エビング 仕掛け。 エビングでキハダをゲット!タックルから釣り方まで徹底解説|TSURI HACK[釣りハック]

ソフトルアーで青物を釣れ! ショアエビング釣法!!

エビング 仕掛け

キハダ・カツオのコマセ釣りが解禁してから早一ヵ月。 キハダもカツオもコマセを食ったり食わなかったりと不安定で厳しい状況が続いている。 そんななか、エビングだけは解禁してから絶好調だ。 連日のように大型キハダが各船がキャッチされ、茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」でもホームページのギャラリーを賑わせている。 そんな「沖右ヱ門丸」を訪れたのは8月中旬。 この日も唯一取り込まれたキハダは、エビングによるものだったのだ。 とはいえ、この日「沖右ヱ門丸」5号船は7発キハダのアタリがあり、5発はエサ、2発がエビング。 エサはすべてバラシ、エビングでは1本獲ることができた。 エサはすべてバラシに終わってしまったとはいえ、徐々に状況は上向いている。 「実際、別船ではコマセで2本のキハダが上がっています。 重要なのは、前アタリでアワせることです。 キハダの群れがすぐ近くにいるよ! といった感じでアナウンスしますので、そのようなときは竿を手に持って準備してください。 前アタリはクククッと竿先に出ますので、その瞬間にアワせるようにしてください」と話す、「沖右ヱ門丸」5号船の木村康弘船長。 キハダは確実にコマセに口を使い始めている。 今後に期待だ!! エビングで使用するタックルは青物狙いのジギングタックルがあればOK。 外房などでヒラマサやワラサを狙う際に使用するものが最適だ。 ロッドは、長さは6ft(1. 8m)前後で、ジグウエイトのマックスが150〜200g程度のミディアムパワーのモデルが扱いやすい。 リールはスピニングでもベイトでも可能だが、ドラグ性能のよいモデルをセレクトしよう。 ラインはPE4〜5号。 リーダーはナイロンの100 Lbを1. 5〜3mで、PRノットなど摩擦系ノットで接続する。 テンビンは、一般的な片テンビンでもできなくはないが、腕が横に出るためシャクる際にそれが抵抗となる。 エビングでは専用のストレートタイプのテンビンが一般的だ。 ワームは、エビング専用が発売されているので、それをセレクトすれば間違いない。 とくにケイムラ系カラーは必携で、実績も高い。 釣り方は、ワンピッチジャークと呼ばれるジギングのテクニックが基本。 1回ロッドをシャクるのと同時に、リールを1回転させるテクニックのことだ。 シャクリのスピードや大きさはその日そのときで異なるので、遅め、速め、大きめ、小さめなど、いろんなパターンを試してみよう。 またその際に重要なのは、シャクリとシャクリの間に「間」をしっかりと作ること。 つまり、連続的にシャクるのではなく、1回1回しっかりと止めることが大切だ。 この間(止め)のときににヒットして来ることが多い(タナの探り方はイラスト参照)。 さて、このエビングは前述のジギングロッドなどルアーのタックルがなければできないかといえば、そんなことはない。 コマセ釣りの人もタックルはそのままに、ビシをオモリまたはメタルジグに換えて、付けエサのオキアミをワームにすればエビングは楽しめる。 実際、「沖右ヱ門丸」の取材ではそのようにしてアタリを取っていたエサ釣りアングラーもいたほどだ(残念ながら外れてしまったが…)。 コマセへの反応が悪いときは試してみても面白いだろう。 シャクリは、電動リールはギア比が低いので、手巻きはおすすめしない。 電動ジギングの要領で、メリハリを付けて(必ずストップを織り交ぜて)シャクろう。 PRノットはキャスティング、ジギングのどちらにも対応する、リーダーと道糸との結びだ。 ノットの部分が他のノットよりも長くなるので、おもにジギングで使用される機会が多く、エビングにもオススメのノットだ。 このノットを作る際は、専用のノッター(ツール)が必要となる。 コインなどでも代用できるが、大型魚狙いでは、これらの代用品では巻き付け強度が足りない。 そのため必ず専用ノッターを使おう。 ノットを作るコツは、PEラインとリーダーを強く張り、しっかりとテンションをかけて巻きつけること。 ただ、テンションが強すぎると、リーダーやPEラインにヨレが入ってしまうので注意が必要だ。 何度も練習して、適度な巻き付けテンションやノットの長さを知ることが大事だ。

