ハクビシン 駆除 自分で。 ハクビシン駆除の料金相場とおすすめの駆除業者ランキング

ハクビシンの捕獲方法5ステップ!捕獲に許可や資格は必要?

ハクビシン 駆除 自分で

ハクビシンの習性 ハクビシンはジャコウネコ科の動物で、ネコのようにすばしっこく、木にも巧みに登ることができるため、捕獲するのが大変な動物です。 また夜行性のため、昼間はねぐらで静かにしていますが、夜になると活動し始め、母子を中心として家族単位の群れで行動する動物です。 見た目には狸やアライグマと似ているので、間違える人もいるくらいです。 ハクビシンの見分け方は、鼻から伸びる白いライン模様が入っていること。 通常は山林などで生活していますが、近年では民家に餌を求めて現れることも多く、ハクビシンによる被害が拡大しています。 ハクビシンの餌 ハクビシンは雑食動物で、山林に住んでいる時は、木の実やネズミ、カエル、小鳥などの小動物を食べています。 しかし、人里に降りてきたハクビシンは、野菜など畑の農作物を食い荒らしたり、甘いものが好きなので、果実園の果物を狙ったりします。 また、魚や肉なども好物なので、池で飼っている魚なども捕まえて食べられてしまうことがあります。 とにかく、何でも食べるので、民家に現れると食べかすや生ゴミまであさる厄介者となります。 ハクビシンを自分で駆除・捕獲する ハクビシンを駆除・捕獲する前に ハクビシンは鳥獣保護管理法で保護されているため、むやみに駆除・捕獲することができない動物なのです。 ですから、素人が勝手に駆除・捕獲すると問題になる可能性があるので注意が必要です。 ただ、人体被害や経済被害、家屋に住みついて糞尿をするなどの被害が出た場合は、地方自治体に申請すると駆除・捕獲ができる可能性があります。 もしご自身で駆除・捕獲する場合は、お住まいの地域の管轄機関に必ず問い合わせをしましょう。 ハクビシンを駆除するには ハクビシンよグッバイ リンク ハクビシンの通り道などに仕掛けておきます。 ハクビシンの好きなものを捕獲器に仕掛けておき、踏板を踏めば仕掛けが作動するようにします。 ただし、こうした罠を仕掛ける場合、ハクビシン以外の動物や子どもが誤って罠にかからないように注意が必要となります。 もしハクビシンを捕獲した場合、勝手に山林などに放すことは禁じられていますので、必ずお住まいの地域の地方自治体に連絡するようにしましょう。 自分で駆除・捕獲できなかった場合 ハクビシンはとても用心深く、素人には手に負えないことがあります。 また、一時的に駆除できたとしても、すき間があるとまた入り込まれる可能性もあります。 もし自分の手に負えないと思った場合は、害獣駆除専門業者に依頼するのが一番です。 害獣駆除専門業者は、ハクビシンの生態や特質を理解し、最も効果的な方法で駆除・捕獲してくれるでしょう。

次の

【ハクビシンの駆除】自分でできるハクビシンを対策する方法を知ろう!

