首イボクリーム。 首イボを取りたい!! 首のポツポツが皮膚科で数秒で消えた私の実録!!

首イボクリームのおすすめ7選!全身に使えるタイプも

首イボクリーム

突然ですが、皆さんは 首イボをどのようにして治療したいと考えていますか? 正直言いますと、 病院やクリニックで治療を受けた方が治る確率は高いです。 お医者さんに診てもらうので安心という面もありますね。 ですが、個人差はありますが 病院などでの治療 液体窒素やレーザー は痛みが伴います。 首周りには無数の神経が通っていますので、痛みに弱い方は病院やクリニックでの治療はあまり向いていないように思います。 さらに、首イボは皮膚科で簡単に除去することはできるのですが、 再発してしまう可能性が多くその度に皮膚科へ受診しなければなりません。 コストや手間を考えると、出来れば薬やクリームを使って自分で治してしまいたいところです。 私も、当サイトでオススメしているのおかげで、病院に行く事なくイボを治すことが出来ました。 「自宅で空いた時間で治療したい」 「薬局で購入できる?」 「おすすめの市販薬は?」 これらの疑問を中心に、今回は自宅で治療するための「首イボ」治療用の薬をご紹介します。 このページでわかること• 「首イボ」とは? TOPページでも触れていますが、首イボの正体は、紫外線やネックレスなどの摩擦によって傷ついて固まってしまった 角質の塊です。 「首イボ」は、角質が小さく固まってしまった 「アクロコルドン」ともう少し大きく皮膚が突起してしまった 「スキンダック」と呼ばれています。 一般的に聞くイボといえば、足のつま先や指などに出来る皮膚が固くなってしまったものを連想しますが、「首イボ」も原理は同じです。 茶褐色の米粒にも満たない「首イボ」は、一種の老化性の現象なので決して身体に大きながいがあるわけではありません。 ただ、ニキビよりも濃い色素のできものが首からデコルテの部分に出来てしまうのは美容的な観点からすると非常に煩わしく、目立たない場所とは思っていても圧倒的に肌の見た目年齢を老けて見せてしまいます。 「首イボ」が出来る原因は、 「皮膚の乾燥」、「皮膚への刺激」、「新陳代謝の低下」です。 これらを解消するために効果的な薬を選ぶことで自宅での「首イボ」治療をおこなうことができます。 首イボを治す市販薬は? 「首イボ」を治すための薬には、 内部からイボを消していくための内服薬タイプのものと、 物理的にイボを剥がす軟膏タイプの2種類があります。 内服薬での「首イボ」治療 薬を服薬する場合、皮膚が作られる最下層「基底層」の状態を整えて、角質層へ規則正しく排出されるまでターンオーバーを促して深層から肌ごと整える原理でイボを消していきます。 かなり長期戦で日常的に行うものですが、ターンオーバーを正しくすることで「首イボ」だけではなくニキビやシミ・シワなどの肌トラブルを総合的に治していくことができます。 効果には個人差があり、人によってはかなりの長期戦になってしまうことがありますが、この方法なら再発が少なくなります。 薬と同時に、「首イボ」除去に効果のある化粧品が多く開発されているので、併用すると更に早く治療することが出来ます。 軟膏での「首イボ」治療 軟膏を使って除去する場合、古くなった角質粒にのある薬を塗ってポロポロと剥がしていくタイプのものがあります。 ピーリングをおこなう際に、古くなった角質層が頬からポロポロと気持ちよくとれるあの現象を「首イボ」に対しておこないます。 再発防止の為にピーリング後は必ず保湿ケアをおこなってください。 これらの薬と同時に、「首イボ」除去に効果のある化粧品が多く開発されているので併用すると更に早く治療することが出来ます。 成分によって異なる治療薬の種類 「首イボ」治療の薬といってもその数は様々です。 薬と一言で言っても、厚生労働省が認可した怪我・病気の治療を目的とする 「医薬品」から、症状の緩和や予防を目的として厚生労働省が認可した成分が一定の量で使われている 「医薬部外品」、あるいは美容目的で作られた効果がとても穏やかな 「化粧品」と分けられます。 医薬品を使用する場合は、一度皮膚科医に相談してから指示を仰いだほうが安全面としては確実です。 相談によっては受診の際に処方してもらえます。 医薬部外品または化粧品の場合に大切になってくるのは、 自分自身の再生・維持能力です。 自分の回復力を助けながらの「首イボ」除去になるので、イボの状態と体調によってはかなりの長期的治療をしなければなりませんが、副作用も少なく身体に負担の少ない治療を施す事が出来ます。 全体が間接である首はとにかくイボができやすく、できれば早急に多くの軟膏を使って除去してしまいたいところですが、首の皮膚はとても薄く繊細なのでくれぐれも無理は避けましょう。 色々な薬が開発されていますが 「首イボ」の状態と自分のペースにあった治療薬を選ぶのが望ましいです。 首イボに効果ありの「ヨクイニン」 「首イボ」に効果的と聞くと必ず耳にするのが 「ヨクイニン」という名前です。 名前だけ聞くと医薬品という感じがしますが、その正体は 「ハトムギ」なのです。 「ヨクイニン」という名前はハトムギの生薬の名前で元々ハトムギという名前は明治時代に入ってから呼ばれるようになった名前です。 鳩がおいしそうに食べるから「ハトムギ」と呼ばれるようになりました。 ですので成分表に「ヨクイニン」と表記されていない場合、「ハトムギ」と表記されていればヨクイニンと同じ効果が得られると思って大丈夫です。 「ヨクイニン」の中には「首イボ」をはじめとした皮膚の異常に対して効果的な成分が凝縮されています。 新陳代謝を促し、細胞を生成・維持するために必要なビタミンとミネラルが豊富に入っているため古来から薬草として重宝されてきた心強い植物エキスです。 皮膚科から処方される薬も大体はこの「ヨクイニン」内服薬が多いです。 「首イボ」を治したい人には要チェックですので、化粧品を購入する際は「ヨクイニン」が配合されているものをおススメします。 ヨクイニンに関しては首イボを治すヨクイニンの効果で詳しく解説しています。 使ってはいけない「イボコロリ」 同じイボでも絶対に使ってはいけないのが 「イボコロリ」です。 足の裏に出来たイボや魚の目を薬を使って柔らかくした後に剥がすという定番のイボを治す薬ですが、 「首イボ」を治すためにはイボコロリの作用は強すぎます。 にも表記されていますが、足の裏以外は絶対に使用しないでください。 薬による治療は長期的だが肌への負担が少なく予防にも繋がる 作用に個人差はありますが、ハトムギエキスなどを使用することによって合理的に「首イボ」の正体である角質粒を取り除くことが出来ます。 自分で治す場合、どうしても長期的なケアと決してオールインワンではない化粧品が必要ですが、日常的なケアをおこなえば、治療と共に「首イボ」の再発を防止することが出来ます。 自分のスキンに合ったものを使ってやっかいな「首イボ」治療をおこなってください。

次の

【首イボバスター】イボ子の首いぼクリーム比較ランキング

首イボクリーム

