アイ ムービー 編集。 初心者にもおすすめ!WindowsでiMovie'11と同様の動画編集ツール

Windows10で簡単に動画を編集する方法

アイ ムービー 編集

無料で使える動画編集ソフト1. AviUtl Windowsユーザーはぜひ一度試していただきたいのが、個人のプログラマーによって開発された動画編集ソフト「AviUtl」です。 映画の編集などにも使われる「Avid Media Composer」の機能を一部制限されたバージョンになります。 機能は制限されていますが、逆に初心者にとっては難しいものが省かれているため、使いやすいでしょう。 これから編集を始めようとする方でも、十分に自分の頭の中のイメージを表現することができます。 専門的な機能まで使いこなせれば、プロレベルに匹敵するクオリティーの動画を作成することが可能です。 対応OS Windows 有料版 なし ダウンロード用URL 無料で使える動画編集ソフト2. Lightwork 初心者からもプロからも長く支持を得ている動画編集ソフトがLightworkです。 オススメのポイントは、音声や画像の種類がたくさんあり、しかも無料で利用できる点です。 解像度の高い動画ファイルやYoutube用のものも簡単に共有ができます。 注意点としては、日本語対応ではないため、 動画を編集するのに最低限必要な英語力が求められます。 とはいえ、多くの機能を使いこなすと、動画制作も自由自在になります。 iMovie macのOSを開発したApple社が開発をしたソフトがiMovieです。 Apple社が作ったというだけあって、感覚的な動画編集ができます。 バラバラの素材も自分の思い通りに編集できますし、作成した動画は「iMovie Theater」にアップロードすればいつでもどこでもすぐに再生ができます。 iMovieは Macのパソコン以外にもiPhoneやiPadにも対応しており、いずれも操作性が高いです。 少し物足りないと感じる点は、テロップやフォントが限られていることです。 iMovieはタイトルが表示される場所が固定されているため、好きな場所に出すことはできません。 またフォントの種類もまだ限られていますので、結婚式用におしゃれな動画を作りたいという場合は他のソフトが向いているでしょう。 逆に動画の編集をこれから始めたい場合には、入門編としては最適なソフトであることは間違いありません。 対応OS Mac 有料版 なし ダウンロード用URL 無料で使える動画編集ソフト4. VideoProc 基本的な編集機能が充実しており、初心者にとっても使いやすいと評判なのがVideoProcです。 圧縮、フィルタ、色相、フォーマット変換、クロッピングなど全てに対応しています。 利用したい機能はツールボックスにまとめてあるため、初心者でもわかりやすいです。 パソコンの画面録画をすることもできるため、編集以外の用途としても役にたつでしょう。 しかし無料バージョンは5分間の体験版ですので、気に入った方は有料版を使ってみてください。 有料版は機能の制限もなく、4Kにも対応をしています。 Windows フォト Windows10の標準装備として使われているソフトがWindowsフォトは、写真を管理するソフトとして使われていますが、動画の編集機能も備わっています。 ソフトのダウンロードの必要もありませんので、まずは動画編集の基本部分だけを抑えたい方が、試しに一度使ってみることをオススメします。 テンプレートや素材も豊富ですので、1から全て作る必要もありません。 逆にオリジナルで動画を1から作りたい方には、少し物足りなく感じる可能性もあります。 対応OS Windows 有料版 なし(完全無料) ダウンロード用URL 無料で使える動画編集ソフト6. Windows ムービー メーカー マイクロソフトが編集した動画編集サイトです。 無料でありながら、プロのクリエーターが使うような専門ソフトに劣らない点が特徴です。 プロジェクトごとに保存をすることができ、動画や画像の取り込み、トリミングやカットもスムーズです。 ナレーションやBGM、音楽も追加することができます。 先ほどのWindowsフォト同様、これから動画編集を始めたい方にとって入門となるソフトでしょう。 対応OS Windows 有料版 なし(完全無料) ダウンロード用URL 無料で使える動画編集ソフト7. Avidemux Windowsとmac OSの両方に対応している貴重なフリー動画ソフトがAvidemux (エイブイアイデマックス)です。 操作性に優れており、人間の直感に沿ってほとんどのタスクをこなすことができます。 また、ファイルのフォーマットもAVI・MPG・MP4・FLVに対応しているので、後々フィアルを変更する必要もありません。 「動画編集ソフトはパソコンのスペックを選ぶのでは…」と心配な方でも、Avidemuxであれば 操作性が軽いためフリーズの原因になることもありません。 なお、日本語フィアルも対応されています。 Shotcut MacでもWindowsでも使えるオープンソース型の無料動画編集ソフトです。 オープンソースによって、ソフトの機能などを第三者が自由に書き換えたり付け足したりすることができます。 動画の切り出しや結合、テキスト挿入や明度の調整など、機能面と操作性の両面で多くの人に評価をされています。 OpenShot Video Editor OpenShot Video Editor はパソコンが比較的苦手だという方でもわかりやすいソフトです。 定期的にバージョンアップされますが、その度に操作性が向上している印象を受けます。 ソフトに入っているフィルターやエフェクトの種類も豊富です。 動画ファイルのトリム、エフェクト、合成、スロー再生などの作業もわかりやすいしようになっています。 しかし利用者の中には「かなり重い」という声もあり、スペックの高いPCでない限りすらすらと使うのは難しいかもしれません。 一番の特徴はCGや3Dの映像を作ることができる点です。 アニメーションを始め、ライティング(陰影をつける)、モーショントラッキング(動きに合わせた編集可)、シミュレーション(風や重力を計算してリアルさを加える)などいろいろな機能が備わっています。 これ程までに機能が充実しているのにも関わらず、完全に無料というのは本当に恐ろしいです。 Blenderの欠点というのは、いろいろとできる分、機能が多すぎる点でしょう。 最初は覚えることが多いので、初心者はこの壁を乗り越える必要があります。 しかし 初めて自分でアニメーションやCGを作れたときは、とても感動すること間違いありません。 パソコンに標準搭載されているiMovieやWindowsフォトフォトは初心者でも使いやすいですので、簡単な動画をまずは作ってみたい方にオススメです。 一方のBlenderは無料ながらプロ顔負けの機能を備えていますので、アニメーションやCGを使った動画も作ってみたい方は、ぜひ一度ダウンロードして使ってみてはいかがでしょうか。

