毛糸 繋ぎ 方。 編み物を簡単・綺麗に仕上げる技法のご紹介~棒編み編

編み物を簡単・綺麗に仕上げる技法のご紹介~棒編み編

毛糸 繋ぎ 方

縁編みの編み方3つ目は、ブランケットステッチと長編みの可愛いふち編みです。 布の縁取りをするのに便利な「ブランケットステッチ」を施し。 そこにかぎ編みでふち編みを編んでいきます。 長編みを使った可愛い模様編みを施しています。 簡単なやり方を紹介します。 ブランケットステッチと長編みの可愛いふち編みのやり方• 布の一周に間隔を均等にしながらブランケットステッチします。 1段目はブランケットステッチ1目に長編み3目・鎖編み1目・長編み3目を編みます。 次の目に移る前に、間の目に長編みを1目編みます。 2段目の立ち上がりは鎖3目で編みます。 3段目で一周細編みを編み完成です。 覚えておくと便利なブランケットステッチは、ふち編みだけでなく裁縫の時にも役に立ちます。 ぜひ覚えておきましょう。 コツは間隔を均等に開けるよう意識することです。 ブランケットステッチの色と、かぎ編みで編む糸の色を変えて配色を楽しむのもおすすめです。 こちらの動画でブランケットステッチを紹介しています。 ふち編みの編み図3つ目は、引き抜き編みで作る簡単な縁編みです。 モチーフつなぎのニット作品はもちろん、かぎ編みや棒編みで編んだ作品の強度をあげるのにも引き抜き編みはとても便利です。 かぎ針と毛糸さえあれば気軽にふち編みができるのでぜひ挑戦してみましょう。 引き抜き編みで作る簡単なふち編みのやり方• 最初の目に針を入れ、糸をかけて引き抜きます。 引き抜いた輪からまた糸をかけて引き抜きます。 次の目に針を入れ糸を引き抜きます。 前の目で作った輪にも引き抜きます。 引き抜き編みは、前の目で作った輪にどんどん糸を引き抜いていきます。 鎖編みをするのと同じ要領です。 きつく引き抜くと生地がよれてしまうので、感覚を揃えるように気をつけて引き抜くのがポイントです。 こちらの動画で詳しく解説されています。

