本 好き の 下剋上 完結。 本好きの下剋上の最後の結末をネタバレ!最終回とその後はどうなる?

本好きの下剋上が完結しました。

本 好き の 下剋上 完結

アニメ『本好きの下剋上』人物相関図とあらすじ! アニメ『本好きの下剋上』では原作小説第1章のストーリーが主に描かれていきます。 主人公の本須麗乃は文字通り【本の虫】で三度の飯より本を読むのが好き。 大学を卒業したばかりの女の子でした。 しかしある時自宅の書棚が倒れてきたことで死亡してしまいます。 次に目を覚ました時、麗乃はなんと異世界の見知らぬ少女マインとなっていました。 自分の状況に戸惑う麗乃でしたが、 とにかくこの世界でも本が読みたい! しかしこの異世界の文明レベルは現実世界と比べて大きく劣っており、本は羊皮紙制の貴族しか所有していないとても高価のもの。 とても平民の家の子供であるマインの手には届きません。 かくして【見た目は子供、頭脳は大人】のマインが異世界の経済をひっくり返すような知識をひっさげて、本を作る奮闘劇が始まります。 登場人物・キャラクター一覧 マイン(精神年齢:22歳 身体の年齢:5歳) 画像出典 本作の主人公。 元々は麗乃ではなく元のマインとしての人格が宿っていましたが、麗乃が転生して宿ってからは消失。 元人格の行方については不明なまま物語は進んでいきます。 麗乃の年齢は大学卒業したばかりという描写があったので22歳でしょう。 一方マインは5歳なので、5歳児の身体に22歳の女の子が宿っている状態ですね。 とても病弱な体をしており、本を作りたい麗乃の最大の障害となっています。 しかしトゥーリやルッツに手伝ってもらうことで少しずつできることも広がっていきます。 トゥーリ 画像出典 マインの実の姉。 とても活発な活発な少女で、マインとは打って変わって身体も健康そのもの。 そのため、病弱な妹マインの頼みをよく引き受けてあげたりしています。 また、カルラ一家の3男ラルフとは同世代であり、片想いされています。 基本的にマインの頼れるいいお姉ちゃんです。 ギュンター 画像出典 マインとトゥーリの実父。 エーレンフェストの門の兵士で班長を務めており、基本的に親バカで2人の娘たちを溺愛しています。 文字は基本的に読めるが、書く方は人の名前が書ける程度。 作中ではこれを内心マインに馬鹿にされるシーンがありますが、異世界においては実はすごい方なんです。 異世界では字は読めなく、自分の名前も書けない人がほとんどのためですね。 絵に描いたような子煩悩パパなので見ていて微笑ましいキャラです。 エーファ 画像出典 マインとトゥーリの実母。 平民で貧しいため身なりに気を使えていませんが、実は美人という設定なんです。 また、裁縫が得意で、仕事も主に針仕事で稼いで家計を支えています。 ルッツ 画像出典 カルラ一家の4男で末っ子。 マインと同い年の男の子です。 上の3人の兄がおり仲もいいんですが、末っ子で力関係で弱いためいつも我慢を強いられる立場におりそれを不満に思っています。 ただ、病弱なマインといると家庭とは違って自分が役に立つことが実感できるので、面倒を見て感謝されることを嬉しく思っているようです。 実は商人として町の外を旅することが夢なんですが、平民としては大それた夢であり周囲や家族からは反対されてしまいます。 しかしマインだけは夢を応援してくれており、商人になるためのきっかけということもあって マインの紙作りに協力するようになります。 オットー 画像出典 ギュンター(マイン父)の部下で門の兵士を務める青年。 