私立 小学校 受験。 【私立小学校受験】面接でよく聞かれること・質問例、回答のコツを解説!|小学校受験三ツ星ガイド

全国の人気私立小学校ランキング|受験者数や倍率から分析

私立 小学校 受験

私立小学校に入学して、学級崩壊などになることもなく、安心して娘を通わせております。 お友達も素敵な方ばかり。 お母さま方も賢く、有名企業や専門職、専業主婦の方も輝いている素敵な方ばかりです。 自慢話をする方もいないですし、皆様、学校は子ども達の場所であるということをわきまえている方ばかり。 ですが、垣間見える隠せないリッチ感。 娘の女友達から聞いた話だと・・・ バイオリン、琴、チェロ、ピアノ、声楽、日本舞踊、お茶、合唱、絵画、生け花、書道・・・ 水泳、剣道、合気道、柔道、空手、バレエ、新体操。 アイススケート・・・ 出てくるわ出てくるわ。 驚きます。 しかも結構本腰をいれてされているのです。 大会とか、発表会とか、展覧会とか出ちゃうレベルです。 何事も 一生懸命、真剣に取り組ませるというのは、母の力ですね~ だから、母は大忙しなのです。 兄弟姉妹がいる方は、チャイルドシッターをお使いの方もいらっしゃいます。 そう、皆様、裕福でもいらっしゃいますね。 勉強も皆さま、当然のことながら、塾にもいれて頑張っております。

