コストコブルーベリー。 【2020年】コストコのマフィン、ブルーベリーとチョコレートチップを食べた感想

コストコの地雷!カークランドのドライフルーツ『ブルーベリー』

コストコブルーベリー

コストコ ブルーベリー Best Berry chilie 510g 購入時の価格:739円(税抜) コストコでブルーベリーといえば、冷凍ブルーベリーを思い浮かべる方が多いと思います。 それだけ人気の高い商品ということなのですが、実はコストコでは冷凍だけでなく生食用のブルーベリーも販売しているんですよ! ただし、生食用のブルーベリーは、大量に入っている冷凍に比べ量が少なくて割高。 普通のスーパーでは少ししか入っていないのに400~500円することもあり、なかなか手を出せないのが正直なところ。 今回はとってもお値打ちになっていたので、思い切って購入してみました! ちょっと贅沢な気もしますが生でしか味わえない食感をしっかり楽しみたいと思います。 すべて約1cmほどの大粒で、パツンとしたハリのあるフレッシュな実です! 一粒を半分にカットしてみると、中はみずみずしい白色!これだけでも鮮度の良さがうかがえますよね。 鮮度良好なブリーベリーはチリで収穫されたもの。 チリはアメリカに次いでブルーベリーの生産量が高い国で、日本国内で流通している冷凍ブルーベリーの多くはチリ産のものが多いんだそうですよ! すぐに食べるのはちょっと待って!食べる前に必ずしておきたいこと それは、 残留農薬を落とすことです。 海外のフルーツや野菜の多くは日本に届けられる前に鮮度を保つために防腐剤などがかけられていることが多いため、これらを口にするときは必ず残留農薬を落とすことが大切です! 残留農薬アレルギーなんてのもあるぐらいなので、そこは少々面倒でも下処理しておきたいところですね。 用意するもの• ボウル 【1】酢水を作る ボウルに酢と水を1:2の割合で入れ酢水を作る 【2】ブルーベリーを水洗いする 水を張ったボウルにザルをのせ、ザルの中にブルーベリーを入れて流水で全体を混ぜるように洗います。 【3】漬け置きする 洗い流したブルーベリーを1で作った酢水の中に入れ、30~1時間置きます。 【4】再度洗い流す キッチンペーパーを敷いたザルにあげて水気をよく拭き取ったら農薬除去完了です! とっても簡単な上にお家にあるものでできるので、余分なコストをかけずにできるのが嬉しいところです。 酢水につけたからといって酢の匂いがつくこともありませんし、痛むこともないので安心して食べられますよ。 でもブルーベリーはスナックとは違いカロリーが低くいからたくさん食べても気にならないのが嬉しいところですね! 身体に嬉しい栄養が盛りだくさん! 目に良いとされるアントシアニン(ポリフェノール)が豊富に含まれているのはよく知られていますが、この他にもビタミンCが豊富、食物繊維が含まれていたりと嬉しい栄養素がたっぷりと詰まっています。 また、アントシアニンは抗酸化作用があるのでアンチエイジングにも一役かってくれる優れものです。 冷凍も美味しいですが、やっぱり生のブルーベリーの食感が忘れられません! 生だけに長くは持ちませんが、鮮度の良い間は生の味や食感を楽しんで、鮮度が少し落ちてきたものはジャムや冷凍にしてスムージーを作るのにも使うこともできますよ。 余すことなく食べられる生ブルーベリー、ぜひ味わってみてくださいねー! 大量ブルーベリーを美味しく消費するアレンジレシピのまとめ.

次の

ブルーベリー ベーグル

コストコブルーベリー

もくじ• コストコのドライブルーベリー 商品名:有機ドライフルーツ加工567g 商品番号:0937184 店頭通常価格:1798円 2020年6月時点 購入価格:498円 賞味期限間近のため割引 コストコ公式通販価格:1998円 ドライブルーベリーの特徴 本商品は、コストコのプライベートブランド「カークランドシグネチャー」製品です。 「カークランドシグネチャー」商品は、自社ブランドな分、コスパが良い商品が多いと言われています。 原料には、オーガニックのホールブルーベリーを使用しています。 笑 ブルーベリーという小粒なフルーツなので、肉厚な果肉食感ではなく、皮や砂糖のツブツブ食感がメインになります。 どうやら、以前はカークランドシグネチャー商品ではあるものの、有機タイプではない商品が販売されていたようなんですね。 そのタイプは「香料が強い」など、人工的な風味が気になる方が多かったようです。 私が今回購入しのは、リニューアル後の有機タイプ。 個人差はあると思いますが、私的に、確かに嗅ぎ慣れない香りではありますが許容範囲内だと感じました。 コストコのドライブルーベリー活用方法 567gとたっぷり入っているので、上手く使い切りたいですね。 我が家流の活用方法をご紹介します。 家族に好評で、一番おいしく消費できたように思います。 インスタ経由で、パン作りがお上手な方にお聞きしたのですが、ベーグルにする前に水で戻すと良いそうです。 オーガニックなのにお買い得• パンやお菓子作り好きな方におすすめ• 実はリニューアルしている ドライフルーツの中でもレーズンは一般スーパーでよく見かけますが、ブルーベリーは珍しいですよね。 普段から、レーズンなどのドライフルーツを使う方にとっては、レパートリーが増えて面白い商品だと思います。

次の

コストコ ブルーベリー ベーグルは〇〇入り!

コストコブルーベリー

コストコのブルーベリーと聞くと一般的にはたっぷり大容量の冷凍ブルーベリーを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、実はコストコには生のブルーベリーの扱いもあります。 しかも、一般的には生のブルーベリーは旬の時期しか出回りませんが、コストコでは一年を通じて販売がされています。 さらに値段もほぼ一定というから驚きです。 その秘密はコストコのブルーベリーの入手方法にあります。 コストコのブルーベリーはNaturipe farmsというブランドのものなのですが、Naturipe farmsは南北アメリカ大陸に散らばっているベリー農家からなる協同組合です。 南北アメリカ大陸となると広大なエリアをカバーしているので、一年を通じてどこかの農家が生のブルーベリーを出荷できるという仕組みがコストコにはあります。 コストコの生のブルーベリーに限らず、フルーツや野菜を食べるときに気になるのが残留農薬です。 特に、コストコの生のブルーベリーのように海外から日本へと運んでくる場合は、新鮮さを保つために農薬の量が増える傾向にあるとも言われています。 残留農薬を落とすためには、皮のあるフルーツは皮を剥いてしまえばいいのですが、ブルーベリーはそういうわけにはいきません。 また、残留農薬用の洗剤も発売されていますが、実は家庭にあるもので簡単に処理することができます。 それは酢水を使うという方法です。 コストコの生のブルーベリーを、酢1水2の割合で作った酢水に浸すだけ。 そのまま1時間ほど放置しておくとさらに効果が期待できると言われています。 また、コストコの生のブルーベリーを酢水に浸しても、ブルーベリーに酢の匂いが移ることはありません。

次の