首のイボは見た目が良くないだけでなく、アクセサリーが引っかかったり、どんどん数が増えてデコルテまで広がったりと、悩みの種になりやすいですね。 30代後半以降にできやすいといわれていますが、20代でも首のイボに困っている方も少なくありません。 イボの治療は、皮膚科へ行くのが基本と考えられています。 しかし、イボの数が多ければそれだけクリニックなどに通う回数も多くなるケースもあるでしょう。 忙しい方なら、時間を作るのは難しいことも多いのではないでしょうか。 また、保険診療とそうではないものもあり、費用面でも気にかかります。 自分で首のイボは取れるのでしょうか?手軽にすぐにケアできる方法で、キレイになりたい方に、自分でイボを取る方法を徹底研究してみました。 Contents• 首のイボを皮膚科に行かずに自分で取る方法 加齢による首のイボは、古い角質が溜まることが原因の一つです。 年齢が上がるにつれて、ターンオーバーのサイクルが崩れて、角質が残ったままになりやすいのです。 また乾燥や、紫外線、摩擦なども首のイボの原因になってしまいます。 ヨクイニン ヨクイニンは、ハトムギに含まれている成分の1つです。 メディカルハーブとして、美容や健康に良い効果をもたらすと、古くから重宝されています。 含まれている代表的な成分には、 コイクセラノイド(たんぱく質。 新陳代謝を促進するので、肌のターンオーバーのサイクルを整えます。 ) パルミチン酸(ビタミンAを安定化。 しわを抑止する効果が期待できます。 ) ミリスチン酸(ホルモン分泌や細胞膜を保護。 免疫系不全を回避します。 ) などがあります。 首のイボは、角質などの老廃物が溜まったものです。 ヨクイニンは、これを排出する効果があるといわれています。 副作用などの危険性も大変低いので、安心して使用できるのも大きなメリットでしょう。 ほとんどのイボや角質ケアクリーム、ジェルなどに配合されています。 また、サプリやタブレットなどで身体の内側からケアする方法もあります。 ハトムギ化粧水 ハトムギ化粧水は、コスパの良さから高い人気がありますね。 テクスチャーがサラッとしているので、愛用している方も多いのではないでしょうか。 ハトムギ化粧水に含まれているヨクイニンは、肌のターンオーバーを促進します。 さらにハトムギ化粧水はアミノ酸も豊富で、保湿力も高いです。 首イボの原因には、加齢によるターンオーバーの乱れや、乾燥が挙げられています。 そのため、ハトムギ化粧水は首イボケアに最適なのです。 普段から首イボやザラザラの予防に、ハトムギ化粧水を使用してみましょう。 顔にハトムギ化粧水を使用する際、首さらにデコルテまで同様に塗るだけでケアできます。 さらに効果を高めたいなら、コットンパックやニベア青缶と併用するのもおすすめです。 ドクダミエキス 古くから、民間治療薬として皮膚トラブルに利用されてきたのがドクダミです。 ドクダミには抗菌作用や、毒素を排出する解毒作用があります。 他にも保湿、収れん、血行を改善、黒ずみの解消などの効果も期待できます。 首イボの原因となっている乾燥、角質などのケアに最適ですね。 ドクダミエキスが配合されているクリームやジェルを使うことで、首イボを改善できるでしょう。 また、ドクダミ茶やサプリメントなどで摂取する方法もあります。 刺激や副作用の心配も少ない成分です。 ただし、ドクダミ茶はカリウムが多く含まれているので、腎機能が低下している方は摂取しないほうが良いですね。 医師に相談の上、服用は決めましょう。 イボコロリなどの市販薬は? 自宅でもイボを気軽に治療できる市販薬、イボコロリを首イボのケアに使ってもよいのでしょうか。 まずイボコロリの治療の仕組みをみておきましょう。 イボコロリの主な成分はサリチル酸です。 サリチル酸を塗ると、その部分の皮膚が柔らかくなります。 柔らかくなった部位は新しく再生し、イボ部分が押し上げられて取れる原理です。 ただサリチル酸は大変強い成分なので、イボがない部分についてしまうと、健康な皮膚も傷つく可能性があります。 また、イボコロリはウィルス性のイボには威力を発揮します。 加齢によって増加する首イボは、老人性イボがほとんどです。 イボコロリの治療には適していません。 さらに、加齢性のイボができやすい首、デコルテ、顔などは皮膚が大変薄い部位です。 強い成分であるイボコロリを塗ることで、皮膚を傷つける可能性は大変高くなってしまいます。 首イボの治療には、やはりイボコロリなどの市販薬は避けましょう。 また、イボコロリの内服錠があります。 ヨクイニン抽出エキスを錠剤にしているものですので、首イボに悩む方も飲むことができます。 内服する場合は、直接塗布する治療に比べて即効性はそれほど期待できません。 首イボケア専用のクリームなどと併用するとよいでしょう。 また、オレイン酸は肌のターンオーバーを促してくれます。 そのため、首イボのケアにも威力を発揮してくれるでしょう。 オリーブオイルの中でもエキストラバージンオリーブオイルは、オレイン酸の含有量が70%以上です。 含有量が多いとそれだけ効果が早く感じられる方も多いでしょう。 ただしオイルなので、やはりべたつきなど使用感が気になります。 どこかへ出かける前のケアとしては、オリーブオイルはあまり適していませんね。 オリーブオイルよりも杏仁オイルのほうが、サラッとしたテクスチャーで塗りやすいです。 オリーブオイルを試してみて苦手なら、杏仁オイルに切り替えてもよいですね。 自分でハサミで取っても大丈夫? 首イボは小さいものがポツッと出ていると、ハサミで簡単に切り取れそうです。 皮膚科の治療でもハサミで切り取るという方法もあります。 そのため、自分で首イボを切ってしまおうと思う方も少なくありません。 しかし、ハサミで切り取るのは首イボの数あるケアでも、最も危険でトラブルを引き起こす方法です。 皮膚科で使用するのは専用の医療ハサミですし、消毒や切り取った後のケアも十分です。 家庭用ハサミで、消毒を行わず、切除後の十分なケアをしないと、どれほど危険なことかわかるでしょう。 イボだけを確実に切り取れるわけではない、傷口から多量に出血するおそれがある、傷口から細菌が入り込む、炎症から腫れや膿が出るなど、どうやって処理してもトラブルにつながってしまいます。 どうにかイボがなくなっても、傷跡として残る可能性も高いでしょう。 さらに首イボは、加齢による老人性イボが多いのですが、ウィルス性の場合もあります。 ウィルス性のイボを切除しようとすることで、周囲にウィルスが飛び散ってさらにイボが増えてしまうかもしれません。 首イボのセルフケアにはクリームやオイル、ヨクイニン摂取など様々な方法があります。 自分でハサミで切り取ってしまうことだけは止めておきましょう。 どうしても難しい時は皮膚科で治療する セルフケアでもなかなか効果を得られない、きちんと治療したい場合は、皮膚科へ行きましょう。 通常首イボは、皮膚科クリニックと美容皮膚科クリニックで治療を受けられます。 治療法はいくつかあります。 費用や保険適用かどうか、治療までにかかる日数などを考慮して治療法を選ぶほうがよいでしょう。 ハサミや電気メスによる切除 飛び出たスキンタッグのようなイボは、医療用ハサミで切り取る治療法が適しています。 出血が少なく炭酸ガスレーザーなどのように周囲への熱影響もないため、傷跡が残りにくい場合が多いからです。 直接ピンセットでイボを摘まみ、根元からカットしていきます。 ハサミでの切除は、保険適用治療となることがほとんどです。 首イボの数が少なく、範囲も狭ければ1,000円程度、数が多ければ6,000円~8,000円程度と考えておくとよいでしょう。 大きいイボの場合には、電気メスでの切除手術となることもあります。 根元からイボを切除し、傷口を縫い合わせます。 切除による治療は、局所麻酔が必要となります。 傷口がふさがるまでは手術した部位を清潔に保つこと、抜糸が必要なことなど他の治療法に比べて多少注意が必要です。 