浅見帆帆子。 浅見帆帆子 小林公成

人気作家・エッセイストの浅見帆帆子を徹底紹介!

浅見帆帆子

あさみ ほほこ 浅見 帆帆子 生誕 1977-01-29 (43歳) 国籍 出身校 国際政治経済学部卒業 職業 公式サイト 浅見 帆帆子(あさみ ほほこ、 - )は、日本の出身の、ソフトファニシングコーディネーター(クッションや枕作りなど。 )国際政治経済学部卒業。 はB型。 著書 [ ]• 『大丈夫! 『ちょっと話してみました』 グラフ社 (との対談本)• 『いつも忘れないで。 『HOHOKOスタイル』 ダイヤモンド社、• 『わたしの「あなた」はどこにいるの? 『おかえりなさい 待っていたよ』 PHP研究所、• 『占いをどこまで信じていますか? どこに向かうの? なにをしたいの? 『宇宙につながると夢はかなう 〜さらに強運になる33の方法〜』• 『あなたの夢がかないますように』 ダイヤモンド社 「運がよくなる」シリーズ• 『やっぱりこれで運がよくなった!』 廣済堂出版 同文庫(なでしこ文庫)版• 『運がよくなる「親子そうじ力」』 、(「母から与えられた掃除と運の関係」について寄稿)• 『あなたの運はもっとよくなる! 」シリーズ• 『わかった! 『わかった! 『わかった! 夢を実現するコツ 〜まず、あなたが幸せになろう〜』 (第二章にとの対談あり) 廣済堂出版、 「あなたは絶対! 」シリーズ• 『あなたは絶対! 運がいい』 、 同愛蔵版 幻冬舎、文庫版 廣済堂出版、新装版• 『あなたは絶対! 守られている』 グラフ社、 幻冬舎、文庫版 廣済堂出版、新装版• 『あなたは絶対!運がいい2 〜夢の実現力〜確信すれば思いはかなう』 、 そのほか数冊の訳書がある [ ]。 外部リンク [ ]•

次の

人気作家・エッセイストの浅見帆帆子を徹底紹介!

