ハンター カブ 新型。 ホンダ「CT125ハンターカブ」タイ市場で発売開始 日本国内も予定取り発売へ(バイクのニュース )

ホンダの新型バイク「CT125ハンターカブ」正式デビュー 【ニュース】

ハンター カブ 新型

世界中で愛され、累計1億台以上も販売されている「スーパーカブ」。 かつては商用バイクの代表でしたが、今ではそのシンプルなデザイン、頑丈な作りからオシャレでまたがる人も少なくありません。 他方、カブにはこれまでに派生モデルも複数あり、その筆頭の一つが1961年に発表され、以降コアな人気を得て50年以上もやはり海外で愛された「ハンターカブ」。 2012年に生産終了となっていましたが、『第46回東京モーターショー2019』で、ホンダから突然このハンターカブのコンセプトモデルが発表されました。 その名も「CT125(ハンターカブ)」。 すでにネットでも大きく話題になっていますが、実は筆者、過去30年近くハンターカブを4台乗り継いだハンターカブマニアと自負しています。 これまでに筆者が乗り継いできたハンターカブと、今回のコンセプトモデルとの違いを、古賀耕治さん、鳥山英二さんに話を伺いながら迫りたいと思います。 ホンダモーターサイクルジャパン・企画部の古賀耕治さん(上)と、本田技研工業の鳥山英二さん(下)。 古賀さんは数多くのホンダ製バイクの企画を行っており、このCT125のコンセプトモデルもその一つだそうです。 また、鳥山さんは、やはり多くのホンダ製バイクのデザインを手がけるモデラー。 このお2人なくしては、今回のCT125は生まれなかったことでしょう。 ハンターカブ生産終了から7年後の復活! ーーハンターカブの新作、CT125が突如コンセプトモデルとして発表されましたが、この経緯をお聞かせください。 古賀耕治さん(以下、古賀) カブは2017年に累計生産台数1億台を突破し、昨年は発売から60周年を迎えました。 これだけ愛されているカブですが、さらに世界に向けて発信していこうと考え、2018年に「C125」を出しました。 このC125は高い評価をいただき、さらに、このエンジンを使って世界中での用途に対応できるようなモデルを……と考え、コンセプトモデルとして発表したのがこのCT125、つまりハンターカブになります。 すでに市場で絶大な支持を得ているモデル 古賀 もともとハンターカブには複数のモデルがありましたが、近年まで流通していたのが輸出車のCT110というモデルでした。 郵便局に採用されたり、農耕地域で愛用されたりしていたのですが、この真っ赤な外観や使い勝手の良さから日本人のコアな層でも人気となり、逆輸入されたモデルを購入する方が増えていました。 しかし、海外輸出も2012年に終了。 ここ数年、ハンターカブの新車を作っていない状況だったわけですが、「カブをさらに世界中に広める」という意味で、このモデルを再構築して、まずコンセプトモデルで発表することを決めました。 他方、現在の日本の二輪市場は、全メーカーで約37万台です。 一時期は300万台まであった市場が、ずいぶん小さくなっています。 ただ、その約37万台のうちの約10万台が、原付二種と呼ばれる、ピンク色や黄色いナンバーのもの。 つまり、現在の市場の全体の約4分の1以上が、この排気量帯のバイクなんですね。 モタードのような印象のスポーティなモデルです。 依然根強い支持を持つスクーターのNewモデル CT125のディテール・旧モデルとの改善点を細かくチェック! ここでは肝心のCT125が、旧ハンターカブ(CT110)からどう改善されているか、ディテールなどを細かくチェックします。 旧ハンターカブは6V標準でしたが、本作は当然12V。 メーターはデジタル式を用いられており、スイッチ類はクロスカブなどと同様のパーツが付けられています。 また、旧作ではハンドルと一体だったウィンカーは、CT125では取り外しできる仕様。 LEDを用いながらも、クラシカルな雰囲気も残したデザインです。 ただし、マフラーガードの形状は大幅な変更があります。 この辺の気配りと遊び心は、かつてのホンダのミニバイクに多かったもので、これも筆者は心を打たれました.

