益々のご活躍をお祈りしています。 「ご活躍」は目上の人には使えない?正しい意味と使い方を解説

「益々のご活躍をお祈り申し上げます」の意味と使い方|年賀状/会社

益々のご活躍をお祈りしています

気になる項目をクリック• 「ご活躍」の意味 「ご活躍」の意味は想像が付くかと思いますが、「 生き生きと活動する」「 手腕を振るって成功する」といった意味合いになります。 特にビジネスシーンであれば、「仕事で結果を出す」という意味合いが強くなります。 1-1. 「ご活躍」を使うタイミング 「ご活躍」が使われるタイミングは、 ビジネスでの挨拶、新規事業立ち上げ、新春、などです。 口頭で使用する場合もあれば、メール等の文書に含める場合もあります。 あとは、就職活動や人事の経験のある方ならわかるかと思いますが、いわゆる「お祈りメール」にも含まれていることが多いです。 就職活動で不採用通知の時に「今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます。 」というお祈りメールをもらった方は、「ご活躍を」あまりいい印象を持っていないかもしれませんね。• 「ご活躍」の使い方と注意点 次に、「ご活躍」の使い方と注意点について解説します。 日本語は相手が目上か目下かによって言葉の使い方が変わる難しさがあり、を誤ると、たとえ敬語を使用していても失礼になります。 もちろん誤って失礼な敬語を使ったからといって怒る人はほとんどいないかと思いますが、印象が良くありません。 また社内では注意を受ける、評価が下がる、といった悪影響もあるかもしれませんね。 「ご活躍」も相手が目上か目下かによって使い方の変わる敬語なので、ぜひ間違った使い方をしないようご注意ください。 2-1. 目上にも目下にも使える「ご活躍」 「ご活躍」は使い方によって目上の方に対して失礼になる可能性があるということでしたが、厳密には「ご活躍を」に続く言葉によって目上に使えるかどうかが変わってきます。 「ご活躍」という言葉自体は相手が目上でも目下でも使用できます。 ご活躍を祈念しております 「ご活躍を祈念しております」というは相手が目上でも目下でも問題なく使用できます。 その理由は、「祈念」という言葉が目上に使用しても問題ない単語です。 「祈念」はもともと神仏に対して祈るという意味合いがあり、当然神仏は人間より目上です。 もともと目上のものに対しての言葉なので、結果的に「ご活躍を祈念しております」は目上にも使用できます。• 2-2. 目下にのみ使える「ご活躍」 次に、目下にのみ使える「ご活躍」を紹介します。 考え方としては、「ご活躍」に続く言葉が目上に使えないものであれば、その文章は目上には使えません。 ご活躍を期待しております 「ご活躍を期待しております」は目下の人にしか使えません。 なぜなら、「期待する」は目上には失礼に当たるからです。 「期待する」は成果を信じて待つという意味で、成果を確認する立場の人間の発言です。 つまり、ビジネスシーンで使われる「ご活躍を期待しております」を言い換えると、「あなたが私の満足いく結果を出すことを信じて待っています」。 期待は自分の目下の範囲内で満足のいく結果を待つ意味なので、目上に対して使用するのは明らかに失礼です。 「ご活躍」は法人には使わない 実際は法人に対して「ご活躍」を使用しているケースも多いので問題はないのですが、 本来は個人に対して使用する用語です。 なので、一応避けた方が無難でしょう。• ただし、 普段接点があまりない人に対して使うと、「拝見している」という表現が違和感に感じます。 そのため、知名度が高い人や、普段接する機会の多い人に対して使用します。 お祈り申し上げます、という表現なので目上でも目下でも問題なく使用できます。 ただし、「ご活躍を期待しています」などの表現だと目下にしか使えないので注意が必要です。 「ご活躍」の類義語と使い分け 次に、「ご活躍」との使い分けがややこしい類義語の意味や使い分けについて紹介します。 「ご活躍」と意味が同じ言葉としてよく使われる言葉に、以下の2つがあります。

