シャボン 玉 歯磨き粉。 【シャボン玉石けん歯磨き粉】無添加で安心との口コミだけど・・・

歯磨き粉を変えて1年。石鹸歯磨き粉を3種類使って今思うこと。

シャボン 玉 歯磨き粉

Contents• フッ素はガンを促進 世間的に、フッ素は有害でなく虫歯予防に効果的という説が蔓延しているですが、 フッ素は数多くある化学物質のなかで最も危険であるとも言われており、世界各国でその有害性が指摘されています。 また、 フッ素には強い酸化作用があり、ガン化を促進し、脳神経障害を引き起こすともいわれています。 また、 脳の松果体(脳に存在する小さな内分泌器)の石灰化や、神経の発達に悪影響を起こし子どものIQ低下、妊娠中であれば母体の胎盤を通過し、胎児の脳神経系の発達に深刻なダメージを与える危険性まであるといわれているのです。 もともと、フッ素は家畜をおとなしくするために飲ませる場合があったそうですが、人体に初めて使用したのはナチス・ドイツとされ、 強制収容所の囚人をおとなしくさせるために水道水にフッ素添加を行っていたそうです・・・絶対危険ですよね。 フッ素の毒性を隠す組織 そもそもフッ素利用の始まりは、アメリカにおけるアルミニウム産業でした。 産業廃棄物であるフッ素の毒性と処理に手を焼いていたアルコア社の主任研者フランシス・フレイリーが、メロン産業研究所研究員ジェラルド・コックスにフッ素の歯に与える影響を研究して、その有効利用を提案したのが始まりです。 その後コックスは 1939 年に虫歯予防のために、公用の水道水にフッ素を添加することを提唱します。 このメロン産業研究所はアルコア社の株主であるアンドリュー・メロンが設立したもので、真の目的は大企業が起こす大気汚染・土壌汚染などの公害に対して行われる訴訟から、産業を守るために有利なデータを作成することでした。 同社は、アスベスト産業を守るために「アスベストは安全である」と長年主張し続けている会社でもあるのです。 そんな会社がフッ素の虫歯予防効果を提唱しても、信じろという方が無理な話です。 フッ素の危険性を主張して消された人々 その後、欧米で「宣伝広告の父」と呼ばれるエドワード・バーネイが「虫歯予防にフッ素」というキャッチフレーズで、水道水へのフッ化物添加キャンペーンをテレビ・ラジオ・ポスターなどを用いて全米で大々的に展開しました。 そして、「フッ素は安全なもの、体に良いもの」というイメージが一般社会に定着していったのです。 1950 年代にはフッ素支持派と反対派の一大論争が巻き起こりましたが、ジョージ・ウォルドボット博士のようにフッ素が人体に与える影響を科学的に研究し、その危険性を訴える先駆者は全て弾圧されていきました。 そして、弾圧されただけでなく変人やインチキ科学者のレッテルを貼られ、社会的信用を失墜させられてしまいました。 それには、当時世間からフッ素が安全と認識される必要がある、重要な理由があったことも影響しています。 核兵器製造時に大量に排出されるフッ素 それが核兵器です。 フッ素支持派の筆頭でもあり、広島に投下した原子爆弾を開発した「マンハッタン・プロジェクト」の科学者であるハロルド・ホッジ博士は、予期される核実験反対や訴訟に備えて、あらかじめウランやプルトニウムを人体に注射し、その毒性を測る実験を指揮していました。 それと同時に、 核兵器製造時に大量に使用し排出されるフッ素ガスの毒性を、一般大衆に察知されないように、安全性をアピールしておく必要があったというのです。 そのために、どうしても「フッ素は安全」というイメージを一般人に浸透させておく必要があったのです。 フッ素不使用の歯磨き粉を使う こうして現在に至るまで、フッ素の危険性は一般人にほとんど認識されず、虫歯予防に効果があるという説が主流を占める形になっています。 しかし、その危険性は ヒ素やアスベストを上回るとも言われるほどであり、虫歯予防にはなってもそれ以上の 重大な病気にかかってしまう危険性があるのです。 それゆえ、フッ素が有害な物質だと知った時点で、フッ素を摂取しないような生活に切り替えることをお勧めします。 歯医者でもフッ素を塗ってくる所がありますが、帰宅後しっかり歯磨きをして洗い流したいものです。

次の

シャボン玉のせっけんハミガキの薬用と普通の奴を両方レビュー

シャボン 玉 歯磨き粉

キーワード• すべてを含む• いずれかを含む• 除外する 検索範囲• すべて• 商品名のみ カテゴリ• 送料無料• 条件付き送料無料 配送• 当日配送 きょうつく• 翌日配送 あすつく• 今からの注文で 販売の状態• 在庫ありのみ• 予約可能• 割引あり 商品の状態• すべて• 中古 価格帯• 円~ 円 出品者• すべて• ストア• 個人 支払い方法• 指定なし• Yahoo! ウォレット• クレジットカード• 商品代引• 銀行振込• コンビニ• ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い• ドコモ払い• auかんたん決済• Yahoo! 選択した条件をクリア.

