ドルチェ アンド ガッバーナ 歌詞。 ドルチェアンドガッバーナの特徴

ドルチェアンドガッバーナの歴史 1990年代まで

ドルチェ アンド ガッバーナ 歌詞

全てのブランド• CPカンパニー• Gスター• RRD• Y3 ヨウジヤマモト• アイスバーグ• アスペジ• アラヌイ• アリクス• アルテア• アルファインダストリーズ• アルベルトヴィーコ• アルマーニ エクスチェンジ• アレキサンダー マックイーン• アワーレガシー• アンコンディショナル• アントニーモラート• アントレ アミ• イザベルマラン• イレブンティ• インコテックス• インノミネイト• イヴサンローラン• ウールリッチ• エトロ• エムエスジイエム• エムシーツー・セントバーツ• エルメネジルドゼニア• エンポリオ・アルマーニ• オーバーカム• カッパ コントロール• カナリ• カポビアンコ• カリバン• カルバンクライン• カングラ• カーハート• カール・ラガーフェルド• クリスチャン ディオール• クルチアーニ• クレイググリーン• グッチ• ケンゾー• ケーウェイ• コム・デ・ギャルソン• コルマール• ゴールデングース• サルヴァトーレサントロ• サルヴァトーレ・フェラガモ• サンシックスティエイト• ザカス• ザノースフェイス• ザノーネ• ザ・ジジ• シビリア• シンボル• ジェイダブリュー ブライン• ジェッカーソン• ジバンシィ• ジョンリッチモンド• ジル サンダー• ジーシーディーエス• スコッチアンドソーダ• スチュアート• ステラ マッカートニー• ストーンアイランド• スプレーグラウンド• スポルディング• セイブザダック• セレクテッド• タリアトーレ• ダニエル アレッサンドリーニ• ダニロ パウラ• ダブルエルジー by ジョルジョブラート• ダークシャドウ• チルコロ• ティントリア マッテーイ 954• ディアドラ• ディースクエアード2• ディーゼル• デパートメントファイブ• デュベティカ• デルシエナ• トミーヒルフィガー• トム・フォード• ドルモア• ドンダップ• ナパピリ• ニール・バレット• ヌメロ ヴェントゥーノ• ハイドロゲン• ハンドピック• バグッタ• バブアー• バルバ• バルマン• バレンシアガ• バレンチノ• バーバリー• パイレックス• パオロ ペコラ• パラジャンパーズ• パーム・エンジェルス• ビッケンバーグ• ビリオネア・ボーイズ・クラブ• ピューテリー• ピーティーゼロチンクエ• ピーティーゼロチンクエ• ピープルオブシブヤ• ファウスト・プリージ• フィラ• フィリッププレイン• フェイ• フェイスコネクション• フェンディ• フランキーモレロ• フレッドペリー• ブラウアー• ブリリア• ブルックスフィールド• ブルネロ・クチネリ• プラダ• ヘルノ• ヘルムート ラング• ベルスタッフ• ホーガン• ボリオリ• ボンブーギ• ポール・スミス• マイケル・コース• マッククイーン• マルセロバーロン• マルニ• マーク・ジェイコブス• ミッソーニ• ムースナックル• ムーレー• メイソンズ• メゾン マルタン マルジェラ• メゾンキツネ• モスキーノ• モンクレール• ヤコブコーエン• ユナイテッド スタンダード• ラグ&ボーンジーン• ラコステ• ラネウス• ラルディーニ• ラルフ・ローレン• ランバン• リックオウエンス• リプレイ• リーバイス• ルコックスポルティフ• レゾム(ル・オム)• ロシニョール• ロスト アンド ファウンド• ロッソプーロ• ロベルト カバリ• ロベルトコリーナ• ヴィヴィアン・ウエストウッド• ヴェルサーチ• ヴェルサーチジーンズクチュール• 全てのブランド• CPカンパニー• Gスター• RRD• Y3 ヨウジヤマモト• アイスバーグ• アスペジ• アラヌイ• アリクス• アルテア• アルファインダストリーズ• アルベルトヴィーコ• アルマーニ エクスチェンジ• アレキサンダー マックイーン• アワーレガシー• アンコンディショナル• アントニーモラート• アントレ アミ• イザベルマラン• イレブンティ• インコテックス• インノミネイト• イヴサンローラン• ウールリッチ• エトロ• エムエスジイエム• エムシーツー・セントバーツ• エルメネジルドゼニア• エンポリオ・アルマーニ• オーバーカム• カッパ コントロール• カナリ• カポビアンコ• カリバン• カルバンクライン• カングラ• カーハート• カール・ラガーフェルド• クリスチャン ディオール• クルチアーニ• クレイググリーン• グッチ• ケンゾー• ケーウェイ• コム・デ・ギャルソン• コルマール• ゴールデングース• サルヴァトーレサントロ• サルヴァトーレ・フェラガモ• サンシックスティエイト• ザカス• ザノースフェイス• ザノーネ• ザ・ジジ• シビリア• シンボル• ジェイダブリュー ブライン• ジェッカーソン• ジバンシィ• ジョンリッチモンド• ジル サンダー• ジーシーディーエス• スコッチアンドソーダ• スチュアート• ステラ マッカートニー• ストーンアイランド• スプレーグラウンド• スポルディング• セイブザダック• セレクテッド• タリアトーレ• ダニエル アレッサンドリーニ• ダニロ パウラ• ダブルエルジー by