや特典の適用で付与されたものとなっています。 この決済方法には優先順位が設けられており、PayPay残高が最も優先され、クレジットカードが最も後回しになります。 意図的にクレジットカードを決済方法のメインにしたい場合は、PayPay残高とYahoo! マネーを 0円にしておく必要があるということです。 また、それに伴って電子決済サービスに参入する新たな企業も増えてくる可能性があり、PayPayも電子決済サービスに新規参入してきた企業として注目を集めています。 しかし、実際に利用してもらうためには、利用者にメリットがあるキャンペーンなどが必要不可欠だと思います。 それを踏まえまして、ここではPayPayが実施している キャンペーンなどのお得な情報を紹介していきます。 PayPay(ペイペイ)の期間限定キャンペーン PayPayでは、 2019年3月末までは 100億円あげちゃうキャンペーンと題してキャンペーンを行っていました。 通常の還元率が利用金額に対して 0. また、PayPayボーナスの有効期限はPayPay残高が変動した日から 2年間となっていますので、期限切れを気にすることなく使いやすいもの利用者にとっては嬉しいところです。 思わぬところで還元されることもあります。 チャージや新規登録によるボーナス付与キャンペーン 100億円あげちゃうキャンペーン以外にも、PayPayではチャージや新規登録などでPayPayボーナスが貰えるキャンペーンを実施しています。 そのキャンペーン内容は、PayPay残高に5,000円以上のチャージを行った全員に1,000円相当のPayPayボーナスが付与されるという特典になっています。 さらに、ソフトバンクとワイモバイルのスマホ利用者に限り、PayPay残高のチャージ方法に銀行口座を新規登録すると 500円相当のPayPayボーナスが付与されるという特典もあります。 また、以前から新規登録者を対象とした PayPay500円プレゼントも行なっているので、とりあえずアプリをインストールして登録するだけでも500円を受け取れます。 キャンペーン以外のお得情報 キャンペーン期間中にPayPayで支払った際は、抽選で利用金額の 10万円相当までのPayPayボーナスが還元されるという全額還元チャンスがあります。 当選確率は、通常ですと 40分の1なのですが、条件を満たすと当選確率が上がります。 その条件と当選確率は、Yahoo! プレミアム会員の場合は 20分の1の当選確率になり、Yahoo! JAPAN IDを設定した場合は 10分の1という当選確率になります。 PayPay(ペイペイ)を利用した現金化について 基本的にはポイント還元キャンペーンとなっていまので、実際に現金が返還されるわけではありません。 しかし、PayPayでもクレジットカードで決済することができますので、 クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化するようなことはできないのかと考える方も少なくないと思います。 PayPay公式Twitterでもそれは明言されています。 申し訳ございません💦PayPayでAmazonギフト購入は致しかねてしまいます💦💦 — PayPay公式サポート PayPaysupport なので、PayPayを使った現金化を考えている方は 上記の方法を検討した方がよさそうです。