浅見帆帆子

大学卒業後、私はインテリアデザインを学ぶためにイギリスに留学しましたが、まずはホームステイしながらアパート探しから始めたわけです。 だけどその時はどの不動産屋さんにも長蛇の列ができていて、しかも希望の物件は見つかりませんでした。 そこで私が何をしたかというと、 子供の頃から親から言われてきたことや、世に言う運がよくなる行いを試してみたんです。 毎朝、ホストファミリーに笑顔で「おはよう」と挨拶をしてみるとか、部屋をきれいに掃除するとか、道に落ちているごみを拾うとか、「留学させてもらえて幸せだな」と感謝するとか、 ありとあらゆる徳を積む行為をやり続けてみました。 一週間後に不動産屋さんに行ってみると、やっぱり長蛇の列ができていました。 でも、やっと私の順番が巡ってきたその時、FAXがカタカタカタッと動いて、「あなたにぴったりの物件がいま出ましたよ」と。 一人前でも、一人後でも私には巡ってこなかった話じゃないですか。 ああ、 運というのはその人の考え方や行い次第でいくらでも変わるんだなと気がついたんです。 留学から帰ってきた時、日本でインテリアの仕事に就くかどうかを迷って悶々とした時期がありました。 周りの友人は就職していたし、自分は何もすることがなくて「ああ、どうしよう」と焦っていたんです。 その時、母から、「 いま目の前にあることを一所懸命やると道は必ずつながるから、心配することない」と言われました。 当時、家庭教師のアルバイトをしていたので一所懸命教えていたら、一つのご家庭のお母様からお知り合いの会社の会議室の椅子の張り替えを頼まれました。 一人で乗り込んでいってトンカンやっていたのですが、会議室の隣が社長室で、社長様とお話しする機会があったんですね。 そこでいろいろ自分の考えを話したら、「面白いね。 本を出してみないか」と。 実はその会社は出版社だったんです。 社長さんに自分の人生観を臆せず話したりして、若気の至りだったと思いますけれども(笑)。 家庭教師の仕事と本の出版は一見何の関係もない。 だけど本につながるための大切な道だった。 だから 目の前のことに一所懸命取り組むということが、私が最初に気づいた人生好転の法則ですね。 好調を維持して生きるには 幸せ感度を上げていくこと 人生がうまくいく人の条件として、 「いまこの瞬間を楽しむこと」ってすごく大きな要素だと思います。 例えばお客様と会っている時のコーヒーの味一つ、あるいはそこに来るまでの道に咲いていた花一輪にも「おいしいな」「美しいな」と楽しめること。 だから 夢を叶える秘訣は、ずばりプロセスを楽しむことだと思います。 夢や目標を持つ意味は、それを達成することだけではなくて、半分はその途中で起こる出来事や人との出会いによって自分を成長させることにあるんですよね。 夢や目標って達成することにこだわり過ぎると、それに執着してしまって、逆に遠のいていくんです。 「この数字を達成しないとダメな人間だ」とか「この夢が叶わないと幸せになれない」と思い込んでしまって息苦しくなる。 そう思ってしまった瞬間にワクワクしなくなり、その苦しいイメージを引き寄せ始めるんです。 最近よく「浅見さんって全然マイナスのことを考えないんですか」と聞かれるのですが、私も人間なので「こうなったらどうしよう」と思うことはあります(笑)感情がマイナスに振れた時、 プラスに持っていく工夫を自分ですることが大事だと思うんです。 尊敬する人に会いに行くとか、元気になる音楽を聴くとか、好きな映画を見るとか、何でもいいんです。 強運な人は共通してみんな平常心ですが、それはマイナス感情を抱かないのではなく、 自分で自分の心をこまめにケアして、プラスにする努力をしていると思います。 これは本の中にも書いたのですが、いいことが続いた後には必ず悪いことがやってくると思っている人って結構多いんですよね。 でも、運は上がったから下がるというものではありません。 もし、いいことの後に悪いことが起こるとしたら、たぶん次の3つの理由ですね。 ・次は悪いことが起こるのではないかと自分で思っている ・よいことが起こったのは、すべて自分の力だと思って感謝が足りない ・何かを犠牲にして我慢したからこそ、うまくいったと思っている(そう思い込んでいると、犠牲がなくてはうまくいかない人生になる) 高いレベルで生きている人ほど 「幸せ感度」が高いんですよね。 何でもありがたいと感じられるからこそ、小さな危険信号にもすぐに気がついて、「これを通して自分に何かを教えてくれているんだ。 こんなに早くに気がつけてよかった」と思えるんです。 成長発展をし続ける たった一つの方法 私は「運」に関する本を多く出していますが、その運とは宝くじに当たるとか、明日白馬に乗った王子様が現れるとか、そういうことではないんですね。 運がよくなるとは、別な言葉で言えば「どんな状況でも幸せを感じられる」ということだと思います。 一人ひとりがそれぞれの環境で周りの人を幸せにしていくことが、人間として生まれてきた使命だと思っています。 使命は有名人とか選ばれた人だけではなく誰もにあるもので、いまのその人の環境ですぐにできることなんですね。 まずはあなたがワクワクと満たされて生きる。 その姿を見て、周囲の人が勝手に「あの人を見ていると自分も頑張ろうと思う」とか「一緒にいると楽しい」と思っているとしたら、それもその人の器でできる立派な社会貢献だと思うんです。 社会に大きな影響力を与える人だけに使命や意味があるのではない。 だから 周囲を幸せにしたいと思ったら、まずは自分が幸せに生きること。 結果として一人の人間が幸せになると、そのパワーが家族を幸せにし、地域を幸せにし、国家を幸せにし、そして世界を幸せにする。 すべての発展繁栄は一人から始まる。 私はそう思っています。 帰国後、執筆活動に入り、『あなたは絶対!運がいい』(廣済堂出版)『あなたの運はもっとよくなる!』(三笠書房)『宇宙につながると夢はかなう』(フォレスト出版)などが累計250万部のベストセラーとなる。 そのほか著書多数。 人材教育に用いる企業、学校などが多く、海外でも翻訳されるなど幅広い読者の支持を受けている。

