吉岡 いきもの。 いきもの吉岡聖恵、10・24ソロ初アルバム「本気で、そして無邪気に取り組みました」

「いきものがかり」活動休止の裏に吉岡聖恵“年上男性との7年愛”

吉岡 いきもの

昨年1月に突然、グループでの活動休止を発表した『いきものがかり』。 メンバー間の音楽性の違い 「'10年に発売したベストアルバムは140万枚を突破。 '12年にはNHKロンドン五輪のテーマソングも担当し、紅白歌合戦も休止前年まで9年連続で出場していました。 そんな絶頂期での放牧宣言ですから、ファンは騒然となりましたね」(スポーツ紙記者) 昨年11月にはメンバーがそろってネットの動画に登場。 久々に元気な姿を見せたが、復帰について語ることはなかった。 3人の休止中の活動はというと、 「リーダーである水野良樹は、五木ひろしや平原綾香などへ精力的に楽曲を提供。 ギターの山下穂尊は昨年11月に初エッセイを発売しました。 ボーカルの吉岡聖恵は、3月21日に発売される故・大瀧詠一さんのコンピレーションアルバムで、『夢で逢えたら』をカバーしました。 彼女にとっては久しぶりの音楽活動でしたね」(音楽専門誌記者) ソロでは活動を再開している3人。 それでも、バンド再開の声が聞かれないことにファンがやきもきするのには、理由があるという。 その翌年に活動休止となれば、ファンが解散を心配するのは当然でしょう」(テレビ誌記者) 彼らの状況を知るあるレコード会社関係者に話を聞くと、表情はどことなく暗い。 「当初、休止期間は1年くらいという予定だったのです。 会社側は'18年中には新曲を発表できればという見込みだったそうですが、どうも今の感じではそれは難しそうです。 つまり、メンバーが作る楽曲とは違う楽曲で、自分のボーカル力を試してみたいということ。 音楽短大ではミュージカルコースを専攻するほどの腕前で、歌唱力は日本の音楽シーンでもトップレベルですから。 そこで、今年の夏ごろに彼女の好きな曲を集めたカバーアルバムを発売できないかと計画中だそうです。 なので、グループとしての活動再開は、まだまだ先になるでしょうね」(同・レコード会社関係者).

次の

いきものがかり・吉岡聖恵の鼻や兄が気になる!えくぼの画像あり

吉岡 いきもの

いきものがかり吉岡聖恵のプロフィール 名前:吉岡 聖恵(よしおか きよえ) 生年月日:1984年2月29日(32歳) 出身:神奈川県厚木市 学歴:神奈川県立海老名高等学校、昭和音楽大学短期大学部卒業 血液型:A型 身長:165cm 体重:46kg いきものがかりのボーカルである 吉岡聖恵さん。 吉岡聖恵さんがいきものがかりに加入したのは1999年11月のことでした。 現メンバーである 水野良樹さんと 山下穂尊さんの同級生だった、1歳年上の兄に電話で呼び出され、2人が小田急小田原線相模大野駅前で行っていたストリートライブに飛び入り参加たのがきっかけだったそうです。 そのため、水野さんと山下さんは同い年ですが、吉岡聖恵さんは彼らの1歳歳下にあたります。 ユニット名である 「いきものがかり」は、男性2人が小学校時代に生き物係だったことが由来となっています。 メインである吉岡聖恵さんは、関係ないんですよね(笑) そんな吉岡聖恵さんは、2002年に昭和音楽大学短期大学部へ進学しましたが、歌に対して 挫折を味わったこともあるそうです。 音大のレベルの高さに驚き、自分の最大の武器であった歌が全く通じなかったことから 「歌いたくない」というスランプに陥ったとのこと。 今となっては有名シンガーなので、あまり信じられないような話ですね。 そのスランプにより一時活動を休止しましたが、活動再開のために水野さんが懸命に説得をしました。 しかし、それも上手くいかず、説得する度にケンカになり、1年近く平行線を辿ったままだったそうです。 たしかに吉岡聖恵さんって、結構 頑固というか、 気の強い女性のイメージがあるので説得するのは大変そうですね。 そして、結局この活動休止問題は、当時海外旅行から帰国したばかりの山下さんが1日で説得に成功したそうです。 水野さんが熱く語りかけ説得しようとしたのに対し、山下さんは持ち前のあのユルさで、吉岡聖恵さんを上手く説得したのでしょう。 3人の性格の相性が、こういったところに垣間見れますね。 現在の活躍を思うと、活動を休止しなくて本当に良かったですね。 いきものがかり吉岡聖恵のカップ・スリーサイズは? いきものがかりの吉岡聖恵さんですが、歌声がかわいらしいのはもちろん、その ルックスや スタイルも話題を呼んでいます。 最近では、カワウソに似ていると騒がれていましたね。 これは褒め言葉なのかわかりませんが(笑) そんな吉岡聖恵さんの カップや スリーサイズが気になるところ… ですが、残念なことに公表はされていませんでした。