次の

amazonギフト券は携帯決済現金化できる!即日でできる方法と手順を徹底解説

ペイペイ 現金化

ああ、出来るぞ! ただし「PayPayマネー」という種類のものだけなんだ。 「PayPay残高」には種類があり「機能のちがい」を理解したいもの。 さっそく表組みしましょう。 名称 種類と機能 有効期間 優先順位 PayPayマネー (2019年9月30日追加) 銀行口座・セブン銀行ATM・ヤフオク売上・PayPayフリマ売上によるチャージ残高 「出金、わりかん機能、残高送金機能あり」 無期限 4 PayPayマネーライト Yahoo!JAPANカード、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いによるチャージ残高(2019・9・29以前の総残高をふくむ) 「わりかん機能、残高送金機能あり」 〃 3 PayPayボーナス 特典やキャンペーン摘要で得た残高 「送金やわりかん機能なし」 〃 2 PayPayボーナスライト 特典やキャンペーン摘要で得た残高のうち有効期限のあるもの 「送金やわりかん機能なし」 60日間 1 「わりかん機能」とは「PayPayユーザー」同士でスマートに割り勘できる機能。 「残高送金機能」とは「PayPayユーザー」同士で送金を可能とする機能。 いずれも無料です。 それから 「優先順位」は「PayPay残高」支払い時における利用順位を指します。 「複数PayPay残高」が存在する場合に、決済時の使用順位と考えましょう。 ちなみに、 出金対応(現金化)をするのは、「PayPayマネー」のみです。 キャンペーンで付与されたPayPay残高は払い出し不可! 「PayPayボーナス」と「PayPayボーナスライト」は、 残念だが出金できない。 それに、「ライト」の方は有効期限があるんだ。 前項の表を見てほしいのですが、キャンペーン適用による「PayPay残高」は「PayPayボーナス」と「PayPayボーナスライト」となります。 これらは出金に対応していませんから注意してください。 また、 「PayPayボーナスライト」は有効期限付きです。 「PayPay」を長期間利用しないと失効します。 せっかくキャンペーンで得た残高ですから、ムダにしたくないもの。 有効活用をめざしましょう。 【注意】2019年10月よりも前にチャージされたPayPayは出金できない 厳密に表現するならば、 2019年9月29日以前のチャージ分が出金対応していません。 したがって2019年9月30日以降のチャージであれば「PayPay残高」の引き出しが可能となります。 2019年9月29日以前のチャージ分はすべて「PayPayマネーライト」に分類され、出金に対応していない点を理解してください。 また、9月30日以降であっても、本人確認が済んでいない銀行口座チャージは「PayPayマネーライト(出金できない)」に分類されます。 「PayPayマネー」に分類されるのは所定の「本人確認手続き済」であることが条件。 この点をお忘れなく。 ところで「本人確認手続き」とはどのようなものかお分かりでしょうか?• ホーム画面右下の「アカウント」をタップ• 中段「アカウント情報」をタップ• 下段「本人確認」をタップ• 表示される「かんたん確認」をタップ• 手順ガイドが表示されますから、よく読んで下段「はじめる」をタップ• まず「顔写真の撮影」• つづいてガイドにしたがい「まばたきチェック」• 表示される「運転免許証」「マイナンバーカード」「運転経歴証明書」を選択• 選択した「本人確認書類」を撮影• 書類の「厚み」撮影・書類の「裏面」撮影• 「属性情報を入力」と表示されますから、ガイドにしたがって入力• つづいて「住所情報を入力」と表示されますから、ガイドにしたがって入力• 「利用目的を選択」と表示されますから、合致するものを選択• 入力情報の確認がとれれば「本人確認完了」の表示がなされて終了 こちらは入力情報の確認に数日かかります。 注意してください。 PayPayマネーを銀行口座に出金する時の手数料は? 「PayPayマネー」を 出金するための手数料は100円です。 したがって10,000円を出金する場合には、10,100円が「PayPay残高」から減ることとなります。 1.ヤフオクに出品し、売上金を銀行口座に振り込む 「PayPay」は2019年6月3日に「ヤフオク」対応を発表しました。 (一部商品の決済を除く) オンライン決済に対応するもので、オークションサイトへの利便性を飛躍的に高めることとなりますね。 