スマブラ 灯火 の 星 攻略。 【スマブラSP】灯火の星ノーミス攻略・最強スピリッツセットは?

「スマブラSP」、「灯火の星」は想像以上にボリュームたっぷり!

スマブラ 灯火 の 星 攻略

身長109cm、体重19kg、26歳。 横紋筋肉腫(小児がん)、ムコ多糖症モルキオ病(ライソゾーム病)。 高卒でフリーで仕事をしようとするがなかなか上手く行かず、後に上場するIT企業の株式会社セラクに21歳で入社。 しかし、22歳3月に同級生は新卒になるから逆のことがしたいとニートに。 そして、スマホアプリ開発、クラブダンサー、ライター、YouTuber、ホストなどを経て23歳でSOD専属の監督兼男優になる。 現在は、ドラマや映画で俳優、テレビや雑誌などでタレントとして活動。 また、IT企業の株式会社フリューゲルで執行役員、部長をしつつ現役のプログラマー。 弊社では、未経験者へのプログラミング教育もしていて積極的に採用中。 詳細、質問などはSNSでお気軽にどうぞ。 スマブラの世界設定 大前提としてスマブラはフィギュアの世界。 フィギュアにイメージによる命を吹き込まれファイターとなり、創造主「マスターハンド」と戦い、勝ち、乗り越えることで現実世界に帰還する話。 スピリッツと「灯火の星」 今まではファイターはもちろん相当数のゲームキャラのフィギュアが作られていて、それを集めて眺めるコーナーがあった。 でもフィギュアって作るのが大変らしい。 (そりゃそうだ。 ) そこで今回はスピリッツというシステムを導入。 そして、ファイターはスピリットの力を借りて代理戦を行える。 キーラ 最強、最悪の敵。 「灯火の星」の黒幕。 光の化身キーラが現れる。 各キャラセリフ キーラに対する各キャラのセリフが面白い。 フォックス 「今日こそ決着を付けてやる!」 最前線にいるのはなんとフォックス。 マリオじゃないのは、マリオは人間の言葉を喋らない設定だから?初代スマブラの中で言葉を話し、リーダー感があるのは確かにフォックス。 そして、おそらくゲーム中では描かれないと思うけれど、キーラとは何度も戦っていてとうとう新旧全ファイターが集結したらしい。 マルス 「1人で10体くらい倒せれば行けるか。 」 ゼルダ 「ここまで来たらやるしかないですよ!」 ピッド 「ぼくたちならきっと勝てる!!」 マルスの冷静すぎる脳筋発言。 マスターハンドしかいない ところで、このムービーを見てみると、キーラの周りは全て右手。 つまりマスターハンド。 マスターハンドしか支配出来なかったのだろうか。 「スマブラ for」シリーズではマスターハンドの中はマスターコアだったので、中が光だということはマスターハンド本来の姿ではなくキラーに魂を入れ替えられている可能性が高そう。 クレイジーハンドは映っていないし過去作で中身も明かされていないが、まだ従えていないのか、隠し持っているのか、はたまた味方側について戦いを助けてくれるのか。 しかし、マスターハンドは創造主なはず。 想像主が複数いることはないだろうから、さらに上の真の創造主が存在するか、それともコピー? キーラの攻撃 キーラはマスターハンドの光を吸収する。 そして放出し、キーラの光の攻撃に当たるとスピリットになってしまう。 多くのキャラが攻撃で対抗しても、ガード技で防ごうとしても、速度逃げ切ろうとしても無理であえなく攻撃を食らってしまう。 そこで気になったのだけいくつか。 リンクは1、2発目ですぐやられるところを、3発も耐えて4発目で食らっている。 ゼルダのネールの愛が全く効かないのに盾パリィなどで交わすは、さすが英傑の勇者だとも、他とパワーバランス違くないかとも思う。 