マトリックス 考察。 マトリックス(映画)の世界

マトリックスについて質問です最後ネオは結局どうなったのですか?死んでし...

マトリックス 考察

マトリックスの楽しみ方 映画「マトリックス」の楽しみ方は色々あると思います。 アクション映画として観ても面白いし、 哲学映画として観ても奥が深い。 2作目はカンフー映画だし、 3作目は戦争映画や「風の谷のナウシカ」を想起させます。 とりわけ、このメルマガではスピリチュアル的な観点から、 マトリックスを紐解いていきます。 映画に限らず、古典や寓話や小説なんでもいいですが、 すべてを「私個人の心の中の出来事」として解釈すると、 そこに隠されたメッセージを読み取りやすくなります。 マトリックスも例外ではありません。 登場人物たちをはじめ、戦いや恋愛模様などの様々な描写は、 すべて「あなた」の心の中で起きている出来事だと思ってください。 マトリックスのあらすじ まずは、Wikipedia先生にご登場いただき、 マトリックスのあらすじをご紹介します。 トーマス・アンダーソンは、大手ソフトウェア会社のメタ・コーテックスに勤めるプログラマである。 しかし、トーマスにはあらゆるコンピュータ犯罪を起こす天才クラッカー、ネオという、もう1つの顔があった。 平凡な日々を送っていたトーマスは、ここ最近、起きているのに夢を見ているような感覚に悩まされ「今生きているこの世界は、もしかしたら夢なのではないか」という、漠然とした違和感を抱いていたが、それを裏付ける確証も得られず毎日を過ごしていた。 ある日、トーマスは「起きろ、ネオ」「マトリックスが見ている」「白ウサギについて行け」という謎のメールを受け取る。 ほどなくしてトリニティと名乗る謎の女性と出会ったトーマスは、トリニティの仲間のモーフィアスを紹介され「貴方が生きているこの世界は、コンピュータによって作られた仮想現実だ」と告げられ、このまま仮想現実で生きるか、現実の世界で目覚めるかの選択を迫られる。 日常の違和感に悩まされていたトーマスは現実の世界で目覚める事を選択する。 Wikipediaより引用 もしかしたら、今、このブログをお読みのあなたも、 主人公トーマスのように現実と夢との境目が曖昧になってきていたり、 「目覚め」というものを経験したいと思っているのかも知れません。 マトリックスの概要をスピリチュアル的な観点から解釈すると、 まさに「悟り」や「覚醒」といったテーマが浮かび上がってきます。 僕らは今こうして地球に暮らし、一人の人間として体験を積んでいますが、 「母なる地球」ともいうように、母の元で安心して遊ぶ子どものようです。 もし、自分の周りで現状気に食わないことばかりが起きているとしたら、 それはマトリックス(母体=世界)とケンカしているからでしょう。 「現実は夢である」というある賢者の言葉もありますが、 目に見えるもの、手に触れているものはありのままの真実のようで、 真実とはまったく違う欠けた情報として僕らは解釈しています。 それが腑に落ちればネオ(覚醒したトーマス)のように、 マトリックスで空を飛ぶことさえも可能となるでしょう。 マトリックスの冒頭の冒頭 さて、ここからはストーリーを追っていくことにしましょう。 ~~ マトリックスに潜入したトリニティが、 警官とエージェントに追われている。 間一髪、エージェントからの追撃を振り切って、 リアルの世界(ザイオン)へと戻る。 トリニティたちは公衆電話(アナログ回線)を使って、 マトリックスとその外のリアルを行き来する。 物語を通じて主人公トーマスも、 ヒロインのトリニティをきっかけにワンネスを体験することになります。 マトリックス世界は0と1(有限性・二元性・デジタル)で出来ています。 それに反して、リアル(ザイオン)世界は0も1もあれば、 小数点以下も-もある非二元性(無限性・多様性・アナログ)の世界です。 だからデジタルの世界とアナログの世界と出入り口は、 アナログ回線の電話として描写されているのでしょう。 二元性プログラムの囚人 マトリックスの世界観は僕らの心の内を描写しています。 僕ら人間は過去の経験を元に条件反射の回路を脳やDNAに刻み込み、 そのプログラムどおりに自動思考し動いてしまうことが多々あります。 いえ、自分の心の中をつぶさに観察したことがある人ならきっと、 「今の今まで、まるで催眠術に掛かっていたようだ」と言うことでしょう。 二元性プログラムは様々なレベルで僕らを支配しています。 「男の子なんだから泣かないの」といった個人的な経験から、 「働かざる者、食うべからず」といった社会的な集合意識・ルールまで。 僕らの多くは小さい頃(もしかしたら過去世)から着々と蓄積された、 メンタルブロックという二元性プログラムによる支配の下、 小さな箱の中に牢獄され、もがき続けてきました。 真実(調和・多様性)に気づいていない僕らの内的意識の総和が、 戦争・貧困・飢餓・欠乏となってマトリックス世界に投影されています。 まついゆうへい.

