スプレット シート チェック ボックス。 Googleスプレッドシートのプルダウンリストとチェックボックスの作り方|トイロハ

Googleスプレッドシートで別のスプレッドシートのセルを参照する方法

スプレット シート チェック ボックス

Contents• 以下のヘルプページに書いてあります。 チェックボックスを設置したいセルを選択した状態で、 メニューから「挿入」>「チェックボックス」をするとチェックボックスを置くことができます。 よくありそうな使い方 それではチェックボックスの登場で使われそうな用途と、使い方のコツを書いてみましょう。 チェックされた行は色を変える(ToDoなど) チェックボックスで一番使われそうなのはToDoなどのチェックリストでは無いでしょうか? 頭にチェックボックスをつけて、その隣にタスク名などを入れればよくあるチェックリストが簡単にできあがります。 ここで、もうひと工夫したいのがチェックが入り終わったタスクをグレーアウトして区別すること。 予想通りかもしれませんが「表示形式」>「条件付き書式」で設定します。 A,B,C列の2行目以降を選択して、書式ルールとして「カスタム数式」を選択します。 このあたりはエクセルと同じです。 書式のスタイルは任意ですが、ToDoリストの場合終わったタスクなのでグレーの背景にしてみました。 そうすると、 チェックボックスをチェックすると行ごとグレーアウトするようになりました。 GASでチェックボックスの位置、状態を取得する チェックボックスがチェックされているかどうかで、計算や処理内容を分岐すると便利なケースはたくさんあります。 その基礎として、GASでチェックボックスの位置、状態を取得する方法を解説します。 まず、チェックボックスが操作された位置を取得してみましょう。 スプレッドシートのメニューから、「ツール」>「スクリプトエディタ」を選択してエディタを起動します。 msgBox myCell. myCell. getA1Notation で、トリガーが起動されたセルの位置が取得できるのでブラウザに表示してみます。 チェックボックスが操作された時に起動するように設定します。 スクリプトエディタの、「編集」>「現在のプロジェクトのトリガー」を開き、 イベントのソースを選択を「スプレッドシートから」、 イベントの種類を選択を「変更時」 に設定して「保存」します。 これで、チェックボックスを押してみると 「A2」のようにセルの位置が表示されました。 msgBox myCell. getColumn で列を、 myCell. getRow で行を取得できます。 こんな感じ。 さらに、このトリガーでは、シート全体に対して変更があったら起動してしまうので、そもそもチェックボックスでなくて起動してしまいます。 セルがチェックボックスがどうか取得することもできます。 getDataValidation ; if rule! msgBox myCell. getDataValidation. getCriteriaType でデータタイプが取れるのですが、チェックボックスの場合は「CHECKBOX」となるようです。 これで、CHECKBOXの場合だけ処理を走らせることができます。 チェックボックスでなくて、ラジオボタンのような動作をさせたい さて、ここまでアプリケーション的な動きができるのであれば、このチェックボックスをラジオボタンのようにあるグループの中では1つだけしか選択できないような制限をしてみたいです。 チェックボックスは値の参照だけでなくGASからチェックを付けたり・外したりできます。 A1からE5まで横一列のチェックボックスを作りました。 このチェックボックスをラジオボタンのように同時に1つしか選択できないようにします。 getDataValidation ; if rule! getRange "A1:E1". getRange "A1:E1". setValue false ; で常に一旦グループのチェックボックスをすべてfalse(チェックを外す)してから、 myCell. setValue true ;で選択されたセルだけtrue(チェックする)にしています。 これを今までと同じようにトリガーに登録すればOKです。 実際にこれを実装した画面をキャプチャーしてみると・・・ うーん、動作が遅くてチェックを付けたり外したりが丸見えです。 一応思った動作はしてくれているのですが、速度的には微妙ですね。 チェックボックスをトリガーとしたアプリケーションもできそうです。 ぜひ、使ってみてください! カテゴリー• 106• 339• 161• 166• 108• 274• 194•

次の

スプレッドシートのチェックボックスの作り方!ラジオボタンにレ点を入れる方法!