ジョルジョブラート• ダークシャドウ• チルコロ• ティントリア マッテーイ 954• ディアドラ• ディースクエアード2• ディーゼル• デパートメントファイブ• デュベティカ• デルシエナ• トミーヒルフィガー• トム・フォード• ドルモア• ドンダップ• ナパピリ• ニール・バレット• ヌメロ ヴェントゥーノ• ハイドロゲン• ハンドピック• バグッタ• バブアー• バルバ• バルマン• バレンシアガ• バレンチノ• バーバリー• パイレックス• パオロ ペコラ• パラジャンパーズ• パーム・エンジェルス• ビッケンバーグ• ビリオネア・ボーイズ・クラブ• ピューテリー• ピーティーゼロチンクエ• ピーティーゼロチンクエ• ピープルオブシブヤ• ファウスト・プリージ• フィラ• フィリッププレイン• フェイ• フェイスコネクション• フェンディ• フランキーモレロ• フレッドペリー• ブラウアー• ブリリア• ブルックスフィールド• ブルネロ・クチネリ• プラダ• ヘルノ• ヘルムート ラング• ベルスタッフ• ホーガン• ボリオリ• ボンブーギ• ポール・スミス• マイケル・コース• マッククイーン• マルセロバーロン• マルニ• マーク・ジェイコブス• ミッソーニ• ムースナックル• ムーレー• メイソンズ• メゾン マルタン マルジェラ• メゾンキツネ• モスキーノ• モンクレール• ヤコブコーエン• ユナイテッド スタンダード• ラグ&ボーンジーン• ラコステ• ラネウス• ラルディーニ• ラルフ・ローレン• ランバン• リックオウエンス• リプレイ• リーバイス• ルコックスポルティフ• レゾム(ル・オム)• ロシニョール• ロスト アンド ファウンド• ロッソプーロ• ロベルト カバリ• ロベルトコリーナ• ヴィヴィアン・ウエストウッド• ヴェルサーチ• ヴェルサーチジーンズクチュール.

次の

ドルチェ&ガッバーナ(Dolce&Gabbana) メンズシャツ・ワイシャツ

ドルチェ アンド ガッバーナ 歌詞

ドルガバの香水はライトブルーが定番人気のアイテムです。 財布や時計、キーケースやベルトの小物類をはじめ、ネックレスやサングラス、iphoneケース、メガネなどのアクセサリー類も豊富です。 Tシャツなどの服や、靴やスニーカーなどのメンズアイテムも充実しています。 店舗や通販、オンラインで人気の新作から中古まで、古着や小物が激安で揃っています。 安心の正規品アイテムは新品未使用、状態の良い美品からusedまであります。 フリマアプリ ラクマでは現在100点以上のドルチェアンドガッバーナの商品が購入可能です。 写真の加工などは一切していませんが、撮影時の環境や状況に応じた色合いが微妙に異なる場合があります。 商品の状態を画像で良く見て頂きご判断下さい。 又、別の角度からなど、ご要望がありましたらコメントにてお問い合わせ下さい。 後々のトラブルの元になりかねますので、中古品に対するご理解が頂けない方、新品同様の完璧さを求める方はご遠慮下さい。 こちらの商品はすり替え防止のため返品は受け付けていませんので、ご了承の上お買い求め下さい。 商品の到着後は必ずご自身で不具合の有無を確認した上で評価をして頂ければと思います。 size46 《寸法》肩幅45cm 袖丈68cm 身幅48cm 着丈63cm 裾幅48cmです。 素人が測りましたので誤差が御座います。 《状態》ランウェイコレクションモデルで発売当時、即完売したブルゾンです。 購入価格は、65万程だったと記憶してます。 状態としてですが... 当方はコレクションとして収集してた訳でなく、出品してます商品はどれも気に入って着用してました。 よって使用感は感じますが、まだまだ着用して頂く分には問題ないかと思います。 ですがあくまでも中古品となります。 経年劣化や汚れ等があること前提でお願い致します。 完璧を求める方はお控え下さい。 気になる事等ありましたら質問欄から質問して下さい。 当初は、タグや替えボタン、ハンガー、保存袋、ボックス等々も保管してましたが余りにも数が増えてしまった為、処分してしまいました。 よって画像に写っている物が全てです。 その分、他の出品者の方と比べて頂ければ分かるかと思いますが、格安で出品してますので探してた方この機会に是非どうぞ!!... こちらの商品は、ご希望でしたらハンガーをお付け致しますが、梱包ががさばるため送料が高くなってしまいます。 落札された際にご希望をお聞かせ下さい。 下記の情報をご確認ください。 レザーはゴートスキンを使用しシワ加工が施され、ニット部分はクラッシュ加工が施されたライダースジャケットになります。 ブラックレザーが非常に艶やかで、ドルガバらしい、ワイルドでセクシーなジャケットです。 定価約40万円ほどの高額商品で、非常に格安です。 ドルチェ・アンド・ガッバーナ ・ジャパン 株 のタグが付いた国内直営店品になります。 状態は、多少の着用感のあるUSEDになります。 USEDになりますので、USEDにご理解のない方、神経質な方のご入札はお断りさせて頂きます。 カラー:ブラック 表記サイズ:46(着丈約68. 5cm、肩幅約44. 5cm、身幅約49cm、袖丈約67. 5cm) 素材:商品タグの画像をご参照ください 厳選した上質で柔らかいラムスキンをふんだんに使用した非常にかっこいいデサントのレザーブルゾンです。 