次の

マトリックス(映画)の世界

マトリックス 考察

あらすじ(ネタバレ) スミスに乗っ取られたベインと突然意識を失ったネオ。 両方とも昏睡状態であり、いつ復活するかわからない。 機械軍のザイオン到着にはもう20時間しかなかった。 そこに預言者の使いのセラフから連絡。 モーフィアスらは預言者と会いネオが機械の世界とマトリックスの間に捕らわれていることを知る。 セラフの案内の元、ネオ救出のために狭間の世界に向かうモーフィアスらだが、その狭間の世界の主であるトレインマンという男に逃げられてしまう。 次なる作戦としてモーフィアスらはトレインマンの主である前作でもお馴染みのフランス人メロビンジアンとの交渉という名の抗争に向かう。 結果、ネオを救出することにメロビンジアンを協力させることに成功させる。 その後、ネオのみはマトリックスに残り預言者に会いに行き、そこで様々なことについて預言者に尋ねる。 スミスとは一体何なのか、なぜ預言という誘導手段によって導いたのか。 預言者は戦争を終わらせるためにネオに行くべきところに行きなさいと伝える。 ネオと別れた預言者は、自身の預言能力で自身の死期を悟りながらスミスを待ち、そこで嫌々ながらスミスに吸収される。 一方、預言者と別れたネオは現実世界に戻り、行くべき場所について悟る。 それはマシーンシティであった。 それを悟ったネオはマシーンシティーに行くために船を貸してほしいと申し出るが、マシーンシティーへ向かう困難さから猛反対される。 それでもなおいかないといけないとスピーチを行った結果、2隻ある船のうちナイオビ船長から船を譲り受けることに成功し、ネオとトリニティの二人のみでマシーンシティへと向かう。 そのはずであったが、スミスに乗っ取られているベインがネオとトリニティーが載っている船に密かに潜入。 激戦ののちネオは両目を失うが何とかスミスを撃退する。 ザイオンでは三船隊長のもと機械軍を向かい打つための準備が着々と進んでいたが、あまりにも多い敵の数に圧倒され、三船隊長すらやられてしまう。 逆転の切り札となるEMPを持つナイオビ船長やモーフィアスらを乗せた船はザイオンに向かうが、受け入れの門が封鎖されてしまう。 しかし、三船隊長の意思を継いだキッドが何とか門を開き、無事にザイオンへ船が到着、EMPを使い、第一陣の敵を全滅させる。 第二陣によってザイオンの防護壁があと2時間で突破される。 タイムリミットが迫るが、なすすべもなく、あとはネオたちが助けてくれるのを願いばかりであった。 一方そのネオはいくべき道をたどり、マシーンシティへと向かった結果、敵の応戦もありなんとかマシーンシティへ不時着という形で何とか到着する。 しかしその不時着の代償はあまりに大きく、トリニティを失う。 マシーンシティーへと辿り着いたネオはマシーンシティーの支配者であるデウス・エクス・マキナと出会い、マトリックスのみならずマシーンシティーへも侵略しようとしているスミスを倒すことを条件に人間と機械の休戦を願い出た結果、なんとかデウス・エクス・マキナに受け入れてもらい、約束通りスミスを倒しにマトリックスへと突入する。 預言者の能力すらも持ち、ネオと同等の能力も持つスミスは強く、応戦をしたもののネオは瀕死にまで追い込まれる。 スミスによりネオはスミス化されるが、ネオはデウス・エクス・マキナを通じてマトリックスに入っているため、現実世界のネオを経由したデウス・エクス・マキナの攻撃により、同期していたスミス全体が破壊される。 ザイオンでは機械軍は撤収、マトリックスにおいてもスミス化されていた預言者を筆頭にスミス化が解除され、元のマトリックスへと戻る。 アーキテクトは語る。 今後、マトリックスから抜け出したい人間がいれば、それに応じると。 感想 3部作? 第一作の無印マトリックスは単独の作品としても観ることの出来る作品でしたが、 マ トリックスリローデッドとこの作品のマトリックスレボリューションズとでセットの印象を受けました。 どういうことかというと、マトリックスは2部作であって、「マトリックス」と「マトリックス2」があり、その「マトリックス2」を2分した内の前編がマトリックスリローデッドで後編がこのマトリックスレボリューションです。 したがってこの作品だけ観ると全くなんのことかわからない状態に陥ります。 おとなしく1から観ましょう。 マトリックスレボリューションズの評価 無印、リローデッドといい流れで来ていましたが、レボリューションズに関しては前作で消化しきれなかった部分をただただ引き延ばし引き延ばしして1作作りましたというようなイメージです。 ほぼ機械戦争であり、 ロボット万歳! パワードスーツ万歳! というような映画で、今までの戦闘シーンとはまた少し色合いが異なります。 このマトリックスシリーズの楽しみ方として、SFとしてのこの世界観の難しさを噛みながら味わいを楽しむような楽しみ方がありました。 しかし、 今作に関しては完全に前作のリローデッドで謎の伏線回収がほぼ終了しているので、正直あまり今作を観なくても大丈夫というレベルです。 解説 ほとんどは前作で解決されているといいますか、今作はあまり解説するようなことはあまりありませんが、解説します。 なぜ預言者はアーキテクトの事を秘密にしていたのか それはまだ言うべき時ではなかったから、とされています。 ネオがまだそのステージに行けなかったからです。 世界征服を目論むスミス スミスの秘密としてはネオが覚醒する際にシステムそのものがバランスを保とうとした結果生み出されたネオと正反対の性質を持ったものとされています。 破壊の神。