次の

小学校受験をするメリット

私立 小学校 受験

という感じです。 受験準備期間後半は、ほぼペーパー問題を解きまくっていました。 ペーパー問題が得意な方ではなかったですが、 時間をかけて説明すれば理解出来ている様子でした。 もっと時間に余裕持ち取り組りくめたら、 心にゆとりを持てて 多少なりとも息子の 負担を減らせた かもしれない かなと思います。 運動系能力に関しては私の目から見た感じでは 悪くは無かったと思います。 しかし、 巧緻性・絵画に関しては 相当テコ入れしないといけないレベルでしたので、 これの対策の為にも、 とにかく時間が必要でした。 ちなみに、幼児教室選び時期 入試まで1年4ヶ月程度前:年中夏頃 に 息子が描いていた絵が下の記事内で確認できます。 ところで、息子は周りの子に比べて少し 精神的に幼い感じがしましたし、 早生まれでした。 しつけや育て方で 精神年齢 が高い子に育てられるのならば、 小学校受験の準備は 2歳や3歳の頃から もしかして、 生まれた直後から 意識し育てていかないといけない のかもしれません。 我が家では息子に対しては 年中の4月の小学校受験を意識し始める前までは 愛情は注ぎましたが、 行儀や礼儀などのしつけや 子供の自立に関しては 甘かった感じがします。 知育的なものは ベネッセ こどもチャレンジ しまじろう 程度のものでした。 私の個人的な視点から考えると 年少より前1歳や2歳の時に小学校受験を 意意していれば、それに必要な情報にアンテナを張り 自ずと情報を求め、 子供の育て方も変わり 知育的、精神的にも影響を与えていた可能性は十分あります。 そういう観点から考えれば、 いつから準備すればいい? の 答えとしては0歳や1歳や2歳と いくらでも早い時期 になってしまうのかもしれません。 しかし、ここで私が 懸念することは 子供が0歳や1歳や2歳の時期に準備スタートし、 早期に幼児教室に通わせ、変に意識してしまい 愛情を注ぐ量や時間が減ってしまわないか、 きつく当たってしまわないかという不安と疑問 です。 私は、小学校受験を終えた今、 受験準備の環境 が私自分自身の 性格や考え、行動に与える影響 を考えると、 その不安と疑問が 悪い方へ進んでしまう可能性が高い 気がします。 あくまで私自身に関してです。 早期に準備できるは、 親の資質 も必要なのではないかと私は考えます。 自分自身の性格を知る私が、 受験準備の環境が自分自身の 性格や考えに与える影響を考えると、 我が家に関して言えば どれだけ早くても 年少秋 11月 かなと考えます。 それまでは何も考えず、ただただ愛情を注ぐ。 私は私自身に、 それより早期に始めることができる 親の資質 は持ち合わせていないと 認識しています。 また、 忘れてはならない事は 我が家も他のご家庭も同じかと思いますが 小学校受験で志望校に入学すること自体が 自分の子にとってゴールではないということです。 小学校受験は、我が子の その先の将来へ続く通過点で、 小学校受験での経験そのものが 精神力を鍛えてくれた と、 入学1年後の今、息子を見て強く感じています。 そう感じているいるということは 小学校受験の準備期間が 1年でも十分な期間 だったのかもしれません。 早生まれのお子様がいるご家庭にとっては あまり良い情報ではないですよね。 まず、基礎情報として 小学校受験準備を始める時期の統計 を確認します。 神奈川県の 某大手小学校受験塾の調査データによると、 年中の秋から受験準備(入塾)スタート が 最も多いみたいです。 成長差に関して言えば、 早生まれのお子様は4月生まれのお子様に対して 3月生まれの場合、 最大で1年間分程度の成長差 があります。 私が 早生まれ対策として 小学校受験準備を早めに始める時の 早めの基準を定めるとしたら、 この1年間を当てはめたのではないかと思います。 年中の秋からの受験準備スタートするご家庭が 最も多いということを踏まえ、 年少秋までにスタート させることで、 1年間分の成長差を 少しでも 補えたらと考えます。 無理やりですが。 簡単だとは言え、 少しでも自分なりの考え を持った根拠ある行動をしたいものです。 もちろん、上記のことは 私の個人的な根拠です。 それぞれのご家庭で考え方は変わるかと思います。 ご参考までに聞いていただければと思います。 受験準備後半にもなると、 親も焦ってヒートアップし 子供に強く当たってしまう 事も多々出て来ると思います。 我が家も含め、小学校受験準備を進める 早生まれのお子様を持つご家庭は 上で紹介した参考論文のような研究結果を目の当たりにすると 何とも言えない気持ちになってしまうのではないでしょうか。 しかし、この研究結果は 成績が思うように伸びなくても 「頑張りが足りない」 とか 「頑張ればできるようになる。 私はこう考えます。 とにかく、 子供の負担、親の心の負担 を減らしたいものです。 どの生まれ月のお子様でも、みんな頑張ります。 頑張ると言っても、そもそも 頑張れる時間 がないと頑張れないと思います。 しかし、 家で自由に遊ぶ時間も必要です。 毎日10時間は寝させてあげたいです。 幼児は日々の生活の一つ一つに時間がかかります。 