原則として保険適用治療となります。 イボの大きさや皮膚科によって料金に違いがありますが、5,000円~15,000円程度になります。 炭酸ガスレーザー治療 ほくろやニキビ痕も除去できる炭酸ガスレーザーで、イボを除去します。 小さいイボなら麻酔なしでも手術可能で、盛り上がった組織を瞬時に蒸発させます。 大きい場合は、塗り薬やクリームなどの麻酔や局所麻酔をし、根元からイボを焼き切ります。 1回だけの施術でも、複数のイボを処理できるので、多くの皮膚科では1度のみの治療で大半のイボを処理できるでしょう。 首イボの数が多く、できるだけ短期間で治療を終わらせたいならおすすめの方法です。 皮膚科によって費用が異なりますが、1個2,000円~5,000円、数に関わらず30,000円~50,000円などの料金設定のところが多いです。 炭酸ガスレーザー治療は、保険適用外となることもあります。 液体窒素治療 イボ治療では定番方法です。 超低温の液体窒素で冷却したピンセットでイボを摘まんで凍らせます。 凍結した部分が1~2週間後、かさぶたとなり脱落します。 液体窒素治療での問題点は、麻酔は使用しないので強い痛みを感じることがあり、色素沈着を起こしやすいという点でしょう。 保険適用となる治療のため、3割負担の方ならイボ10個未満750円~1,000円程度と安価で施術を受けられます。 ただ皮膚科によっては、1度に5個のイボまでと限定されていることもあります。 また、数が決まっていない場合も、数が多いと一度に処理しきれないケースも多いのです。 何度か通院する可能性が高い治療法となります。 そのため、忙しい方だと、継続して通うのが難しいかもしれません。 いずれの治療法を選択するかは、皮膚科に行ってみて医師による診断を受けることがベストでしょう。 また実際には、首イボの範囲や大きさ、症状などによって治療法を組み合わせる場合も多々あります。 イボには種類がある?首イボはどの種類? イボと一口にいっても、種類あります。 首イボはどの種類に分類されるのでしょうか?首イボは基本的に良性の腫瘍であり、病気などではありません。 ただし、かゆみを伴うことや見た目が気になるため、ケアや除去したほうがよい場合が多いのです。 老人性イボ 脂漏性角化症、老人性疣贅とも呼ばれます。 紫外線の当たる場所ならどこでもできてしまうのが特徴です。 老人性イボは放置しても自然になくなることはないため、見た目が気になる場合やかゆみを伴う場合は治療を必要とします。 できはじめは1mm程度なのと、シミやほくろに大変似ているので、気づきにくいことが多いでしょう。 どんどん増えますし、大きくなることが多いです。 触ってみると、硬くザラザラしています。 アクロコルドン 首やデコルテ、目の下部分にできます。 いわゆる首イボは、このアクロコルドンとスキンタッグにほとんどが分類されます。 アクロコルドン、スキンタッグいずれも老人性イボに分類されていることもあります。 小さくて目立ちにくく、平らでやわらかいことが多いです。 ただ、多発しやすく徐々に数が増えていくので、ふと気づいたときには何十個もできてしまっている場合もあります。 スキンタッグ アクロコルドンと同様に、首や瞼など皮膚が柔らかいところにできます。 スキンタッグはアクロコルドンより少し大きめで、1cm程度の大きさになることもあります。 年齢と共に増えていくので、早めかつ継続的なケアが必要でしょう。 ウィルスに感染すると、角化細胞は分裂速度が高まります。 そのため表皮が厚くなりイボとなるのです。 裸足で行動するプールや、公衆浴場などが感染する機会となっていることが多いです。 そのため、足にのみできるものと思っている方もいるかもしれません。 しかし、接触すれば感染するわけですから、手で触りさらにそれが他の部位にも広がってしまう可能性もあるのです。 大きくなったり、数が増えたりしますので、早急に治療したほうがよいイボです。 通常子どもがプールなどで感染してくることが多いです。 ウィルスを含む液体がイボ内にあるため、潰してしまうとどんどん水いぼが増えていくのです。 なめらかな表面をしており、白やピンク色のことが多いです。 大人にできることは少ないといわれていますが、免疫力が落ちている場合などには感染する恐れがあります。 自己診断で感染して数を増やしてしまわないためにも、色が薄いイボの場合は皮膚科に行ったほうがよいでしょう。 首イボができる原因は? 加齢&老化 首のイボは、老人性イボと呼ばれていることもありますね。 加齢によって肌の状態が変化し、イボができやすくなってしまうのです。 ターンオーバーの乱れで角質が溜まるのも、加齢によって出てきてしまうイボの原因でしょう。 ただし、老化現象だから仕方ないとはあきらめないで下さい。 角質ケアすることで、イボの数を少なくしたり予防したりすることもできます。 刺激&摩擦 首は衣類が常に当たりやすい部位ですね。 またアクセサリーも同じような位置に当たることになります。 動かすことも多いのでどうしても摩擦が起こってしまいます。 刺激や摩擦が多いと、肌は防御しようとし角質化するのです。 角質が溜まることで、イボとなってしまいます 紫外線 様々な肌トラブルの元となる紫外線、もちろんイボの原因にもなります。 紫外線は、肌の老化を進め、乾燥や劣化を招く原因です。 紫外線を浴びると、肌はメラニンを生成します。 メラニンはシミを作り出し、それがイボとなる場合もあります。 さらに、紫外線は細胞が生まれ変わるサイクルも乱してしまうのです。 ウィルス 足の裏や手にできるイボは、ほとんどがウィルスを原因としています。 角質が厚い部位にできることが多いので、首のように皮膚が薄い部位にはあまりできません。 しかし、首に傷がある場合や、免疫力が落ちている場合などは、首にもウィルス性のイボができることもあります。 傷はカバーする、家族とタオルは共用しないなど気を付けておきましょう。 肥満 肥満体型になると、肌のたるみが起こるケースがあります。 たるみは摩擦を引き起こし、角質を増やします。 また肥満の方は代謝が悪い場合も多く、肌に角質を溜めやすいといえるでしょう。 発汗 汗をかくことは悪いことではないのですが、スキンタッグは汗を多くかく部位、首やワキの下などにできやすい傾向にあります。 汗をたくさんかくと、角質層が崩れやすくなります。 不必要な角質はきちんと取り去ることが大切です。 しかし、必要な角質が剥がれてしまうとお肌は乾燥などのトラブルへと向かうでしょう。 汗はこまめにふき取りましょう。 首イボを予防するには? スキンケア 角質や乾燥がイボの原因となることから考えても、スキンケアはイボ予防には必須でしょう。 お肌のターンオーバーを整える、保湿、角質除去のピーリングなどのスキンケアを定期的に行うことでイボを防ぎましょう。 代謝をアップ 代謝が悪いと、お肌のサイクルも悪くなります。 古い角質層が蓄積してしまうことで、イボになる場合もあるので、新陳代謝をよくすることが自然と予防につながります。 適度な運動や食事などが大切ですね。 傷口をふさぐ ウィルス性のイボの場合は、傷口からイボが侵入して増えてしまいます。 イボができていない状態でも、傷があればきちんとケアし、ふさいでおくことが大切です。 また、傷がある場合は、温泉、プール、ジムなど裸足で歩く可能性が高い場所は避けたほうがよいでしょう。 紫外線カット 紫外線はどこから侵入してくるかわかりません。 屋内にいても浴びてしまう恐れがあります。 