フレンチトースト 12時間。 丸1日かけて、ホテルオークラ特製「フレンチトースト」を再現してみた

オークラのフレンチトーストを家で再現。24時間かける価値あり

フレンチトースト 12時間

あんなにも大きい一口を食べたにもかかわらず、ノンストレスで胃の中を満たしていく。 それほどふわふわで柔らかく、溶けていく。 パン独特のパサパサ感はどこにも見当たらない、"偽りなきふわふわ"がここにある。 1枚 牛乳...... 300ml 生クリーム...... 100ml 卵黄...... 3個 バニラビーンズ...... 30g 無塩バター...... 大さじ1、小さじ1(それぞれ別工程で使用する) メープルシロップ...... 適量 グレープフルーツ...... 適量 ポイント 使うパンは、バゲットの生地を食パン型で焼いたハードトーストが、ベスト。 卵液がしみやすく、また材料が、小麦粉とイースト、塩、水のみでシンプルな味なので、卵液の美味しさが活き、好みの味に仕立てやすい。 グレープフルーツは今が旬(2月~4月)のがおすすめ。 その後、砂糖を加えて混ぜる。 砂糖は温めた牛乳に加えることで溶けやすくする。 ポイント 卵液に卵黄のみ使用するのは、より柔らかくプルプルに仕上げるため。 卵白を使うとかたくなったり、ムラが出やすくなってしまう。 ポイント 両端の耳を切り忘れると、卵液が染みてきたときにバランスが崩れてしまう。 きれいな形をめざすのならば決して忘れないこと。 24時間 耐熱容器にバター小さじ1を薄く塗り、卵液を流し入れる。 ここに、パンを入れ、冷蔵庫で12時間ほどおく。 12時間たったら形が崩れないように注意して裏返し、さらに冷蔵庫で12時間おく。 裏返すときはフライ返しなどを使うとよい。 準備ができたら110〜120度に予熱したオーブンに入れ、40分〜1時間加熱する。 このとき、 全体にじっくりと均一に熱が入るようにするため、上部に直接熱が当たらないようアルミホイルをかぶせる。 焼いている最中にパンの上面にもきび砂糖をふりかけ、焼き目がついたら裏返す。 この工程でもパンはプルプルな状態のため、フライ返しなどを使って作業するとよい。

次の

フレンチトーストの焼き方。外はカリッと、中はふんわりジュワッと。|RecipeMemo[レシピメモ]

フレンチトースト 12時間

時短で作りたい場合は、片面1分半、ひっくり返してさらに1分半、計3分だけ浸せばOK。 じっくり漬けて しっかりと染み込ませたい場合は一晩つけることをおすすめします。 朝食で食べる場合は夜寝る前に漬けておくと、中までしっかり染み込ませることができるので効率的です。 有名ホテルのフレンチトーストはなんと24時間浸すのだとか。 パンの内部にまでしっかり染み込ませると、味がしっかりつくだけではなくしっとりふんわりの本格的なフレンチトーストに仕上がります。 一度試してみたいですよね。 パンが卵液を吸い取るのにかかる時間はパンの厚さによります。 分厚いパンで作る場合は是非、一晩から1日かけて浸してみましょう。 フレンチトーストの付け合わせのおすすめは? フレンチトーストを作るとき、付け合せに悩む人もいるのではないでしょうか。 実は、 フレンチトーストは意外とどんな付け合わせとでも美味しく食べられます。 フレンチトーストを朝食にするときにおすすめの付け合せ• 生野菜サラダ• ポテトサラダ• シリアル• ヨーグルト• カットしたフルーツ• 焼いたウインナーやベーコン• チキンナゲット• フライドポテト• ハッシュドポテト• チーズ• オムレツやスクランブルエッグなどの簡単な卵料理• キッシュ などはいかがでしょうか。 主役である フレンチトーストが甘いので、甘くないつけ合わせと一緒に食べればしっかり食事として楽しむことができます。 コーンスープやコンソメスープ、ミネストローネ、クラムチャウダーなどの スープもあるとさらに豪華で栄養バランスの良い朝食になりますよ。 付け合わせと一緒に大きめのお皿やプレートにきれいに盛り付ければ、簡単におうちでカフェのような雰囲気が味わえます。 朝からあまり がっつり食べられない人は、ヨーグルトやカットしたフルーツを添えると食べやすいでしょう。 フレンチトーストをおやつにするときにおすすめの付け合せ• ホイップクリーム• ヨーグルト• カットしたフルーツ• ナッツ• アイスクリーム などと一緒に食べると子どもも喜ぶし、甘党の人にはたまらないですよね。 普段はメープルシロップやはちみつや粉砂糖をかけて食べるところを、 チョコソースやキャラメルソース、ジャムなどに変えてみるのもおすすめです。 チョコソースをかけるときの付け合せはカットしたバナナで決まりです! 是非、チョコバナナフレンチトースト試してみて下さいね。 ちょっとアレンジしたいなら、 黒蜜ときな粉をかけて和風なフレンチトーストはいかがでしょうか。 このとき、卵液に使う牛乳を豆乳に変えるのがおすすめ。 乳製品アレルギーの人でも安心して食べられます。 さらに小倉を添えればいつもとは一味違った豪華なフレンチトーストの完成です。 まとめ フレンチトーストは簡単に作ることが出来てどんな付けあわせでも合う、朝食でもランチでもおやつとしても食べられる、最高のメニューですね! 作り方はとっても簡単なので、子どもと一緒に楽しむ料理としてもぴったりだと思います。 時間があるときは是非一晩~1日卵液に浸して、お店のようなしっとりふわふわのフレンチトーストに挑戦してみてください。 付け合せやトッピング次第で何通りもの楽しみ方ができるのも魅力ですよね。 付け合わせと一緒に盛り付けて、おうちで簡単にカフェ気分を楽しんでくださいね!.