ハクビシン 駆除 自分で

ハクビシンの侵入を防ぐ効果的な方法は? 以前「」の記事で詳しくご説明しましたが、ハクビシンは一度ねぐらと決めたところに住み着いてしまう習性があります。 そのため、まだ家にハクビシンが棲み付いておらず、近くでハクビシンを見かけたり、ハクビシンの痕跡を見かけた場合は棲み付かれる前に対策を取りましょう。 棲み付かせないためには 「寄せ付けない&侵入させない」必要があります。 餌になる物 ゴミ・未収穫の果実 を放置しない ハクビシンが都会に順応し繁殖しているのには 「餌がある」というのが大きな理由の一つです。 果樹を好むハクビシンですが、雑食性で 昆虫や鳥、人間が出したごみなども食べます。 そのため、庭先にゴミを放置したり、果樹 柿の木など がある場合は、収穫しない果実や落ちた果樹を放置したりすると餌場として寄りついてしまいます。 完全夜行性のハクビシンは、夜中に餌を求めて動くので、深夜のゴミ出しなどをしないようにするだけでも寄せ付けなくすることはできるでしょう。 隠れ蓑になるような落ち葉・雑草は掃除をする ハクビシンは警戒心が強く、 見通しの良い場所を通るのを避ける習性があります。 移動経路となりやすい 排水溝や側溝、家の庭先などの落ち葉や枯れ枝を取り除いたり、伸びた 雑草を綺麗に刈り取るだけでもハクビシンは警戒して通らなくなることがあります。 除草方法については「」の記事で紹介していますので、参考にしてみてください。 屋根に渡れるような枝が伸びている木があれば剪定する ハクビシンは木登りが得意で、樹上生活者と呼ばれています。 細い電線も器用に渡ってしまうので、木や電線をつたって移動するため、 自宅の屋根に渡れそうな木の枝があれば剪定するというのも一つの対策です。 ハクビシンは垂直跳びが1m10cmできるという特徴がありますが、ジャンプして家に侵入することはなく、ほとんどが屋根伝い、電線、木を移動してきます。 「自分の家に渡らせない」というのは棲み付かせないうえで大切な対策です。 自宅周辺、屋根の上を移動しにくいように細工をする 隣家との距離が近く、自宅に渡らせない対策を取ることがどうしてもできない場合は、 「バードスパイク」のようなハクビシンの歩行を困難にするような障害物を設置するのも一つの方法です。 主に鳥よけとして販売されているこれらの商品は、ハクビシンのように塀や屋根の細い場所を通る害獣にも効果があります。 青色ストロボを利用して寄せ付けない ハクビシンのような 夜行性の生物は、青色の光を嫌うため「青色ストロボ」や「青色LEDライト」などを用いて寄せ付けないという方法があります。 これは、夜行性の動物は色覚が発達しないと言われているためで、以前、 虫の可視光域が人と違うので、赤色のネットを利用することで作物を守る方法があると説明したことがありますが、これと同じで 夜行性の動物は青い光を認識しやすいという特徴があるのです。 参考>>> 青色光は、ハクビシンだけではなく他の夜行性の動物にも有効なため、忌避効果は高いのですが、1つ難点としては「この青色光を目印に虫が寄ってきてしまう」という事でしょう。 「畑に設置するから虫はどうでもいい!」とか「虫はともかくハクビシンを寄せ付けたくない!」という人は、青色光を点滅させるストロボなどを設置すると良いでしょう。 ウルフピーで寄せ付けない ハクビシンは、肛門腺に悪臭のある分泌物を持っていて、仲間との連絡を取るという事で 「ウルフピー」などの大きな肉食動物の尿を使った忌避剤があります。 夜行性のハクビシンは、視覚よりも嗅覚や聴覚が発達しており、臭いを利用した忌避剤は効果があると言われています。 ただ、この忌避剤の難点は、• ペットを飼っている場合は使用しにくい• 臭いがするので一般家庭の庭などには使いにくい• 雨が降るとが効果が薄まりやすく、数日しか効果が持続しない 等の点でしょう。 ハクビシンの学習能力に期待して、一時的に恐怖感を与えることとで逃げて行ってくれるといいのですが、効果はさほど満足いくものではないかもしれません。 都会で生まれ育ち狼を見たことがないハクビシンにも、DNAに狼という存在はすり込まれているのでしょうかね?.

