エイビイ 南部 市場 店。 会社概要

横浜・金沢区にオープンした「ブランチ横浜南部市場」を現地レポート!

エイビイ 南部 市場 店

概要 [ ] 同社の前身はに設立した食料品店「株式会社木村商店」で、「株式会社エイヴイ」に改称。 を第1として横須賀市に6店舗を出店。 近年、第2商勢圏確立に向けて・・・にも出店。 日本のスーパーでは普通である特売や、チラシの作成、配布をしない。 これはELP(、Everyday Low Price)を基軸とし、また、そのために費用の削減を徹底しているためである。 沿革 [ ]• 1965年: 「木村商店」として食料品店を開業。 1983年: 「エイヴイ」に社名を変更、スーパーマーケット経営に乗り出す。 2005年: 茅ヶ崎店が開業• 2009年: 綾瀬店が開業• 2011年: 店が開業• 2017年: ヤオコーの完全子会社となる。 傘下入りの発表は前年10月• 不明 - 脱退。 2018年: 新鶴見店が開業 店舗 [ ] 2019年12月の店舗数は12店舗。 スーパーセンター SuC [ ]• エイビイ平成町店(横須賀市) コンビネーションストアー CbS [ ]• エイビイ武山店(横須賀市)• エイビイ佐原店(横須賀市)• エイビイ平作店(横須賀市) スーパースーパーマーケット SSM [ ]• エイビイ小原店(横須賀市)• エイビイ茅ヶ崎店(茅ヶ崎市、茅ヶ崎内)• エイビイ綾瀬店(綾瀬市、フレスポ綾瀬店内)• エイビイ店 大和市• エイビイ南町田店 町田市• エイビイ衣笠店(横須賀市)• エイビイ新鶴見店(横浜市鶴見区)• エイビイ店(横浜市金沢区) かつて存在した店舗 [ ]• エイビイ横須賀大津店 横須賀市 出典 [ ]• ヤオコー 2016年12月12日. 2017年1月3日閲覧。 2017年5月11日. 2017年6月4日閲覧。 , タウンニュース, 2016-10-14 , 2016年10月18日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

エイビイ南部市場店の最強売場

エイビイ 南部 市場 店

COMPANY PROFILE 会社概要 株式会社エイヴイの前身は昭和40年に創立した株式会社木村商店です。 その昔、ペリーが黒船で渡来した最初の土地に小さな食料品店を開業したのが始まりです。 その後、チェーンストアー経営に目覚め、時代に先駆けてスーパースーパーマーケットを開発しようと社名を "エイヴイ" と改め再出発をはかることとなりました。これが昭和58年のことです。 今、エイヴイは3,000坪の大型店を有する地域でも有数の流通企業へと成長をとげました。 しかし、現状に満足している会社ではありません。 ローコストオペレーションによる、スーパーマーケット業界屈指の収益性、生産性を武器に三浦半島をその商勢圏におさめつつ、次は神奈川県中央部をターゲットにとらえています。 設立 昭和 58年 11月 資本金 4億円 代表者 代表取締役 木村忠昭 従業員数 850名(パート・アルバイト含む) 年商 535億円(2018年度) 事業内容• スーパーセンター(SuC)の経営• 大型スーパーマーケット(SSM)の経営 株主 株式会社ヤオコー 主要取引銀行• 三菱UFJ銀行• 三井住友銀行• かながわ信用金庫• 横浜銀行 本部 〒238-0013 神奈川県横須賀市平成町 1-5-1 TEL: 046-827-1588 店舗・プロセスセンター•