スプレット シート チェック ボックス

スプレッドシートでチェックボックスを作る方法をまとめました。 また、ただ作るだけでなく、チェックボックスを作って他の関数や機能と連携して活用する方法についても書いています。 他の表計算ソフトでもそうですが、チェックボックスを作る事ってよくありますよね。 ToDoリストで利用する例が最たるところでしょうか。 ちなみに、スプレッドシートでチェックボックスを作る手順についての、Google公式ヘルプはこちらです。 文字ばかりなので分かりにくいなぁと思ったので、当記事は実際の使い方を含め図表を使いながら解説しているのでご参考頂ければと思います! チェックが外れると「FALSE」 この「TRUE」と「FALSE」という要素も使いながら、チェックボックスを活用していくことが可能です。 チェックボックスを活用して色々やってみる せっかくなので、チェックボックスを活用して色々やってみましょう。 ToDoリストを作る まずはオーソドックスにToDoリストを作ってみました。 やらなければいけないことや予定を書き、完了したものからチェックを付けていくやつです。 ToDoリストの要素としてチェックボックスを使っている人も多いんじゃないでしょうか。 数式は以下のような感じ。 先程のToDOリストを使うと、完了・未完了のタスクの数を集計して施策がどれくらい進んできたか把握するのにも使えますね。 数字だけだとわかりにくいという方は、グラフも合わせて作っちゃうといいかもしれません。 グラフの挿入方法 ファイルタイトル下の「挿入」カテゴリの中に「グラフ」の項目がありますので、集計したセルを指定して「グラフ」を実行すれば自動で円グラフが出てきます。 条件付き書式を使って、色が付くようにする チェックを入れると指定した範囲に色を付けるようにしてみました。 こうすると残タスクが明確でわかりやすいですね。 これは「条件付き書式」の設定を使っています。 設定方法は以下のとおりです。 「条件付き書式」の設定で色を付けるように設定する方法 ファイルタイトル下の「表示形式」タブの中にある「条件付き書式」から設定が可能です。 「条件付き書式」をクリックすると設定画面が出てくるので、各種設定をしてみて下さい。 今回は以下のように設定しています。 色は1色でいいので「単色」で設定しています。 範囲に適用• チェックボックスを含む表の範囲を指定して下さい。 今回の表の場合、範囲はA2〜B10までの範囲なので「A2:B10」と指定しています。 書式ルール• 「カスタム書式」に設定• 書式設定のスタイル• ここで色味を決定することが出来ます。 お好みの色をどうぞ! 他になにか思いつけば追加していくかもです! その他 セル値を「TRUE」「FALSE」以外に設定する 前述の通り、チェックボックスにチェックを入れると「TRUE」か「FALSE」のセル値が入力されるのですが、このセル値は変更することが可能です。 設定は以下の通りです。 チェックボックスを設定している範囲を指定し、タイトル下の「データ」タブより「データの入力規則」から設定できます。 「データの入力規則」では以下のように設定してみて下さい。 セル範囲• チェックボックスを設定している範囲を指定。 チェックボックスを指定。 チェックボックスを指定している場合は、既に入力されています。 「カスタムのセル値を使用する」 にチェックを入れてください!• 「カスタムのセル値を使用する」にチェックを入れると、「チェックマーク付き(通常TRUE)」と「チェックマークなし(通常FALSE)」の場合のセル値を入力する事が可能となります。 上記を設定が終わったら、右下の「保存」を押すと設定完了です。 今回は「チェックマーク付き」の項目を「完」、「チェックマークなし」の項目を「未完」にしてみました。 以下の画像のように変わります。 セル値として「未完」が入力されています。 まとめ 今回は、スプレッドシートでチェックボックスを作る機能と、その活用方法についてまとめてみました。 Excelには搭載していない機能なので、ExcelでToDo管理しているよ!というような方はスプレッドシートに切り替えてみるのも良いかもしれません。 クラウドツールなのでどの端末からもアクセスが可能となっていますし、より快適にToDo管理ができるようになるかもしれませんね! 私もまだまだ初心者なので、気づいた事があれば少しずつ加筆修正していければと思っております。 皆様のお役に立てば!ということで、他の方も参考になりそうな学んだことはガンガンアウトプットしていきますね! それでは!.

