依頼 させ て いただく。 「ご依頼」の意味と敬語、メール件名の付け方、「お願い」との違い

「ご依頼いただく」は二重敬語?上司に使える?ご依頼を使った例文!

依頼 させ て いただく

「言う」の謙譲語「申し上げます」は、「お(ご)」と動作を表す言葉を挟むことで謙譲語の表現として使うことができます。 先に紹介した「ご(お)~いたす」と同じ系統になります。 依頼「する」の直接的な謙譲語ではありませんが、例えば「ご挨拶申し上げる」「ご紹介申し上げる」「ご説明申し上げる」などといった話すことを意味する言葉に使われます。 「ご依頼いたします」「ご依頼します」よりも丁寧なニュアンスの言い回しで、ビジネス文書として用いるのであればこの「ご確認申し上げます」が最適でしょう。 「ご依頼」にくらべ「お願い」の方がカジュアルな印象を受けます。 「お願い」は「ご依頼」にくらっべしたから申し上げる印象が強く、目上の人や相手の行動に用いるのは違和感が残りますので注意が必要です。 そんな中で自分にとっては大切なご依頼をメールで送ることは少々不安に感じませんか。 そんな不安を軽減させるためにも、メールの件名を明白にしてわかりやすくすることが必要です。 【】を付けることでその内容を強調することができます。 また期限差し迫っていたり二度目の依頼メールなどの場合は「至急」「再送」などとつけることによって見逃しを無くしましょう。 開封確認を付けるなども有効です。 相手としてもわからないことがあってはメールや電話をするなど手間もかかり、最終的に依頼が完結するまでに時間を要してしまいます。 伝えて困ることでなければ情報は細かく提示しましょう。 自分の依頼が滞りなく進むためには、情報や説明が必要です。 しかし、ビジネスと言うのは多くの場合人と人とのコミュニケーション、信頼関係によって成り立っています。 自分の依頼だけが済めばよいという立場ではなく、相手の手間に配慮した一語を添えるだけでも今後にむけ良い作用を及ぼします。 そういったときに便利なのが「クッション言葉」といわれる言葉で、「ご依頼」をする場合「お忙しいところ恐縮ですが」「ご多用のところ恐れ入りますが」「急なお願いで申し訳ありませんが」などを頭に添えます。 断られることは基本的にありませんが、こういったねぎらいの言葉が円滑な人間関係を生むことを知っておきましょう。 さて、下記の御社取扱品につきまして、お見積書をご送付くださいますようお願いいたします。 取り急ぎ、ご依頼まで。

