スマホ応援割。 auのスマホ応援割Ⅱとは?最安いくらで維持できる? 注意点は?

auスタッフが解説!「ケータイ→auスマホ割」と「ケータイ→auスマホ割(s)」は何が違う?|iLaboo

スマホ応援割

ご注意事項• 対象料金プランの月額基本使用料が日割り計算される場合には、「ギガホ割」の割引額も日割り計算となります。 対象外料金プランへの変更、電話番号保管のお申込みなど、割引適用条件を満たさなくなった場合は、「ギガホ割」は廃止されます。 月途中に割引が廃止された場合であっても、廃止月まで割引を適用します。 ただし、月途中に割引対象外料金プランへ変更された場合など、当該月の基本使用料として割引対象外料金プランの料金が請求される場合には、その月のご利用料金に「ギガホ割」は適用されません。 「ギガホ割」が廃止された場合、受付期間中であっても再度適用することはできません。 「ギガホ割」「はじめてスマホ割」両方の条件を満たす場合、両割引が重畳適用となります。 既に他の割引サービス、キャンペーンを適用中の場合など、「ギガホ割」を適用できない場合があります。 本割引のお申込み終了時期は未定です。 終了する場合はドコモのホームページへの掲載など、当社が適当と判断する方法によってお知らせします。

次の

auスマホの新プランは本当にお得? メリットや変更点をおさらい

スマホ応援割

ご注意事項• 対象料金プランの月額基本使用料が日割り計算される場合には、「ギガホ割」の割引額も日割り計算となります。 対象外料金プランへの変更、電話番号保管のお申込みなど、割引適用条件を満たさなくなった場合は、「ギガホ割」は廃止されます。 月途中に割引が廃止された場合であっても、廃止月まで割引を適用します。 ただし、月途中に割引対象外料金プランへ変更された場合など、当該月の基本使用料として割引対象外料金プランの料金が請求される場合には、その月のご利用料金に「ギガホ割」は適用されません。 「ギガホ割」が廃止された場合、受付期間中であっても再度適用することはできません。 「ギガホ割」「はじめてスマホ割」両方の条件を満たす場合、両割引が重畳適用となります。 既に他の割引サービス、キャンペーンを適用中の場合など、「ギガホ割」を適用できない場合があります。 本割引のお申込み終了時期は未定です。 終了する場合はドコモのホームページへの掲載など、当社が適当と判断する方法によってお知らせします。

次の

auスタッフが解説!「ケータイ→auスマホ割」と「ケータイ→auスマホ割(s)」は何が違う?|iLaboo

スマホ応援割

3G回線が2022年でサービス終了となり、3G専用ケータイ フィーチャーフォン を使っている人もそろそろ選択を迫られる時期かもしれません。 現在auでガラケーを使っている人であれば、もしかしたらauから買い替え案内が来ているかもしれません。 5G回線スタートの後に3G回線サービスが終了という事で、3G専用のガラケー フィーチャーフォン は完全に通話もメールも使えなくなってしまいます。 auとしても3G専用ケータイを利用しているユーザーには、4Gケータイ ガラホ やスマホへ機種変更してもらいたいので優遇措置として『初スマホ割 3G 』という割引キャンペーンを2019年10月から実施しています。 現在3Gケータイを利用しているのであれば、数年後に使えなくなってしまうので、今のうちにこれらの割引キャンペーンの恩恵を受けながら別の機種へ移行するというのは現実的な選択だと思います。 また現在ガラホ 4Gのガラケーの形をしたAndroid を利用している人の機種変更向けの『初スマホ割 4G LTE 』という割引も登場しました。 参考: 今回は『初スマホ割 3G 』の方を解説していきます。 auケータイ(3G)・auスマホ(3G)から対象のauスマホ(4G LTE)へ機種変更(ご購入)いただくと、機種代金から最大38,500円(税込)割引! 3G向け料金プランにご加入中で、KDDIに登録されている直近のご購入機種(au取扱店でお客さまが購入された機種)が16カ月目以上ご利用されている必要があります。 引用元: 現在auの3Gガラケーを使っている人であれば16か月以上の利用はしている場合がほとんどだと思うので、基本的には2つの利用条件を満たすのは簡単で、3G回線のサービス終了で困る人向けの割引キャンペーンという感じです。 60歳以上で指定2機種なら『新カケホ割60』で永年1,000円割引に! 上記に加えて、「申込時点で年齢が60歳以上」であり、以下の3機種を購入・機種変更した場合に『新カケホ割60』という割引で 永年月額料金から1,000円の割引になります。 しかし実際には1~4GBくらいは使うと思うので、実際には大体4~5千円の請求になる事が多いです。

次の