次の

かぎ針編みの基本|モチーフのつなぎ方~編み物~

毛糸 繋ぎ 方

— 2019年10月月30日午前12時36分PDT 寒くなってくるこの季節、そろそろ温かいセーターやマフラーが恋しくなってきますね。 編み物もまさにシーズン真っ只中!街の手芸店にも、新色・新発売の毛糸がズラリと並び始める頃です。 そんな中「今年こそ編み物デビューをしてみようかな」、と思っている方も多いのではないでしょうか。 ところでみなさんは、「編み物って毛糸玉をいくつも使うけど、どうやってつないでいるの?」と不思議に思ったことはありませんか? コースターやポーチといった初心者さん向けの小さい作品であれば、毛糸を一玉全部使わないこともあるでしょう。 でもだんだん慣れてくると、マフラーやセーターなどの大きなものが編みたくなりますよね。 そうすると当然玉数も増えるので、「 編みながら糸をつなぐ」という作業が必要です。 今回は、編んでいる途中で毛糸がなくなった場合や、模様編みのように編み目の途中で違う色の毛糸を使用する場合などの、 糸のつなぎ方と 糸始末の方法をご紹介。 まずは初心者さんにも分かりやすいよう、編み物の種類からご紹介していきましょう。 これまで「編み始めてすぐ断念してしまった」という方も、これを機にぜひ再チャレンジしてくださいね! 初心者にも分かる!編み物の種類2つ — 2018年 8月月10日午前7時09分PDT 棒針編み、かぎ針編み、アフガン編み、指編み、腕編み、ストレッチ編み、メイビ編み、ポス編み、バイアス編み…。 このように編み物にはたくさんの編み物がありますが、みなさんはいくつご存じでしょうか? 特別な編み機が必要な「ヘアピンレース」や、棒針で編む「クンストレース」など、まだまだ編み方は存在します。 手で編まず、編み機を使って編む「機械編み」もありますね。 1950~60年代、編み物が大流行していた時代に様々編み方が生み出され、現代に伝わってきました。 しかし時代が進むにつれ、既製品の方が安くなり衣類の種類も豊富に。 編み技法にもその時代ごとに流行がありますが、今も昔も変わらない定番の編み方と言えば、棒針編みとかぎ針編みの2つ。 ここからは、棒針編みとかぎ針編みについて、少しだけお話ししましょう。 編み針を2本使う「棒針編み」 — 2019年10月月8日午前10時30分PDT 編み物と聞いてみなさんが最初に思い浮かべるのは、やはり棒針編みではないでしょうか。 セーターやマフラー、帽子を編むにも適した棒針編みは、もはや冬の定番。 この時期になると、手芸本の特集も棒針編みが圧倒的に増えるので「今年は何を編もうかな」と眺めるのも楽しみですよね。 小物を編む時は、編み針の長さが短いものを使って編めますので、靴下やポーチのような袋物にも最適です。 基本の編み方は、表編みと裏編みの2種類。 メリヤス編み(天竺編み)と言う編地を編むことができます。 実は棒針編みは、2本に限らず4本使うこともあるのですよ。 慣れてきたら作りたいアイテムに合わせて編み技法を変えて、作品をつくってみましょう。 繊細な編地も編める「かぎ針編み」 — 2018年10月月4日午前8時36分PDT かぎ針編みは2本の編み針で編む棒針編みとは違い、先端がかぎ状になった編み針1本で編んでいきます。 小さいモチーフをたくさん編んでつないだり、隙間の空いた繊細な模様を編んだり。 棒針編みと違って裏編みがない分、初心者でも簡単に覚えられるのが人気の秘訣です。 中には、美しいレース模様を編むのに適したレース編みと呼ばれる手法も。 かぎ針編みは小さいものから大きいものまで何でも編めて、誰でも気軽にトライしやすいのが良いところですね。 平らな物だけでなく輪っかにも編めるので、かなり自由度は高いですよ。 流行中のTシャツヤーンのマルシェバッグも、このかぎ針編みで編んでいます。 ここでは次の段に行くときに糸をつないだり、変えたりする際の方法を解説します。 次の段を編むために、ひっくり返します。 1目めに編み針を入れ糸を引き抜くのですが、その時に古い方の毛糸ではなく、新しい毛糸を引き抜きます。 そして、そのまま新しい毛糸で次の2目めを編み進めます。 編地の裏側に古い方の糸の残りと、新しい糸の糸端がそれぞれ1本ずつ出ていますが、(合計2本)気にせず編み進めてOK。 その糸を後で糸始末します。 【かぎ針編み】 かぎ針編みの場合は棒針編みとは違います。 大きな違いは、編み針に糸がかかっているかどうか。 棒針編みの編み針には左右に目数分の編み目がかかっています。 編み始めも同様で左の編み針に全部かかっています。 対してかぎ針は、常に一目だけかかった状態です。 糸を変える時は一目を編み切らず、途中の段階で新しい糸に付け替えましょう。 — 2018年 6月月13日午前7時32分PDT 続いては、段の途中でつなぐ方法をご紹介。 端っこで替える場合とやり方はほぼ一緒です。 毛糸が無くなってしまった時や、フェアアイルなどの模様編みの際、途中で色を替える時にもこの方法を使います。 【棒針編み】 「段の最後まであとちょっと!」というところで、糸が足りないことってありますよね。 上手く端で終わればいいのですが、いつもそうなるとは限りません。 そんな時は、新しく糸を付けましょう。 端でつなぐ方法と同じく、次の目の引き抜く糸が新しい糸になります。 裏も同じで、新旧2本の糸が出ていますので糸始末しますよ。 【かぎ針編み】 かぎ針編みの場合も、棒針編みとほぼ同じ。 糸始末分の毛糸を残して最後の一目を新しい糸で引き抜きましょう。 次の目に移る時にかぎ針にかかっている糸が新しい糸、と覚えれば編み込みの色替えをする際も間違えずに済みますよ。 古い方の糸で次の目をすくうと、一目の足と頭がそれぞれ違う糸になってしまいます。 同じ色の糸の時は気になりませんが、色替えの際はバラバラの色になり目も崩れてしまう原因に。 糸替えができない訳ではありませんが、目も不揃いになりやすいので注意が必要です。 結び目はどうするの?~糸始末とお道具~ — 2018年 2月月8日午後11時15分PST 糸始末に欠かせないもの、それは とじ針です。 太さがいろいろありますので、毛糸に合わせたものを使いましょう。 裏に出ている糸をこのとじ針に通して、隣の目に沿ってくぐらせていきます。 糸を割りながら通すのがポイント。 解けにくくなりますよ。 一目すくうくらいでは外れやすいので、5~6目ぐらいはくぐらせましょう。 端っこの時は下の段に向かって目を割りながら、糸をくぐらせてください。 とじ針に糸を通し、目に巻き付けるように進めると取れずらくなり、これを「からげる」と言います。 「縫物のように糸を結ばないの?」と思いますよね。 編み物はきちんと糸が目の中を通っていれば解けることはありませんので、からげるだけで大丈夫。 結んでもいいのですが、結び目がポコンと出てきてしまったりするので、キレイに仕上げるのであれば糸をしっかり通してからげてくださいね。 糸を引っ張ってくぐらせる「かぎ針」 — 2019年 5月月22日午後3時45分PDT かぎ針の使い方がわからない方は、この機会にかぎ針編みの基本を学んでみましょう。 「どうやって覚えればいいの?」とお困りの方には、3週間で基本の編み方をマスターできるがおすすめです。 長編み・こま編み・くさり編み・糸の変え方・糸始末の仕方 といったベーシックな手法を身に付けながら、まずはから始めてみましょう。 気になる価格は、6つのレッスンと材料一式がセットになって送料込1,980円。 インスタでも話題のから直接教われば、も思いのままにお作りいただけますよ。 さらに 全500本のレッスン動画が受講し放題のなら、いつでも資材が送料無料に。 覚えておくと便利!その他3つの方法 毛糸を結んだり、糸同士をつなげたり。 ここからは慣れてきたらぜひトライしたい、糸始末番外編をご紹介。