次の

ブランチ横浜南部市場/エイビイなど15店出店、市場連携イベント開催

エイビイ 南部 市場 店

2017年3月31日をもって廃止した南部市場ですが、先月2019年9月20日に「ブランチ横浜南部市場」として復活したので、早速行ってきました。 先月のオープン時の混雑は、聞いていたのですが。 (オープン時は、混雑の混雑で、入場規制が開店30分で出たそうです(汗)オープンの次の日に行った知人も、駐車場にも入れずに帰ってきたと言っていました) オープンから10日以上が経過しているし、旧来の市場エリアが休みの水曜日だから、そんなに混雑していないだろう!?と。 10時のオープンにあわせて、9時50分頃に到着しました。 大きな駐車場がP1・P2・P3と完備されています。 ) この日は、車で行きましたが。 金沢シーサイドラインの「南部市場駅」から直結で南部市場に来れるので、電車でのアクセスは便利だと思います。 車の駐車場は、車両ナンバーで精算するシステムで、駐車券はなく、精算時に車のナンバーを入力すると、該当の写真が表示されて持参精算ができます。 (同じナンバーの車がある場合は、写真が画面にでるので、自分の車を選択するシステムです。 その中に、野菜・魚・肉の専門店が入り、100円ショップのセリアや、電機のノジマ、釣具の上州屋などなど・・・ そして、1番の目玉じゃないかな?大型スーパーの「ave(エイビイ)南部市場店」が入っています。 ココでポイント! 平面の駐車場から、新建物へ入ると、野菜・魚・お肉の専門店がスーパーエイビイの前に出てきます。 どこの専門店も、新鮮な物を販売していますが、まずは値段だけを確認してエイビイに行き、値段を比較して購入したほうがいいと思います。 この日、八百屋と魚の専門店で、野菜と魚を買ったあとに、エイビイに行ったら、専門店で購入した同じ鮮度のものなのに、エイビイの方が100円以上安かった。 ということがあったので、よっぽどの目玉商品出ない限りは、専門店とスーパーエイビイとの価格の比較はしたほうがいいと思います。 平面駐車場から、新建物へ入ると、まずは八百屋と葉山コーヒーがあります。 八百屋の、この日の目玉は水菜が10円!これを見て、暑いけど、夕食は「鍋」に決定しました(笑) その隣は、魚屋で、魚屋の前は肉屋があります。 活きたタコや、いかにも脂が乗ってそうな鯵など、さすが市場!といった魚介がたくさん販売されていました。 そして、嫁さんもお目当てだった「スーパーave(エイビイ)」。 新鮮で安い事で知られるエイビイは、横須賀では幅広く営業されているんですが、横浜にはなくて(鶴見にもあります)。 私の知り合いなんかも、年末とかには、わざわざ横須賀や茅ヶ崎まで行くほど、魅力あるスーパーです。 10時開店ですが、10分後には、店内を埋める人・人・人です。 平日の開店時にこれだから・・週末はどんなになっちゃってるんでしょう(汗) 野菜・魚・肉の売り場は広く、すべての食材が積み重ねあっていて、迫力満点(笑) 広告の品などは、とっても安いのですが。 「OKストアー」や「ドン・キホーテ」といった「安いスーパー」で買い物をしている嫁さん曰く、全体的に見て、比べると・・物によっては安いけど・・・驚くほどでは。 との事でした(笑)でも、広告の品はやはりお買い得なので。 広告などをチェックしてお出掛けくださいね。 今回、リニューアルオープンした「ブランチ横浜南部市場」ですが、旧南部市場も残っています。 それが「横浜南部市場・食の専門店街」です。 生憎、水曜日は定休日なので買い物はできませんでしたが、昔ながらの「市場」の雰囲気が感じられるので、今度、水曜日以外に時間ができたら訪れたいと思います。 この食の専門店街も営業されていたら、ブランチ横浜南部市場と合わせ、すごい活気だろうな。 新建物の一番奥には、芝生のスペースが広がっていて、憩いの場となっています。 立派なサルスベリがシンボルツリーとなっていて、買い物に飽きたお子さんが遊んだりしていました。 また、建物の上に上がれる階段がって、屋上がテラスに。 卸売の市場の様子や、穏やかな金沢湾も望めるようになっていました。 まだまだこれから、新たなテナントが入る予定らしいですが「食べるお店が少ない」です。 ただ、お肉の専門店さんの横の食堂もそうですが、お肉屋さんの中では、おいしそうなお弁当もたくさん販売されていたので、海が眺めるテラスで、のんびりお弁当を食べるのもいいかもしれません。 10時前に到着したときは、混雑はなかったのですが、帰る際の11時過ぎには、場内は車が大渋滞で、どんどん人が訪れていました。 当面の週末はもちろんのこと、年末なんかは、買い出しのお客さんで、激混みするんでしょうね・・。 来年には、アウトレットもオープンするし、その先にはコストコもある。 それらを通る、この産業道路(国道357線)は、渋滞道路になりそうですね。 ブランチ横浜南部市場 〒236-0002 神奈川県横浜市金沢区鳥浜町1-1 TEL:045-374-5392 駐車場775台 駐輪場372台 シーサイドライン「南部市場駅」直結。

次の