ソニックとピカチュウはねずみ同士仲良く描かれていて、ソニックがピカチュウを気にかけて速さを合わしている。 こういう細かいこだわりと愛があるのが、本当にこの動画が好きで何回も見てしまい感動するポイント。 インクリングはインクに潜っても効果なし。 スネークは天然なのかな? Wii Fitトレーナーは立ち木のポーズをする。 一瞬えっ?と思ったけれど、立ち木のポーズは無敵時間がある。 それ故か、数フレームだけ生き残っているように見える。 と、他にも色々なキャラがそれぞれ対策を練るがことごとくやられていく。 シュルクの未来視と視線 それをシュルクは未来視した。 そして後ろへ伝える。 ところで、少し不思議なところがある。 それは、キーラが光を発する直前と、シュルクが未来を伝える時。 今まで全て客観的な目線だったのに、この2つの画面だけ主観のよう。 そして、目線が低い。 この後、ご存知のようにカービィが生き残るのだけれど、さりげなくカービィ目線を2回、しかもシュルクが助けたという様子を瞬間的に含めていた。 本当にこの動画深すぎる。 カービィ そうしてカービィだけは逃げきれていた。 あくまでも攻撃的な光線と、光速(実質ワープ)だからワープスターの方が早かったということだろうか。 にしても、銀河を超えてワープするなんて、カービィそこまでの化け物だったのか。 時は経ち、カービィが帰ってくる。 ここでメインテーマ「命の灯火」が流れる。 何度見ても泣いてしまう。 カービィは立ち上がり、変わり果てた世界を見る。 何を思い、何を感じ、何を決心したのか。 顔は一切映らないまん丸ピンクな背中なのに、めちゃくちゃかっこいい。 「灯火の星」モード そして「灯火の星」モードをプレイする様子の動画が続く。 フィールドを歩いて、悪いスピリッツ?が取り付いた仲間たちを助けていく。 これはおそらく降り立った直後のカービィがマリオを救う戦い。 そして、「MOTHER」「スターフォックス」「パックマン」など色々なゲーム世界を再現したマップがある。 地球も太陽系も超えて広がったキーラの攻撃。 それを救うのはスターフォックス勢のようだ。 また、ファイターを倒せばファイターが再び仲間になりそうだが、ラプラスやリオレウスも倒して仲間にして戦いはしないけれど一緒に旅を出来るようになるのだろうか? ゲームはスマブラなのにポケモントレーナーを使ってラプラスで波乗りは興奮する。 過去作のラスボスも全員登場? そして、ムービー最後に「スマブラX」の「亜空の使者」亜空軍のガレオムが登場する。 これを最後に用意するなんて、もう過去作のボスも全員登場!?と期待させる演出。 となれば、タブーも出る? 星のカービィ カービィが主役の「灯火の星」。 「灯火の星」を逆から読むと「星のカ(ー)ビ(ィ)」。 全キャラの壁紙が一見カミナリが中央のようで実は一番真ん中にいるのはカービィだった。 桜井政博氏はHAL研究所で入社3年後の1992年、当時22歳にして初ディレクターで「星のカービィ」を作った。 つまりカービィの生みの親。 そして、初代64版スマブラでカービィはとても強く、カービィの生みの親だからカービィを優遇しているという声があった。 それが原因か否か、DX以降のカービィは弱いキャラを代表する1キャラになる。 (あくまガチプレイヤーの世界での話で、可愛さと初心者には使いやすさから人気はある。 ) 任天堂キャラ代表といえばマリオだし、キャラ番号01もマリオ。 だけど、このスペシャルな今作で、カービィが立ち上がり世界を救う主人公になることと、他キャラクター全体と、ゲームへの、桜井政博氏の愛とこだわりに発売前から涙が止まらない。