次の

新春(^O^)/ 新型ハンターカブCT125の情報がゾクゾクと

ハンター カブ 新型

1980年代のバイクブームを知る、ベテランバイク乗りの皆様に朗報です。 あのホンダ「ハンターカブ」がCT125として今年2020年の6月26日に発売されることとなりました。 若者には「なんのこっちゃ?」かもしれませんので、今回はハンターカブの歴史とあわせて新型の基本情報をご紹介したいと思います。 メーカー純正のカブとは思えないくらいカスタム感あってカッコいいですよ! ハンターカブとはどういうバイクなのか ハンターカブはスーパーカブをベースに製作された デュアルパーパス(オンロードとオフロードの両方を走ることを念頭に置いて作られたタイプ)モデルのバイク 厳密には原付 です。 カブでオフロードを走るという考えが誕生したのは輸出先であった アメリカ合衆国で、1960年代からスーパーカブをダート仕様にするカスタムが流行したのがルーツとなっています。 日本で生まれたものをアメリカ人が独自のアレンジを加えたことことがきっかけとなって誕生したハンターカブは、 日本とアメリカの文化が折衷されたバイクそのものです。 日本国内で登場した初代ハンターカブは1968年に発売されたCT50 ハンターカブになります。 その13年後の1981年に発売された2代目ハンターカブが CT110と呼ばれるモデルです。 CT110は発売から2年後の1983年に生産終了となりました。 CT110にハンターカブの名称はついていませんが、トレッキングバイク入門モデルとして発売されたこと、そして 耐久性・経済性に優れた単気筒エンジンや 中・低速に振られた出力特性で、経済的かつ安心して悪路走行を楽しませてくれるバイクとなっていました。 CT110がCT125のベースデザインとなったのは、 排気量アップによってより本格的なトレッキングバイクとなったことを強調したかったためではないでしょうか。 スーパーカブC125 かくしてハンターカブはCT125 ハンターカブとして 37年ぶりに復活することとなったのです。 新型ハンターカブは現行車であるスーパーカブC125(こちらは 都会的なデザインが印象的)をベース車として開発されています。 エンジンパワーを確かめたい方はスーパーカブC125に乗ってみると良いでしょう。 CT125ハンターカブの注目点 ルックス・性能・経済性の三拍子揃っているのがハンターカブです。 それは新型でも継承されています。 以下では新型ハンターカブの注目点を見ていきましょう。 アウトドアレジャーでの活躍が期待できる デュアルパーパスバイクですから、未舗装の道路を走るといったアウトドアレジャーとしての楽しみ方があります。 未舗装でも高い走行性能を発揮するとなれば当然、 林道ツーリングにも参戦可能です。 性能と同様に ヴィジュアルもアウトドアレジャーで映えそうな活動的なデザインとなっています。 機能美を感じさせるメカニカル・テイストが美しいです。 充実した性能・装備品 未舗装路でも安定した走行性能を発揮するサスペンション、現行のスーパーカブと同じ 124cc空冷4ストローク OHC 単気筒エンジンとそのエンジン周りを守る アンダーガード、さらにブレーキは前後共に ディスクブレーキが採用されているなど、アウトドアレジャー向けバイクとしての名に恥じない充実した装備です。 スーパーカブC125よりも 装備は頑丈です。 専用のリアキャリアは縦477mm x 横409mmのサイズ設定にすることで積載能力を向上、荷掛けフックの数は4箇所用意されているので安定した積載能力が期待されます。 カタログ値で67. 5Lとなっています。 実燃費により近いカタログ値であるWMTCモード値(クラス1)は1名乗車時で67. 6kmを燃料満タンで走ることができる計算です。 東京都から愛知県名古屋市に給油無しで到着できるくらいの燃費性能を期待して良いでしょう。 新車価格は税込440,000円 CT125ハンターカブの新車価格は税込440,000円です。 上述したベース車のスーパーカブC125は税込407,000円ですから、4万円弱多く支払うだけで林道をより快適・カッコよく走ることができると考えることもできます。 排気量250ccのCRF250 RALLY(オフロードバイク )が715,000円ですから、それよりも30万円弱安い値段でオフロード走行を楽しめるという見方もできます。 まとめ 125ccなので高速こそ乗れないですが、街乗りから未舗装路・林道ドライブそしてロングツーリングまで使えちゃいそうな新型ハンターカブ。 バイク遊びの幅が増えること間違えなしです。

次の

【ハンターカブCT125】クロスカブの新型は125ccに!発売日や価格、スペックはどうなる?

ハンター カブ 新型

今回、アウトドアレジャーの用途に適した装備を採用した新型の原付二種(第二種原動機付自転車)レジャーモデル新型「CT125・ハンターカブ」が展示され、詳細情報が発表された。 CT125・ハンターカブは、「Super Cub(スーパーカブ)」シリーズの魅力である普段使いの気軽さに加えて、郊外へのツーリングやキャンプなどさまざまなアウトドアレジャーへの移動手段として、楽しみをより一層拡げる機能性を備えたモデルだ。 車体は、スーパーカブC125をベースに、市街地走行から郊外へのツーリングや林道でのトレッキングなど、幅広い走行状況を想定した車体諸元とフレーム剛性バランスの最適化を図るとともに、不整地でのトレッキング性能をより高める装備として、110mmのストローク量を持たせたフロントフォーク、アップマフラーやアンダーガードなどを採用。 ブレーキは前後にディスクブレーキを採用している。 ヘッドパイプまわりの補強や、追加されたピボットプレートなどにより、市街地からトレッキングまで幅広い走行状況を想定した剛性バランスの最適化を図っている。 ・一般的なモーターサイクルと同形状のトップブリッジとテレスコピック式フロントフォークに、アップハンドルを採用。 見晴らしの良いアップライトなライディングポジションとしている。 ・路面の凹凸がある不整地などの走行状況での車体取り扱い性を高めるため、アップマフラーやアンダーガードを採用するなど、165mmの最低地上高を確保している。 制動時の安心感をさらに高めている。 ・前後ホイールには、足まわりを引き締めるマットグレー塗装仕上げのスチールリムにステンレススポークを採用している。 ABSを装備していない車両と同様に、コーナー等の手前では十分な減速が必要であり、無理な運転までは対応できません。 ABS作動時は、キックパック(揺り戻し)によってシステム作動を知らせます。 市街地での頻繁な発進停止や荷物積載時の登坂路走行から、ツーリングやトレッキングにおけるゆったりとした巡航時など、低中速域での力強さを重視した出力特性としている。 ・カラーリングは、市街地からアウトドアまで幅広い環境に調和するグローイングレッドとマットフレスコブラウンの全2色を設定。 エンブレムには歴史あるHonda二輪プロダクトブランドであることを象徴する、オールドタイプのウイングマークを採用している。 ・容量5. 3Lのフューエルタンクを採用。 長距離ツーリングなどでの安心感をより高めている。 ・さまざまな荷物の積載に便利な大型リアキャリアを装備している。 ・2人乗りに対応するピリオンステップを装備している。 ・エンジン始動が簡単なセルフ式スターターに加え、キック式スターターも装備している。 5[8. 500 2速:1. 550 3速:1. 150 4速:0. , Ltd. ユーザーの使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態 装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。 走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。 情報提供元 [ ].

次の