顔はUVケアしていても、首回りは忘れてしまうこともあります。 UVカットマフラーやストールなどもありますので、バッグに常に入れておくとサッと取り出せて首をカバーできますね。 衣類や下着、アクセサリー 摩擦の最大の原因となります。 常に同じような服装をするのではなく、首元を覆う服装の次の日はデコルテが開いたものなど、ワードローブを見直してみましょう。 同様にお気に入りのアクセサリーでも毎日着けないようにしたほうが、首イボ予防にはよいですね。 首イボ取り専用除去クリーム 原因からもわかるように、首のイボは皮膚科で取ったとしても、またできてしまう可能性が高いものです。 継続的なケアが大切になるでしょう。 そのため、クリームやジェルは自分でできるイボのケアとして最適な方法です。 首イボを取り除けるクリームやジェルは種類が豊富です。 多くは角質ケア、保湿、ターンオーバーのサイクルを整える成分が配合されています。 人気の高い首イボケアクリームをご紹介しましょう。 1位 クリアポロン 低刺激のオールインワンジェルです。 スキンケアにプラスしてイボケアを日課にするのは、やはり面倒さがありますね。 クリアポロンは、塗るだけでケアが済んでしまいます。 独自のトリプルスポット方式ケア(お肌をなめらかにし、しっかり浸透してハリを与え、皮膚を保護する3ステップ)がクリアポロンの大きな特徴です。 イボの原因となる角質をケアし、なめらかなお肌に導いてくれますよ。 容量 60g(1ヶ月分) 価格 通常価格7,344円(税込)、定期プランは初回1,944円。 3回で13,694円(税込・3回は必ず購入) 主な成分 Wヨクイニン、あんずエキス、ダーマヴェール、プラセンタ、コラーゲンなど 口コミ 首からデコルテの手触りが気になっていました。 ただ特別なケアを加えるのは面倒だなと思っていたところ、オールインワンのクリアポロンを見つけました。 さらっと塗りやすく、香りも気になりません。 毎日続けないといけないので、テクスチャーと塗り心地を重視して選びました。 ポツポツが手に当たっていた感じだったのが、クリアポロンを塗り始めたら、なめらかになったのがわかりました。 2位 SU-BE(スーベ) EX スーベEXは、美容成分がたっぷり入ったポツポツ対策ジェルです。 美容成分がなんと136種類も配合されています。 なかでもざらざらやポツポツに効果がある、あんずエキス、杏仁オイル、3種のヨクイニンでつるつるへと導きます。 ショウガ根エキス配合ジェルで角質を柔らかくし、植物由来のピーリング成分でポツポツをケアします。 そのため、美容成分が浸透しやすくなり、お肌の透明感を取り戻せますよ。 無添加処方、スキンケアアドバイザーによるサポートや、90日間返金保証など、安心して使えるのも大きな魅力です。 容量 40g(1ヶ月分) 価格 7,776円(通常価格)、定期プランは初回1,058円。 以降5,378円(4回は必ず購入) 主な成分 あんずエキス、杏仁オイル、ヨクイニン(3種)、プラセンタ、コラーゲン、ヒアルロン酸など 口コミ 美容成分の多さに魅かれて購入しました。 以前に買った首イボケアのクリームは、効果があまり感じられなかったので。 スーベEXでは、丁寧なサポートがあり継続したケアも嫌にならなかったです。 気になっていた部分がきちんとなめらかになったので、触るのもうれしくなりました!• 3位 艶つや習慣 角質ケアとスキンケアができる、ざらつき対策ジェルです。 容量がたっぷりなので、全身に使えます。 ザラザラケア成分、美容成分の配合を増やし、より効果を感じられるようになりました。 塗り心地もさっぱりしているため髭剃り後、ひざやかかとケアなど家族でも使用できますよ。 容量 120g(1ヶ月分) 価格 通常価格4,104円(税込)、定期プラン初回2,052円、2回目以降3,283円 主な成分 あんずエキス、ハトムギエキス、プラセンタエキス、アロエベラ、ヒアルロン酸など 口コミ もともとひじ、ひざなどに角質が溜まりやすかったです。 ひじなどは、皮膚が厚いせいかピーリングしても大丈夫でした。 でも30歳から気になり始めた首のざらざらは、ピーリングしたらお肌が荒れてしまいました。 艶つや習慣は、スキンケアと角質ケアが同時にできるので購入。 内容量が多いのと、価格が他のイボケアクリームなどより低めでお得感がありますね。 あまりに高いと続けられないので、購入しやすい価格なのもうれしいです。 自分のイボケアや角質ケアだけでなく、夫や子供たちも全身に使っています。 4位 わらびはだ 沖縄の厳選素材を使用した、沖縄生まれのオールインワンジェルが「わらびはだ」です。 首元や目元の気になるポツポツをケアします。 化粧水、クリーム、化粧下地、美容液の役割を果たすので、朝と夜のお手入れが可能です。 ハトムギ種子エキスで、気になる角質や老廃物をケアします。 ポツポツの大敵である乾燥も、ヒアルロン酸や馬プラセンタ(人の胎盤により近い)などで対策可能です。 さらに沖縄産のシークワーサーなど11種の厳選美容成分も使われています。 角質除去と潤いケアはわらびはだだけでOKですよ。 わらびはだは、沖縄でとれた美容成分がたくさん使われているので、なんかよさそうと思い選びました。 塗り心地はスーッとした感じです。 シークワーサーの香りもさっぱりしています。 べとつかないのに、お肌はぷるんと潤った感じになりました。 ポツポツも小さくなってきたので驚いています。 5位 シルキースワン Wヨクイニン(ハトムギオイル)でイボの元となる角質をケアし、スクワランなどの美容成分をお肌にしっかり浸透させられます。 定期コースでは、さらに確実にポツポツに効くぽろぽろクリアジェルが限定100名様にプレゼントとなっています。 ただ小さめの容器が2つなので、清潔に使えます。 あとはクリアジェルもセットになっていたのも、より早く結果が出た理由だと思います。 6位 アンミオイル クイニンが高配合されたスキンケアオイルです。 クリームやジェルとは違ってオイルなので防腐剤が使われておらず、成分は自然由来のもののみです。 1週間分のトライアルがあるので、気軽にイボや角質ケアをスタートできますよ。 容量 5ml(トライアル1週間分) 価格 1,340円(通常価格)、980円(初回限定トライアル) 30ml(1ヶ月分)7,560円(会員価格7,180円、定期コース6,800円) 主な成分 キョウニン油、月見草油、ヨクイニンエキス、トコフェロール、ヨモギエキスなど 口コミ 1週間分のトライアルがあったので、購入してみました。 オイルなのでべたつくのでは?と思いましたが、塗り込むと特に気になりません。 小さいイボは数日で黒く枯れたようになり、1週間たたないうちにポロッと取れました!大きいイボも引き続きアンミオイルでケアしていきます。 5ヶ月分) 30ml(1ヶ月分) 有効成分 Wヨクイニン、あんずエキス、ダーマヴェール あんずエキス、ハトムギエキス 3種のヨクイニン、あんずエキス、杏仁オイル ヨクイニン Wヨクイニン、あんずオイル、オウバクエキス キョウニン油、月見草油、ヨクイニンエキス 価格が通常価格で最も低いのは、艶つや習慣です。 分量も多いので、たっぷり使えるのがメリットです。 価格も重要ですが、注目したいのはザラザラやポツポツに効果のある成分です。 艶つや習慣はハトムギエキスとアンズエキスの2種です。 スーベEXでは、あんずエキスは同じですが、ヨクイニンは3種類、杏仁オイルが配合されています。 