クロームのファスナーにはドルガバの刻印入り。 中綿も入っておりますので暖かいです。 内側も左右にファスナー付きのポケットがあります。 定価は30万以上ですのでお得だと思います。 国内正規品。 他の画像は確認用をご参照ください。 写真のハンガーは付属しません。 よろしくお願いいたします。 この度は数ある商品の中、当商品をご覧下さいまして誠に有難うございます。 下記に商品説明、注意事項等の記載をしておりますので最後までお読み下さいます様宜しくお願い致します。 ご購入頂いた場合、下記事項をご理解・ご了承頂けたものとさせて頂きます。 あくまで中古品になりますので返品・返品交換は出来ませんので予めご了承ください。 お支払いに関しましては、カード決済・ショッピングローンは取り扱いしておりませんのでお振込みのみのご対応お願い致します。 発送はご入金確認後、佐川急便着払いにて発送致します。 送料に関してのご質問承りますのでご質問・お問い合わせくださいませ。 追加写真に関しましては直接お送りしますので質問欄にてメールアドレスを記載下さい。 非公開にてお写真ご送付させて頂きます。 着なくなったので、出品します。 サイズは44です 日本サイズだとSになります。

次の

ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE & GABBANA) 香水・フレグランス

ドルチェ アンド ガッバーナ 歌詞

「ドルガバ」とも略される。 初期 [ ] ドメニコ・ドルチェは、1958年8月13日、シチリア州生まれ。 父親は仕立て職人、母親は服地などを売っていた。 ドルチェは6歳の時に初めて自分の服をデザインして仕立てた。 ステファノ・ガッバーナは、1962年11月14日、 生まれ。 両親はベネト出身で父親は印刷工、母親は洗濯婦。 二人ともそれぞれ別のデザイン学校で学んだのち、同じ服飾デザイン事務所で働いた。 2人が初めて接したのは電話でのこと。 ドルチェがガッバーナの勤務するデザインスタジオに、職を求めて電話をした時のことである。 やがてドルチェが勤務を開始すると、ガッバーナは彼の面倒をみるようになり、デザイン事務所でのデザインのプロセスからデザイン画の描き方まで何でも教えた。 ドルチェの勤務開始後間もなくガッバーナは、18ヶ月間の兵役義務に服すことになるが、1982年の徴兵期間終了後、彼らは共同でデザインコンサルタント事務所を開設する。 二人はゲイ・カップルであることを公表している(2005年に解消)。 ところが共同経営であったにもかかわらず、彼らは常に別々に請求書を発行していた。 しかし経理担当者の提案で、2人まとめて作成するようになる。 その結果手続きが簡略化し、コストも下げることができた。 それ以後2人はクライアントに、「ドルチェ・アンド・ガッバーナ」と連名の請求書を発行するようになり、やがてその名称が、彼らの手掛けるデザインビジネスの名称になる。 彼らがチームになって初のコレクションは、1985年10月。 他の5つのイタリア新ブランドとともに、ミラノ・コレクション(Milan Fashion Week)で発表された。 2人はモデルを起用する資金がなく、友人に協力を依頼した。 また身に付けさせるアクセサリーを調達する資金もなかったので、友人モデルたちは自分のアクセサリーを着けて衣装を引き立たせた。 また彼らは、ドルチェが自宅から持ち出したベッドシーツを、ステージのカーテン代わりに使用した。 2人のブランドの初コレクション名は「 Real Women(真の女性)」。 これは地元のアマチュア女性をモデルに起用したことが由来でもある。 彼らの初コレクションからの収入は非常に期待外れだったので、ガッバーナはセカンドコレクション用に注文した生地のオーダーのキャンセルを決断する。 しかしドルチェの家族は、シチリアでクリスマスを過ごそうとドルチェの家族を訪ねた2人に、費用を負担することを申し入れた。 その時点で生地会社はまだキャンセル通知を受け付ける前だったため、2人がミラノに戻る頃には、生地の準備がすでにできていた。 1986年にはセカンドコレクションを手掛け、同年彼らは初店舗をオープンした。 アメリカのジャーナリスト、マイケル・グロスは、彼らの第3回コレクションに関して1992年のインタビューでこう記している。 「彼らは、わずか一握りのイタリアのファッション誌編集者にしか知られていない存在でした。 わずかしかいない彼らのモデルたちは、ボロボロのスクリーンの裏で着替えていました。 彼らはその時のコレクションを、コットンTシャツとしなやかなシルクの変革と呼んでいました」。 このコレクションの作品は、1点につき7通りの着こなし方が可能で、ベルクロやスナップボタンを使って服の形を様々に変化させることができたのだ。 彼らの第4回コレクションは、イタリアファッション市場に初めて大きな衝撃を投げかけた。 このコレクションでドルチェは、彼の出身地シシリアのルーツを取り入れた。 このキャンペーン広告写真は、写真家のフェルディナンド・シアナによって、シシリアで1940年代のイタリア映画の雰囲気を取り入れて白黒撮影された。 彼らは引き続きイタリア映画の雰囲気を第5回コレクションでも取り入れ、イタリアの映画監督ルキノ・ヴィスコンティの作風と彼の映画『 山猫 』の雰囲気を真似た。 