着替えや靴履き、食事、大人の感覚からすると、 とにかく時間が掛かります。 そんな中で 小学校受験準備に当てる時間 を確保しなければなりません。 そう考えると、 平日にどちらかの親が子供とどれだけ一緒に過ごせるか、 どれだけ準備に時間が当てられるかはとても重要だと思います。 私は、このどれだけ準備に時間が当てられるかの部分 平日の小学校受験準備に使用できる時間 を我が家の場合を 共働き家庭の保育園児の モデルサンプル として使用し、 時間的に余裕がありそうな 専業主婦・幼稚園児の家庭 と比較し 時間的なデメリットを 考察しました。 表1を見ると、我が家の場合つまり、 共働き家庭保育園児のお子様は 専業主婦家庭の幼稚園児のお子様 と比較し 準備使用可能時間が 1年間で 600時間 ー 240時間 = 360時間 360時間少ない という事になります。 約1年間ですね。 平均的な幼稚園児のお子様が 小学校受験を年中秋よりスタートした時 土日も1時間程度受験準備に使用するとして 1年程度はは早めに準備しないと 受験準備に使用できる時間の観点から その デメリットを解消できない という事になります。 実際には小学校受験を考えておられるご家庭の お子様は21:00就寝より遅く 22:00等になっていたりすると思います。 そう仮定すると、上記時間差はより増大する傾向になり それを補う日数も1年1ヶ月、1年2ヶ月と増加する可能性は 大いにあるかと思います。 多くの幼稚園の教育時間は9:00〜14:00頃まで です。 幼稚園児の平均帰宅時間は ベネッセ教育総合研究所のによると、 14:47とのことです。 また、 幼稚園児3歳〜5歳児の平均就寝時刻は ベネッセ教育総合研究所のによると、 21:02とのことです。 平均的な幼稚園児のお子様 は、おおよそ15:00帰宅、21:00就寝 の生活リズムだということがわかります。 平日片親と一緒に過ごせる時間 自宅時間と呼ぶ は 約6時間 になります。 我が家の場合、妻と息子の 平均帰宅時刻は 17:30 でした。 また、 息子の平均就寝時刻は 22:00 でした。 息子の 自宅時間は 4時間30分 です。 そして、 我が家の生活スタイルで 平日の小学校受験準備に使えた時間 準備使用可能時間と呼ぶ は 経験値で 正味 1時間程度でした。 これを 共働き家庭の保育園児 我が家 の 準備使用可能時間 平日1日 とします。 ということは、お風呂時間、晩御飯の時間等の 生活時間は 3時間30分程度となります。 生活するのに欠かせない、受験準備には使えない時間です。 これを平均的な 専業主婦家庭の幼稚園児のお子様の 自宅時間から引くと 6時間 ー 3時間30分 = 2時間30分 となりこの時間が 専業主婦家庭の幼稚園児のお子様の 準備使用可能時間 平日1日 となります。 前章の某大手小学校受験塾の 受験準備スタート時期の調査によると 年中の秋から受験準備(入塾)スタート が 最も多いという調査結果があります。 年中秋から入試本番まではほぼ1年間の期間があります。 共働き家庭の保育園児 我が家 の場合、 同じ計算をすると 準備使用可能総時間は 240時間となります。 我が家では、入試直前の3〜4ヶ月前程度から 平日の幼児教室でのゼミに 息子をを保育園から 教室に通わせるのに、 ファミリーサポートさんを利用させて頂きました。 時折、会社を早退し平日に保育園から塾へ送り迎えしていましたが、 入試直前期はその回数が多くなり、早退し辛くなったのです。 また、浮いた隙間時間で買い物や用事がスムーズに済ませられました。 親も時間が必要な共働き の我が家にはなくてはならない存在になりました。 ちなみに、 ファミリーサポートさんとは 一般財団法人 女性労働協会が運営支援を行なっている 子育て支援サービスで基本的には育児業務の サポート・代行サービスを行なって頂けるのですが、 保育園へのお迎え、塾・幼児教室への移動送りもやって頂けます。 有料ですが、他の民間支援サービスに比べて リーズナブルかと思います。 サービス開始には、手続き・審査・面談等が 多少時間が掛かります。 各自治体のファミリーサポートセンター の検索は から。 1、我が家の経験を踏まえて ・ 我が家の経験として、準備期間が 年中秋からスタートの1年間では 余裕が無い。 ・ 早期スタートには受験準備の 環境の影響に耐えられる 親の資質が必要と考えます ・ もし過去に戻れるなら、 我が家の場合 年少の秋 11月 スタート を勧める 2、生まれ月との相関 研究結果 を踏まえて ・ 某大手小学校受験塾の調査データ によると、 年中の秋から受験準備(入塾) スタートが 最も多い ・ 早生まれの最大1年間の 成長差を補うため 年少の秋から 受験準備スタートが良いと考えます 3、平日の 受験準備に 使用できる時間を踏まえて ・ 共働き 我が家がモデル の平日に 受験準備に使用できる時間は 一般的な幼稚園児のお受験お子様 と比較すると 年中秋受験準備スタートで 入試までの間、 360時間少ない計算。 ・ 受験準備使用可能総時間の デメリット解消、 時間的余裕を希望の家庭、 効果的な習熟差を 求めたいご家庭は、 最も多いスタート時期より 1年早い 年少の秋から 受験準備スタートが良いのでは。

