魔法 少女 リリカル なのは vivid 動画。 魔法少女リリカルなのはViVid

魔法少女リリカルなのはViVid

魔法 少女 リリカル なのは vivid 動画

略称は『なのはGOD』、『GOD』。 概要 『』のゲーム版2作目。 今作では、オリジナルキャラクターのアミティエとキリエが追加され、前作『』でノンプレイヤーキャラクターだったユーノとアルフが操作キャラクターとして参戦している。 また、の要素を加えたことで、『A's』よりも未来の時系列に当たる『』からヴィヴィオとアインハルト、『』からトーマが参戦している。 ゲーム版はTVシリーズに対するパラレル歴史であることから、本作では思いきって正史シリーズの制約や設定にとらわれない一種のお祭りゲーのような方向性がとられており、未来からの来訪者や最新作のキャラクターと『A's』時代のキャラクターとの共演が実現した。 なお、『』は除外されている。 そのため、版権表記も前作で使われた「なのはA's PROJECT」ではなく、「 」に変更されている。 また、レーベルもナムコレーベルからバンプレストレーベルに変更された。 都築真紀の作品中でストーリーに『時間改変』を引き起こす事象が登場するのは『』以来のことである。 登場キャラクターが実際にタイムトラベルまで行えるのは過去作中初めてのことである。 ストーリー 「闇の欠片事件」(『-THE BATTLE OF ACES-』)から約3ヶ月後、遥か未来から アミティエ・フローリアンと キリエ・フローリアンが地球に現れる。 2人はその時に起る「 ある出来事」をキリエは達成させるために、アミタはそれを阻止するために戦いを繰り広げる。 その戦いが時の流れを乱し、過去と未来が複雑に絡み合うことになる。 ゲームシステム 前作の「レンジシフトバトル」を継承しつつもカメラアングルが見直され、より臨場感のあるバトルができるようになっている。 登場キャラクター 「」も参照 一部キャラクターは条件を満たすことで過去のナムコゲームに関係したコスチュームに変えることができる。 アミティエ・フローリアン 声 - 本作の主人公。 妹キリエを追ってきた謎の少女。 なのは達に発見され事情説明を要求されるも、わけあって毎回逃亡する。 その正体は「ギアーズ」と呼ばれる。 環境破壊により死にゆく故郷「エルトリア」を救おうと過去に介入しようとするキリエの行動で「砕け得ぬ闇」が暴走させることを恐れ、止めようと孤軍奮闘する。 キリエ・フローリアン 声 - 本作のもう一人の主人公。 アミタの妹。 とある目的のため、システムU-Dを求めてマテリアル達に接触する。 周囲の人間に対してはブリっ子のような態度を振舞っているが、その行為は自身の感情を押し殺しているようにも見える。 アミタと同じく「ギアーズ」であり、エルトリアを救うカギとなるエグザミアを入手するため過去の海鳴市に赴き、「砕け得ぬ闇」の復活をさせようとし、意見の食い違いで姉のアミタと対立する。 声 - コスプレ: ユーノやアルフに事情を聞き、アミタ達を追うことになるが後に事件に巻き込まれた未来の娘であるヴィヴィオと出会い、仲良くなる。 声 - コスプレ: アルフとともにキリエの追跡をするが戦闘中、キリエの本心を知る。 またプレシアやリニスの闇の欠片に戸惑うなど幼いゆえの脆さを見せる。 声 - コスプレ: 本作でもリインフォースと行動をともにしており、復活したディアーチェ達を止めようとするが事情が変わったことでディアーチェ達の本質を知り、彼女と親しくなろうとする。 また闇の書事件の真相は知っているがリーゼ達のことは許しているらしいがリーゼロッテはそれを信じていない。 ユーノ・スクライア 声 - 前作はセリフのみだったが本作ではプレイヤーキャラクターとして登場し、シュテルも認めるほどの実力を見せたりヴィヴィオにも勝利した。 また本作ではなのはと出会う前の彼の闇の欠片も登場し、シャマルに勝負を仕掛ける。 アルフ 声 - 前作は台詞のみだったが本作ではプレイヤーキャラとして参戦。 持ち前の感情的な性格ゆえにヴィータ共々お互い本物と気付かず攻撃を仕掛けることもある。 フェイトを慕っているが容姿は瓜二つでも性格が正反対のレヴィとは衝突することがしばしばある。 声 - コスプレ: はやてやシグナム達とともにアミタ達の追跡をするが、途中でリーゼロッテに出会い、事情を知ったのかはやてや他の守護騎士達と違い、かつてはやてを騙した為、勝負を仕掛ける。 