これまでにデザインされた貴重な100点のドレスについて解説した本の中で、著者ハル・ルビンスタインは、彼らの第4回コレクションに出展した作品の1つを、「シシリアン・ドレス」と名付けた。 これは当時の彼らのブランドの中で、これが最も代表的な作品と考えられたからである。 ルビンスタインは2012年にこのように記している。 このドレスは女性の下着からヒントを得ています。 その下着とは、アンナ・マニャーニがこよなく愛したスリップであり、アニタ・エクバーグやソフィア・ローレンなどの女優たちを美しく飾ったシルエットだったのです。 このドレスのストラップはまるでブラジャーのそれのようにぴったりと体にフィットしています。 襟ぐりはまっすぐ横にカットされていて、その2箇所にストラップがついています。 両端ではバストを優しく包み、中央でやさしくバストをプッシュアップしています。 このスリップは、単にずれ落ちることがないだけでなく、ウエスト周辺では体をしっかりとサポート。 だからといってきつく締め付けているわけではありません。 そしてヒップの所で広がりヒップラインを強調してから軽く垂れ下がり、膝の辺りで裾が軽くすぼまって、歩くごとにヒップが揺れて見えるようにデザインされているのです」。 新ラインと新マーケット [ ] 1987年、2人はニットウェアラインを発表、1989年にはランジェリーとビーチウェアのデザインを開始。 1990年には初のメンズコレクションを発表する。 同年、彼らはデザインスタジオを初の正式オフィスとし、元来の衣類デザインに加えて、ドレスなどといった高額な作品も手掛けるようになった。 1990春夏レディースコレクションでは、の神話画プリントを採用。 また2人は、クリスタルをあしらったドレスで評判を築き始める。 1991秋冬レディースコレクションでは、フィリグリー(金銀線細工)のメダルや派手な装飾をあしらったコルセットなど、アクセサリー素材をふんだんに使用した。 1992秋冬レディースコレクションでは、クリスタル使いのボディースーツを発表しつつも1950年代の銀幕の世界のイメージを取り入れていた。 1991年、彼らのメンズコレクションが、その年の最も斬新なメンズコレクションとしてウールマーク・プライズを受賞。 その後1993年には2人はマドンナとパートナーを組み、1992年のアルバム『 』(Erotica)発売後の1993年、彼女の世界ツアー「ザ・ガーリー・ショー(原題: The Girlie Show)」では、1500着以上の衣装のデザインを手掛けた。 とあるインタビューでマドンナは衣装について次のように答えている。 「彼らのデザインする服はセクシーなのにユーモアがあります。 私みたいにね」。 1994年には、彼らのデザインスタジオのトレードマークであるダブルのジャケットが、モデルのにちなんで「ターリントン(La Turlington)」と名付けられた。 映画界においては、ドルチェとガッバーナは、監督による1995年のイタリア映画 』(伊: L'uomo delle stelle、英: The Star Maker)にエキストラとして出演している。 さらに監督の映画『NINE』(ナイン、原題: Nine)でも特別出演をしている。 また、のミュージックビデオ『ガール・パニック!』(原題: Girl Panic! )では、2人はスタイリストの役で出演している。 2人はこのテーマを以前にも使用したことがある。 1992年、写真家のは、彼らのデザインスタジオの広告キャンペーン用に「gangster chic(マフィア風)」のポーズをしたモデルたちを撮影した。 これには、1930年代スタイルの襟幅の広いコートや黒のレザーキャップなどが取り入れられている。 作家のニルパマ・プンディヤは次のように解説している。 またや、などのワールド・ツアーの衣装デザインも担当した。 1999年には、トーク番組『』( The Oprah Winfrey Show)で女性歌手が、ツアー『マイ・ラヴ・イズ・ユア・ラヴ』( My Love is Your Love)ツアーで着用予定の彼らのデザインした衣装を着て登場し、それを見たファッションおよび音楽評論家たちは、異常に「際どい」スタイルであるとコメントした。 2000年以降も2人は、「ショーガール:ホームカミング」ツアーでのの衣装など、音楽界のアーチストたちの衣装デザインを続けた。 2003年のメンズラインは、主に世界のトップクラスのサッカー選手をテーマとしたものだった。 ダンスミュージック・アーティストのフランキー・ナックルズは、2003年にこうコメントしている。 「このブランドは、ファッションと音楽のトレンドになる『素晴らしいバロメーター』です」。 2003年には、( GQ Magazine)にて生き方、仕事、スタイルにおいて最も輝いた男性たちに贈る「メン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。 会場にはいくつものテレビがランダムに配され、それぞれのテレビは以前に発表されたコレクションをそれぞれに映し出し、それまでの20年間を振り返った。 バッグ、靴、財布などの小物類、コスチュームジュエリー、時計、またライセンスを受けたメーカーによるOEM展開でサングラスや眼鏡、メイクアップ用品、香水も扱っている。 