次の

いきものがかり “放牧1年3か月” 吉岡聖恵が初めて語った「不仲説と解散」

吉岡 いきもの

長ネギもカットして鶏もも肉も買ってきて、調味料は簡単に、塩・砂糖・ニンニク!」 「ぼーっとしている中でグラミー賞 授賞式 に行く機会にも恵まれました。 ドレスコードがあるので、背中があいた黒いミニのドレスを東京・青山まで買いに行きました。 グラミー賞授賞式には あのピコ太郎さんもいまして、写真を12枚くらい撮ってもらったんです 笑 」 セリーヌ・ディオンやミスチルなど、様々なライブへ 「こうして放牧している間にいろいろとライブを見てみようと思って、エド・シーランさんの武道館ライブを見に行ったり、セリーヌ・ディオンさんも日本にいらっしゃったので、東京ドームへライブを見に行ったんですよ。 Childrenさん、オールナイトニッポンの大先輩のゆずさん、森山直太朗さん、鈴木雅之さん、Superflyさん、miwaさん、『オールナイト』でもちょっと繋がりがあった海野雅威 うんのただたか・ジャズピアニスト さんのライブをブルーノート東京で見て。 ミュージカルや美術館にも行きました。 放牧中だから乗馬もしたんですけれど、弟とずっと行動をしていたら『旦那さん』『ご夫婦ですか?』って言われて。 ひとこと言わせてください。 独身だから! 笑 旅行中はずっと弟と私が、夫婦に間違えられていました。 超ポジティブな女性の友人と、沖縄・竹富島にも行きました。 『紫芋アイス美味しいね!』『オリオンビール美味しいね!』『星の砂を拾って楽しいね、メルヘン!』って言いながら超最高の旅行をしてきました」 海外旅行で、信じられないトラブルが発生…… 「放牧からもうすぐ2年。 モンゴルやニュージーランドとも迷ったけれど、せっかくだから遠出をしようとスイスへ行きました。 女性マネージャーと一緒に。 マネージャーさんが凄くしっかりしていて『任せてください』『私について来てください』『私が全部時間の管理もしますから』って言ってくれたので、お任せして。 成田からフィンランドへ行って、そこで乗り換えてスイスへ行きました。 フィンランドの空港のカフェでのんびり、なごんでいたんです。 『マリメッコ買えてよかったね』なんて言いながら。 でも、マネージャーの顔がおかしくなって……時計を見て『聖恵さん、時計がおかしいです。 私の時計、おかしいです! 時間が、1時間ずれています!!』『聖恵さん、飛行機が行っちゃってます! 乗り換えられないです!!』って…… 笑 空港の受付に行って、英語が堪能なマネージャーが外国人のお姉さんに話をしてくれて。 私は『大丈夫だよね』『いつ飛びたてるのかな、今日中だよね?』って見守っていたら、受付のお姉さんが『ネクスト、モーニング』って言ったんです。 『うたいろ』は全曲カバー曲で構成しており、中島みゆき「糸」のほか、米津玄師「アイネクライネ」、ゆず「少年」など新旧交えた注目の楽曲が収められている。 「カバーって凄く難しくて、いきものがかりでやるのとはまた違った良さがありました。 1曲1曲の主人公に、自分が惚れこんでアルバムを作らせてもらった感じがしています。 それと同時に、選曲をしている中で歌ってみて『この曲は良いね』っていう曲と、『カバーにならない曲』がはっきりと分かれたんです。 新しい表現に繋がりにくい曲、元々のボーカリストさんの声が自分の中で消しきれないとか、そういう曲が沢山あって、いろいろと悔しい思いをしました。 曲を持ってきてもらった時に、すっと歌えて、『あ、いいね……』ってなるのは、阿吽の呼吸だと、改めて『いきものは凄いな』っていう思いにも繋がりました」 なお、今回の放送直後に収録されたアフタートークがコンテンツ配信サイト「オールナイトニッポンi」 で無料配信されている。

次の