次の

様々なビジネスシーンで使える「ご活躍」の意味と類語、その例文

益々のご活躍をお祈りしています

「益々」の意味と使い方 「益々(ますます)」は、「 程度が一層甚だしくなるさま」「 前よりも一層」「 いよいよ」という意味の副詞になります。 「益」には「役に立つこと」「もうけ」「利益」などプラスな意味があります。 「益々」は数量や程度が大きくなること表す動詞「益す」を重ねた言葉になるため、「今より一層、甚だしくなるさま」を表します。 「益々」は 今後の状態を表すときに使う言葉で、あとに続く言葉を強調する効果を持ちます。 基本的に「益々」はより良い状態になる・より発展していくというプラスな意味で使いますが、文によってはより悪くなるというマイナスな意味で使うこともあります。 また日常会話では「益々」だと少々堅いので、「ますます」とひらがな表記が主に使われています。 それは先ほども説明したように「益」には「役に立つこと」「もうけ」「利益」などプラスな意味があるからです。 例えば「体調がますます良くなってきた」には利益はありません。 したがって、「益々」と漢字が合わさるとやや不自然であるため、日常的な言葉に使う場合は「ますます」を使うようにしましょう。 また、天気予報で「ますます寒くなる」「ますます雨が強くなる」というように、天気や体調について以前より良くも悪くもなっている様子を表す場合や、相手にとって今よりもより良くなりますようにという思いが込められた表現をする場合があります。 例文 ・益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。 ・この度のご栄転、心よりお喜び申し上げます。 今後益々のご活躍を祈念しております。 ・益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。 ・この度のご栄転、心よりお喜び申し上げます。 今後益々のご活躍を祈念しております。 ・ご栄進おめでとうございます。 今後もご健康に留意され、益々のご活躍をお祈りいたします。 ・昨日よりもますます体調が悪化してきた。 ・読めば読むほどますます興味が湧いてきた。 ・勉強に励まれ、ますますその才能を伸ばすことを期待しています。 ・今日の午後はますます暑くなるでしょう。 ・今後の彼の成長がますます楽しみになってくる。 ・テレビで紹介されてから、お客さんがますます来るようになった。

次の

ご活躍 の例文10パターン (使い方と類語)