次の

「屋根裏に動物がいる?」|自分で見分ける方法と駆除について

ハクビシン 駆除 自分で

まずはハクビシンによるお庭や畑、家庭菜園への被害事例を知っておきましょう。 農作物を食い荒らす 近年、ハクビシンによる農作物被害は全国各地で多発しています。 現在では東京都など都会にも生息域を拡大しています。 生態は雑食性で、小動物や果実、農作物と何でも食べてしまいます。 特に トウモロコシ・ミカン・スイカなど糖 度が高い作物を好んで食べます。 またハクビシンは夜行性のため、人に姿を見られずにあなたが育てた野菜や作物を荒らしていきます。 そして、さらに深刻な問題が、、、。 それは 野菜や果実の実を食べるだけではなく「茎」まで食べてしまうことです。 するとその作物は収穫が出来なくなり、やがて枯れてしまいます。 実を食べるだけならまだしも、茎をやられてしまうと大切に育てた作物が水の泡。。 あなたのお庭や畑を荒らしている犯人は一体誰なのか? まずはハクビシンの食べ方の特徴を確認していきましょう! トウモロコシ トウモロコシは、実の部分だけを食べます。 そのため、 芯の部分が残っていればハクビシンの仕業であることが多いでしょう。 またアライグマやタヌキはトウモロコシの茎を倒して食べるのに対して、 ハクビシンは茎を斜めに倒して実を食べるのも特徴です。 ぶどう ぶどうは、袋で実を包んでいても食べられることがあります。 しかもまだ青い粒は残して食べごろの実だけを食べることも。 木の上から袋を口で破り、その穴から顔を入れて実を食べていくのです。 包んでいる袋が破られている場合は、ハクビシンの可能性が高いでしょう。 いちご イチゴは、器用に実を食いちぎるのでヘタが残ることが多いのが特徴です。 ヘタやちょっとした実がついてるいちごが残っている場合はハクビシンでしょう。 ただし臭いは時間が経過すると効果が弱くなっていくので、定期的な散布を心がけましょう。 ハクビシン用のオススメ忌避剤についてはこちらの記事で詳しく紹介しているので、興味のある方はぜひご覧ください。 >> 有刺鉄線付きのフェンスや柵 ハクビシンは垂直に1mジャンプすることができるので、通常のフェンスでは乗り越えられてしまうことがあります。 フェンスや柵も対策になりますが、さらに 有刺鉄線を侵入しそうなところへ張るとハクビシンは入りにくくなり、また痛いのを嫌うので効果的です。 個人でも簡単にできる対策ですので、ホームセンターなどでチェックしてみるのをオススメします。 電気柵 ハクビシンは6cmの隙間があれば通り抜けられるため、畑を網などで囲むのは難しいです。 しかし電気ショックに弱いので、電気柵は効果的です。 電気柵に触れると弱い電流によってびっくりさせるため、警戒心が強いハクビシンは近寄らなくなります。 電気柵にはいくつか種類があったり、何重にも柵を張るなど対策方法は様々です。 電気柵のデメリットは、やはり設置へのハードルの高さと高額な値段です。 事前に電気柵について学んだり、道具の準備や設置に労力も必要になったりします。 ですが、時間やお金をかけられる方はぜひチャレンジする価値はあると思います。 その他の代表的なハクビシン対策方法はこちらの記事で解説しているので、詳しく知りたい方はぜひご確認ください。 >> 完璧にハクビシンを対策したい場合は害獣駆除業者に相談しましょう 「忌避剤で追い出しても、慣れてしまいまた戻ってきてしまう」 「せっかく設置したフェンスや電気柵も素人の力では突破されてしまうかも。。 」 これまでご紹介したようにハクビシン対策はあなたにもできます。 しかし、時間やお金、労力もかかってしまうのも事実です。 慣れない作業やたくさんの知識も必要となるとなかなか大変です。 頑張って対策したのに効果がなければ本当にがっかりです。 そんなお悩みも解決する方法はあります、そう「専門業者」です。 専門業者にお願いをすると、「捕獲」・「駆除」、そして農作物に被害を出さないようにするため畑やお庭への「侵入防止策」まで全て行ってくれるのです。 素人ではなかなか難しい駆除と再発防止策をお任せできるのはやっぱり心強いですね。 その他、メリットもいろいろとあるので完璧に対策するなら専門業者に相談しましょう。 おすすめのハクビシン駆除業者はこちらの記事で詳しく解説しているので、信頼できる業者を知りたい方はぜひご覧ください。 >> 庭や畑のハクビシン駆除は鳥獣保護法に注意! 「鳥獣保護法」という言葉を聞いたことはありますか? ハクビシンは、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律「鳥獣保護法」で保護されている狩猟鳥獣です。 法律によって守られているなんて知らない方も多いのではないでしょうか。 これらはハクビシンに限らず、ほとんどの野生鳥獣にも同じようなことが言えます。 ハクビシンの駆除や捕獲には、「実施前に自治体の許可を受ける」必要があり、また鳥獣保護法など狩猟のルールや法律に沿って行わなければいけません。 それを知らずにハクビシンの駆除を行ってしまうと、鳥獣保護法違反として罰則を受けてしまうことも。。 違反した場合は、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金です。 こんなことにならないためにいくつかポイントを見ていきましょう。 職業農家は許可がなくても捕獲や駆除が可能なこともある 鳥獣保護法の第13条によると、仕事として農業を行なっている方の畑であれば、許可なしで捕獲や駆除は可能です。 詳しい鳥獣保護法の内容は、下記で引用しております。 第十三条 農業又は林業の事業活動に伴い捕獲等又は採取等をすることがやむを得ない鳥獣若しくは鳥類の卵であって環境省令で定めるものは、第九条第一項の規定にかかわらず、環境大臣又は都道府県知事の許可を受けないで、環境省令で定めるところにより、捕獲等又は採取等をすることができる。 (引用:) 趣味のお庭や畑で行う家庭菜園では自治体の許可が必要 ご自宅のお庭や畑で行う家庭菜園で捕獲・駆除を行う場合は、自治体の許可が必要になります。 しかし、捕獲や駆除に該当しない忌避剤やフェンス、電気柵などの対策は許可を取る必要はありません。 一方で専門業者にお願いをすれば、狩猟免許を所持していて自治体に許可の申請を行った上で捕獲や駆除を行ってくれるので、面倒な手続きなども必要ありません。 ただし、一定数の悪徳業者がいるのも事実で、見積もりや対応をしっかりと見比べて判断をしましょう。 ハクビシンの生態や対策法などいろいろと見てきましたが、やはり大切なのは「ハクビシンを寄せ付けない」ことです。 まずはハクビシンがどうしてお庭や畑に来てしまうのかを知り、事前の対策をしっかり行いましょう! エサになるものを残しておかない ハクビシンに限らずエサがあれば動物は寄って来てしまいます。 ハクビシンは、エサが近くにあるところに巣をつくります。 そのため、エサとなるものがお庭や畑にないことが寄せ付けない方法となります。 収穫したあとの作物や食べ残し、空きカンなどの飲み残しもエサとなります。 ハクビシンは視覚によってエサを探したり認識したりするので、エサとなるものを「見えるところに置かない」「見えないようにする」ことが重要です。

次の