毎シーズンのコレクションのテーマは「シチリア島の歴史」で固定されており、シーズンごとにフィーチャーする時代が異なる。 より若々しく、色鮮やかな色彩の、である。 メインブランドとは違い、ライセンスで早期から腕時計も商品化していた。 初のメンズコレクションは1994年1月、レディースコレクションは同年4月に発表。 2012年8月をもって全面廃盤となった。 レディースのビーチウェアは1989年に開始、続いて翌1992年にメンズ版を開始した。 アイウェアコレクションは1998年に、時計ラインは2000年に開始。 2006年にはレオパード柄の女性用アクセサリーライン、Animalier()を発表。 2007年にはメンズラインにワニ革を使ったトラベルケースを開始。 その他のバッグコレクションにはMiss Sicily(ミス・シシリー)のトートバッグや ストロー&レザー素材の「ドルチェ」バッグなどがある。 2009年には、アメリカの女優、を広告キャンペーン・モデルに起用し、初のコスメラインを発表。 2011年後半にはファインジュエリーも開始し、宝石をあしらったロザリオやチャームブレスレット、ネックレスなど約80ラインを発表した。 最新のフレグランスには、「The One (ザ・ワン)」「Sport(スポーツ)」「Light Blue(ライトブルー)」「Classic(クラシック)」「Sicily (シシリー)」「Rose The One(ローズ・ザ・ワン)」そして初代「Pour Homme(プールオム)」と「Parfum(パルファム)」がある。 comのURLを取得することはできなかった。 事実、DG. comは現存するインターネット・ドメインの中でもかなり古くから存在していて、1986年にすでにコンピューター会社のによって取得されていた。 その後2010年6月にアメリカの雑貨店チェーン、ダラージェネラル社が取得し、 独自のDGロゴで商品販売を展開している。 現在DG. comは存在しない。 2人はまたの公式オフフィールド・スーツのデザインも担当。 2010年にはと3年にわたる契約を結び、オンフィールド・ユニフォームやオフフィールド・スーツのデザインに携わった。 契約内容には男性スタッフや選手たちの衣類に加えて、女性スタッフの衣類のデザインも含まれていた。 クラブの公式オフフィールド・スーツは、胸ポケットにライオンのエンブレムをあしらったダークブルーのスーツ。 2人はまた、クラブラウンジおよびメインオフィスのレセプションエリアの改装デザインも担当した。 また、ワールド・シリーズ・オブ・ボクシングのイタリアチーム、ミラノ・サンダーのネーミングライツスポンサーにもなった。 2009年にはと提携して、携帯端末コレクション「Jalou」ラインが発売される。 これには24金メッキされたパーツが組み合わさっていて、コラボレーションによって制作されたハイテクデバイスにブランドのロゴが施されている。 またシトロエン社とも提携をし、C3 Pluriel(チ・トレ・プルリエル)の共同デザインを手掛けた。 2010年、と提携してベルモット「マルティニ・ゴールド」を展開。 同年、マドンナとのコラボレーションによるサングラス・コレクション「MDG」の発売を開始した。 音楽はエンニオ・モリコーネが担当、モデルにイタリアの女優を起用した。 このコマーシャルはイタリア国内で何年にも渡って放送された。 30秒間のこののコマーシャルでは、ある男性がにある岩の上に蛸を叩きつけるシーンから始まる。 彼は立ち上がってあたりを見回すと、異なる階級出身であろう女性に出くわす。 その女性(ベルッチ)は、別の2人の女性が手にする白いシーツの向こう側で、50年代スタイルの水着に着替えているところであった。 着替えが終わると、その女性は身に着けていたブラジャーをの上に放り出し、水際へと歩き出す。 その後、彼女が整えられたベッドの上で横たわっていると、その男性が彼女のブラジャーを鼻に押し付けながら窓の外から彼女を見ている。 2006年、香水「The One(ザ・ワン)」のコマーシャルには、ブラジル出身のファッションモデル、を起用。 このコマーシャルでは、ブンチェンが化粧鏡の前でメイクを施しているところにカメラマンの一群のフラッシュが押し寄せてくる。 ドメニコ・ドルチェは次のように表現している。 「私たちがデザインをする時は、映画制作みたいなのです。 まずストーリーを考えて、それからそれにマッチするデザインを考えるからです」。 彼らは、流行を作り出すよりも、着る人を引き立たせる最高の服を作りたいと主張する。 一方でレディースコレクションは、例えば1987年にはモデルのマルペッサを起用し、フェルディナンド・シアナ撮影による白黒の広告などといったパワフルな広告キャンペーンを展開している。 ロッセリーニはこう述べている。 「彼らのデザインは、よくある黒のドレスや、ボタンをしっかり留めたブラウスとは違うのです。 私が初めて袖を通した彼らの服は、白いシャツでした。 非常に質素でしたが、そのデザインは、まるで私のバストがあふれんばかりに大きく見えるように仕立ててあったのです」。 やといったイタリアの大型ブランドに比べて、どちらかと言えばデザイン界に新参である2人の驚くべき功績には、運が味方したのだと彼らは認める。 1997年には彼らの企業は4億に達成したため、2人は40歳になったら引退するつもりであると発表した-実現には至らなかったが。 