次の

スマブラ「灯火の星」と世界設定の考察

スマブラ 灯火 の 星 攻略

有名どころから知る人ぞ知るものまで、あらゆるキャラクターの顔ぶれを見られる「スピリット」 プレイを開始して驚いたのはそのボリューム。 本モードはマップを少しずつ進み、無数に待ち受ける敵の撃破、ファイターの奪還、そして最奥に待ち受ける大ボス「キーラ」を目指すのが大体の流れとなるのだが、このマップがとにかく広い。 未到達のエリアは雲がかかっているので先に何があるのかわからないし、特定の箇所は道が塞がれていて通ることができない。 回り道を迫られ、目の前の多くの敵と戦っていると、ふとした時に塞がっていた道が解放される。 その先にはまた敵と枝分かれ道が待っていて……と、食べても食べてもぜんぜん減らない超大盛りご飯のように、まったく終わりが見えてこない。 カービィが見えなくなるほど引いた全体マップがこれ。 「えっ広い!」と思わず漏らしてしまった その一方で、戦闘的にもプレイ的にも飽きがこないような工夫も感じられる。 敵との戦闘ルールは、1対1のタイマン戦もあれば、複数の敵を1度に相手にするもの、敵の体力を時間内に0にするもの、強風が吹くステージ、ボム兵が降るステージなど、戦闘の内容が少しずつ違う。 さらに、こうしたステージをクリアすれば新たな「スピリット」やアイテムがどんどん手に入り、装備している「スピリット」は成長し、そうこうしているとファイターを取り返すための戦闘が可能になったりする。 クリアへの道がまったく見えないのにますます先へ進みたくなるプレイ感を体験するだけでも、「灯火の星」の価値はあるのではないだろうか。 「スネークマン」に「スネーク」、「キュピット」に「ピット」など、関連性を意識したステージも見どころの1つ。 「そこ繋げるの?! 例えば、「強風が吹く」、「水にすぐ溺れる」という特殊条件が付いた海と小島のステージがあったのだが、これが本当に苦労した。 真っ向から挑んでみると、敵に触れることすらできず海に落ち、水に2秒も浸かればそのまま沈んで撃墜、上手くジャンプできても強風で戻れず撃墜と、開始数秒で撃墜され続ける暗黒のステージとなっていた。 「どうすりゃいいのよ!」としばらく憤慨していたのだが、落ち着いて周囲のステージをクリアしていくと「水中に入り続けても溺れなくなる」(プレッシー)、「強い風が吹いても飛ばされにくくなる」(カビゴン)というスピリットが手に入り、これで一気に突破口が開けた。 むらびとの横必殺「ハニワくんロケット」が強風に逆らって進めることも発見しつつ、なんとか立ち回ることでようやく決着できた。 プレイを救ってくれた「プレッシー」と「カビゴン」。 特殊なステージほどスピリットのスキルが役立ちそうだ といった感じで、一旦はクリアを諦めるほど辛いステージも中にはある。 1回は迂回することになるが、スピリットを強化して、対策用のスキルを揃えてから再挑戦するようなRPG的要素があることで、ただの理不尽に終わらない。 むしろゲームとしては奥深くなっているのではないだろうか。 ちなみに筆者が今苦労しているのは、スピリット「ホウオウ」のリザードンステージ。 リザードンは常時カレー状態で炎を吐き続ける上に打撃が超強力で、どうやってもまともに近づけないまま撃墜させられる。 今は無理でもいつかは……とリベンジに燃えているステージである。 スピリットは、「灯火の星」以外のコンテンツ、たとえばメインメニューからプレイできる「ターゲットリスト」などからも入手できる 今回はざっと6時間ほどプレイしてみたが、それでもオープンできたのはマップ全体のわずか4分の1か5分の1ほど。 まだ見ぬ場所にもまだまだ楽しさが詰まっているかと思うと、想像するだけでニヤニヤしてきてしまう。 先は長いぞ! いずれにせよプレイとしてはやりごたえたっぷりなので、個人的には「大乱闘」と並行してコツコツ進めるくらいがちょうどいいと思う。 特にプレイ開始直後は、大乱闘用のファイターのほとんどが解放されていない。 様々なモードをまんべんなく触っているうちにどんどん解放されるような仕組みになっているので、大乱闘を思い切り遊ぶためにもその方が効率的だ。 他のモードをプレイすることで新たなスピリットが入手できることもあり、それが「灯火の星」の攻略につながることもあるだろう。 ソロモードも含めて相当凝った作りになっているので、「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」を手に入れたなら「灯火の星」はぜひ触っていただきたいコンテンツだ。 , LTD. , INC. , LTD.