次の

相模湾のキハダ&カツオ攻略術! エビング編(沖右ヱ門丸)|つりまる

エビング 仕掛け

さて当日、友人をピックアップして大磯のへ。 受付を済ませたところ、コマセのお客さんが一人であとは皆ルアーらしい。 コマセ効かなそうだけど大丈夫かなぁ.. 不安がよぎる... 同船の方に挨拶して出船。 お客さん6人だったんで広々使えるね。 エビングの準備。 前日に抜けた前線の影響か、海上は北っ気がザワザワでウネリもあり。 まずは探索。 1時間経過... なかなか反応が見られないらしく、西方面からカットバックして一気に東へ。 もう我慢できずに「一本釣ったら縛り」を解除してプシリ。 出船してから2時間近く経過したところでやっと鳥がちょろちょろ見えだし、船長もソナーを睨みながら反応を追いかけてる模様。 右往左往してようやく「はいやってー35~45ー」さーてがんばるぞい! まず、エビングなんてやった事ないもんだからどんなシャクリをすればいいのかわかんない。 とりあえず50位落としてぐわーっとロングジャークして巻いてを繰り返す。 30位まで上げてきたらまた落とす。 これでいいのかな?しばらくやるも反応はない。。 で移動。 何回か移動したところでジギングの友人にヒット!「ジィーーーーーーーーー!」っとドラグが勢いよく出てロッドが海面に突き刺さる。 数分のやりとりで、まずは無事に1本目をキャッチ。 しかもデカい! 4キロ ちょっと焦り出す.. エビングは一向に食ってこない。。 とりあえず持ってきたワームのカラーは全部試してみた。 アクションが悪いのかと思い、ショートピッチや早巻き、ロングジャーク、ステイと色々と織り交ぜつつ試してみたが食わない。 ここで友人2本目キャッチ。 オレ泣きそう... ここで痺れを切らしジギングに変更。 ジギングでは基本的にショートピッチのステイ3秒。 でやってみる。 が、どーにもこーにもアタリがない。。 ヤバいこんなはずじゃ... 少しだけジギングをやって、どっちつかずでいい結果が出たためしなんてあるわきゃないのが世の定説、エビング一本でいくことにした。 お昼を過ぎ、友人はキメジ 2キロ もゲットし余裕のスマイル。 こちらといえば未だノーバイトの危機的状況。 そろそろ上がりかなぁなんて思いながら、小さな船団で船長の合図。 諦めながらしゃくっていたら「コンっ」と本日初のアタリ!けど全然引かない。 上がってきたのは45cmくらいのヒラソーダ。 ソルティガに申し訳ない気分でイッパイの中、再度仕掛けを投入。 ボチャンと仕掛けを落とすと4~5匹仕掛けを追っかけて食っちゃう始末。 30m下でもペンペンがヒットしちゃってまぎらわしいったらありゃしない!シイラの絨毯やぁ~! それはさておき、午前中ザワザワ吹いていた北風は収まり、海上はほぼ無風でベッタリとなった。 引き続きがんばってしゃくっていると、ロングジャーク後のステイで「ゴンっ!」よっしゃ!思いっきりアワセを入れた後、ドラグが「ジィーーーーーーーーー!」っと悲鳴を上げる予定、が... これまた沈黙。 ゴリ巻きで2キロのキメジゲット。 実は結構嬉しかったりした笑 ワーム カラーはネオンピンク を完全に丸呑み。 船長曰く針はネムリが入った針のほうが奥に刺さらずよいそうです。 みんな飲まれて切られちゃうとか。 その後30分ほどやりましたが時間切れ。 沖上がりとなりました。 目標設定は10キロオーバーのキメジと5キロのカツオ2~3本でしたがちょっと設定が高過ぎたようです。 汗 "人よりカツオを数釣りたくばリーダーを細くせよ"は個人的カツオ釣りの格言。 言い訳させてもらうと、コマセのお客さんが少なかったんでコマセが効かず... 以下略。 まぁとにかく、久しぶりに沖に出られて小さい獲物ながらも釣果があった事に感謝です。 帰ってから フラフラですが 道具を片付けて魚の処理。 胃袋の中はオキアミがパンパン。 アラ汁と刺身にして食しましたが、大変美味でございました。 追記: カツオからコレが出てきて「うっ... 」となる。 テンタクラリア、新鮮な魚の証拠。 食べても人体には全く影響アリマセン。 けどじっくり観察すると触覚みたいなのがニョキニョキ出てきてキモチワリー.

次の

ライトショアジギで釣れないならショアエビングがいいと思う

エビング 仕掛け

釣り人、釣具店、船宿、その他大勢の方々からのご要望にお応えして、カツオ・メジ狙いに最適な、エビング仕掛け(コマセ釣り兼用)をラインナップに加えさせていただくことにしました。 内訳は、 フックサイズ「1/0」でハリス18号(長さは3メートル)。 フックサイズ「1」でハリス18号と16号。 フックサイズ「2」でハリス16号。 以上の4種類が追加アイテムで、明日が初出荷となります。 フックは、信頼度抜群の「ムツサークル」。 全て手作業により補強チューブを使ったサカモト結び。 ハリスは、ダイワの「ディーフロン」を使用。 この仕掛けの特徴は、カツオ・メジを本命としつつ、もしキハダが掛かってしまった場合でも十分戦える仕様となっていること。 フックの強度、ハリスの信頼度、結びの完成度、と全てにおいて日本製ならではの信頼度があります。 エビングに、コマセ釣りに、ぜひご利用ください。 ちなみに、「エビングキハダセット」 「エビング専用直線テンビン」もご好評をいただいております。 次の勝負は、台風10号通過後となりそうです。 その間に、万全の準備を整えておきたいものですね。

次の