次の

ご依頼いただくメリット

依頼 させ て いただく

「ご依頼」というワードを使った文章には様々なものがあります。 こちらの使い方については、ご依頼いただいた内容についての説明をする例文で、ビジネスにおいて多用される表現となります。 ご依頼の内容に関して、時間が経ってから説明をしたり補足が必要になるシーンは少なくありません。 そういった場面では「先の件についてのご依頼ですが」という表現は非常に役に立ちますので、例文を見ながらしっかり押さえておくようにしましょう。 ご連絡いただきましてありがとうございます。 先の件についてのご依頼ですが、納期まで間に合いますよう尽力しておりますので今しばらくお待ちくださいませ。 この使い方は非常にビジネスにおいて多様される使い方であり、依頼内容について説明する上での前置きに使われる表現となります。 この表現の後に依頼内容を説明する文章を挿し込む形になります。 依頼をする前提として、その内容をしっかりと説明をする必要があります。 そういった説明をする場合にはまず「ご依頼申し上げます内容ですが」と前置きをしつつ、後からその内容の説明をしていきます。 ビジネスのシーンでは非常によく使われる表現ですので、例文をよく見てこの表現を使いこなせるようにしておきましょう。 ご返信いただきましてありがとうございます。 これからご依頼申し上げます内容ですが、納期に関しては余裕を持たせることができますが、クオリティに関しては妥協を許さないものとなっております。 この表現は〇〇の部分にご依頼いただいた概要が入ります。 例えば〇〇には「資料」「プロジェクト」「商品の発送」といった様々な依頼内容が入ってくる形になります。 概要を付けて「ご依頼いただきました」と添えると、話が早くなりますので、状況に合わせて積極的に使っていきたい表現になります。 ただし〇〇に入るのは基本的に名詞になりますので動詞を入れると違和感のある表現になります。 その点には気を付けて使うようにしましょう。 高橋様より先日商品の発送についてご依頼をいただきました。 商品はすでに高橋様のお手元に届いているようです。 この表現はこれから依頼をする内容の概要を先に伝えることで、その後依頼内容に関する詳細の説明についての理解がより深くなる効果が期待できる表現となりますので例文をしっかり読んでみてください。 「ご依頼」という言葉を使った表現には詳細を説明する表現と概要を説明する表現、そして依頼済みの内容に触れる表現と依頼予定の内容について触れる表現に分かれます。 状況に応じてそれぞれの表現を使い分けることで、ビジネスにおけるコミュニケーションがより円滑に進むことでしょう。 佐藤様には資料作成につきましてご依頼申し上げます。 資料につきましては本プロジェクト立ち上げに際して非常に重要な部分を占めるものと認識しております。 この表現は1つ目に紹介した「先の件についてのご依頼ですが」と類似している表現ですが、「ご依頼いただきました件につきましては」の方は依頼をすでに受けている前提で話が進んでいます。 しかしながら「先の件についてのご依頼ですが」の方は必ずしも依頼を受けている状態ではないという違いがあります。 依頼を受けていて現在進行形のニュアンスを表すには「ご依頼いただきました件につきましては」という表現を使った方がいいでしょう。 ビジネスで使われる表現にはこのように非常に似ていて同じような意味合いを示す表現であっても、違う内容を示していることが少なくないので注意が必要です。 「ご依頼」という表現に限らず「ご連絡差し上げます」というビジネスで多用される表現においても同じことが言えます。 下記の関連記事もチェックしてみてください。 「ご依頼」という表現は「依頼」という言葉に「ご」という接頭語を付けて敬語表現としたものですが「お願い」に関しても同じ意味合いがあります。 ただしこの2つの言葉は共通している部分とそうでない部分があるので、その点を押さえる必要があります。 「ご依頼」に関してはこちらから依頼したことと相手方から依頼されたこと両方に対して使うことができますが、「お願い」に関しては基本的にこちらから依頼したことに対してしか使うことができない表現です。 「〇〇様のお願いにつきましては」というような表現はビジネスでは使わないので注意しましょう。 この表現に関しては非常に事務的なニュアンスが強い表現となります。 敬語としてのニュアンスは「ご依頼」や「お願い」といった表現の方が強いので、丁寧さが求められるシチュエーションでは使わない方が良い表現です。 「先日のお願いさせていただいた件になりますが」「先日申請した件ですが」という2つは似たような意味合いの言葉ですが響きが全く違ってきます。 丁寧過ぎる表現が嫌われる場合もありますし、そのシチュエーションに合った表現を選ぶようにしていきましょう。 この表現は相手方の「ご依頼」に対してのみ使える敬語表現となります。 「ご意見ご要望がございましたら遠慮なくお問い合わせくださいませ」というような形で、様々なシーンで使われている非常に馴染み深い表現であると言えます。 「ご依頼」という表現は受ける場合も相手方に依頼をする場合にも基本的には謙譲語を使うという特徴があります。 敬語には尊敬語と謙譲語、そして丁寧語の3種類がありますが尊敬語の表現では「ご依頼になられる」というような言い回しになります。 しかしながらこのような尊敬語の言い回しは中々使われないのが「ご依頼」の特徴であると言えるのです。 尊敬語よりも謙譲語を意識して使うようにすると間違いが少ないかと思われます。 「ご依頼いただく」という表現は謙譲語にあたる表現であり、相手方が依頼してくる際に使う敬語になります。 相手方から自分が依頼を「いただく」立場であり、遜っている状況であるためにこの表現は謙譲語であると言えるのです。 申し上げるという表現についても謙譲語になります。 「申し上げる」という表現自体、相手に対して遜っている謙譲語になります。 そのため、こちら側から依頼をする場合にも謙譲語を使うことになるのです。 この表現も謙譲語の表現になり、これから依頼をしたい内容を説明する際に使われる言い回しになります。 また「先の件」と同様の言い回しとして「ご依頼いたしました件ですが」というような言い回しで使うこともあります。 フォーマルなシチュエーションでは、様々なシーンにおいて使われる丁寧語の表現になっています。 「ご依頼」の英語の使い方は? 「ご依頼」の英語の使い方は動詞か名詞かで違う 「ご依頼」の英語の使い方は動詞か名詞かで違います。 動詞の場合だと「ask」という動詞がよく使われます。 この動詞を直訳すると「尋ねる」「頼む」というような意味合いになります。 また動詞では「order」という言葉もありますがこれは「命令する」と訳すことができますので少し強い言い方になります。 日本人は料理を頼む時に「オーダーする」と言いますが、このような言い方は「ご依頼」という丁寧な表現とはかけ離れてきます。 また「コマンド」という動詞も「指示する」という意味がありますが上から言いつけるようなニュアンスがあるので「ask」を使うのがベターだと言えます。 また名詞に関しては「request」を使うことができます。 「request」は動詞として使うこともできるので、非常に便利な言葉ですがこれを「ご依頼」と訳すためには前後に丁寧な表現を使う必要が出てきます。 「ご依頼」の英語の熟語はいくつか種類がある 「ご依頼」の英語の熟語はいくつか種類があります。 下記に例文をいくつかまとめていますので、是非その状況に合った表現を選んで使ってみてください。 同じような言い回しを何回も使うよりも、違った言い回しを使い分けた方が相手への印象値が上がることでしょう。 「ご依頼」の英語の使い方• ・Can I ask~?(お願いしてもよろしいでしょうか?)• ・Could you please~?(~をしていただけませんでしょうか?)• ・Do you have any request? せっかく相手に丁寧に接して気遣いと敬意を相手に示そうとしても、その敬語の使い方が間違えていると相手を不快にさせることすらありますので注意が必要です。 敬語表現は「ご依頼」に限らず正しい言葉遣いができて、はじめて相手方にその気遣いが伝わりますので間違えないようにひとつひとつをしっかり勉強するようにしましょう。 「ご依頼」という言葉だけでなく「お願い」や「ご要望」のような類語と一緒に使いこなすことで、相手の印象値をさらに上げることができるでしょう。 「ご依頼いただきました」「ご依頼申し上げます」といった表現はビジネスでよく使われますが、それと一緒に「先日お願い致しました」「ご要望がございましたら遠慮なくお申しつけください」といった表現も一緒に使うことでよりビジネス感が増すことでしょう。 「ご依頼」は敬語表現になるため、使う相手を選ぶ言葉になります。 使うべき相手にそれを使わなければ失礼に当たりますし、使わなくてもいい相手に使ってしまうとただただ堅苦しい印象を与えてしまうことになるでしょう。 「ご依頼」をマスターしてコミュニケーションに役立てよう! 「ご依頼申し上げます」といった表現が自然にビジネスのシーンで使いこなせるようになることで、ビジネスに限らず様々なシーンにおけるコミュニケーションが円滑になることでしょう。 ここで紹介したことが、あなたのコミュニケーション力向上に繋がればうれしいです!.