クリアポロンでは、アンズエキスは同じ、Wヨクイニンとダーマヴェール配合となっています。 成分重視なら、有効成分の多い順にスーベEX、次にクリアポロンですね。 通常価格ではクリアポロンのほうが安くなります。 ですが定期価格になると初回や以降もスーベEXのほうが安いので、おすすめはスーベEXです。 シルキースワンもWヨクイニンやあんずオイルなど成分は似ています。 ただし、通常価格では最高価格です。 アンミオイルはお試しがあるので、購入しやすいと感じますが1週間分だけです。 ターンオーバーの期間である1ヶ月は少なくとも使い続けたいので、30ml(1ヶ月分)を購入するなら、定期コースの価格では最も高くなります。 どの首イボ除去クリームを選ぶべきか? ポツッとできたイボなら、アンミオイルのように少量をピンポイントで塗るケアが適しているでしょう。 塗る分量が少ないことで、価格の高さもあまり気にならないかもしれません。 ただ、首やデコルテ、ワキなどの広範囲のケアをしたい、イボができかけている状態や、角質などでザラザラしているのが気になる、スキンケアも併せて予防をしておきたいといった場合もありますね。 そんなケースではジェルタイプのクリアポロンや艶つや習慣が向いています。 イボがなくなった後の継続的なケアも、ジェルがよいでしょう。 またオイルケアでのべたつきが苦手な方、朝にケアした後すぐに服を着るのは気になる方、夏場など特にさっぱりケアしたい方なども、クリアポロンなどのジェルタイプのほうがおすすめです。 使ってみてあわなかったらどうしようと気になる方には、クリアポロンなら初回価格はたっぷり1ヶ月分1,944円ですし、180日間返金保証があるので安心ですよ! まとめ 首のイボは、皮膚科で治療せずに自分で取る方法もあります。 ただし、適切な方法を選ばないと、イボがなくならない、肌を傷つける、もっと数が増えてしまうなどさらに悪化する可能性もあります。 また、原因によってはイボがなくなった後も、ケアや予防を続けないと再発してしまうでしょう。 どんなセルフケアからスタートすればよいのか?と迷う場合は、首イボケアができるクリーム、ジェル、オイルなどがおすすめです。 角質ケアの成分や保湿成分などが入っているものが多く、通常のスキンケアとして気軽に始められます。 そこで効果が得られなければ別の治療法を探すとよいですね。

次の

首のイボ取りクリーム 目元 イボ取りクリーム 口コミ ハトムギ 杏仁 除去 自分 顔のイボ 医薬部外品 薬用ポツクリンα 15g :SEI388

首イボクリーム

使いはじめて1ヶ月ほどで明らかにイボが小さくなり、周りの肌と同化して目立たなくなりました。 こんなに早く効果があるとは思ってなかったので、喜びとともにびっくりしています。 特に美しい首元やデコルテは、実年齢よりも 若く美しく見られるにはとても重要な部位。 30代・40代と年齢を重ねるにつれて首にポツポツと出て来るイボは、見た目を大きく老けさせてしまう要因となり、多くの人が悩む 肌トラブルです。 ではイボができる原因と、対策を見ていきましょう! 首イボの正体はこれ! 通常、古くなった角質は一定の周期で肌から剥がれ落ち、下から新しい肌組織が生まれます。 これをターンオーバーといい、通常は一ヶ月ほどで肌細胞が入れ替わるのです。 ところが 古くなった角質が、肌から剥がれ落ちずに、 固く硬化することがあります。 こうして肌に残ってしまった 古い角質が積み重なったものが、イボの正体です。 角質粒とも呼ばれる首イボは年齢からくる老化のサイン 首のイボは、俗称として 角質粒や、 老人性イボなどとも呼ばれています。 若い頃は、多少の乾燥や肌ダメージを受けても、新陳代謝が活発なため、角質が硬化するまで残り続けることはありません。 ですが、 30代・40代になると新陳代謝が落ち、 過去の肌ダメージも一気に表面化します。 すると本来はがれ落ちる古い角質がそのまま残り、硬化してイボとして現れてくるのです。 年齢により徐々に積み重なったダメージと、さらに老化による水分や潤い不足による乾燥が原因と言える 首のイボは、 加齢による肌の老化のサインということになります。 その結果、急にデコルテや首のポツポツ・ザラザラが進み、気がついたらイボがあちこち増えてる…!という事態になってしまうこともあるのです。 さらに、出来てしまったイボは、自然治癒力で治るというものではなく 対処をしなければ、消えません。 それどころか、イボのできる原因を放置したままだと、 どんどん増えていく可能性が高いのです。 首イボが増える様子 首にポツポツが出始める 首がザラザラしてきた・・・?と感じ始めますが、まだイボの数は多くなく、はっきりとは出てきていません。 自分では見えない位置にイボが出来ていたりと気が付きにくいため見過ごしがちになります。 ポツポツが増えていく 首にポツポツが増えてきた状態です。 自分でも鏡を見たときや首を触った時に気が付き、見た目にも気になってきます。 首がイボだらけに・・・! イボが増えだした段階で対処をなにもしないでいると、首中にイボが広がる可能性もあります。 鏡を見るたびにため息をつきたくなってしまいますね。 数が無数になると、医療機関での治療費も多額になってしまいます。 イボが大きくなる可能性もある 一つのイボが大きく育ってしまうこともあります。 大きくなったイボは医療機関で手術などで取ることが主なのですが、傷跡も大きくなるのでイボが小さいうちに対処しましょう。 首にイボができる要因 紫外線 全身のうち、特に首とデコルテ部分にイボができやすい、そんな風に感じたことはありませんか? 首とデコルテ部分にイボができやすい大きな原因として、紫外線の影響が考えられます。 シミやシワ、たるみなどを紫外線が引き起こすことは有名ですが、 紫外線による光老化はイボの大きな要因でもあるのです。 首やデコルテ部分は、一年を通して露出していることが多く、紫外線に晒されやすい部位でもあります。 しかし、紫外線対策やスキンケアなども顔に比べては熱心に行われないため、紫外線によるダメージが蓄積しやすく、全身の中でもイボができやすい部分だと言えるでしょう。 加齢・老化 首イボの原因としては、加齢や体の老化の影響も無視できません。 コラーゲンや セラミドなど、もともと人の体にあり 若々しさの根幹となっている成分は、実は 加齢とともに体内から減少してしまいます。 体内のコラーゲンが減少すると細胞の再生・保持機能が、セラミドが減少すると肌のバリア・保水機能などが低下してしまうのです。 生まれたての赤ちゃんや小さな子どもの肌と、大人の肌とを比べればその差は一目瞭然ですよね。 こうした加齢・肌老化を要因として、首イボが現れます。 摩擦や乾燥 衣服やネックレスなどの装飾品などの 摩擦でも、首イボにつながることがあります。 これ予防するには、化学繊維よりも自然素材の衣服を選んだり、タートルネックなど首を覆う物を避けると良いですね。 また 乾燥も肌のバリア機能を損ねてしまい、より 紫外線や摩擦のダメージが増すとともに、ターンオーバーが乱れる原因ともなりかねません。 体質・遺伝的要素と生活習慣 肌のタイプや体質はある程度、遺伝が影響しています。 ならば首イボの大きな原因が遺伝にあるのかというと、それは違います。 首イボの原因は、加齢やダメージの蓄積による肌老化です。 そのため、ある一定以上の年令になると、とても多くの人の首にイボが出現するものと考えて下さい。 