星 街 すい せい テトリス。 星街すいせいのテトリスの強さがヤバい?中の人の実力が気になる!

【テトリス99】VIP部屋で1位取れば終われる【ホロライブ/星街すいせい】

星 街 すい せい テトリス

2019年5月19日にホロライブプロダクション内の「イノナカミュージック」に所属が決定しました。 2019年12月1日に星街すいせいのサポートを強化するためにYouTuberグループ「ホロライブ」へ移籍することになりました。 キャラクターデザインやLive2Dの設定もすべて元々、星街すいせい一人で行なっていましたがデザイナーが手島nari、 Live2Dもrariemonnが担当することになりました。 というわけで 星街すいせいの前世(中の人)は星街すいせいということになります。 前世での配信活動等を行なっていないとなると、歌とダンスが得意なので現実世界でアイドルを少しやっていた可能性もあります。 それが上手くいかなかったのでしょう。 星街すいせいは歌唱力がすごいのでもし前世で活動していて歌ってみたの動画を投稿していたとしたら絶対すぐに特定されますよね。 それと星街すいせいは一度ホロライブのオーディションで落とされていると話していました。 このことから前世で活動していた可能性が低い、もしくは活動していたとしても知名度がほぼなかったということでしょう。 素晴らしい歌唱力でダンスもしながら素晴らしく、これぞアイドルって感じです。 この配信は同時接続数5万人を突破しています。 星街すいせいは日本武道館でライブすることが夢ですが日本武道館の収容人数は14471人です。 ちなみに東京ドームの収容人数が55000人ですので実質東京ドーム満員でライブしたようなもんです。 こんな最高のライブが見れて本当によかったと思いました。 こんな才能を持ち合わせている星街すいせいがホロライブのオーディションで1回落ちていると思うと恐ろしいです。 本当にアイドルの夢を諦めずに頑張ってくれてありがとうって感じです。 まとめ• 星街すいせいの前世(中の人)の情報はない• 星街すいせいのテトリスはプロプレイヤー並の実力• 星街すいせい3D全編ライブはすごいから絶対みましょう.

次の

【星街すいせい】【悲報】すいちゃんのテトリス雑談、Youtubeに暴力的コンテンツ指定される【ホロライブ】

星 街 すい せい テトリス

魅力的なコンテンツを発信し続けるVTuber(バーチャルYouTuber=3DCGのキャラクターによるYouTuber)は、いまや日本のエンターテインメントに不可欠な存在。 可憐でかわいいビジュアル、ポップで切ない楽曲、いつも一生懸命でときどきオトボケなキャラを含め、まさに王道のアイドルVTuberだ。 本格的な活動スタートは、2018年3月。 視聴者からも「イラストとかモデル見る限り大人っぽいクール系かと思ったらとんだドアホうだよ!!! 歓喜 」「面白いし、可愛いし、これから伸びる。 頑張れ~応援してます」と高評価を得た。 「ニコニコ超会議」でアイドルに興味を持ち、ゲーム、アニメなどにも深く触れていたという彼女。 デビュー当初の動画でも、「どんな動画をあげる予定ですか?」という質問に対し、「全部網羅するぜ!くらいの気持ちで色んなことに挑戦したいと思っています」とコメント。 いまやチャンネル登録者数30万超えの人気VTuberとなった。 もちろん、音楽関連の動画もデビュー当初からアップし続けている。 自然で綺麗な高音ですね!! 「力強く響いて来る感じで すごくかっこいい…!」という視聴者のコメントからも、彼女のシンガーしての魅力が感じられる。 中心にあるのは、憂いを帯びたボーカル。 鋭利なイメージのサウンド、夜空を駆け抜ける彗星をモチーフにした歌詞とのバランスを含め、彼女の魅力をストレートに伝える楽曲に仕上がっている。 リリックビデオの手法を用い、ファンタジーとリアルが共存するMVは、彼女自身の手によるも。 200万回以上の再生数を超えた「天性、彗星は夜を跨いで」によって彼女は、アーティストとしてのポテンシャルの高さを証明した。 2020年3月22日に公開されたオリジナル曲第3弾「NEXT COLOR PLANET」は、作詞を星街すいせい、作曲を酒井拓也が手がけた高揚感溢れる楽曲。 ギター、ベース、ホーンセクションの生々しい響きとシンプルな4つ打ちビート、ライブを想起させる歌詞が一つになったこの曲には、ファンに対する愛情が込められている。 今年1月に東京・豊洲PITで開催されたイベント「hololive 1st Fes. ノンストップ・ストーリー」に出演。 3月にはビジュアルが3Dモデルに進化し、4月からはラジオ番組「星街すいせいのMUSIC SPACE」がスタートするなど、全方位的に活動の規模をアップデートさせている彼女。 夢の武道館に向けて、さらなる飛躍を期待したい。 人気上昇中は、WHAT's IN? tokyoへ。

次の

【テトリス99】VIP部屋で1位取れば終われる【ホロライブ/星街すいせい】

星 街 すい せい テトリス

魅力的なコンテンツを発信し続けるVTuber(バーチャルYouTuber=3DCGのキャラクターによるYouTuber)は、いまや日本のエンターテインメントに不可欠な存在。 可憐でかわいいビジュアル、ポップで切ない楽曲、いつも一生懸命でときどきオトボケなキャラを含め、まさに王道のアイドルVTuberだ。 本格的な活動スタートは、2018年3月。 視聴者からも「イラストとかモデル見る限り大人っぽいクール系かと思ったらとんだドアホうだよ!!! 歓喜 」「面白いし、可愛いし、これから伸びる。 頑張れ~応援してます」と高評価を得た。 「ニコニコ超会議」でアイドルに興味を持ち、ゲーム、アニメなどにも深く触れていたという彼女。 デビュー当初の動画でも、「どんな動画をあげる予定ですか?」という質問に対し、「全部網羅するぜ!くらいの気持ちで色んなことに挑戦したいと思っています」とコメント。 いまやチャンネル登録者数30万超えの人気VTuberとなった。 もちろん、音楽関連の動画もデビュー当初からアップし続けている。 自然で綺麗な高音ですね!! 「力強く響いて来る感じで すごくかっこいい…!」という視聴者のコメントからも、彼女のシンガーしての魅力が感じられる。 中心にあるのは、憂いを帯びたボーカル。 鋭利なイメージのサウンド、夜空を駆け抜ける彗星をモチーフにした歌詞とのバランスを含め、彼女の魅力をストレートに伝える楽曲に仕上がっている。 リリックビデオの手法を用い、ファンタジーとリアルが共存するMVは、彼女自身の手によるも。 200万回以上の再生数を超えた「天性、彗星は夜を跨いで」によって彼女は、アーティストとしてのポテンシャルの高さを証明した。 2020年3月22日に公開されたオリジナル曲第3弾「NEXT COLOR PLANET」は、作詞を星街すいせい、作曲を酒井拓也が手がけた高揚感溢れる楽曲。 ギター、ベース、ホーンセクションの生々しい響きとシンプルな4つ打ちビート、ライブを想起させる歌詞が一つになったこの曲には、ファンに対する愛情が込められている。 今年1月に東京・豊洲PITで開催されたイベント「hololive 1st Fes. ノンストップ・ストーリー」に出演。 3月にはビジュアルが3Dモデルに進化し、4月からはラジオ番組「星街すいせいのMUSIC SPACE」がスタートするなど、全方位的に活動の規模をアップデートさせている彼女。 夢の武道館に向けて、さらなる飛躍を期待したい。 人気上昇中は、WHAT's IN? tokyoへ。

次の