元商人でこの都市(エーレンフェスト)の生まれではないんですが、コリンナに一目惚れし熱烈な求婚をしたことで定住するようになります。 門の兵士としては異色の元商人という経歴から、識字や計算という希少な能力を持っており、主に経理関係の仕事を一人で担当しています。 マインにとっては貴重な異世界での字に精通している人物で、 字を教えてもらう師匠のような存在となります。 また、作中ではマインとルッツに義兄の商人ベンノを紹介するキーキャラクターでもあります。 コリンナ オットーの妻でベンノの妹。 童顔で美人。 オットーの熱烈な求婚により結婚するも、オットーが旅する商人という仕事を諦めてしまったことを気にしています。 マインの発明したシャンプーに多大な興味を寄せており、オットーを通じてなんとかシャンプーなるものを手に入れられないかと考えています。 ベンノ 画像出典 コリンナの兄でベンノの義兄。 ギルベルタ商会の長でやり手の商人です。 オットーの紹介から マインとルッツの商売上の面倒を見るようになります。 マインの頭脳や話術に子供離れしたものを感じており、『子供にしては頭の回転が異常』『只者ではない』と考えています。 また、マインの持っている異世界経済を変えてしまうほどの発明に目をつけており、マインに交換条件を持ちかけて手に入れ利益を得ます。 ただ悪い人ではなく、基本的には善人でマインの商人としての成長を促してくれる人物です。 しかしギルド長などの既得権益には堂々とケンカを売る剛毅な性格も持ち合わせています。 マルク 画像出典 ギルベルタ商会におけるベンノの優秀な右腕。 マイン曰く、素敵執事。 ギルベルタ商会に先代のころから仕えており、かれこれ30年働いています。 しかし修業期間を終える寸前に先代が亡くなったため、ギルベルタ商会とベンノを守り抜くことになったという経緯があります。 ベンノに代わりマインとルッツの世話を焼いたり教育係となることも多いです。 特にマインに振り回されるルッツには自分の境遇を重ねることもあり、同情しています。 グスタフ 画像出典 商業ギルドのギルド長であり、オトマール商会の大旦那。 一見優しそうな風貌をしていますが、金にがめつく、貴族相手に商売をして稼いでいる人物です。 ベンノとは犬猿の仲で、マインが来てからというもの好景気に湧いているギルベルタ商会が目の上のタンコブとなっています。 孫娘のフリーダを溺愛しており、マイン曰く孫娘に対するグスタフはただのおじいちゃんにしか見えないそうです。 フリーダ 画像出典 ギルド長グスタフの孫娘。 お金を数えることや貯めることが趣味で、金にがめついところはグスタフによく似ています。 また、家から出ることが少ない生い立ちのため、長らく友達がいませんでしたが、マインが初めての友達となります。 フェルディナンド 画像出典 貴族として生まれながらも神殿にいるなど謎が多い人物です。 感情を表に出すことが苦手ですが、神官や騎士として仕事をこなし文武両道で楽器も嗜む完璧超人です。 後にマインの庇護者となります。 まとめ 今回はアニメ『本好きの下剋上』、原作小説1章の相関図と登場キャラ一覧をまとめました。 1章の魅力は異世界ではチートとなるマインの現実世界での科学知識と、それに振り回される登場人物達でしょう。 異世界ものとしては珍しいタイプの物語ですが、制限された状況から自分や周囲を豊かにしていく過程は街輿し系のゲーム 牧場物語とか に似た爽快感がありますね。 最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次の