ただし人によって同じ年齢でも、見た目の若々しさに違いが出るように、首イボが出やすい人とキレイな首元のままの人とに分かれます。 これは遺伝子によるものというより、その人の 生活スタイルや食生活など、複合的な要因によるものです。 首イボが出来たのは遺伝だからと決めつけて、諦めないでくださいね。 タバコやストレス 喫煙している方は、体内の 血行が悪くなるため、全身に栄養や酸素が十分に運ばれません。 血行不良は基礎代謝力を低下させ、肌環境をも悪化させるのです。 ストレスも同様に、交感神経ばかりが優位だとリラックスできず、体の修復や疲労回復が十分に行われない可能性があります。 肥満・妊婦さん• 脂肪分の多い食べ物や、炭水化物過多などの栄養バランス• 汗をかきやすく、皮膚に雑菌が繁殖しやすい• 汗をタオルで拭くことなどによる摩擦ダメージ• 通常体型の人よりも皮膚同士や衣服との摩擦が起こりやすい• 太りすぎによる新陳代謝の低下 上記のように、肥満の方は首イボができやすい条件が揃いやすくなっています。 これらは一時的に体積が増加する妊婦の方にも当てはまりやすいため、注意が必要です。 ウイルス 傷口からウイルスに感染し、イボとして発現します。 ウイルスの名前はヒトパピローマウイルスと言い、型によっては子宮頸がんの原因ともなるものですが、イボの原因となるウイルスとは型が違うので、その点は安心して下さい。 イボが出来る場所としては手足が多く、まれに首にできることもあります。 他者に移す可能性があるものなので、 速やかに病院で治療しましょう。 一口に首のイボと言っても、様々な種類があります。 ご自身のイボがどういった種類なのか、 理解を深めて最適な処置をするように心がけましょう。 老人性イボ 出典: 老人性イボはや、別名とも呼ぶ 良性の腫瘍です。 全身にできますが、特に日光にさらされる顔や首に多く見られます。 イボのように盛り上がっているものもあれば、平べったくシミのように見えるものなど、その 形状は様々。 色も肌色から茶、黒まで幅広いのです。 放置すると徐々に増えたり大きくなっていくという特徴があり、皮膚がんなどの 悪性腫瘍との見分けが難しいものもあるので、見つけたら早めに皮膚科で診断してもらいましょう。 以下は老人性イボのカテゴリに含まれる、イボの名前です。 アクロコルドン 出典: 首や脇の下などの皮膚の柔らかい場所にできる、良性の腫瘍の一つがアクロコルドンです。 色は肌色または褐色で、 2〜3ミリ程度の小さなもの。 形状としては平べったく、スキンタッグのように飛び出してはいません。 スキンタッグ 出典: スキンタッグは、良性のイボの1つで、加齢とともに増える傾向のあるイボです。 アクロコルドンよりも少し大きく、 皮膚から飛び出して出っ張っていることが特徴で、主には首や胸、脇やまぶたにもできやすいイボです。 懸垂性線維腫 出典: 懸垂性線維腫はその名の通り、 出っ張って垂れ下がったような形状をしていますが、これも老人性イボの一種で良性の腫瘍です。 首の他にも脇や鼠径部などにもできやすいイボとなります。 ウイルス性のイボ 出典: ウイルス性のイボは、傷口から 体内に侵入したヒトパピローマウイルス(HPV)に感染しできる腫瘍のことです。 ウイルスの型によって種類が分かれ、や、と呼ばれるイボが特に顔や首にできやすいものとなります。 処置をしてもすぐに治るものではなく、 再発する可能性の高いイボのため、治療は専門医と相談しながら、気長に行う必要があります。 イボの中にはウイルス性の他に、 ガンなどの悪性腫瘍の場合もあるため、そうしたものは皮膚科で治療をする必要がでてきます。 ご自分のイボがウイルス性や悪性かは、専門医の診断が必要ですので、 少しでも気になる点があれば、医療機関で診断を受けることをオススメします。 首以外にイボができやすい箇所 イボは首以外にも、肌が薄くて弱い部分にできやすいという特徴があり、以下のような部位もイボができやすい箇所になります。 脇の下• デコルテ(胸元)• 目の周り• お腹の横• 太ももの付け根 ターンオーバーの乱れにより排出しきれなかった老廃物がイボとなって現れるため、 老廃物の通り道である リンパが多い部位や、 摩擦など 刺激を多く受ける箇所は特に ざらざら・ポツポツができやすいのです。 また、通気性が悪く、蒸れやすい場所などもイボができやすい環境が整いますので、注意が必要です。 皮膚科や美容外科などで首のイボを除去する場合、下記のような処置や、投薬が行われます。 痛みや、跡や色素沈着が残りやすいもの、保険が適用できるかを簡単にまとめましたので参考にしてみてください。 それぞれの処置の概要は「」でもまとめて紹介しています。 ハサミなどで切り取る方法 イボを医療用のハサミで切り取り、除去する方法です。 数が少なく、スキンタッグのように 飛び出した小さなイボに向いています。 飛びてている部分を滅菌した医療用のハサミで切り取り、消毒などを行い終了です。 その場ですぐに処置を行ってくれる場合もありますが、イボの形状によっては 跡が残ることがあるので、医師に確認しましょう。 デメリットは、 ウイルス性や、イボの大きさ・形状によっては処置が出来ない点。 大きなイボだと 出血が多くなることもあり、血液が止まりにくくなるお薬を飲んでいる方や、そういった体質の方には注意が必要です。 またハサミで切り取るなら 自分でも出来ると思われるかもしれませんが、傷に雑菌が入る可能性があるので、絶対にやめてくださいね。 液体窒素で冷凍する方法 -196度の液体窒素をつけた綿棒をイボに押し当て、患部をやけどした状態にし壊死させる方法です。 壊死した細胞は剥がれ落ち、その下から正常な肌細胞が再生します。 首イボの治療としては最も多く行われ、 ウイルス性のイボを始めとして、スキンタッグやアクロコルドンといった老人性イボにも効果があります。 皮膚科によっては老人性イボは良性のもののため、治療の必要がないと判断される場合も。 処置と治癒までの流れは以下のとおりです。 液体窒素を塗布して低温やけどを起こし、患部の細胞を除去する• 次の日、患部が血豆や水ぶくれになることもある• かさぶたが出来て、2週間ほどで剥がれ落ち、治癒 デメリットは、低温やけどを引き起こすためイボの形状によって 痛みがある、傷が治るまで かさぶたが目立つ、傷跡が 色素沈着を起こしシミになる可能性もあるため、首のように目立つ場所はよく検討して処置を受けてください。 その他にもイボのサイズが大きいまたは数が多いと、数回に分けて通院する必要があります。 炭酸ガスレーザー治療 レーザー照射により、イボを焼き切る方法です。 レーザー機器は、美容目的でシミやニキビ跡改善のために使われるのが一般的ですが、首イボの治療にも使われます。 主な使用方法としては 患部にレーザーを照射し、蒸散させて肌の再生を促すことです。 デメリットは健康保険が適用されず、 費用が高額になることが多く、よほど数の多いイボでない限りは治療日当日のうちにレーザー照射が終わりますが、アフターケアで何度か通院する必要があります。 レーザー治療の何よりのメリットが、麻酔を使用するので 痛みはほぼなく、跡もそれほど目立ちません。 ただし ウイルス性のイボの場合は、患部を浅く削るとウイルスを根治できずに 再発の可能性があり、深く削りすぎると 傷が残りやすくなるためあまりオススメは出来ません。 切開手術 大きなイボの場合に行われるのが手術です。 麻酔を行い、メスで患部を切り取ります。 