決まり手 小股掬い。 相撲技(決り手)一覧 :相撲ー四季通販

大相撲の決まり手は、現在いくつくらいあるのでしょうか?

決まり手 小股掬い

というシーンが毎週繰り広げられましたが、ヒト生態としては、とても健康的な番組でした。 オリンピック競技のように客観的数字や勝敗で競うことができないから、さまざまな趣旨のミス(メンズ、おかま)コンテストが行われ、たとえ、ミスコンテスト世界一であっても、日本人にはピンとこないこともよくありますが、それで良いのです。 ミスコンに厳しい人は、むしろ、多様な価値観を理解していないともいえます。 明鏡 :股についての、ちょっとした動作についていう語。 その点で、広辞苑よりも明鏡の方がより正確です。 昼寝をしているお相撲さんの膝の内側を小股とは言いません。 ・女性を美しく見せるダンスのステップに、フラメンコのゴルペ、プランタ、アルゼンチンタンゴのボレオなどがあります。 その基本は、顔は正面、上半身をあまり上下させず、片足加重で太ももは閉じて、浮かせた足の膝から下で、リズムよく振りをつける共通点があります。 ・習得に3年かかるとされる花魁の内八文字、外八文字歩きでは、重い衣装を着て、片足加重で重心移動しながら、高下駄で練り歩きますが、この様式化された所作は、鍛えられたインナーマッスル(腸腰筋)やハムストリング筋がなければ不可能です。 日本舞踊などの粋な立ち姿も片足加重が基本です。 片足に重心が乗って安定した歩きができる(小股の切れ上がった)女性は、下半身の筋肉だけではなく、日々の生活も締まりがある(だらしなくない)と想像させる、ということです。 毛深いとはアンダーヘアが豊かということです。 床上手になる理由として、ホルモン的なもの、心理的なものが考えられ、詳細は確認できませんが、確かに、身体の他の部位の毛は薄く、皮膚は薄桜色できめ細かく、あそこだけが毛深い人がおられます。 日本では、アンダーヘアは毛深くても気にならない(むしろ好み?)という男性も多いようです。 最近、アンダーヘアを処理する女性が増え、将来、日本男性の意識が変わるのか、興味深いところです。 akachann99.

次の

相撲技(決り手)一覧 :相撲ー四季通販

決まり手 小股掬い

小股掬い(こまたすくい)とは、のの一つである。 出し投げを打った後、相手の踏み込んだ足(自分に近いほうの足)を内側から掬って倒す技。 使い手としてはが有名で、9月場所の初日に・にこの技で勝利したのをはじめ、この技で通算12勝を挙げている。 また、7月場所の千秋楽で、当時だったが、のとの7勝7敗同士の対決でこの技で勝利し、勝ち越しを決め、カド番を脱出した。 3月場所でも、のが関脇のをこの技で決めた。 2018年5月場所千秋楽で、石浦が十両の旭秀鵬にこの技で6勝目を挙げ、十両陥落を回避している。 脚注 [編集 ]• 『大相撲ジャーナル』2017年7月号 p76 関連項目 [編集 ]• この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 などしてくださる()。

次の

相撲技(決り手)一覧 :相撲ー四季通販

決まり手 小股掬い

この項目では、相撲の決まり手について説明しています。 人が通った経路については「」をご覧ください。 足取り(あしとり)とは、のの一つである。 相手の懐に潜り込み、相手の片足を両腕で抱え、体重をかけて仰向けに倒す技。 のとほぼ同じになる。 また、のにあたる。 相撲の実戦的な心得の一つに「足が取れたら、相手の太ももをに寝ろ」というのがあり、これを実行すれば足取りになる。 1950年代この技を得意としたが、3月場所初日、を心得通りの足取りで破ったときに決まり手を 「波まくら」と紹介されたことがある。 また9月場所6日目、は足を取られながらもかいくぐって逆転勝ちを収めたことがあったが、このときの相手大関はこの心得を実行できなかったために逆転を許してしまった。 1970年代の角界で足取りの代名詞として扱われていたの場合、相撲の足取りである「波まくら」ではなくレスリングのシングルレッグダイブの要領で放たれるものであった。 平幕時代のが立合いでいきなり足を取り、そのまま土俵外に押し出すという取り口を何度か見せたこともある。 この時も、決まり手は足取りとされた。 2010年代以降では、が当決まり手で延べ3勝(9月場所13日目の戦・1月場所5日目の戦・9月場所7日目の戦)を挙げた。 長身で腰高な取り口の力士は小兵の技能派力士との対戦で当決まり手に屈しやすく、は関取在位中に足取りで8敗を喫したが、そのうちの4敗は戦で喫したものであった。 その他、の・は、入門前の経験を活かし当決まり手で勝利することが多く、特に2017年は年間25勝のうちほぼ半分に充当する12勝が当決まり手であった。 においては、 5年 に開催されたでがにこの技を決め、一世一代の大勝利となった。 ただし、天覧において使うには見苦しい技であるとして悪い評価が先行し、大坂相撲において足取りがとなる規約が作られてしまった。 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の