声 - コスプレ:(1Pが961プロ風、2Pが765プロ風) はやてから事情を聞き、ディアーチェやキリエ達を追うことになるが途中で事件に巻き込まれたトーマ達や特殊な闇の欠片として復活したリニスと遭遇する。 声 - コスプレ: 管理局の医療班になったためか周囲からシャマル先生と呼ばれている。 ドジで天然なところは本作でも健在している。 声 - 本作でも寡黙ながらも陰で仲間達を支える。 アミタ達を探すプレシアに対しても冷静な態度をとった。 声 - 本作でもメンバーのリーダーとして仲間達を陰で支え、後にキリエの本心を見抜く。 本作では意外にもリンディやエイミィは登場しない。 リインフォース 声 - コスプレ:& 余命があとわずかだが前作に引き続き登場している。 本作でもはやてと行動を共にしている。 『闇の書事件』での負い目から、はやてやヴォルケンリッターとの接触は避けるようにしている。 しかしアリアは理解しているに対し、ロッテはまだ納得していないようで闇の書と共にありながらこれまで何もしてこなかったリインフォースやヴィータらに対しては、主であるグレアムや教え子であるハラオウン一家の人生を狂わせた存在として、少なからず恨みを抱いている。 星光の殲滅者(シュテル・ザ・デストラクター) 声 - 田村ゆかり マテリアルの頭脳的存在で冷静な性格なため他の二人に比べ、なのは達に対して敵対心は持っていないがなのはとの戦いを楽しんだりするなど好戦的な一面もある。 雷刃の襲撃者(レヴィ・ザ・スラッシャー) 声 - 水樹奈々 マテリアルの中では力自慢だがそれゆえに頭の回転が悪くフェイトの名前を覚えることができず『オリジナル』と呼んでいる。 闇統べる王(ロード・ディアーチェ) 声 - 植田佳奈 マテリアルのリーダー的存在。 砕けぬ闇を我が物にするため、当初ははやて達と敵対していたが事情が変わり一時的にはやて達に力を貸す。 横暴に振る舞うがシュテルやレヴィの面倒を見るなどリーダーらしい一面も。 声 - 水橋かおり 学校帰りに突如13年前の海鳴市に時間移動してしまい、タイムパラドックスを回避するためになのは達から逃げる。 闇の欠片は『StrikerS』時代の幼児期の人格に近い。 声 - 学校帰りに突如13年前の海鳴市に時間移動してしまい、ヴィヴィオと共になのは達から逃げつつ状況を把握している。 特務六課での経緯からはやてやヴィータらを恐れており、はやてを見るたびに拒絶反応を起こすほど。 途中でヴィヴィオ達(両者に面識はあるが、時間軸はトーマ達の方が後であるため、ヴィヴィオはエクリプスやリリィのことを知らない)と合流し対策を練る。 なお、実際に操作するのはトーマのみで、リリィは『Force』と同様にリアクトの状態である。 プレシア・テスタロッサ 声 - PT事件までの記憶を有した闇の欠片が登場。 アリシアの死という過去を変えるため、時間移動能力者であるキリエ達を探す。 リニス 声 - 消滅までの記憶を有した闇の欠片の状態で出現。 フェイトとアルフ、そしてプレシアに対する心残りから出現した。 なのは達の協力もあり、フェイトとアルフと再会する。 砕け得ぬ闇(U-D) 声 - キリエやディアーチェ達の目的である少女。 名称とは裏腹に幼い姿をしており、自身を復活させてはいけないと話すなど争いごとを好まない。 はやてやシャマルから「ヤミちゃん」と呼ばれている。 ストーリーモードのみの登場• マリエル・アテンザ• アイシス・イーグレット 他にもスバルやノーヴェなど一部のキャラも回想のみだが登場している。 この節のが望まれています。 主題歌 オープニングテーマ「」 歌: エンディングテーマ「」 歌: 関連作品 漫画 『』2012年1月号から2013年4月号まで原作:都築真紀、作画:によるパロディ4コマ漫画、『魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE -THE GEARS OF DESTINY- マテリアル娘。 』が連載した。 発売 ドラマCD 本項の内容で、「『A's』から『BOA』と本作に分岐しなかったTV版の世界」、「『A's』から『BOA』と本作に分岐したTV版の世界」、「劇場版の世界」は並行世界の関係にあると言及されている。 魔法少女リリカルなのはGOD サウンドステージM「エルトリアの空の下から」 『』2012年8月号の付録として同梱。 魔法少女リリカルなのはGOD サウンドステージA「ミッドチルダの夜空の下」 『』2012年8月号の付録として同梱。 脚注 [].