抜糸までの1〜2週間、患部を 清潔にする必要があるほか、取った 跡が痛む可能性もありますね。 内服薬 内服によって 体の免疫や肌の再生をサポートし、イボを排出する手助けをします。 主に ヨクイニンという漢方薬が処方されます。 痛みなどはありませんが、効果が出るのにとても時間がかかります。 医療機関でイボの治療費はいくらかかる?保険は適用される? 首イボの治療には、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。 保険適用可能のものは、 3割負担として計算しています。 ハサミでの除去 保険適用:可能 費用:1つ500円程度 液体窒素での除去 保険適用:可能 費用:1つ700円程度 レーザーでの除去 保険適用:医院による 費用:5000円〜、範囲・個数に比例して多額になる 手術 保険適用:可能 費用:5000円前後 皮膚科や美容皮膚科・美容外科などの医院により、 健康保険が適用できるかどうかの判断が違います。 また、医院によって処置を行う器具のある・なしなどもあるので、 費用や経過などを複数の医院で比較する必要があります。 保険適用できるかどうか、全体的に費用がいくらになるのか、処置を受ける前に 確認をとると安心ですね。 医療機関に行くのは勇気がいるので、自分で首イボを取れるのであれば、そちらのほうが良いという方もいますよね。 そこで、ここからは自分で首イボに対処する方法をご紹介しましょう。 自宅で出来る首イボ対策としては、以下のとおりです。 首イボ専用のクリームを使ったケア• 市販薬を使う• 自己流や民間療法で対処 方法によっては 跡が残ったり、自分でするには危険な方法もありますので、一つずつみていきましょう。 首イボを除去するにはスキンケアが大切!オススメの首イボクリームはこれ 自分でできる首イボケアでオススメなのが、専用の首イボクリームを使用したケアです。 もっとも安全性が高く、効果も期待できます。 なぜなら首イボに対する対策として、最も重要な事は、 保湿だからです。 イボができるのは新陳代謝が低下し、ターンオーバーが乱れていることが大きな要因。 そこで肌に潤いを与え皮膚を柔らかくすると、硬化してしまった角質も軟化し、剥がれ落ちやすくなります。 皮膚を保湿することで、 できた首イボを改善し、これからできるイボも予防することができるのです。 イボ専用クリームや軟膏は、強力に保湿する成分が豊富に含まれいて、固くなっているイボの主成分や角質に、潤いを与え解消する効果が期待できます。 また、皮膚科医が携わって開発しているものや、多くの人の使用感や結果を、開発に生かして製造されている点も大きなポイントですね。 イボ専用ケアクリームとは、なるべく ダメージを最小限にして肌本来の健康を保ち、イボに効果を発揮する商品です。 効果は劇的ではないのですが、皮膚科などの外科的処置のように 肌に大きな刺激を与える心配がありません。 普通のスキンケアではなかなかイボの改善は望めないので、首のイボが気になりだしたら、早めに専用のケアクリームを使用しはじめましょう。 シルキースワン イボ取りに効果があるヨクイニンとハトムギエキスを配合し、首元のぽつぽつ、ザラザラを解消してくれるのがシルキースワン。 ジェルなのに濃厚なテクスチャーで伸びがよく、全身に使用できるのでコスパも抜群です! イボ取りと美容成分がふんだんに使われていて、塗るだけの簡単ケアなのもポイント。 初回は角質ケアのぽろぽろクリアジェルがおまけでついてきて、2,980円です。 また、 子供やお年寄りでも使えるように、成分を配慮されている商品がほとんどです。 首以外にも顔や、かかとのザラつき、髭剃りあとなど、乾燥の気になる体全体に使用できるので、自分自身の首イボだけでなく、 家族みんなの肌の健康を保つことができますね。 以下に、イボ専用クリームを使用するメリットをまとめました。 首イボに強力な効果が期待できる• 首イボだけでなく、全身に使用できる• 家族全員の肌ケアができる• 自宅にいながら簡単・安全にイボにアプローチできる• 病院に通う手間や痛みがない イボ専用クリームには お試し価格が設定されているものも多いので、一度ぜひ検討してみてください。 イボ用の市販薬はどんなものがある?薬局で買える? イボといえば有名なのが イボコロリですが首イボに使用して良いかというと、答えはNOです。 首は皮膚がとても薄くデリケートな部位のため、 効果が強力なイボコロリは使用しないようにと注意書きがあります。 また一般的な市販薬といえば イソジンや オロナインなどがありますが、首イボに効果的とまでは言えないようです。 それぞれ効果と特徴が違うので、 使用方法や注意点については各ページを参考にしてください。 イボは内服薬で治る? セルフケアの方法として、体の内側から肌に働きかける方法がありますが、イボ用外用薬として有名なイボコロリにも内服錠が存在しています。 イボに向けた内服薬の特徴は、どれも ヨクイニンが主成分である点です。 ただし内服薬単体では効果が薄いので、 他の治療法と併用することをオススメします。 自分でできる首イボケアでオススメはどれ?自己流の間違った処置は危険! 首イボ除去クリームやイボコロリ以外にも、ネットには様々なイボ取りの方法が紹介されています。 それらは本当にイボを取り、キレイに治すことができるのでしょうか。 ここからはネットでの噂や、民間療法、そして紹介してきた首イボ除去クリームなどを合わせて、 首イボの対処法としてオススメできるかを紹介していきたいと思います。 ハサミで切り取る イボを取りたいと思ったときに真っ先に思いつくのが、自宅にあるハサミや爪切りで切り取ってしまうことです。 確かに皮膚科でもハサミで切り落とすという処置法はありますが、自分で切ることはとても危険です。 医療機関とは違い、自宅での処置は雑菌が入る可能性が高く、 化膿してしまうかもしれません。 血が止まらなくなる、傷跡や色素沈着が残る、さらにウイルス性や悪性のイボであった場合は取り返しの付かないことになってしまいます。 同じく、爪切りで切ることもやめましょう。 安全性: オススメ: 糸で縛って取る イボの根本を糸や髪の毛で縛って、壊死させることでイボを取るという方法です。 ハサミで切り取るよりは安全と思われるかもしれませんが、自分の体の一部を壊死させることは、 専門的な知識がなければやはり危険です。 イボの周りにも影響が出ないとは限りませんし、大きな跡が残る可能性もあるので、この方法も避けたほうが良いでしょう。 安全性: オススメ: ドライアイスで取る 医療機関ではイボに対して液体窒素で取るという処置法があり、そこから広まったのが、このドライアイスを利用してイボを取るという方法です。 ですが液体窒素とは違い、ドライアイスでは十分にイボ組織を死滅させるほど温度を下げきることができません。 中途半端に刺激を与えることで、逆に イボが大きくなったり増えてしまうことさえ考えられるのです。 また、イボ周辺への皮膚ダメージなどを考えても、絶対に自分で行うことは止めましょう。 安全性: オススメ: 線香で焼く イボを線香を利用し、焼き切るという方法も広まっているようです。 素人判断で火を使用することの危険性は、何と言ってもやけどにあります。 線香は自分の肌を焼くための用途に使用するものではありませんから、大やけどや色素沈着など 様々なリスクがあると考えて差し支えありません。 安全性: オススメ: お灸で焼く 線香ではなくお灸ならどうなのかといえば、こちらはウイルス性のイボなどにも一定の効果が期待できます。 