次の

敬語「ご依頼いただく vs くださる」の意味と違い・使い方

依頼 させ て いただく

丁寧・誠実・迅速・心を込めて ご本人やご家族の心境や状況を大切に、丁寧に、誠実に、心を込めて対応しております。 日々の障害年金の活動について、社会保険労務士の他の業務とちがうところは、特に愛があるところだと考えております。 費用について 着手金には、相談料・交通費・印刷費等の経費を含みますので、手数料や諸経費を別途御請求することはありませんのでご安心ください。 ご依頼いただいた場合にかかる費用は、最初の着手金と支給決定された場合の報酬金のみです。 万一の場合でも、審査請求・再審査請求は着手金無料でご対応します! 弊所に障害年金の初回請求をご依頼いただいたお客様には、結果に納得できない場合でも、審査請求・再審査請求の着手金は無しでご対応させていただきます。 (ただし、成功報酬はかかります。 詳細は料金表をご覧ください。 ) 支給決定後のフォロー 障害年金の認定は、永久に認められるものもありますが、多くは有期の認定です。 その場合には、期限がきたら更新する必要があります。 この更新の際に油断していると、症状が全く改善されていないのにもかかわらず等級が下る可能性や支給停止になることもあります。 障害年金の請求をご依頼いただいたお客様には無料で、次回の更新時のご相談に対応させていただきます。 デメリット お客様にご依頼いただく際には報酬が発生しますので、請求手続きをすることが困難な方や不安な方に説明の上、十分ご納得していただいてからご契約いただけたらと考えております。 〒225-0011 神奈川県横浜市青葉区あざみ野1丁目(あざみ野駅徒歩3分) エレベーターがありますので車いすでも安心ください。 Tel:045-548-4025 Fax:045-548-4026 E-MAIL srkanae office-kanae.

次の