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第四部「貴族院の自称図書委員I」

本 好き の 下剋上 完結

小説投稿サイト「」でweb小説として2013年9月から連載開始。 2017年3月に677話で完結した作品『本好きの』。 コミック化や書籍化もされている今作です。 この読書感想をネタバレなしで今回は語りたいと思う。 『』 本が好きで、司書資格を取り、への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。 転生したのは、が低くて本が少ない世界の兵士の娘。 いくら読みたくても周りに本なんてあるはずない。 本がないならどうする? 作ってしまえばいいじゃない。 目指すは図書館司書! 本に囲まれて生きるため、本を作るところから始めよう。 上記、概要を元サイト原文まま引用。 まず最初に言わせて。 めっちゃ泣いた。 何に泣いたって、この「本好きの下克上」っていうタイトルをみたらわかるように「本が好きすぎてガンガン下克上しちゃうお嬢さんのお話」なんだけど 「本が好き」という描写以上に家族愛や友情、人と人との繋がりがしっかり描写されているのがこの作品の特徴で最初から最後までそういった部分がすごく丁寧に書かれているのよね。 様々な出会いと別れの中でそれでも自分の目標(もちろん本関係)に突き進んでいく主人公。 このぶれない生き様と強さに何度心打たれたか。 この作品もなろう小説系作品の例に漏れず、いわゆる「転生系」というカテゴライズになります。 「ああ、転生系かー。 じゃーいっかなぁ」 「どうせ主人公最強で俺ツエーしちゃうような作品でしょ?」 って思っている人ほど是非読んで欲しい作品。 まず、他作品の転生系に比べて珍しいのが• 女性主人公(転生前もしっかり女性)という事。 主人公最強ではない。 むしろ最弱からのスタート。 ファンタジー要素中心でもない。 女性らしい作品。 (ココ重要) という事。 僕はこの作品の前に「転生したらスライムだった件」や「」、「 」「無職転生」などなど書籍化されているような有名な転生系読んできました。 どの作品もとても楽しく読まさせてもらいましたが、この作品はどの作品とも似て似つかない異色な作品です。 まず「女性主人公(転生前も女性)」という点。 意外と少ないよね。 なんか男から女に転生しちゃって、どこか男臭い女性が主人公みたいなのはよくみるんだけど、ここまでしっかり女性視点で書かれてる作品ってそこまで数を読んでないのもあるけど、珍しいと思いました。 次に「主人公最強ではない。 むしろ最弱からのスタート。 」という点。 ほんと最弱。 「え、これ最後まで生きていけるの」って心配なるくらいの最弱。 最初は「主人公、大丈夫かな…」って心配する意味でも最初読み進めてた思い出があります。 「ファンタジー要素中心でもない」という点。 中世ヨーロッパのような世界が舞台で、その話のほとんどが人と人との付き合い方が多く描かれてます。 そして、ありとあらゆる点で「女性らしい作品」でした。 な描写が極力少なく構成されていて読んでいて安心できます。 可愛いものや綺麗なものがよく登場したり、そういうところに気を使う描写が非常に多いのも特徴。 また歯切れの良い、芯の強い良い男性・女性の登場人物が多くて魅力的です。 登場人物は多いのですが、どれも話が進むキャラがしっかり立っていき、きっと誰でもこのキャラが好き!っていうのが出て来るだろうなぁって思いました。 サイドスリーとか他キャラ視点のお話とかあるのでそういうのも面白い。 まぁ最終的には皆大好きになったけどね! 人物以外にも独特の専門用語や地名が多々出てくるのですが、すんなり頭に入ってきます。 おそらくその用語に対しての補填・注釈がしっかりされているおかげもあるのかなと思ったり。 あとやっぱり何が最高だったっていうと、やっぱり主人公です。 読んでいて飽きさせない子です。 終始危なっかしくて目が離せない。 登場人物達もそうだったんだろうなぁって思いながら読んでました。 読んでたらあっという間に本編を読み切ってしまった。 そんな作品でした。 読後感も最高でしたし。 一回記憶を消して、もう一度最初から読みたいって思った小説は久しぶりです。 「本好きの下克上」の魅力をネタバレで語ってみましたが、これ以上は本編に触れていかないと語れそうにないのでここまでに。 もし語ってもいいのでしたら「このキャラのこの台詞と覚悟がよかった」「このキャラが可愛い」「このキャラが格好良い」「この主人公をとりまく、この人達が最高に愛おしい」てな具合にいくらでも語れそうですが、なろう小説にかぎらずweb小説が溢れかえってるこの世の中、ネタバレありで語っちゃうと、それだけで読んで満足しちゃう人がいそうな気がして(僕自身がそういう考えの人だから)あまりしたくないんですよね。 だから、もしネタバレありの感想でするならネタバレ注意とデカデカと書いて、してみたいと思います。 最後まで読んでくれた方に感謝を。 mosuchan14.