次の

ホテルオークラの「フレンチトースト」をお家で再現。極上のとろふわ感に感激〜

フレンチトースト 12時間

時短で作りたい場合は、片面1分半、ひっくり返してさらに1分半、計3分だけ浸せばOK。 じっくり漬けて しっかりと染み込ませたい場合は一晩つけることをおすすめします。 朝食で食べる場合は夜寝る前に漬けておくと、中までしっかり染み込ませることができるので効率的です。 有名ホテルのフレンチトーストはなんと24時間浸すのだとか。 パンの内部にまでしっかり染み込ませると、味がしっかりつくだけではなくしっとりふんわりの本格的なフレンチトーストに仕上がります。 一度試してみたいですよね。 パンが卵液を吸い取るのにかかる時間はパンの厚さによります。 分厚いパンで作る場合は是非、一晩から1日かけて浸してみましょう。 フレンチトーストの付け合わせのおすすめは? フレンチトーストを作るとき、付け合せに悩む人もいるのではないでしょうか。 実は、 フレンチトーストは意外とどんな付け合わせとでも美味しく食べられます。 フレンチトーストを朝食にするときにおすすめの付け合せ• 生野菜サラダ• ポテトサラダ• シリアル• ヨーグルト• カットしたフルーツ• 焼いたウインナーやベーコン• チキンナゲット• フライドポテト• ハッシュドポテト• チーズ• オムレツやスクランブルエッグなどの簡単な卵料理• キッシュ などはいかがでしょうか。 主役である フレンチトーストが甘いので、甘くないつけ合わせと一緒に食べればしっかり食事として楽しむことができます。 コーンスープやコンソメスープ、ミネストローネ、クラムチャウダーなどの スープもあるとさらに豪華で栄養バランスの良い朝食になりますよ。 付け合わせと一緒に大きめのお皿やプレートにきれいに盛り付ければ、簡単におうちでカフェのような雰囲気が味わえます。 朝からあまり がっつり食べられない人は、ヨーグルトやカットしたフルーツを添えると食べやすいでしょう。 フレンチトーストをおやつにするときにおすすめの付け合せ• ホイップクリーム• ヨーグルト• カットしたフルーツ• ナッツ• アイスクリーム などと一緒に食べると子どもも喜ぶし、甘党の人にはたまらないですよね。 普段はメープルシロップやはちみつや粉砂糖をかけて食べるところを、 チョコソースやキャラメルソース、ジャムなどに変えてみるのもおすすめです。 チョコソースをかけるときの付け合せはカットしたバナナで決まりです! 是非、チョコバナナフレンチトースト試してみて下さいね。 ちょっとアレンジしたいなら、 黒蜜ときな粉をかけて和風なフレンチトーストはいかがでしょうか。 このとき、卵液に使う牛乳を豆乳に変えるのがおすすめ。 乳製品アレルギーの人でも安心して食べられます。 さらに小倉を添えればいつもとは一味違った豪華なフレンチトーストの完成です。 まとめ フレンチトーストは簡単に作ることが出来てどんな付けあわせでも合う、朝食でもランチでもおやつとしても食べられる、最高のメニューですね! 作り方はとっても簡単なので、子どもと一緒に楽しむ料理としてもぴったりだと思います。 時間があるときは是非一晩~1日卵液に浸して、お店のようなしっとりふわふわのフレンチトーストに挑戦してみてください。 付け合せやトッピング次第で何通りもの楽しみ方ができるのも魅力ですよね。 付け合わせと一緒に盛り付けて、おうちで簡単にカフェ気分を楽しんでくださいね!.

次の