ライン の アカウント 複数。 LINEで複数アカウントを作成する方法とは? 注意点についても解説

LINE公式アカウント複数のアカウントを所持する方法と注意点

ライン の アカウント 複数

もくじ• LINEアカウントを2つ以上 複数 切り替えて運用する方法 方法はあるっちゃあるんですが、 作るまで簡単にできないので 途中で投げるか使ってるうちに 不便さを感じて手放しちゃうかも…。 たぶんこれを考えた人は、 コッソリ人に知られないで友達の 行動を探ったりしたくて 「何か方法はないか?」と 思ったんでしょう…。 まぁ、気になるあの子の事を 観察したいって気持ちは わかりますがw 今回は既にその方法を編み出した サイトがありましたので、そちらの 記事を紹介することにします。 PC版LINEとの組み合わせで運用する方法 この方法が一番メンドクサイw 正直そこまでして2つめの アカウントを持ちたいという気に なれませんでした 汗 こんなに面倒な事して やっとこさ2つ目なんて… 【準備するもの】• メールアドレス フリーアドレスで可、yahoo! や gmail• そして サブアカウントとして取得した 2つ目をPCで利用する方法 となります。 携帯で複数アカウントを切り替えて …という方法は今の所ないみたい ですね…残念。 ここまでメンドイ事してまで やりたいかなぁ? スポンサーリンク LINE@でサブアカウントを作る方法 「LINE@」というのは 企業向けアカウントです。 このアカウントを使ってCMする のに使われています。 LINE認証済みと未認証のタイプに 分かれています。 【LINE@の特徴】2018-07-24修正・加筆• 認証済みは有料でアカウントを最大 100104個まで持てる。 未認証だと 410個まで作れる。 普通のLINEアカウントの友だちとのトークは、友だちから話しかけられないとスタートできない。 LINE アカウント同士では友だちを追加すれば、トークを開始できる。 LINE@アカウントは「公式アカウント」という見え方になる。 そしてLINE@最大の違いは 「こちらからトーク開始できない」。 これはスパム行為をさせないために あえて話しかけられてからしかトーク できないように設計されています。 1度トークを開始してもらえれば、 普通のLINEと変りません。 また LINE@同士であれば どちらからでもトークを開始 できます。 さらに見え方が変ってて、 友だちリストの一覧で「公式」の欄に 表示されます。 この3点が通常のLINEと違う点です。 1つの端末にLINEアプリが 2つになるので、切り替えて使うのは この方法が一番近いかもしれません。 【追記:2017-08-15】Facebookアカウントを複数使う方法 Facebookアカウントを複数登録して、そのアカウントの数だけLINEアカウントを作る方法です。 メールアドレスとパスワードを入力• 登録メールアドレス宛に「認証番号」が届くので、LINEアプリの認証番号入力画面で入力する• 4桁のPINコードを決めて入力、LINE新規アカウント作成完了! 【追記:2017-08-15】固定電話番号で認証して新規アカウント作成 実家暮らしなどで自宅に固定電話がある人は、認証作業の時に「固定電話番号」を登録する事で新規でLINEアカウントを作る事ができます。 固定電話番号を登録すると認証の作業時に電話がかかってきます。 その電話の自動音声で認証番号を教えてもらえるので、その番号を認証番号入力画面に入力すれば無事新規でLINEアカウント作成ができます。 LINE新規アカウント発行のために他人に成りすます方法 一番手っ取り早い方法です。 Facebookアカウントで 認証する• 自宅の固定電話で認証する• 格安SIM&携帯で認証する• 人から認証済みアカウントを 購入する 一般的なのからグレーゾーンまで いろいろです…。 固定電話認証は最近からできる ようになったらしく、LINEから電話が かかってきて認証番号を電話口で 伝えてくれます。 スポンサーリンク またオークションなどでは LINEアカウントを販売しているそうで そちらを利用する手法もあります。 しかし、LINE利用規則には思いっきり 触れるようなので、バレたら速攻で 没収アカウントとなるので自己責任 が問われる所です。 【追記:2017-08-15】1つの端末で複数LINEアカウントを切り替えるには? これは単純にLINEアプリをアンインストールして再インストール。 次に使いたいアカウントでログイン作業をするだけです。 1端末1アカウントの原則は絶対なので、複数アカウントを切り替えて使うためには一度LINEに関するデータを全て削除する必要があります。 こうする事で、前に使っていたアカウント情報が端末から削除されて新規で使うのと同じ様に操作できます。 くれぐれも 別アカウントでログインする時は「新規」ではなく「ログイン」をすることに注意してくださいねー! LINE2・3アプリで1端末で複数アカウントを切り替えて利用が可能? ネットのどこかにあるサイトで「LINE2」「LINE3」という怪しいアプリがあります。 結構前から有名でYoutubeなんかでもインストールから使い方などを紹介している人もいます。 タップも興味はあるのですが、これかなり怪しくていろいろトラブルが絶えないようです。 【LINE2・3を入れると起こること】• SIMカードを切り替えることもなくLINEアカウントを1タップで複数アカウント使用が出来る。 本命アカウント情報が削除されることがあるらしい• 本命アカウントへログインできなくなることがある• 乗っ取りにあうことがあるらしい…• セキュリティに穴が開き、情報ダダモレになる可能性がある 他にもいろんなリスクがあるようです。 しかも、このアプリ自体が出たり消えたり探すのもちょっと大変。 複数アカウントを運用したいからといって、本命アカウントまで削除されたらひとたまりもありませんよね。 タップはオススメはしません。 じゃ、まったねー。