次の

【Googleスプレッドシート】チェックボックス使って背景を変更する

スプレット シート チェック ボックス

チェックボックスをつくる まずは、チェックボックスを追加したいセル(もしくはセルの範囲)を選択します。 その状態で、メニューの「挿入」をクリックします。 メニューリストの下のほうに「チェックボックス」が追加されていますね。 NEW! クリックすると、選択したセルにチェックボックス(OFFの状態)が追加されます。 できましたー! 簡単すぎます。 さっそく、チェックボックスをチェックしてみましょう。 クリックすると、ちゃんとチェックがつきます。 押しやすい。 白い四角(OFF)が黒い四角(ON)に変わるので、視認性も高くわかりやすいと思います。 セルをコピペするだけでコピーができますし、 Deleteで削除もできます。 また、文字ではないのに、フォントサイズを変えると大きさを変更できるところも便利です。 テキストの色を変更すれば、チェックボックスの色も変えることができます。 文字ではないのに。 セル自体がチェックボックスになっているのですが、個人的には新しい感じがして衝撃を受けました。 今まで、チェックボックスってグラフのようにプラスオンするものっていうイメージが強くて、関数を使う身からするとちょっと扱いづらく感じていました。 カーソルをあてて大きさを調整させたり移動させたり位置を細かく揃えたり……そういった微調整が面倒だなと思っていました。 まさかそれらをこんなにシンプルに解決してくれるなんて……! 「データの入力規則」からチェックボックスをつくる 「データ」メニューの「データの入力規則…」からもつくることができます。 「条件」のプルダウンの一番下に「チェックボックス」が加わりました。 選択して「保存」を押すとチェックボックスができます。 ここで、ん? と思いました。 「データの入力規則」で設定をするということ……つまり、 チェックボックスは入力規則、単なる入力するときのルールなのです。 図形やグラフのような独立したオブジェクトではない。 単なる入力ルール。 今まで私が持っていたチェックボックスの概念と大きく違いました。 よくよく考えると、「ONという状態をどう表示し、OFFならどう表示するか」という表示の問題だけなので、確かに入力ルールで解決できるのです。 シンプルに考えることでシンプルに問題解決ができる、当たり前のことかもしれませんが改めて考えさせられました。 数式バーを確認するとわかりますが、デフォルトではONの場合はTRUE、OFFだとFALSEの値が設定されています。 チェックボックスの用途に応じて値を変更することができるため、誰が見てもわかりやすい状態を作ることができますし、関数とも連動しやすく、アンケートなどの集計にも便利です。 いろいろ活用したい。 すると、チェックマーク付きとチェックマークなしのそれぞれの場合に表示したいテキストを入力することができます。 チェックボックスをONにすると、数式バーはTRUEではなく「はい」が表示されています。 これ、地味なのですがすごいなと思っています。 関数にとってみれば、それがチェックボックスかどうかは関係なくTRUEかFALSEかが大事なのです。 前述の通り、チェックボックスはただの入力規則なので、オブジェクトではなく普通のセルと同じように扱うことができます。 参考:エクセルのチェックボックスについて エクセルにもチェックボックスがあります! デフォルトではメニューにはないのですが、設定をいじって「開発」タブを表示させることで、利用することができます。 「開発」タブの「挿入」から追加ができます。 エクセルのチェックボックスは、セルに対して追加するのではなく、画像やグラフと同様、チェックボックスというオブジェクトがセルの上に乗っかっているイメージです。 ラジオボタンやテキストボックスなども同様で、セルに依存することなくどこにでも設置ができますが、ひとつずつ位置や大きさを調整する必要があります。 編集するときは、「デザインモード」にしましょう。 エクセルの場合は、セルの入力ルールではなくオブジェクトです。 そのため、関数と連動させるには、任意のセルとリンクさせる設定が必要です。 個人的には、エクセルのチェックボックスの概念が強かったので、今回のGoogleスプレッドシート版のチェックボックスには驚くことが多いです。 活用してみる お題です。 10個の野菜や果物に対し、野菜に当てはまるかどうかチェックをするというアンケートを作ります。 チェックボックスを10個つくり、「データの入力規則」で、チェックボックスがONなら「野菜」、OFFなら「野菜じゃない」を値に設定します。 「野菜」と「野菜じゃない」それぞれの数をCOUNTIF関数で数えましょう。 F列では、B2:B11の範囲にある「野菜」と「野菜じゃない」それぞれの個数をCOUNTIFで集計しています。 チェックボックスかどうかは関係なく、普通のセルと同じ扱いで関数を組むことができました。 チェックボックスの範囲を選んでグラフボタンを押すだけで、一瞬でグラフ化することができます。 今回は円グラフです。 なんということでしょう! こちらも、チェックボックスかどうかは関係なく、普通のセルと同じようにグラフをつくることができました。 さいごに Googleスプレッドシートのチェックボックス機能がシンプルで使いやすいものだということをお話させていただきました。 これまでは、チェックボックスはセルや関数とは別次元の付属物のような存在でしたが、普通のセルとして扱うことで、もっとさまざまなシーンで活用できると思っています。 エクセルにあってスプレッドシートにない機能はまだまだありますが、これからもどんどんアップデートしていくと思いますので、日々勉強して少しずつご紹介できればと思います。 ありがとうございました。

次の