ちなみに 「ヤフオク出品」落札金(売上金)は銀行出金可能な「PayPayマネー」としてチャージできます。 そのため、銀行口座振り込みで簡単に現金化が可能です。 ヤフオクの現金化について、詳しくはこちらをご覧ください。 2.PayPayフリマに出品し、売上金を銀行口座に振り込む 「PayPayフリマ」は2019年10月7日にオープンしたばかり。 できたてほやほやの「フリーマーケット・サイト」です。 落札金(売上金)は「指定銀行振込」か「PayPayマネー受け取り」を選択でき、いずれも現金化ができることに。 一度売上金として受け取ります。 受け取った売上金はPayPayにチャージするか、振込申請を行うことで銀行口座に振り込むことができます。 チャージしたPayPay残高はPayPayフリマを始めとしたYahoo! JAPANサービスや、コンビニエンスストア、ドラッグストア、飲食店など全国のPayPay加盟店でのお支払いで使えます。 振込申請をする場合、ジャパンネット銀行口座への振込は手数料無料、それ以外の口座は振込手数料1回100円です。 引用元:PayPayフリマ「」 現在(2019年10月)、キャンペーンをおこなっており、11月30日まで送料の出品者負担が免除されます。 ちなみに、同じフリマサイトの「メルカリ」では手数料がかかるものの、素早い現金化が可能です。 こちらの記事で解説していますので、参考にしてみて下さいね。 3.PayPayが使えるお店で換金性の高い商品を購入して転売する 使えるところを調べるより、「PayPayマークがあるかどうか?」で見た方が早いレベルだな! PayPay残高現金化で最も現実的な方法は「換金性の高い商品を購入し転売する」 ここまで「PayPay残高」現金化をテーマとして情報を掲載しました。 前述しましたが、現実的な方法にこだわるならば「換金性の高い商品の購入」がオススメ。 上手に転売すれば、確実かつ安全に換金できます。 一般的に 「換金性の高い商品」とはどのようなものがあるのでしょうか? また、すべての商品は「PayPay残高」購入可能なのでしょうか? これらの質問・疑問にお答えします。 まず「換金性の高い商品」から。 いっぽう、現金化に目を光らせるクレジットカード会社により対策が講じられている品目ともいえます。 そのため、残念ながら 「PayPay残高」を利用してダイレクトにこれらの商品購入はできません。 ルイヴィトン• シャネル• エルメス• グッチ• ブルガリ• コーチ• フェンディ• ゴヤール など 「ルイヴィトン」「シャネル」「エルメス」は3大ブランド。 入手すれば高額買取を期待できます。 なかでも安定感があるのは「ルイヴィトン」ですね。 バッグやお財布など、人気アイテムの入手をめざしてください。 中古品ならば状態により左右されます。 また、定価以上で再販可能なプレミアブランドの存在をご存知でしょうか? 有名なのは「エルメス・バーキン」「ロレックス・デイトナ」など、バッグや時計でプレミアがついたもの。 掘り出し物を入手できれば、高額換金を期待できますよ。 Apple製品 市場では値引きが少なく、新モデルであれば入手後即換金が可能です。 コツは 「最新モデル」もしくは「1つ前のモデル」にこだわること。 あまりに古いモデルは再販価格を期待できません。 (プレミアがつく可能性はほぼありません) なるべく「新品」「未使用品」の入手をめざしてください。 ゲーム機 新発売されたモデルを「新品」「未使用品」で入手できれば、高価買取を期待できます。 すべての分野で言えますが、転売を考えるならば十分なリサーチが大切です。 いいかげんな仕入れは「損のもと」。 下手をすると仕入れ額の半値となることもあります。 賢く仕入れてタイミングよく売る。 転売の鉄則ですね……。 一眼レフカメラ さいごに「一眼レフカメラ」転売を紹介しましょう。 こちらは専門性があるゾーンです。 素人が手を出すのは控えてください。 ただし、 カメラ転売は収益性が高く想像以上の現金化につながります。 静かなカメラブームを迎えており、美しい写真や味のある写真を求めて「一眼レフカメラ」に人気が集まりつつあるのです。 「カメラ女子」などの言葉があるように、以前は興味をもたなかったゾーン(女性)が「一眼レフカメラ」に食指を伸ばしています。 新品購入は高嶺の花。 しかし、転売による中古販売品ならば購買意欲が湧こう、というものですね。 「カメラ単体」よりも「カメラ本体+レンズのセット」が転売に向くとされ、上手なセッティングで「カメラ初心者」へ訴求すればOK。 