次の

小学校情報フェア

私立 小学校 受験

順位 学校名 所在地 志願倍率 募集人数 志願者数 実質倍率 合格者数 受験者数 1 慶應横浜初等部 横浜市 14. 3 42 602 — 42 — 2 早稲田実業学校初等部 国分寺 13. 8 36 498 9. 8 45 440 3 慶應義塾幼稚舎 渋谷区 13. 4 46 615 10. 3 46 473 4 東京農業大学稲花小学校 世田谷区 11. 0 36 396 — 36 — 5 立教女学院小学校 杉並区 7. 9 72 567 — 90 — 6 成蹊小学校 武蔵野市 6. 5 56 365 — 66 — 7 東洋英和女学院小学部 港区 6. 0 50 301 — 50 — 8 青山学院初等部 渋谷区 5. 8 44 254 — 44 — 9 桐朋学園小学校 国立市 5. 8 36 207 — 36 — 10 東京女学館小学校 渋谷区 5. 5 80 438 — 80 — 11 洗足学園小学校 川崎市 5. 3 男女約50名 303 5. 1 57 292 12 日本女子大学付属豊明小学校 豊島区 5. 2 54 279 — 58 — 13 田園調布雙葉小学校 世田谷区 4. 8 65 313 — 69 — 14 成城学園初等学校 世田谷区 4. 5 34 153 — 35 — 15 聖心女子学院初等科 港区 4. 4 96 418 — 96 — 16 横浜雙葉小学校 横浜市 4. 2 80 335 4. 1 80 331 17 光塩女子学院初等科 杉並区 3. 9 80 313 — 80 — 18 桐朋小学校 世田谷区 3. 8 36 138 — 36 — 19 聖ドミニコ学園小学校 世田谷区 3. 6 男女約60名 306 1. 3 86 111 20 宝仙学園小学校 中野区 3. 1 男女計70名 96 2. 2 31 69 21 森村学園初等部 横浜市 2. 9 男女約80名 162 2. 特に、早稲田実業の倍率の高さは目立っています。 ただここでも、この数字をそのまま鵜呑みにはできないなぁと感じています。 というのも、女子の人気校である雙葉、白百合、豊明などの多くの学校は試験日が11月1日です。 一方、早稲田実業はこのところ、1日~5日までの5日間で、「前半男子、後半女子」とする流れが続いています。 なので、女子校本命の方たちにとっても、併願しやすい学校なのです。 横浜初等部や幼稚舎も同じパターン。 一方、試験が11月1日と、2~4日のうちの1日としている成蹊小学校などは、「どちらを取るか決めなくちゃ行けない」という声も多く聞きました。 女子校は、多くが試験の時間帯が学校によって「生年月日順」になっているところが多いようで、早生まれの子は「1校」しか受けられなくても、4~6月であれば併願が可能、なんて話も聞きました。 いずれにせよ、学校からの情報や幼児教室での例年の動きはチェックしておくことがおすすめです。 志願者数と倍率の関係<女子編> 志願者数が増えれば、倍率も上がるというのは誰しも納得するところかと思います。 今回は、追記版として志願者数と倍率の二つの要素を分布図にしてみました。 また、分布図に回帰直線(2組のデータの中心的な分布傾向を表す直線のこと)を引いています。 志願者が増えれば、倍率も正比例して回帰直線上に乗ってきそうなものですが、一概にそういうものでもなさそうです。 例えば、赤網掛けの各校が、志願者数が非常に多い割には倍率が低くなるのは、やっぱり、定員が多いからかなと見ることもできます。 逆に、青網掛けのエリアに振れている各校は、定員が少ないor試験日程がかぶりにくく併願しやすい傾向にあるかもしれないなどと見ることができます。 表が多くなりがちなので、データを視覚的にとらえる一助となれば幸いです。 順位 学校名 所在地 志願倍率 募集人数 志願者数 実質倍率 合格者数 受験者数 1 慶應義塾幼稚舎 渋谷区 13. 4 46 615 10. 3 46 473 2 慶應横浜初等部 横浜市 14. 3 42 602 — 42 — 3 立教女学院小学校 杉並区 7. 9 72 567 — 90 — 4 早稲田実業学校初等部 国分寺 13. 8 36 498 9. 8 45 440 5 東京女学館小学校 渋谷区 5. 5 80 438 — 80 — 6 聖心女子学院初等科 港区 4. 4 96 418 — 96 — 7 東京農業大学稲花小学校 世田谷区 11. 0 36 396 — 36 — 8 成蹊小学校 武蔵野市 6. 5 56 365 — 66 — 9 横浜雙葉小学校 横浜市 4. 2 80 335 4. 1 80 331 10 田園調布雙葉小学校 世田谷区 4. 8 65 313 — 69 — 11 光塩女子学院初等科 杉並区 3. 9 80 313 — 80 — 12 聖ドミニコ学園小学校 世田谷区 3. 6 男女約60名 306 1. 3 86 111 13 洗足学園小学校 川崎市 5. 3 男女約50名 303 5. 1 57 292 14 東洋英和女学院小学部 港区 6. 0 50 301 — 50 — 15 日本女子大学付属豊明小学校 豊島区 5. 2 54 279 — 58 — 16 青山学院初等部 渋谷区 5. 8 44 254 — 44 — 17 桐朋学園小学校 国立市 5. 8 36 207 — 36 — 18 森村学園初等部 横浜市 2. 9 男女約80名 162 2. 7 56 152 19 成城学園初等学校 世田谷区 4. 5 34 153 — 35 — 20 桐朋小学校 世田谷区 3. 8 36 138 — 36 — 21 宝仙学園小学校 中野区 3. 1 男女計70名 96 2.

次の