次の

魔法少女リリカルなのはViVid

魔法 少女 リリカル なのは vivid 動画

もう少し整理すると、 アニメ化されてるのは、1期~5期まで。 「魔法少女リリカルなのは」の見る順番を解説 「魔法少女リリカルなのは」シリーズは、かなり続編が展開されてるので見る順番を間違えないように注意したいところ。 おすすめの見る順番としてはこの3パターンです。 ボクはこの順番がおすすめです。 ちなみに、これから「なのは」シリーズを見るなら、「 」という動画配信サービスがおすすめです。 その辺りの話はでも詳しく解説してますが、 なのはのアニメシリーズが見放題+レンタルとはいえ 劇場版4作もすべて配信してる動画配信サービスは、現在U-NEXTだけです。 U-NEXTは、月額料金が税抜1,990円とお高いものの、 なのはアニメシリーズ全話(1期~4期、実質5期を含めた全76話)が高画質で見放題に。 さらに、毎月貰える 1,200円分のポイントを使えば、劇場版3作のどれかをレンタルで視聴できます。 他にも約8万作品以上の映画、アニメ、ドラマなどが見放題になります。 現在、実はNetflixやAmazonプライムビデオを超える 国内シェア第3位を誇る動画配信サービスでもあるので、これを機に登録してみるのもアリだと思います。 ボクも使ってますけど、月額料金以上に満足してますね~。 なのはのアニメシリーズについて ・魔法少女リリカルなのは(1期) 2004年10月から12月まで放送された1期。 全13話です。 主人公の高町なのはが魔法少女になり、戦いに身を置く運命の始まりを描いています。 魔法少女として着実に実力をつけたなのはが、新たな仲間とともに強敵に立ち向かう物語です。 ・魔法少女リリカルなのはStrikerS(3期) 2007年4月から9月まで放送した。 全26話。 19歳になったなのはと仲間たちが、新たな敵と遭遇し、戦いを繰り広げる物語となってます。 ・魔法少女リリカルなのはViVid(4期) 全12話。 2015年4月から6月まで放送された4期は、なのはの義理の娘である高町ヴィヴィオを主人公としたストーリー。 今作からなのはの登場が少なくなり、作風が大きく変わります。 ・ViVid Strike! (実質5期) 2016年10月から12月まで放送された実質5期。 全12話です。 今作では、今までのなのはシリーズとはガラッと変わり、新たな主人公のフーカ・レヴェントンを中心として描かれる物語となってます。 なのはの映画シリーズについて ・魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st 2010年1月に公開された劇場版第1作目。 アニメ版第1期をベースに、リメイクという形で製作された映画です。 アニメ版2期をベースにリメイクされた映画で、アニメ版13話を150分でまとめたこともあって、アニメ版とは変更点がいくつかあります。 ・魔法少女リリカルなのは Reflection 2017年7月に公開された劇場版3作目。 今までの1、2作目とは違う 新作となってます。 後述する「魔法少女リリカルなのは Detonation」とは前後編の関係で、今作は前編です。 ・「魔法少女リリカルなのは Detonation」 2018年10月公開された映画最新作。 劇場版4作目です。 「魔法少女リリカルなのは Reflection」の後編にあたるのがこちら。 【まとめ】リリカルなのはを見るなら順番はこれ! 「魔法少女リリカルなのは」シリーズの順番や時系列について解説しましたが、まぁほんとにシリーズ展開が凄い…。 見る順番としては、 ・アニメ版だけ見たい人 ・時系列に沿って全部見たい人 ・アニメ版と映画版を切り分けて見たい人 と、好みにあわせて選んでもらえればと思います。 ただ、全部見ようと思うと時間がかかるんで、 1期と2期に関してはアニメじゃなくてリメイクの映画だけでもOKかも。 見る順番さえ間違えなければ、問題なく楽しめるはずです。 なのはシリーズはビジュアルはかわいい魔法少女って感じですけど、中身はシリアスで戦闘密度の濃い作品なので、そのギャップが1つ魅力です。 バトル・アクションが好きな人におすすめですね。 現在のところ、 なのはのアニメシリーズが全話見放題で、レンタルとはいえ劇場版を3作も配信してるのはU-NEXTだけです。 これから見る人はぜひ利用してみてくださいね! \国内最強の見放題作品数!/ ではでは、なのはシリーズを楽しんできてください~。