BRAND ECO• 銀座パリス• ゴールドプラザ• ブランドゥール• アンティグランデ• 買取本舗七福神• リファスタ• なんぼや• 大黒屋• 時計査定本舗• 買取専門店大吉• ブランディア• ブランドオフ• コメ兵• ウットク• ビープライス• 時計一括査定ピアゾ• ブランド楽市• おたからや• 買取タマ• ネットオフ• ジュエルカフェ• バイセル• ラクーダ など ざっと見まわしてもこれだけの業者が名を連ねることに。 「実店舗」タイプから「ネットサイト」タイプまでありますので、自分にフィットする店を選びたいですね。 これらのなかで オススメは「バイセル」と「銀蔵」です。 「バイセル」は坂上忍さんのコマーシャルによりおなじみでしょう。 宅配買取だけではなく出張買取もおこなっており、大量にブランド品買取をお願いしたいときに便利です。 また、 価値の高いブランド品の適正査定に定評があり、転売初心者も安心。 足元を見られる心配がありません。 「銀蔵」はさまざまな買取専門店ランキングでランクインしております。 出入りの激しい業界で創業15年目を迎える老舗的な存在。 確かな査定が高く評価されています。 なかでも 「加点方式」のプラス査定に人気があり、「減点方式」が一般とされる査定方式に一石を投じる存在でしょう。 想像してください。 買取をお願いしてケチをつけられるより、美点を評価してもらえるほうがうれしいですよね。 ただし「銀蔵」は買取ブランド数が100種類程度と少なめ。 事前の買取内容確認が必須となります。 PayPayは金券が買えない!ヤフオクに出品しているAmazonギフト券も不可! 前述しましたが「PayPay」では金券購入を禁止しております。 もちろん換金目的全般が禁止されていますから、ダイレクトに換金を想像させる品目の購入ができないと理解してください。 具体的には「金券・ギフト券・新幹線回数券など」となりますね。 「ヤフオク」連携なら買えるのでしょうか? この質問に対する答も「できない」です。 たしかに「ヤフオク」をみると「金券・ギフト券・新幹線回数券」が販売されています。 しかし、これらの購入に 「PayPay」は使えません。 (現金のみです) 「PayPay」は「ヤフオク」と連携していますが、すべての品目購入に利用できるわけではないのです。 それから、 換金防止の観点から「Amazonギフト券」購入もできないことに。 (「Amazon」ファンには悲しいことですが……) PayPayのTwitter公式アカウントがツイッターにも明言していました。 申し訳ございません💦PayPayでAmazonギフト購入は致しかねてしまいます💦💦 — PayPay公式サポート PayPaysupport 現在のところ「Amazon」決済に「PayPay」を直接利用できる手段はみつかりません。 導入のニュースも聞こえてきませんので「Amazon」との連携はむずかしいでしょう。 考えてみれば「PayPay」は「Yahoo! 」と提携していますから、ライバル関係ですよね。 どうやら別の手段を考えたほうがよさそうです。 まとめ:PayPay残高を現金化するなら商品を購入して転売しよう! 「PayPay残高」の種類と現金化について解説しました。 「PayPayマネー」以外の残高現金化は「ひと工夫」が必要です。 手間をかけず確実性をもたせるならば、換金率の高い商品購入がオススメ。 ただし、商品によって「期待できる換金率」の幅があります。 この点を克服するために、ふだんから転売に対する知識を身につけるようにしましょう。 転売情報は随時変化するもの。 高価換金のためには、情報収集が大切です。 紹介した 「ブランド品」「Apple製品」「ゲーム機」「一眼レフカメラ」は、専門知識を有すれば高値へ誘導できます。 逆に「まったく知識なし」では、転売をオススメできません。 買取専門業者との交渉をめざしてください。 【羊男のラムオ】 何かとお金に困りがちな30代のひつじ。 ウルフさんのことは怖いと思いつつも、困ったことがあるとすぐに頼ってしまう。 将来はせどりで財産を築きたいとひそかに思っているが、まだ実行に移せていない。 好きなものは親子丼とチューハイ。 苦手なものは突然かかってくる謎の番号からの電話。 【狼男のウルフさん】 職業不詳の40代妻子持ち。 意外と愛妻家。 昔は怪しい仕事をやっていたとかやっていないとか。 ラムオのことはしょうがないやつだと思っているが、なんやかんや気にかけている。 好きなものは給料日に毎回食べる馬刺しと、子供がたまに作ってくれるおにぎり。 苦手なものはゴルフ帰りの奥さんからの視線。 参加ランキング.