次の

楽天ブックス: 著者名:浅見帆帆子 の検索結果1/4 ページ

浅見帆帆子

運が良くなる私になるためには、精神レベルを上げるしかない!! そう思ったのを昨日のように感じます。 その精神レベルってなんなのか知りたくなりますよね。 ここで言う「レベル」とは、その人の容姿、育ち、家庭環境、ましてや出身校、会社名、職業などを指しているのではありません。 「 精神レベル」のことです。 毎日、いかに穏やかに争いごとなく暮らしているか、いかに、 プラスのパワーがいっぱいになるような行いや考え方をしているかです。 レベルとは「 プラスのパワーの量」とも言えるかもしれません。 周りから見てうらやましい人たちは、一言でいうと精神レベルが高いのです。 つまり、 よいことばかり起こる人生にするには、自分の理想を実現させるには、 精神レベルを上げるしかないのです。 あれあれ・・・?あたし、めっちゃプラスの行いしてんのに全然いいこと起こらへんやん。。 なんで・・? みたいなことが最初起こります。 覚悟しておいてください(笑) 自分のまわりには、自分の精神レベルと同じ程度の事柄しか起こりません。 わたしのせいで起こったのではないように見える降ってわいたようなトラブルも、まぐれとしか思えないようなラッキーなことも、すべて自分のレベルに合っているからこそ起こるのです。 レベルの低い人は、起こってしまったことを他人のせいにしたり、小さなことに文句を言ったり、他人を羨ましがってねたんだり、いつも愚痴っぽい生活をしているはずです。 レベルの低い人は、「わたしってだめだなあ」「なんでこうなっちゃったんだろう」 「また同じようなことになったらどうしよう」など、過ぎたことに対してもマイナスの後悔ばかりしていて、余計な不安で心をいっぱいにして過ごしています。 大丈夫です。 自分につっこませてください。。 最初から過剰な期待はやめましょう。 最初のスタートレベルが低いのですから。 心構え2:自分を信じる 心構え1で大概しょぼーんてなって、やっぱり私にはこのやり方無理とか合ってないとか・・また人のせいにして元の自分に戻り勝ちです。 最初のスタートレベルの低い自分のことをさらけ出すというか受け入れることがまず大切です。 出来てなかったな。 そう感じるだけです。 そこに低い自分はダメ・・・とか判断しないことですよ。 わたしもなかなか受け入れられなかったです。 でも 変わりたいという気持ちはほんとの気持ちでした。 ここはやり始めた自分のことを信じましょう。 必ずわたしは変われる!!と信じるのです。 心構え3:小さな運に気づく 自分への期待値がでかすぎて、めちゃめちゃでかい良いことが起きることが運のいいこと!という風に 浅見帆帆子流からマイルールに変換してしまいがちです。 小さな運に気づくことです。 ・友達が優しかった ・電車で立っていた前の人がすぐに降りて座ることができた ・ずっと食べたかったお菓子を友達にもらった とか 日常の嬉しかったことを沢山集めることからスタートしましょう。 これは 毎日ノートに書くことをおススメします。 毎日どれだけありがたいことが起きているのかに気づかされます。 精神レベルを上げる方法の心構え 心構え1:精神レベルをなめるな! 心構え2:自分を信じる 心構え3:小さな運に気づく 浅見帆帆子流「精神レベルを上げる方法」で恋愛運UP いかがでしたでしょうか。 タロットは 潜在意識をカードで読み解いていく占いです。 潜在意識は、 精神レベルを上げることによりどんどん書き換わっていくのです。 なのでタロットに出るカードがどんどん変わっていくことが想像できるでしょう?! お客様には、占った後、個々に合わせて、いろんな精神レベルを上げる方法をお伝えしています。 そして、それを実践されている方はどんどん運がよくなり、願いを叶えていっていらっしゃいます。 なにより笑顔がみなさんとても増えて素敵な女性に変化されていきます。 あなたもぜひ精神レベルを私と一緒にあげていきませんか。 その状態を続けて、メニエール病という耳の病気になってしまいました。 最初は、耳鳴りがひどく、耳鼻科に行っても耳の周りのリンパの流れが悪いと言われ、薬を飲んでいましたが、全然治りませんでした。 ある日、会社の駐車場で車に乗った時、目まいがして、しばらく運転出来ませんでした。 もう、あかん。 が私の心の声でした。 そして離婚を決意。 突然、元主人に「離婚したい。 」と言いました。 元主人 「なんで?」 今まで我慢していたことを話しました。 などなど。 元主人 「なんでもっと早く言ってくれなかったの?」 そうやんな、早く言わなかった私が悪いよな。 そして離婚。 離婚後、男性とお付き合いしても、また相手に合わせている。 タロット占いで自分を見つめ始めました。 私って自分の感情が分からない。 一つ一つの自分に起きる現象について、受け止めず、流していることに気づきました。 自分の本当の気持ちを見失っていたのです。 タロットを始めて、カードを通して自分との対話が始まりました。 さらにもっと深くカードを読み解きたい気持ちが強くなり、ヒーリングの学校に一年通いました。 そして、自分に起きた出来事についてどんな気持ちになった?と対話するようになりました。 自分の気持ちを大切にし始めました。 私のように、自分はダメな子で、相手に合わせることで自分が認められる。 だから自分の意見を言ってはいけない。 感情に蓋をして日々を過ごしてきていませんか? もし、そうなら そんなことないよ!大丈夫! あなたは愛されている と言い続けたい。 私の言葉を信じた方々に必ず奇跡はおこります。 私と一緒に自分との対話を続けて、感情を解放する。 そして、ありのままの自分でいいんだと思う日が来ることをワクワクして変えていきましょう.

次の