次の

映画『マトリックス』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

マトリックス 考察

そこで原文のスクリプトの設計者とネオの会話部分を読み ようやく意味がわかりました。 わかると映画のおもしろさも 増すはずです。 マトリックスの世界は、そもそもコンピュータシステムが 人間を支配した世界です。 そしてシステムが存続する エネルギー源がマトリックスに繋がれた人間です。 でも コンピュータがどうしても完全に理解できないものがあり ます。 それが人間の心、感情です。 それを調べるために 作られたプログラムがあの預言者です。 おかげでほとんどの感情をシステムに取り込むことが できたのですが、まだ完全ではないため、ザイオンにいる 人たちのような例外エラーが発生するのです。 システムが 予測していない感情が発生すると、前のマトリックスで あったようにエージェントが排除しに来るのです。 その例外エラーをなくすにはどうすればいいか。 システム のプログラムを修正すればいいのです。 修正するには 選ばれし者が持つ例外的な感情(コード)をプログラムに 取り込めばシステムがさらに完全なものに近づけられます。 それがソースに通じる右のドアを選択することです。 結局 選ばれし者は人類を救うためではなく、プログラム修正の ために存在していたのかもしれません。 ネオの前の5人は右のドアを選びました。 (ということは 5回プログラム修正が行われていて今が6個目のマトリッ クス)今のザイオンは攻撃されて滅びるけれど、マトリッ クスに繋がれた人間の中から23人を選んでまたザイオンを 作り直すことができるという希望があります。 (また滅ぼ されるかもしれませんが・・・)ネオのようにザイオンに 特別愛する人がいなかったから、今のザイオンが滅びても 新しいザイオンを作れることを選んだのでしょう。 左のドアを選べば、ザイオンは攻撃を受けることに変わりは ないのですが、プログラム修正を行わないということなので 例外エラーが減らず、システムがクラッシュしてしまったら 繋がれてる人間も滅亡して、結果、全人類滅亡となります。 ネオは5人より愛という感情を強く経験し、その感情が 選ばれし者の能力を高めています。 設計者としては、そんな ネオをプログラムに取り込みたいんでしょうが、ネオは拒否 します。 ネオがシステムに反逆した初めての選ばれし者 だったのです。 それだけで革命ですね。 長い上に、間違っていたらごめんなさい。 でもこの内容は普通、わからなくても当然だと思います。 この映画、深くて難しいです。 ネオの前任者5人は右のドアを自ら選んだように書きましたが、どうもそうではないようです。 設計者のせりふの中に「by design」とあり、意図的に右のドアを選ぶように仕組まれていた感じがします。 もともと愛という感情を持っても特別な愛情は芽生えないようになっているはずなのに、ネオはその制限を越えてしまった。 そしてネオは前任者たちと違い、自分の意思で行動を選択する。 自分の意思を持つ者こそ、システムにとっては恐い存在です。 左のドアを選んだ以上、見過ごせば全人類滅亡。 ネオは全人類をシステムからどうやって解放するのか、それとも違う終わりが待っているのか、秋が待ち遠しいです。 コンピューターが分からないのは、「不完全な」人間の感情。 そこでコンピューター(「システム」の設計者)は、わざと「不完全な」世界を作るために、人間の感情を取り込んだ世界を作ろうとしているのだと思います。 今回のポイントは、ザイオンのような反逆者の都市も、預言者も、ネオのような救世主も、「システム」によって設計されたものだった、ということ。 なぜそうする必要があるのか?ポイントは、「選択」だとネオも言っていました。 あまりに完全な因果関係に基づく世界を作ってしまうと、不完全な人間はそれに耐えられない。 