次の

フッ素の入っていない「シャボン玉せっけんの歯磨き粉」を使い続ける

シャボン 玉 歯磨き粉

前回の記事では石鹸のことを書きましたが、石鹸を使い始めたのと同じ頃から、歯磨き粉も自分で選んで使うようになりました。 今回は、今まで1年間で使ってきた歯磨き粉を振り返りたいと思います。 前回の記事でも書いたように、一般的に売られているシャンプー等の中にはラウリル硫酸などが入っており、洗浄力が高すぎるなど問題視されています。 そのラウリル硫酸系の物質は、多くの歯磨き粉にも入っています。 口の中に入れるもの(&飲み込んでしまったりなど、体内にも十分入りうるもの)なのに、 人工的に作られた「飲み込むと有害」な物質が入っているという。 また、料や歯磨き粉に入っているスクラブ材として、プラスチック等でできた マイクロビーズというのがあるらしく、海の生物などが食べてしまうなどの問題があります。 そのため、欧米諸国ではマイクロビーズの使用が禁止される動きが表立ってきています。 こちらは歯磨き粉の"ツブツブ"の正体について取り上げています。 歯茎の間に"ツブツブ"が残っている写真はなかなか衝撃的、、 これらのことは、「環境に良くない」とだけ言ってしまえば、正義感を振りかざしているように聞こえるかもしれません。 だけど、私たちも"環境"の一部です。 自分たちが何もしらずに有害なものを口にしているという直接的な形であれ、有害なものを食べてしまった魚を食べるという間接的な形であれ、 「環境に良くない」ことは「自分たちの体に良くない」ことなのだと思います。 こういうことをちゃんと考えようと思うようになったのは、での出逢いがきっかけです。 船上での企画でもやオーガニックとは?みたいな内容のものがあったのも大きいですが、この手の考えがいちばん腑に落ちたのは船で出逢った友人の言葉でした。 シャンプーなどでオーガニック製品を使っている子がいて、「そういうのってちょっと値段が高かったりするけど、そこはどう考えてるの?」と聞いたところ、「それは 健康への投資やと思ってる」と言われ。 ただ"正しいこと"だからやっているというだけじゃないんだな、自分のためになるんだな、と思えた瞬間でした。 一般的なものは150円くらいだということを考えると倍の値段にはなるけれど、「このくらいなら自分でも買えるな」と思い、試してみることに。 この1年で使ってきた歯磨き粉 この1年で使ってきた歯磨き粉は、発泡剤に石鹸素地を使った「石鹸歯磨き粉」。 石鹸素地が入っているからといって、 石鹸のにおいや味がするわけではありません。 でお手頃な値段で売っている3つの石鹸歯磨き粉を試してきたので、紹介します。 石鹸歯磨き粉は泡立ちすぎず、ちゃんと歯ブラシで歯を磨けている実感があります。 でも、ただブラッシングしたいだけなら歯磨き粉は不要なわけで。 上記3つの歯磨き粉はしっかり爽快感もあり、すっきりします。 歯磨き粉を使わずに歯磨きをしている人もいるのは知っているので、歯磨き粉は必ずしも生活必需品とは言えません。 なくて良いと思えるなら、身軽に暮らせるし節約にもなるので良いと思います。 でも今のところ、私は歯磨き粉を使いたいと思っています。 私は口の中をすっきりさせたくて歯磨きをしているからです。 自分で選んだ納得感を大事にしたい。 歯磨き粉に限らず、こうして 自分で使う必要性を理解した上で、自分で納得して選択したものを使うということは、精神的にも良い効果をもたらしてくれている気がします。 今後、歯磨き粉を使う回数を減らしてみようかなと思っているし、ゆくゆくは使わなくてもいいと思える状態になったらいいなとは思っています。 でも今のところはベストな選択に至れたかなという感じがあります。 この納得感を大事に、また他のものも、できるところから納得できるものを使えるようになっていきたいです。 関連記事• 上記でも、「ゆくゆくは使わなくてもいい」と書いていたわけですが、一旦歯磨き粉をやめた時期がありました。 そのことを書いた記事がこちらです。 竹でできた歯ブラシを使っています。 ぜひ多くの方に知ってほしい、超おすすめの歯ブラシです。

次の