次の

Windows10で簡単に動画を編集する方法

アイ ムービー 編集

iMovieで作った思い出の動画をYouTubeにアップロードする アップロードはとても簡単なので覚えておこう 上の画像は動画編集画面ですね、ここで出来上がった動画をYouTubeにアップロードするには赤い矢印の先にある「 <」アイコンをタップします。 上の画像になったらYouTubeを指定してあげます。 ちなみにここまでの工程は「」方法と同じです、カメラロールに保存したいときは左下に見える「 ビデオを保存」をタップするとカメラロールに保存されますよ。 これがYouTubeへアップロードする画面ですね、ここには題名と内容を簡単に書いてあげてから次に進みます。 題名を「YouTubeへ」としました(覚えやすいように) 内容を「アップ方法」 上の画像は題名と内容の下にあり、動画のサイズを指定します、ここでは推奨サイズにチェックが入っています。 サイズ指定が終われば少し下に下がるとアップロードする動画の扱いをどうするのかを指定しましょう。 僕の場合はとりあえずどんな動画をアップロードするにしてもまずは非公開(自分以外は見れない)で後で公開に切り替えますが、ここはお好みで良いかと思います。 ただ、家族以外には見せたくないと思うのであれば非公開にしておくことをお勧めします。 これで良ければ最後に上の画像で言えば右上に見える「 Share」をタップすればアップロードが開始されます。 書き出しが始まりました YouTubeへアップロード中になり これで公開作業が終了しました。 iPhoneでYouTubeの動画を確認してみる 確認のためにiPhoneでYouTubeの自分のアカウントを確認してみます。 僕はすべての動画を一旦 非公開にしてアップロードしているのでホームには反映されないみたいです、保管状況を「公開」にするとホームにも反映されるようです。 以上でYouTubeへのアップロード方法の解説を終了します。

次の

ipad/miniで動画編集する方法 アプリiMovieの使い方(1)

アイ ムービー 編集

画面の各部分の名称と操作概要 1 ツールバー プロジェクトの作成、動画の読み込み、コンテンツライブラリ・ブラウザ領域の表示/非表示がワンクリックでできます。 この3つのタブの順に作業をすると動画作品が完成します。 2 コンテンツライブラリ 動画作成のエフェクトやオーディオクリップなどの表示を切り替える領域。 例)トランジションをクリックすれば、動画に挿入できるエフェクトが一覧として表示されます。 3 イベントとライブラリ iMovieに取り込みしたクリップを一覧として管理できる「イベント」。 イベント一覧を管理しているライブラリが表示される領域です。 4 ブラウザ領域 イベントで管理されている動画や音楽、画像を管理する領域。 5 タイムライン 編集のメインとなる領域。 タイムライン上で動画やオーディオの分離や結合、順序変更、エフェクト・トランジションなどの処理を適用することが可能です。 iMovieの使い方で最も多い部分。 6 エフェクトメニュー テキストの配置や色補正処理、サウンドの管理などを行える領域です。 取り込んだ映像に対して様々なエフェクト処理をかけることができます。 7 ビューアー タイムライン上で編集中の映像のプレビュー映像を表示する領域。 8 共有 書き出し メニュー 動画の書き出しを行う使い方のメニュー。 開くと、YouTubeやFacebook用の設定での書き出しや、自分のオリジナル設定での書き出しを行うことができます。

次の