以下が彼らの著作物の一覧である:• Wildness(ワイルドネス)• Animal(アニマル)• Hollywood(ハリウッド。 1985年以降に最も活躍した映画スターたちの写真を 100 点以上収録)• Calcio(カルチョ。 サッカーチーム3 チーム、選手 44 人、および監督 2 人の写真を収録)• Milan(ACミラン)• Music(ミュージック。 世界的に認められたミュージシャン150人以上を紹介)• 各コレクションの年代別の写真集。 1000点以上の写真を使用している)• Milan(ミラン)• 2006 Italia(2006 イタリア。 2006年サッカーワールドカップ大会でのイタリアの優勝を記念して刊行)• Fashion Album(ファッション・アルバム。 400点以上の画像を掲載)• Secret Ceremony(シークレット・セレモニー)• Family(ファミリー。 人生の中心となる家族に焦点を置いた本)• The Good Shepherd(よき羊飼い。 Milano Beach Soccer(ミラノ・ビーチ・サッカー)• Icons 1990-2010(アイコン 1990 — 2010)• Fashion Shows 1990 — 2010(ファッション・ショー 1990 — 2010)• Nazionale Italiana: South Africa 2010(イタリア代表: 2010 年南アフリカ。 に向けてトレーニングするサッカーイタリア代表の様子を追った作品)• Uomini(男たち)• Milan Fashion Soccer Players Portraits(ミラン・ファッション・サッカー選手のポートレート)• David Gandy(ダヴィッド・ガンディー。 男性モデルダヴィッド・ガンディーの日常を1年に渡って追跡)• 2002年にはゴルドーニに7階建てのビルにブティックおよび代表オフィスを併設したショールーム「 Lo showroom di via Goldoni」を開設、Piazza Umanitariaにあったメインショールームがここに移転した。 2006年7月には、ミラノに5,000平方フィート(約450㎡)の面積を誇る展示会場「 Lo showroom di via Broggi」をオープン。 また1940年代後半に建設されたミラノでも有数の歴史を誇る劇場「 Il Metropol(メトロポル)」を買収して改修、2005年9月に再オープンした。 2006年にはカフェやバー、ビストロやレストランエリアを備えた施設「GOLD」を新設。 これは、酒類販売業者と提携して2003年にオープンした、ミラノ男性のためのバー「マルティーニ・バー」に続く飲食分野での展開である。 マルティーニ・バーは、 後の2006年にはのショールームにもオープンしている。 合計で251のブランドストアがある。 メトロポルオープン直後には、彼らはロビースペースにて2006年4月から2007年4月まで、アーティスト、ロン・アラッドの展示会「 Blo — Glo」、 2007年4月下旬には同アーティストの「 Bodyguards」を開催。 2007年にはエンゾ・セレリオ、 2008年にはの写真展を開催。 2011年には、本社屋外で建築スタジオ「Studio Piuarch」の建築展を一般公開。 同スタジオの1996年以降の様々な建築デザインやプロジェクトを展示した。 展示会やオープンハウスが開催できるようにデザインされており、2006年に完成した。 彼らはまた、他のスペースも利用している。 2009年5月には、ミラノのラジョーネ宮でアメリカ版の90年以上におよぶ歴史の中から、100点以上の写真を集めて展示した。 この写真展は「 Extreme Beauty in Vogue(ヴォーグにみる究極の美)」と名付けられた。 日本における販売総代理店は以下の通り。 2007年2月には消費者団体から別の広告における「一人の男性が女性を地面に押し倒し、それを複数の男性が見る」という構図が問題視され、ドルチェ&ガッバーナはその広告をスペインから撤去した。 スペインのLabour and Social Affairs Ministry はこの広告を違法で女性を辱めるものとし、広告における女性のポーズはドルチェ&ガッバーナがPRしようとしている製品とは関連がないと述べている。 イタリアの公共広告監視機関(Advertising Self-Discipline Institute:IAP)も、女性に対する暴力を彷彿とさせるとして、この広告の差し止めを発表した。 また、アメリカ合衆国の雑誌デボネア( )はこの広告を「公然とを賛美している」とし、「ファッション史において最も論争を呼んだ広告」と呼んだ。 スペインでこの広告が禁じられたことについて、ドルチェ&ガッバーナは「スペイン人は少々保守的だ」("Spaniards were a bit backward. ")とコメントした。 デイリー・メールはこの広告が女性の尊厳を害するものだと報じた。 それから7年後、ファッション評論家 ()が自身のツイッターでこの問題について触れたことにより、議論が再燃した。 Nextshark. comによると、カットローンはその広告について「半裸の男が一人の女性を地面に押し付け、ほかの3人の男がそれを見ている様子は乱交パーティーのようだった」とし、ドルチェ&ガッバーナを批判した。 