次の

【動画あり】玉巻きの簡単なやり方。ラップの芯を使う方法と、道具なしで作る毛糸玉の作り方です。

毛糸 繋ぎ 方

段の編み初めで糸替えをする場合 最初の目に新しい糸をつけて編むだけですが、その時に、短いほうの糸端が置く側に来るようにして糸を付けます。 そうしないと、次の段を編んだときに目がねじれてしまうためです。 追記:読み返していて気づいたのですが、これはアメリカ式で編む場合のみの注意点ですね。 フランス式の場合はあまり関係ないかもしれません。 この写真じゃいまいちよく分からないのですが(すみません!)、奥側の毛糸が短いほうです。 このように編んでいきます。 このとき、最初の数目だけ古い毛糸と一緒に編むという方法もあるのですが、目が分厚くなってしまうので個人的にはあまり好きではありません。 古い毛糸はあとから処理をするので、この時点では特に気にしなくてオッケーです。 最後まで編めました。 (メリヤス編みの場合)裏目の段も編み終わったところ。 次の段に行くときは糸替えをした目が緩みがちなので、糸端を軽く引っ張って、引き締めてから編みます。 こんな感じ。 後は必要な長さまで編んで、一番最後に糸端を処理します。 編地の途中で糸替えをする場合 基本的には、段の編み初めでつける方法と同じです。 短いほうの糸端が向こう側にあるようにして、新しい糸で目を編んでいきます。 (古い糸は気にしなくてオッケー。 ) 糸を替えた段が編めました。 穴ができてしまっていますが、大丈夫です。 糸端の処理の方法 糸端の処理は、綴じ針で行います。 糸を付けた場所によって、糸始末の方法が違ってきます。 段の初めでつけた糸の、糸端の処理 段の初めでつけた糸の処理は、編地の端で行うのが個人的には好きです。 (内側の編地に糸始末の部分がひびかないので。 ) 目立たないように、糸を目にくぐらせていきます。 5~6段分くらいで十分だと思います。 糸を切ったところ。 編地側に糸が渡っていないので、見た目もすっきりしています。 編地の途中で糸を替えた時の糸始末の方法 こちらは、最初はちょっと戸惑うかもしれませんが、要は穴をうめればいいわけです!(大雑把w) どのように埋めるかと言うと・・・ 目が連続しているようになればいいので、ピンクの糸を針に通し、このように目に針を通します。 このやり方は糸端がはみ出にくくてきれいな方法なのですが、それでもよく見ると、どこで糸を処理したかわかってしまいますよね。 編地を触ってみても、そこだけちょっと分厚いのがわかります。 (例外的に、輪編みの時は糸が短くなった時点で替えます。 ) 理由はもうお分かりかもしれませんが、 糸端の処理が簡単で編地に響かないからです。 比較のために、段の初めで替えた時の古い糸(緑の糸)を編地の側で糸処理をしてみましたが、やっぱり目立っています。 編地の端、縦方向に糸始末をするのが一番きれいだと思いますが、これは、段の初めで替えた糸でしかできません。 また、 セーターやミトンなどの筒状のものを平編みで編んで、あとから両サイドを閉じる必要があるものを編むときも、段の初めで糸を替えるのが断然おすすめです。 両サイドの 綴じ代部分に糸端を隠してしま えばいいからです。 せっかく処理をした糸端が出てきてしまう心配もありません。

次の