次の

#本好きの下剋上 #本編完結後 詳らかに

本 好き の 下剋上 完結

出典:「」公式ページ アニメ『本好きの下剋上』の最終回とその後の展開 『本好きの下剋上』の原作小説(ラノベ)は5部構成になっています。 第1部:兵士の娘• 第2部:神殿の巫女見習い• 第3部:領主の養女• 第4部:貴族院の自称図書委員• 第5部:女神の化身 このうち、アニメ1期で放送されるのは第1部のみです。 アニメ1期で描かれる第1部の最終回はどうなるかというと、家族と離別し、神殿で暮らしていくことになります。 マインの異世界奮闘の場が貴族達とも関わりのあるような一段上のレベルの階層へと移っていくんですね。 その理由を語るのにはマインに秘められた秘密が関わってきます。 マインは実は魔力を持っているんです。 そして、魔力は定期的に放出しないといけません。 放っておくと「魔力が自分の中で増加しすぎて、最後には魔力に食われて死んでしまう」という『身食い』にかかってしまうんです。 マインが常に病弱で異常な身体の弱さだったのはこのためだったんですね。 ちなみに普通魔力を持っているのは貴族のみで、この世界では平民は普通魔力を持っていません。 なのでマインの体質はとてもめずらしいものです。 そしてこの病を直すには魔力を放出するための 高価な魔術具が必要です。 これを持っているのは貴族だけですが、貴族に助けて貰うと、貴族に絶対服従をする人生となってしまう可能性が高かった。 そこでマインの引取先となったのが神殿です。 神殿でも神殿長がマインの身柄を召し上げようと画策をするのですが、マインの家族達の命をかけた抗議により自由の身を得ることができます。 こうして第一部『兵士の娘』だったマインは舞台を移し、第2部『神殿の巫女見習い』へと舞台を移していくことになります。 アニメ1期はここが最終回となると思われます。 原作の最後 ラスト の結末は無事家族達と再会 第2部から第5部までは相当長い物語になっています。 そして家族達とは繋がりが完全に絶たれたわけではないですが、以前のようには触れ合うことはできずマインは貴族として生きていくことになります。 神殿に移ったあとは貴族出身の神官長のフェルディナンドが後見人となり何かと守ってくれます。 このフェルディナンドがここからの重要人物であり、最後まで登場するマインの良き庇護者です。 神殿では庶民出身のマインは何かと嫉妬と敵意を向けられることとなります・・・そんな中マインは家族への飛び火を回避するため、領主ジルヴェスターの養子となります。 物語が進む中で数年の時がたちローゼマインも成長していきます。 ローゼマインはエーレンフェストの聖女と呼ばれ、王族との親交も出てくるなど徐々に話のスケールが大きくなっていきます。 そして最終的にはローゼマインは アレキサンドリアという都市の領主になるんです。 そしてアレキサンドリアという都市の領主になったローゼマインは、また前のように家族達に会いに行く権利を遂に得ます。 この物語の最後は、そんなローゼマインと家族たちの幸せな再会で幕を閉じます。 ローゼマインはお忍びで家族達の元に会いに行くんですが、そこには婚約相手となったフェルディナンドも連れていました。 フェルディナンドはマインの父母であるギュンターとエーファにマインを嫁に貰う許可を欲しいと言うんですね。 フェルディナンドは貴族出身の権力者ですから、本当はこんな筋を通さなくとも結婚できる権利は持っていそうなものですが、ここはフェルディナンドの実直な人柄が表れていてホッとする一幕です。 また、トゥーリとルッツの結婚について驚くマインや、マインの弟・カミルとの初会話などホッコリするやり取りが続きます。 そしてマインが領主の家へと戻っていくこのセリフで物語は幕を閉じました。 「またな、マイン」 「うん。 またね、皆!」 出典 マインはこれからも領主としてアレキサンドリアを治め、時折家族達の元をお忍びで訪れる幸せな生活を送るのでしょう。 これらの詳しいやり取りは無料で公開されているで読むことができるので、読みたい方はコチラで補完してみてください。 まとめ 本好きの下剋上は異世界ものとしては本当に異色ですが、読みふけってしまうそんな魅力を持った物語でした。 最後は文句なしのハッピーエンド。 スッキリとするラストなので安心して読めると思います。 WEB版やKindleUnlimitedで読めるので、アニメで気にいった方はぜひ続きも読んでみてください!.

次の