フェミニストのライターであるルイーズ・ペニントンはハフィントンポストのイギリス版にこの広告について、以下のコメントを寄せた。 この画像は、ファッション・美容業界とポルノの主流化の間に大きな関係があることを明らかにしており、ファッション業界における女性蔑視が蔓延していることをしめす重大な例である。 この画像を見てもなんとも思わないヒトは、レイプ文化の存在や、ポルノじみた主流メディアにおいて、女性の身体から人間性が奪われていることを理解していないだろう。 "This particular image is a representative of an increasingly misogynistic contraction of women in the fashion industry demonstrating very clear links between the fashion-beauty industry and the mainstreaming of pornography. Those who suggest this image is harmless fail to recognize the reality of rape culture and the dehumanization of women's bodies in our pornographic mainstream media. 記者は「公道でを撮影することに何ら問題はない」という法律家の言葉とともに、これを香港人への不当な扱いとして報道すると 、店の前に何千人もの香港市民の撮影者が殺到することになった。 このような問題には、中国本土からの観光客のためのブランドショップが次々と立ち並ぶことなどへのが背景にあるといわれる。 宣伝用動画は東洋人モデルがなどのイタリア料理を箸で食べにくそうに格闘する姿を映したもので、箸を木の棒と呼んだり、ナイフとフォークのようにうまく食べられないことを揶揄するようなナレーションが入っていた。 11月23日にデザイナー二人が改めて謝罪動画を公開したものの、SNSでの暴言込みでの謝罪なのかハッキリしない内容になっている。 脚注 [ ]• Vernon, Polly 2005年2月20日. The Guardian London. 2007年7月27日閲覧。 Vogue. com UK. 2008年5月27日閲覧。 週刊新潮の記事ではドルガバと略している。 Berg. 206. Stefanie Blendis and Gisella Deputato 2012年7月21日. 2012年5月29日閲覧。 16-17• Harper Collins. Berg. 223-225. 2012年5月3日閲覧。 Valentina Zannoni 2011年11月27日. 2012年5月19日閲覧。 2012年8月15日時点のよりアーカイブ。 2012年5月29日閲覧。 2012年5月29日閲覧。 Angela Bottolph 2009年12月3日. 2012年5月29日閲覧。 Lauren Milligan 2011年6月13日. 2012年5月29日閲覧。 Caroline Evans 2003. Fashion at the Edge: Spectacle, Modernity, and Deathliness. Yale University Press. Rebecca Arnold 2001. Fashion, Desire and Anxiety: Image and Morality in the 20th Century. Tauris. 39-40• Nirupama Pundir 2007. Fashion Technology: Today And Tomorrow. Mittal Publications. Carrie Bornillo-Vrenna 2008. Cherry Bomb: The Ultimate Guide to Becoming a Better Flirt, a Tougher Chick, and a Hotter Girlfriend--and to Living Life Like a Rock Star. Britt Aboutaleb 2012年2月13日. ; 2012年5月29日閲覧。 Michale Paoletta 2003年11月8日. Brendan Lemon 2002年3月. Richard A. Beating the Commodity Trap: How to Maximize Your Competitive Position and Increase Your Pricing Power. Harvard Business Press. Ella Alexander 2011年6月1日. 2012年5月19日閲覧。 2012年5月29日閲覧。 2012年5月31日閲覧。 Valerie Steele 2010. Berg. 225. 2012年5月30日閲覧。 Tabitha Simmons 2012年2月28日. 2012年5月19日閲覧。 Tracy Lomrantz 2012年1月27日. 2013年6月11日閲覧。 Indiewire. 