一定の「選択の自由」を与える(例えば仮想現実に生きるか、目覚めてザイオンの住人になるか、という選択)ことによって、99%の人間は、その世界を受け入れるようになる。 しかし「自由」を与えるということは、因果関係で決められない「アノーマリティ」(異常なもの)を「システム」の中に入れる、ということ。 (つづく)• そこで、「アノーマリティ」を制御するために、「救世主」を予め用意する必要があるわけです。 ある程度異常な要素が成長した時点で(ザイオンが大きくなった時点で)、「救世主」が現れて、システムとアノーマリティの矛盾を一手に引き受ける。 彼は人類全体の救済を求めて、矛盾した役割に葛藤したり引き裂かれたりしながら、「預言者」に導かれて、システムの最深部(「ソース」)にたどり着く。 現在のシステムの矛盾を、「救世主」がどう感じて、どう処理するのかという情報を「ソース」に引き渡す役割を果たすわけです。 つまり、彼自身が、現在のシステムの矛盾(コンピューターシステムと人間の感情との矛盾)を「ソース」に示すわけです。 それを元に、システムの設計者は、より精緻なシステムを書き直す(reloadする)ことができるようになるわけです。 具体的には、前の世界の「救世主」の情報をもとに、23人の人間の情報を書き直して、それを新しい世界の「ザイオン」の住人として、世界を開始する。 要は、完全な世界ではなく、不完全さ(アノーマリティ)を取り込んで、より長続きする、より「人間的」な世界を作るのが、このシステムの目的だった、ということです。 この作品のラストまでは、ほぼ「システム」の予定通り行っているように見えます。 では次にどうなるのか?! (長文ご容赦ください)• やっぱりおもしろい映画ですね。 私も基本的に同じような考え・・・のつもりだったんですが書き方がよくなかったかな。 救世主の存在は、プログラム修正のために設計者が作ったのだと思います。 例外パターンや普通と異なるデータでテストして見つかります。 だから映画の設計者がやってることは、私たちの世界でシステムか開発する工程と変わりがないと思います。 ただ、映画ではどこまでがシステムの支配下にあり、ネオの存在がどう位置するかがはっきりわかりません。 全ては次回作を見るしかないと思います。 でも、こうやって次回作の公開までの間、いろんな解釈をして想像を膨らませることができるということは見る価値があったと言えるんじゃないかと思います。 前作より内容が濃かったですし。 好き嫌いの分かれ目は、ああいった世界観が好きかどうかじゃないかと思います。 私もCGやりすぎと思いましたが、その欠点は内容がカバーしてくれました。 毎回長くてすみません・・・・・• 別のスレ(2chのようだw で、ザイオンが現実か仮想かの議論が白熱展開中なのですが、そこに私も質問なんぞを書き込んでおったのですが、今、まさに、プログラマーさんの意見を聞いて、大変すっきり致しました。 (やはり字幕はアテにならない・・) 映画を字幕なしに観れる人、英語の理解出来る人がとてつもなく羨ましいと思った瞬間でした。 わかったようで、わかっていなかったのが、アーキテクトの「コードを撒き散らし、プログラムに再挿入する」というセリフにもある、「コード」の意味でした。 機械が理解できない人間の感情を例外の集合体である歴代救世主を使って、プログラムに取り込んでいく・・。 よくよく考えたら、リロードは設計者がするもので、ネオではないですもんね。 設計者としては、より長く存続するプログラムを作りたいわけで。 そうしてマトリックスをアップデートしていけば、より素晴らしいプログラムになっていく・・ううん、目からウロコです。 ありがとうございます。 アーキテクトの意図(プログラム)を超えたネオが、果たして、ザイオンを救い、人類を絶滅から救えるのか? ・・・ここでプログラマーさんに質問です。 ザイオンは現実? どちらだと思いますか? (陳腐な質問でごめんなさい)• 返信を投稿• それが人間の心、感情です。 それだけで革命ですね。

次の