次の

download.pocketinformant.com: 魔法少女リリカルなのは: 田村ゆかり, 水樹奈々, 釘宮理恵, 清水 愛, 水橋かおり, 都築真紀, ivory, セブン・アークス, キングレコード: generic

魔法 少女 リリカル なのは vivid 動画

もう少し整理すると、 アニメ化されてるのは、1期~5期まで。 「魔法少女リリカルなのは」の見る順番を解説 「魔法少女リリカルなのは」シリーズは、かなり続編が展開されてるので見る順番を間違えないように注意したいところ。 おすすめの見る順番としてはこの3パターンです。 ボクはこの順番がおすすめです。 ちなみに、これから「なのは」シリーズを見るなら、「 」という動画配信サービスがおすすめです。 その辺りの話はでも詳しく解説してますが、 なのはのアニメシリーズが見放題+レンタルとはいえ 劇場版4作もすべて配信してる動画配信サービスは、現在U-NEXTだけです。 U-NEXTは、月額料金が税抜1,990円とお高いものの、 なのはアニメシリーズ全話(1期~4期、実質5期を含めた全76話)が高画質で見放題に。 さらに、毎月貰える 1,200円分のポイントを使えば、劇場版3作のどれかをレンタルで視聴できます。 他にも約8万作品以上の映画、アニメ、ドラマなどが見放題になります。 現在、実はNetflixやAmazonプライムビデオを超える 国内シェア第3位を誇る動画配信サービスでもあるので、これを機に登録してみるのもアリだと思います。 ボクも使ってますけど、月額料金以上に満足してますね~。 なのはのアニメシリーズについて ・魔法少女リリカルなのは(1期) 2004年10月から12月まで放送された1期。 全13話です。 主人公の高町なのはが魔法少女になり、戦いに身を置く運命の始まりを描いています。 魔法少女として着実に実力をつけたなのはが、新たな仲間とともに強敵に立ち向かう物語です。 ・魔法少女リリカルなのはStrikerS(3期) 2007年4月から9月まで放送した。 全26話。 19歳になったなのはと仲間たちが、新たな敵と遭遇し、戦いを繰り広げる物語となってます。 ・魔法少女リリカルなのはViVid(4期) 全12話。 2015年4月から6月まで放送された4期は、なのはの義理の娘である高町ヴィヴィオを主人公としたストーリー。 今作からなのはの登場が少なくなり、作風が大きく変わります。 ・ViVid Strike! (実質5期) 2016年10月から12月まで放送された実質5期。 全12話です。 今作では、今までのなのはシリーズとはガラッと変わり、新たな主人公のフーカ・レヴェントンを中心として描かれる物語となってます。 なのはの映画シリーズについて ・魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st 2010年1月に公開された劇場版第1作目。 アニメ版第1期をベースに、リメイクという形で製作された映画です。 アニメ版2期をベースにリメイクされた映画で、アニメ版13話を150分でまとめたこともあって、アニメ版とは変更点がいくつかあります。 ・魔法少女リリカルなのは Reflection 2017年7月に公開された劇場版3作目。 今までの1、2作目とは違う 新作となってます。 後述する「魔法少女リリカルなのは Detonation」とは前後編の関係で、今作は前編です。 ・「魔法少女リリカルなのは Detonation」 2018年10月公開された映画最新作。 劇場版4作目です。 「魔法少女リリカルなのは Reflection」の後編にあたるのがこちら。 【まとめ】リリカルなのはを見るなら順番はこれ! 「魔法少女リリカルなのは」シリーズの順番や時系列について解説しましたが、まぁほんとにシリーズ展開が凄い…。 見る順番としては、 ・アニメ版だけ見たい人 ・時系列に沿って全部見たい人 ・アニメ版と映画版を切り分けて見たい人 と、好みにあわせて選んでもらえればと思います。 ただ、全部見ようと思うと時間がかかるんで、 1期と2期に関してはアニメじゃなくてリメイクの映画だけでもOKかも。 見る順番さえ間違えなければ、問題なく楽しめるはずです。 なのはシリーズはビジュアルはかわいい魔法少女って感じですけど、中身はシリアスで戦闘密度の濃い作品なので、そのギャップが1つ魅力です。 バトル・アクションが好きな人におすすめですね。 現在のところ、 なのはのアニメシリーズが全話見放題で、レンタルとはいえ劇場版を3作も配信してるのはU-NEXTだけです。 これから見る人はぜひ利用してみてくださいね! \国内最強の見放題作品数!/ ではでは、なのはシリーズを楽しんできてください~。

次の