2012年5月19日閲覧。 Lisa Niven 2011年11月9日. 2012年5月19日閲覧。 2012年5月31日閲覧。 FamousLogos. 2011年5月7日閲覧。 2013年6月11日閲覧。 2012年5月29日閲覧。 Grant Wahl 2009年7月28日. 2012年5月29日閲覧。 Sara Pizzi. 2012年5月29日閲覧。 2012年5月29日閲覧。 2012年6月29日時点のよりアーカイブ。 2012年5月29日閲覧。 2006年12月12日. 2012年5月29日閲覧。 2009年10月27日. 2012年5月29日閲覧。 Eleonora Marini 2008年2月27日. 2012年5月29日閲覧。 Moetodete. bg 2010年11月23日. 2012年5月29日閲覧。 Marie-Louise Gumuchian 2010年3月16日. 2012年5月29日閲覧。 Valentina Zannoni 2011年10月9日. 2012年5月19日閲覧。 Valentina Zannoni 2011年10月30日. 2012年5月19日閲覧。 Valentina Zannoni 2011年11月13日. 2012年5月19日閲覧。 GQ Russia. 2011年3月. 242-245• 2010年2月15日時点のよりアーカイブ。 2012年5月19日閲覧。 2012年5月19日閲覧。 OhLaLa Magazine. 2009年12月16日. 2012年5月19日閲覧。 2012年5月19日閲覧。 2012年5月19日閲覧。 2012年2月13日. 2012年5月19日閲覧。 の2012年5月22日時点におけるアーカイブ。 2012年5月19日閲覧。 2008年3月. 2012年5月19日閲覧。 Karin Nelson 2009年8月23日. 2012年5月19日閲覧。 Phong Luu 2012年2月15日. 2012年5月19日閲覧。 Gary Pini 2012年5月7日. 2012年5月19日閲覧。 2012年5月29日閲覧。 2012年5月29日閲覧。 Jo Craven 2011年5月11日. Vogue UK. 2012年3月31日閲覧。 Leonardo Arte SRL• Leonardo Arte SRL• Animal. Abbeville Press• Hollywood. Assouline• 2012年5月14日時点のよりアーカイブ。 2012年5月19日閲覧。 2012年5月19日閲覧。 Milan. Mondadori Electa• 2011年7月21日時点のよりアーカイブ。 2012年5月30日閲覧。 Fashion Album. Skira• Secret Ceremony. Michael Roberts 2007. The Good Shepherd. Jared Paul Stern 2008年12月26日. The Luxist. 2012年5月30日閲覧。 Mondadori Electa. 2010• 2DM 2011年6月1日. 2012年5月19日閲覧。 Mondadori Electa. 2011• Rod Hagwood 2010年5月27日. の2012年5月30日時点におけるアーカイブ。 2012年5月19日閲覧。 Uomini. Rizzoli. 2011• Lauren Milligan 2011年1月6日. 2011年8月24日. 2012年5月19日閲覧。 David Gandy. Rizzoli• 2012年7月3日閲覧。 Jack W. Plunkett 2008. Plunkett Research. 2012年5月29日閲覧。 2012年5月19日閲覧。 2012年5月19日閲覧。 2012年5月19日閲覧。 2012年5月19日閲覧。 Pauline Sung 2011年4月11日. 2012年5月19日閲覧。 Nico Saieh 2008年6月16日. ArchDaily. 2012年5月19日閲覧。 Carolina Rimondi 2011年6月20日. Style. 2012年5月19日閲覧。 2012年5月16日時点のよりアーカイブ。 2012年5月19日閲覧。 Tim Blanks 2009年. Style. com. 2012年5月19日閲覧。 2012年5月19日閲覧。 Ymag 2011年4月14日. 2011年12月4日時点のよりアーカイブ。 2012年5月19日閲覧。 Adweek 2007年1月11日. 2018年11月24日閲覧。 Euskal Irrati Telebista 2007年2月23日. 2007年2月24日閲覧。 Mode Press. AFPBB. 2018年11月24日閲覧。 2010年11月23日時点のよりアーカイブ。 2018年11月24日閲覧。 NextShark. 2015年10月14日閲覧。 Moss, Rachel 2015年3月18日. Huffington Post UK. 2015年11月16日閲覧。 ハフポスト日本版、2018年11月23日• ねとらぼ、ITmedia, 2018年11月23日• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の