福山 市 コロナ ウイルス 感染 者。 【広島コロナ】広島県福山市で新型コロナウイルス感染者が確認される

福山市コロナ感染者20代男性の住所は?感染経路はどこ?病院も調査!

福山 市 コロナ ウイルス 感染 者

広島県福山市は4日深夜、市内に住む50代の男性会社員が新型コロナウイルスに感染したことを確認したと発表した。 状態は安定しているという。 同市での感染判明は3日連続で、3人目。 県内で感染が確認されたのは計15人となった。 市の対策本部によると、男性は3月27日に大阪に出張し、夜は大阪市内の繁華街のクラブを利用した。 翌28日に福山に戻り、30日に頭痛が発症。 31日には38度以上の発熱、せき、のどの痛みや全身の倦怠(けんたい)感があった。 4月3日に市の相談窓口に相談後に受診し、4日に感染が判明した。 現時点でわかっている濃厚接触者は同居の妻、成人している子の2人。 市は、男性が大阪で感染した可能性があるとみている。 枝広直幹市長はこれまで、東京や大阪など都市部への旅行や出張をできるだけ控えることなどを市民や企業に求めている。 4日深夜の会見で枝広市長は「どうしても行く必要があった場合、福山に帰って以降2週間はできる限り外出を控えてほしい」とする考えを付け加えた。 (燧〈ひうち〉正典).

次の

広島)コロナ感染、福山で1人 大阪出張でクラブを利用:朝日新聞デジタル

福山 市 コロナ ウイルス 感染 者

市内で新型コロナウイルス感染症の患者が確認されました件について,現在,福山市では本人及び関係者から行動履歴,濃厚接触者の把握等のため調査を行っております。 状況が判明次第,順次,感染拡大防止に必要な情報を公表する予定です。 退院 更新情報 4月25日 福山市内での発生状況(22例目)を追加しました。 4月25日 福山市内での発生状況(20例目)に第2報を追加しました。 4月27日 福山市内での発生状況(6例目)(18例目)に第2報を追加しました。 4月29日 福山市内での発生状況(9例目)に第2報を追加しました。 5月1日 福山市内での発生状況(4例目)(12例目)(14例目)をに第2報を追加しました。 5月5日 福山市内での発生状況(11例目)に第2報を追加しました。 5月6日 福山市内での発生状況(17例目)に第2報を追加しました。 5月13日 福山市内での発生状況(10例目)に第2報を追加しました。 5月15日 福山市内での発生状況(1例目)第6報、(3例目)第3報、(5例目)第4報、(8例目)第2報を追加しました。 5月17日 福山市内での発生状況(23例目)を追加しました。 5月19日 福山市内での発生状況(15例目)第2報、(19例目)第2報を追加しました。 5月22日 福山市内での発生状況(22例目)に第2報を追加しました。 5月24日 福山市内での発生状況(7例目)に第2報を追加しました。 5月26日 福山市内での発生状況(23例目)に第2報を追加しました。 5月31日 福山市内での発生状況(13例目)第2報、(16例目)第2報、(21例目)第2報を追加しました。 6月4日 福山市内での発生状況(24例目)を追加しました。 6月12日 福山市内での発生状況(24例目)に第2報を追加しました。

次の

福山市初のコロナウイルス感染者は誰?感染経路や(受け入れ先)入院先の病院はどこ?│ひつまぶしブログ

福山 市 コロナ ウイルス 感染 者

発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。 基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話で御相談ください。 2.帰国者・接触者相談センター等に御相談いただく目安• 少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。 ( これらに該当しない場合の相談も可能です。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 相談は、帰国者・接触者相談センター(地域により名称が異なることがあります。 )の他、地域によっては、医師会や診療所等で相談を受け付けている場合もあるので、ご活用ください。 (妊婦の方へ) 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。 (お子様をお持ちの方へ) 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。 これまで通り、検査については医師が個別に判断します。 3.医療機関にかかるときのお願い• 複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。 暑さを避けましょう エアコンを利用する等、部屋の温度を調整• 適宜マスクをはずしましょう 気温・湿度の高い中でのマスク着用は要注意• こまめに水分補給しましょう のどが渇く前に水分補給• 日頃から健康管理をしましょう 日頃から体温測定、健康チェック• 急に「におい」や「あじ」の異常を感じるようになった場合には、万が一、新型コロナ感染症であったときに周囲の人に感染を拡大する可能性がありますので、2週間は出来るだけ不要不急の外出を控えてください。 その間、医療機関への受診は控え、体温を毎日測定し、手洗いをこまめにしてください。 人と接する際にはマスクをつけて対話をしてください。 嗅覚・味覚障害の治療は急ぐ必要はありません。 自然に治ることも多いのでしばらく様子を見てください。 特効薬はありませんが、2週間経っても他の症状なく嗅覚や味覚が改善しない場合は耳鼻咽喉科外来を受診してください。 あなたとあなたの周りのみなさん、家族を守るために、ご協力をお願いいたします。 (なお、このお知らせは診断や治療の進歩によって、変わることがあります。 一部のものは、主に5~14日間で呼吸困難等の症状を呈し、胸部X線写真、胸部CTなどで肺炎像が明らかとなります。 高齢者及び基礎疾患を持つものにおいては重症化するリスクが一定程度あると考えられています。 新型コロナウイルス感染症から、あなたと身近な人の命を守れるよう、日常生活を見直してみましょう。 睡眠・休養を十分にとり、適切な食生活を心がけましょう。 不要不急の外出をひかえ、もし出かけるときは、寒さ対策を十分に行いましょう。 「手洗いを励行する」「顔に手をもっていかない」「咳エチケットを守る」を合言葉に、感染対策を意識した生活を送りましょう。

次の