正しい方法でお灸を行い、 新陳代謝を上げることを目的とするならばある程度はオススメできますが、それでも 色素沈着のリスクがあるのは覚えておいてください。 安全性: オススメ: はと麦茶を飲む はと麦にはヨクイニンというイボ取りに効果のある成分があり、体の中からイボ取り効果が期待できます。 毎日炭酸飲料やジュースを飲んでいるという方は、はと麦茶に置き換えてみましょう。 水分補給をはと麦茶に置き換えるだけという手軽さから、 じっくり体質改善をしようという方にはオススメの方法です。 作り方は、はと麦100%の茶葉を大さじ1〜2杯、水1Lに淹れて沸かします。 煮出す時間が長いほどお茶に成分が溶け出すので、沸騰してから弱火で5〜20分煮て完成です。 妊婦の方は副作用があるので飲用には担当医に確認をして下さいね。 安全性: オススメ: ビタミンを含んだ食事療法 肌のターンオーバーの促進にはなんと言っても 栄養バランスのよい食事と、質の良い睡眠が欠かせません。 イボでお悩みの方にオススメな栄養素が、ビタミンです。 ビタミンによって、 特徴や難点が違うため、自分の目的にあったビタミンを上手に食事に取り入れてくださいね。 ビタミン 効果 難点 多く含まれる食品 ビタミンC 新陳代謝の促進 コラーゲンの生成 熱に弱い ピーマン トマト オレンジなど ビタミンA 肌の修復・再生 バリア機能 過剰摂取の 副作用 (動物性) うなぎ レバー 緑黄色野菜 ビタミンE 血行促進 細胞形成・再生のサポート 高カロリー食品に多い サーモン うなぎ ナッツ かぼちゃ ビタミンB群 新陳代謝の促進 免疫向上 血行促進など 全身で利用されるため 不足に注意 緑黄色野菜 肉・魚 安全性: オススメ: イボコロリ(外用)を使用する イボコロリの外用薬は、足の裏などの皮膚が厚く、人目につかない場所に使用するものです。 首の皮膚は薄く、見た目年齢にも非常に影響を及ぼす場所ですので、くれぐれも 強力すぎるイボコロリは使用しないで下さい。 安全性: オススメ: 内服薬を使用する 皮膚科でも処方されるヨクイニンが配合された内服薬は、ドラッグストア等でも購入することが出来ます。 即効性はなく体の内側からじっくりゆっくり体質を改善してくれるので、 他の方法と併用するとより効果が期待できます。 ただし 妊婦の方は、ヨクイニンの配合している内服薬は 副作用があるので飲用しないでください。 安全性: オススメ: 首イボクリームを使用する 内服薬などは内側からの効能をもたらしてくれるものですが、外側からの効果が期待できるのが、首イボケアクリームです。 妊婦の方は飲用できないヨクイニンも、外用クリームに配合されている場合は問題なく使用出来ます。 首イボだけではなく、肌のくすみやシワにも効果があるものが多く、家族みんなの乾燥対策としても安心です。 安全度: オススメ: 理想は、 内服薬や食事療法で内側から、首イボケアクリームで外側から ダブルケアをすることです。 首イボの排出にはターンオーバーが関係してくるため、どうしても数ヶ月単位で時間がかかるのですが、これから先の肌を若々しく保つためにも、いまからケアを始めましょう! イボを治すために必要なことは 保湿ですが、ほかにも 新陳代謝を向上させたり、古い角質の排出を手助けしてくれる成分があります。 ここからは首イボケア商品にもよく使われている、イボに有効な成分をいくつかご紹介します。 ヨクイニンで美肌になれるのはなぜ? 首イボに効くと言われている成分は、ヨクイニンが挙げられます。 イボ用として皮膚科で処方されることの多いヨクイニンは、ハトムギの種の部分から採れる成分です。 アトピーの改善、美容効果や滋養強壮にも効果がありますが、注目すべきはイボへの効果。 昔から ウイルス性のイボに効くとも言われていますが、どのように効くのかはまだ実証されていません。 おそらく身体全体の免疫を上げることで、ウイルスに対抗する力をつけるのではないかと推測されます。 ウイルス性のイボをヨクイニンの内服で治すか処置を受けるかは、専門医の診断を受けた上で検討するといいですね。 加齢が原因のイボの場合は、ヨクイニンの配合されているイボ専用ケアクリームを使用したり、 併用して内服すると効果的です。 杏仁オイルがイボに効く理由 杏仁オイルとは、アンズの種である杏仁から採れる成分です。 別名 アプリコットオイルとも呼ばれ、オリーブオイルやナッツなどに含まれている オレイン酸やアミノ酸が豊富に含まれています。 オレイン酸は 角質層の奥まで届き、肌を保湿して柔らかくしてくれる効果があります。 強力な保湿効果がイボに有効なため、イボケアクリームにも配合されていることの多い成分です。 プラセンタが首イボに効く? 化粧品などによく配合されているプラセンタですが、首イボにも効果が期待できることはご存知でしょうか。 プラセンタとは豚や馬の 胎盤から取ったエキスのことで、細胞の再生や増殖を司るタンパク質の一種、成長因子が豊富に含まれます。 この成長因子は加齢とともに減少するため、スキンケアで成分を取り入れることで 新陳代謝を活性化し、ターンオーバーの正常化を図ることができるのです。 セラミドの効果と選び方 セラミドとは、角質層の細胞と細胞の間をつなぐ、スポンジのような役割をしています。 特筆すべきはその 強力な保湿効果です。 水分の保持能力が高く、肌のうるおいとバリア効果を担うセラミドですが、プラセンタ同様に加齢によって減少してしまうため、外部から補う必要があります。 スキンケア成分としてセラミドを選ぶ際には、もっとも私達の肌に馴染みやすいヒトセラミドである「セラミド+数字」で表されたものを選びましょう。 そのほかのイボに有効な成分はこちらを参照してください。 栄養バランスの良い食事• 定期的な運動をする• 質の良い睡眠• 摩擦や紫外線などの肌刺激を避ける• 保湿を行う 食事や運動など 生活習慣を見直すことでターンオーバーの乱れを整え、古い角質の排出を促します。 衣服やアクセサリーの摩擦、紫外線などの 肌刺激は、イボを誘発する要因となりますので、 肌ダメージを最小限に抑えるために、日焼けのケアと同時に 保湿をしっかり行う必要があるのです。 見た目年齢を大きく嵩上げしてしまう首イボ。 このイボは、 正しい対処をしなければ大きくなったり増えてしまうという、厄介なものです。 自分のイボが、老人性と言われる良性のイボなのか、ウイルス性や悪性のイボなのかを まずは皮膚科で判断してもらいましょう。 良性のイボだと確認出来たら、次はイボの数・大きさなどを鑑みて、病院で処置を受けるのか、自宅でじっくり治すのかを検討して下さい。 小さなイボが数多く広範囲に散らばっている場合は、医療機関での処置に多額の費用がかかるので、自家療法で治すのがオススメです。 自分でできるイボケアの中でも、 首イボ専用クリームは古い角質を取り除き、新陳代謝をサポートしてくれるものが多く、イボへ的確にアプローチしてくれます。 さらに一緒に含有されている美容成分でイボが目立たなくなる効果もあるほか、塗るだけという手軽さも注目ポイントです。 首のイボを自分で治したり予防するには、専用のクリームやジェル、軟膏など、さまざまなタイプのイボ専用商品の中から、 自分にあったものを使い続けることが大切です。 自分で首のイボを治す専用のイボケアクリームの中でも、特にオススメのものを「 」で紹介しています。 首イボクリームを選ぶ際の、比較検討に役立ててください。

次の