益々のご活躍をお祈りしています

「益々」の一般的な使い方・例文 日常的な言葉は主に「益々」ではなく平仮名の「ますます」が使われる また日常会話では「益々」だと少々堅いので、 「ますます」とひらがな表記が主に使われています。 それは先ほども説明したように「益」には「役に立つこと」「もうけ」「利益」などプラスな意味があるからです。 日常会話では「もうけ」や「利益」など金銭的にプラスとなる言葉以外でも「ますます」は使われます。 例えば「体調がますます良くなってきた」には利益はありません。 そのため「益々」と漢字が合わさるとやや不自然になります。 日常的な言葉に使う場合は「ますます」を使うようにしましょう。 「ますます」は一般的には良いことにも悪いことにも使われる 「ますます」は、天気予報で「ますます寒くなる」「ますます雨が強くなる」などと聞いたことがあると思います。 このように天気を話すときや、体調・経済など幅広い分野で「ますます」を使うことができます。 日常会話で「益々」を使う場合は、天気や体調などに向けて使用することが多いです。 日常会話の中では、 天気や体調について以前より良くも悪くもなっている様子を表す場合 相手にとって今よりもより良くなりますようにという思いが込められた表現をする場合 があります。 「益々」のビジネスシーンでの使い方・例文 「益々」は発展を願うなど状況良くなるというプラスの意味で使う ビジネスシーンで「益々」を使う場合は 会社や取引先などのさらなる発展を願うという意味で、主に時候の挨拶として使います。 日常生活での「ますます」がプラスな意味でもマイナスな意味でも使うことに対して、ビジネスシーンでの「益々」は、より状況が良くなるという プラスの意味で使うことがほとんどです。 例えばビジネスシーンで「益々のご活躍を祈る」がよく使われていますが、より発展し活躍することを願っているという意味になります。 「益々」は相手を敬う表現ではないので、後に続く文章が大切 ビジネスシーンでもよく使われる「益々」ですが、ひとつ気を付けなければいけない点があります。 それは 「益々」は相手を敬う表現ではないということです。 そのため 「益々」の後に続く文章が大切になります。 ビジネスシーンでよく使われいてる「益々」を用いた言葉をいくつか紹介します。 相手やシーンに合わせて使いましょう。 「益々のご活躍をお祈り申し上げます」など「ご活躍」を用いる 「活躍」の意味は 「めざましく活動すること」「大いに手腕をふるうこと」です。 ビジネスシーンでの「ご活躍」は、「大いに仕事をする」「結果を出す」を意味します。 「社会の第一線で活躍する」というようなニュアンスです。 ・「益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます」 ・「この度のご栄転、心よりお喜び申し上げます。 今後益々のご活躍を祈念しております。 」 ・「ご栄進おめでとうございます。 「ご清栄」は「清く栄えること」「相手方の繁栄を喜ぶこと」を意味します。 「ご清栄」は、相手の健康と繁栄を喜ぶという意味合いになるため、個人だけでなく組織に対しても使うことのできる言葉になります。 ・「皆様におかれましてはますますご清栄のことと、お慶び申し上げます」 ・「拝啓 立秋の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます」 ・「新緑の候、ますますご清栄のことと慶賀の至りに存じます」 ・「桃の節句も過ぎすっかり春めいてまいりましたが、ますますご清祥の趣、お喜び申し上げます」 「益々のご健勝をお祈り申し上げます」など「ご健勝」を用いる 意味は「 (相手の)健康であること、健やかで元気であること」です。 「ご健勝」は「(相手の)健康がすぐれてすこやかでいらっしゃる」となります。 主にビジネス文書や手紙、挨拶やスピーチの締めで相手の健康を気遣う文章として使用します。 また 「ご健勝」は結婚式などのお祝いの席のスピーチでも使用することの多い言葉です。 「ご健勝」は目下や目上など関係なく使うことができますが、個人や複数の人に対して使う言葉なので組織や企業などに対しては使いません。 ・「益々ご健勝のこととお慶び申し上げます」 ・「皆様のご健勝と、貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます」 ・「末筆ながら、ますますのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」 ・「春暖の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます」 「益々」の類語・言い換え 「益々」はあまり馴染みのない言葉のため、使い慣れていない人にとっては、使用するのに戸惑ってしまう場合があると思います。 「益々」を使わずにその意味を伝えたければ、以下で紹介する言葉を使ってみましょう。 より一層 「より一層」は 「これまで以上に「ひときわ」という意味です。 「益々」とほぼ同じ意味を表します。 「より一層頑張ります」といったように、ポデティブな文章で使うことが多い言葉です。 「より一層」は話し言葉としても書き言葉としても使え、少し改まった表現のためスピーチの挨拶でも使うこともできます。 例えば「より一層の努力をさせていただきます」といったように、「より一層」を使うことによって、自分がこれから真剣に取り組みたいと考えていることも伝えることができます。 また「より一層」ではなく、「より」と「一層」と別々で使っても意味は同じになります。 例文 ・弊社はより一層のサービス向上が求められている。 ・皆様のご支援にお応えし、今後もより一層の精進を重ねてまいる所存でございます。 輪をかけて 「輪をかけて」は、 「あるものに比べて程度が一層甚だしいさま」を表します。 「輪をかけて」は「輪をかける」の連用形のため、副詞的に用いることが多いです。 例としては、「今日の朝はとてもいい天気だが、午後は輪をかけて気持ちの良い陽気になった」といったように使うことができます。 これは朝から良い天気だったけど、午後もそれを上回る勢いで良い天気になったことを意味しています。 「輪をかけて」は少々堅い表現のため、一般的にはあまり使用しない表現ですが覚えておくと良いでしょう。 例文 ・彼女はとても綺麗だが、彼女の姉は輪をかけて綺麗だった。 ・悪天候で作物の状況がよくなかったのに、輪をかけて大雨が直撃したため洒落にならない。 更なる 「更なる」は、 「一層の」「ますます」という意味です。 「更なる」は「より一層」と同義のため、使い方も同じになります。 「更なる」は「より一層」と比べると、なんとなくスケールが大きいようなニュアンスになります。 例文 ・部下を持ったことを機に、更なる努力を重ねていきたいと思います。 ・本年も更なるご活躍のことと期待しております。 一段と 「一段と」は、 「はっきりと差があるさま」「ひときわ」「格別に」を意味しています。 「一段と」は「益々」と言い換えることができる表現です。 例えば、「益々お上手になられましたね」を「一段とお上手になられましたね」と言い換えても意味は変わりません。 「益々」よりも「一段と」を使った方が、前回との違いを明らかにする印象が強いので、「一段と」は相手を褒める際に適している言葉となります。 例文 ・彼の技は一段と磨きがかかった。 ・寒さも一段と厳しくなりましたが、皆様はお変りもなくお過ごしのことと存じます。 以前にも増して 「以前にも増して」は、 「今よりも前の時間に比べて、一層程度が甚だしくなっているさま」を表す言葉です。 「以前にも増して」は成長している、盛んになっているといった意味でも用いますが、酷くなっているという意味でも用います。 例文 ・以前にも増して、お客様のニーズを把握しておく必要がある。 ・彼女は以前にも増して仕事に取り組み、会社を順調に発展させた。 「益々」以外の同じ漢字を2つ重ねる熟語 「益々」のように、同じ漢字を重ねる繰り返し文字として2番目にくる漢字の代わりに「々」という記号を使います。 このような記号を 「同の字点」と言います。 「益々」のように同じ漢字を重ねることで、意味をさらに強調する言葉は他にもあります。 段々・段段(だんだん) 段々・段段(だんだん)は 「順を追ってゆっくり変化していくさま」「次から次へ変化していくさま」を表しています。 また「きだきだ」と読むこともでき、その場合は「ズタズタに切り刻むさま」を表します。 意味が異なるので間違えないように気をつけましょう。 尚々・尚尚(なおなお) 尚々・尚尚(なおなお)は 「以前の状態がそのまま続いているさま」「更に」という意味を持つ「尚」を重ねることで意味を強調しています。 一般的に使われる表現ではありませんが、手紙などで使うことがあります。 愈々・愈愈(いよいよ) 愈々・愈愈(いよいよ) 「その時期が迫っているさま」 「物事が確実になるさま」を表しています。 漢字表記よりかはひらがな表記で使うことが多いです。 「さあ」「ついに」「やっと」などの言葉の意味を強調したいときに使います。 その他の「々」を用いた熟語 上記以外の「々」を使った熟語を紹介します。 ・堂々 ・我々 ・時々 ・久々 ・多々 ・人々 ・刻々 ・少々 ・次々 ・赤裸々.

次の