次の

【簡単】複数のLINEアカウントを作成する2つの方法

ライン の アカウント 複数

LINEをビジネスに利用していると、「プライベート用とビジネス用、2つのアカウントを持ちたい」と思いますよね。 ただ、LINEは基本的に電話番号と紐付けされているので、複数台のスマホを所有しない限り1人1つのアカウントしか持つことができません。 ただし、少々普段使いのLINEとは勝手が異なる方法であれば、仕事用とプライベート用の2つのアカウントを持つことが可能です。 LINEで複数アカウントを作る方法 LINEで複数アカウントを作成するには、「LINE 」を活用します。 LINE とはビジネス向けのLINEアカウントのことで、LINEユーザーへの情報発信やコミュニケーションに活用できます。 主に企業や店舗からの発信ツールとして利用されています。 友達になった人であれば、LINE でも1対1のトークが可能なので、2つ目のアカウントとして利用することができるのです。 ただし、LINE でのトークの利用では、以下の点が通常のLINEと違うのを知っておきましょう。 ・友達側からトークを始めてくれないとやりとりできない。 ・「公式アカウント」として友達に表示される。 それでは、LINE で2つ目のLINEアカウントを作成する方法を解説します。 ただし、ファイルデータのやりとりはできません。 別アカウントですから、当然ながらもう一つの自分のアカウントから、友だちやトークなどのデータを引き継ぐこともできません。 「仕事中だけお客さんに対応したい」「業務連絡を受けるだけの専用アカウントがほしい」といった方の用途には便利でしょう。 複数アカウントを持つと、誤送信などのトラブルを回避することができます。 メリットとデメリットを把握しながら、賢く使い分けてご活用ください。

次の

【LINE】アカウントを2つ(複数)作る方法!

ライン の アカウント 複数

「電話番号」で識別され、1番号につき作成できるLINEアカウントは1つだけ• 同じLINEアカウントは複数端末で同時ログインはできない• 同じ端末で複数LINEアカウントを運用できない この基本ルールを破ろうとすると、最悪の場合、LINEアカウントのデータが強制初期化となります。 この通り、TwitterやfacebookなどほかのSNSで可能な複数端末や複数アカウントでの運用がLINEでは厳しく制限されています。 が、このルールには例外があり、次の原則はスマートフォン向けアプリにのみ適用され、 過去にはLINEのクローンアカウントを作成することで「同じLINEアカウントで複数スマートフォンに同時ログイン」する裏ワザが存在しましたが、仕様変更により禁止となっています。 参考 そこで本記事では、iPadやパソコン版のLINEで同時ログインする手順について、それぞれ詳細を解説します。 同じLINEアカウントを複数の端末で使う方法 事前準備:別端末のログイン許可をする LINEアカウントをiPadやパソコンで使用するには、あらかじめスマートフォン版LINEアプリ上で許可設定が必要です。 例えばiPhone版LINE(ver 8. 1)の場合、「友だち」タブ左上「設定」アイコンより「アカウント」へ進み、 「ログイン許可」トグルを有効にすればOK。 iPadやパソコンで使用する際は、同ページ内に表示される「メールアドレス」と「パスワード」でログインするため、設定内容を確認しておきましょう。 また先述の通り、LINEは基本ルールを破ろうとすると、最悪の場合データが強制初期化となります。 AndroidとiOSそれぞれの関連記事を参考に、念のためLINEのデータをバックアップして下さい。 認証コードには時間制限があるため、なるべく早く入力しましょう。 その後、Mac側で友だち情報の同期が実施され、ログインが完了します。 Mac側でログインが完了すると、スマートフォン側にも通知が届きます。 以降、スマートフォンとMacではLINEのトーク内容がリアルタイムで同期され、お互いで送受信したトークを閲覧することも可能です。 注意:複数PCで同時ログインはできない 複数のパソコンで同じアカウントにログインはできません。 例えばmacOS版LINEアプリでログイン中に、別のWindows版LINEアプリでログインが成立すると、macOS版LINEアプリでは排他がかかり強制的にログアウトされます。 複数のスマホでLINEトークを共有する方法 今回紹介した方法は、iPadかパソコンからの確認が原則となっており、2台目のスマートフォンからは不可能です。 どうしても複数スマートフォンでLINEトークを共有したい場合、グループトークを応用すれば擬似的に実現できます。 具体的には、複数スマートフォンそれぞれでLINEアカウントを取得し、新旧アカウントとトーク相手とで「グループ」を組むことで、トーク内容は、旧アカウントと新アカウントどちらからでもチェック可能となります。 詳細は関連記事【】で解説しています。 トーク相手からの協力も必要となるため準備が面倒ですが、新スマートフォン1台から旧スマートフォンのLINEに届くメッセージを確認できます。 OSまたぎの機種変更で応用する方法 今回紹介した方法は、AndroidとiPhoneというOSをまたぐ機種変更をする場合に発生する問題への解決策として応用できます。 OSまたぎのLINEアカウント移行の場合、標準機能としてトーク履歴を完全に引き継ぐ手段がないため、アカウント情報を残すために旧アカウントを所有しつつ、新アカウントを取得する選択肢があります。 この場合、新アカウントから旧アカウントに届くLINEトークを確認する手段が課題となりますが、今回の方法により解決できます。 詳細は関連記事【】で解説しています。

次の