次の

amazonギフト券は携帯決済現金化できる!即日でできる方法と手順を徹底解説

ペイペイ 現金化

1.PayPay残高が出金できるようになった 1-1.PayPayの特徴 PayPayはソフトバンクとヤフーの共同子会社のPayPay株式会社が提供するキャッシュレスサービスです。 キャッシュバックなど大々的なキャンペーンが話題になることも多くシェアを着実に伸ばしています。 PayPayはヤフオクの売上金を決済に使えることやヤフーショッピングで特典として還元されるTポイントがPayPayの期間限定キャッシュ(ボーナス)に変わったこともありさらに利便性が向上しました。 (1)メリット 主なメリットとしては利用できるお店の数が多いことや各種キャンペーンなどもあり還元率が比較的高いことです。 (2)デメリット 一方デメリットとしては、QRコードを読み取って金額を入力して決済する方式のため、Suicaなどに比べると手順がやや多いことです。 また、これまでチャージしたPayPay残高が現金化できないことがデメリットでしたが、2019年9月末から資金移動業の登録が完了したため、出金が出来るようになり さらに便利になりました。 1-2.PayPayの出金には本人確認が必要 PayPayの出金には 本人確認が必要です。 本人確認の方法は2つあり、以下に手順を紹介します。 難しくないので出金を考えている方は早めに済ませておきましょう。 (1) 銀行口座登録を利用した確認 すでにチャージ用の銀行口座を登録している場合は登録済みの情報を利用して簡単に本人確認が出来ます。 手順は下記となります。 PayPayアプリを立ち上げます• ホーム画面右下の[アカウント]をタップします• フォームに氏名や住所、利用目的を入力します• 連携している銀行口座情報と確認がとれれば本人確認が完了します (2) かんたん確認 スマホのカメラと顔認証機能で確認書類の郵送などの手間がなく簡単に本人確認が出来ます。 手順は下記となります。 PayPayアプリを立ち上げます• 顔写真を撮影します• 利用する本人確認書類を選択し、画面の指示に従って撮影します• フォームに氏名や住所、利用目的を入力します• 申請手続きの完了し5日前後で登録が完了します 2.PayPay現金化の注意点 現金化が出来るようになって便利になったPayPayですが、注意点もいくつかあるのでご案内します。 2-1.出金できるのは、PayPayマネーだけ PayPayで使えるお金には実はPayPayマネー、PayPayマネーライト、PayPayボーナス(ライト)など様々な種類があります。 このうち出金出来るのは、本人確認を済ませたユーザーだけが使える PayPayマネーのみとなります。 本人確認を行ったユーザーが銀行口座やセブン銀行のATM、ヤフオクやPayPayフリマの売上金などからチャージした残高は出金可能なPayPayマネーとなります。 Yahoo! JAPANカードやソフトバンク・ワイモバイルのまとめて支払いでチャージした残高はPayPayマネーライトとなり出金できません。 PayPayボーナス、PayPayボーナスライトは基本的にショッピングなどの特典やキャンペーンでもらえる残高です。 またPayPayボーナスライトの 有効期限は60日間と期間限定です。 ただしジャパンネット銀行をお使いの方は出金手数料がかからないので便利です。 2-3.着金タイミング PayPayの出金の着金タイミングは以下の通りです。 ジャパンネット銀行は即時振込みに対応しているので PayPayを良く使う方はジャパンネット銀行の口座開設を考えてもよいかもしれません。

次の