次の

【スマブラSP攻略】スピリッツモード・高難度レジェンド(星4)スピリットの倒し方 【スマブラスペシャル】

スマブラ 灯火 の 星 攻略

灯火の星の流れ 本作のソロアドベンチャーモードにあたる「灯火の星」の基本的な流れは下記の通り。 敵を倒してスピリッツを入手・強化• スキルツリーでファイターを強化• ファイター戦で仲間を増やす 最初は「 カービィ」しか使えず装備・強化も無いがゲームを進めるに連れて使えるファイターが増え攻略が楽になる仕組み。 攻略のコツ 灯火の星、スマブラ下手っぴの私が難易度普通で鬼畜ステージや鬼畜ラスボスをゼェゼェ言いながらクリアして物凄い達成感に浸っていたのに、そこそこ上手い人が難易度やさしいでサクサクプレイでクリアして「作業ゲーだった」「ストーリー薄い」とか言ってると画面外乱闘で横スマぶっ放したい — かじかな かえる Kajikanakaelu 今回のスマブラは難易度が非常に高い。 少なくとも小学生を始めとしたスマブラ初心者は序盤で匙を投げてしまう「 格闘ゲーム」な難易度設定となっている。 アドベンチャーで行き詰まっている方にまず試して欲しい攻略法は下記の通り。 後回し アドベンチャーモードは盤面を移動して戦闘相手を選ぶ形式なので攻略の順番は自由になっている。 クリアが難しいと感じたスピリッツ戦がある場合は無理せず 後回しにすることが何より重要。 というのもステージ毎に「強風発生」「〇〇の床」等の妨害ギミックが存在し、それに 対策可能なスピリットも用意されている。 攻略に向いているファイターもステージごとに異なるので新たなスピリッツ、ファイターを入手してから挑むほうが当然ながら簡単に攻略できる。 また、「 スキルツリー」も攻略終盤になれば殆どを取得した状態になっているので灯火の星においては「 レジェンド級」などの高難易度ステージは最後に挑戦する方が効率が良い。 難易度変更 それでも厳しい。 あるいは序盤で行き詰まっている方は素直に難易度を「 やさしい」に変更しよう。 本作では「etc. 」メニューから いつでも難易度を変更可能。 デメリットも報酬が減る程度で「クリアゲッター」には難易度を指定した内容も存在しない。 特定のスピリット戦のみ「やさしい」で攻略してすぐ戻すのもアリだと思う。 少なくともレジェンド級攻略に1時間掛けるよりも同じ時間でスピリッツボードに挑戦し続けた方が遥かに効率が良い。 ピーチ or デイジー 後述する最強ファイターには敵わないが「 ピーチ」「 デイジー」は最後の切り札が非常に強力。 敵全体を眠らせることが可能な上にアイテム取得で自身の体力を 回復できる。 ほとんどのルールの場合は終盤で発動すれば横スマッシュで勝ち確定。 ファイター性能的にも 横Bが集団戦に強く使いやすい。 最強スピリッツ&ファイター それでも攻略が難しい方は個人的に最強だと思っている下記スピリッツ&ファイターの組み合わせを試して欲しい。 ファイター:ピクミン&オリマー• アタッカー:ベガ等(スロット3, 攻撃力強め)• PSI攻撃強化は水色ならポーラが該当。 空中攻撃強化はギャラドス、ドドリゲス、ルージュ等が持っている。 サンドバッグくん空中後ろ攻撃を当てるとダメージは驚異の 257. 各ボスは4, 5発当てれば倒せるし、レジェンド級スピリット相手でも2, 3発で画面外に吹っ飛ばせる。 調整ミスレベルの壊れ性能。 最終決戦は上方向に強制スクロールする第1ステージに始まり中ボスの連戦からキーラ&ダーズ戦と先が長い。 途中で体力が無くなり易いので回復手段を用意しておくと良いだろう。 キーラ&ダーズ戦のコツは両者の体力を 順番に削ること。 両者は互いの攻撃ダメージを受ける上にダウン時には大ダメージを相手に与えてくれる。 キーラをダウンさせたら 逆のダーズをひたすら空中殴りする方が効率が良い。 途中の波状攻撃やファイター生成時には避け続けていれば体力もオート回復できる。 最後に同時に倒せば難しい要素はない。 最も重要なのは敵に応じた「 もちこみアイテム」の利用。 判断基準は下記の通り。 敵が多数• 護衛弱体化• 敵が1体 or 2体• 50%ダメージ ネスが多数登場する「ニンテン」やリュカだらけの「ジェフ」戦などは「護衛弱体化」を持ち込めば 1発で画面外に吹っ飛ばせる。 逆にタイマンの場合は50%ダメージでアドを得ておくと良いだろう。 感想 高難易度な点ばかり話題に上がりがちなスマブラSPだが対策をしっかり組めば難しくはない。 クリアする頃にはオンライン対戦にもデビュー可能になる 良い難易度設定だと思う。 今はクリアゲッターコンプに向けてオン対戦や各種お題をこなしている最中。 皆様も上記攻略情報を参考にクリアゲッター攻略にチャレンジして欲しい。 はじめまして、スマブラの攻略で当サイトをいつも参考にさせていただいています。 このオリマーとても強いですが、灯火の星のポリーン戦ではこの編成でも逃げ切られてしまう可能性が高いので、狙杖持ち込みで遠距離から射撃の方がいいような気がします。 ワイリー戦でも体力が足りず負ける恐れがあるので、ここのみ体力強化極振りのリュカで下Bで飛び道具を吸って回復しつつクリアしたほうが良い気がします。 またギガマック戦も相手の攻撃力がオリマーよりもさらに高いので、これは画面端ガン待ちからの後ろ投げで追い出すほうがいいと思います。 あと空中攻撃強化のスピリッツですが、 ・リオレウス 灯火の星のリオレウス撃破で入手 ・ギャラドス 灯火の星の渓流エリア ・ドドリゲス 灯火の星の謎の空間 ・ルージュ 詳しい場所は忘れましたが、たしか灯火の星で取れたはず。 間違えてたらごめんなさい ・ブーン 灯火の星の商店 多分テリー でたまに入荷、SP1000 の5種類が確認できています。 また、自動回復と自動回復DXのスピリッツの具体的な場所ですが、 ・エリーゼ 灯火の星の謎の空間 ・セレビィ 灯火の星の聖域 で確認しました。 長文ごめんなさい。 一部下記サイトを参考にしました。

次の