山にんじん 販売。 超ロングにんじん「大塚にんじん」の値段や販売店は?飲食店の場所は?満天青空レストラン

日本山にんじんの効能、効果

山にんじん 販売

外食が続き、頭重感を伴う高血圧になり検査で糖尿病と判明60歳で定年退職するまで市内の病院で看護師として働いていました。 現在は、市の民生委員として地域に暮らす人たちの福祉活動を支えています。 充実した生活を送っていましたが、3年ほど前から高血圧が気になりはじめました。 夕方になると頭が痛くなったり、寝ても疲れが取れなかったりする日が続いたので、自宅にある血圧計で測定しました。 すると、上が180mmHG下が105mmHG もあり、基準値を大幅に上回っていました。 すぐにかかりつけの病院で検査を受けました。 高血圧に加えて、空腹時血糖値が140mg、2ヶ月の平均血糖値を示すヘモグロビンHbA1Cが6. 2もあり糖尿病と診断されました。 以前は3食とも手作りの食事をとる生活だったのですが、民生委員を始めてからは調理の時間があまり取れず、外食や出来合いのお弁当ですませることが増えたんです。 もともと大福もちやだんごといった和菓子が好きだったのですが、それに加えて食生活が乱れたことが糖尿病を引き起こしたんだと反省しました。 ところが、期待したほどは数値が下がりませんでした。 3ヶ月後の検査で、血圧は最大が150mmHG、最小が105mmHG前後までにしか下がっていませんでした。 空腹時血糖値は130mg、HbA1Cも6. 0と、薬を飲みつづけても基準値以上でした。 1日4粒飲んだら 3ヶ月で血圧が下がりHbA1Cは4. 8に そんなときに看護師時代の同僚がすすめてくれたやまのがの葉の粒食品でした。 「同僚の夫も糖尿病で高血圧を併発していたそうですが、日本山ニンジンの葉の粒食品を飲んで血圧と血糖値の数値が改善した話を聞きました。 その話を聞いて、すぐに飲んでみようと決意しました。 日本山ニンジンの葉の粒食品を朝・晩の食後に2粒ずつ、1日計4粒を飲みはじめました。 3ヶ月後の検査では、血圧は最大が140mmHG、最小が80mmHGまで下がりました。 そしてHbA1Cが4. 8まで下がり正常値になりまいた。 コメント数:• カテゴリ:• by setubiya 日本山ニンジンは降圧剤と同様の働きで血流を促進して高血圧・動脈硬化を改善する日本では現在、高血圧の患者数が約4000万人、高血圧予備群( 軍)が約1500万人いると推測されています。 なかでも、高血糖の人は高血圧になりやすいことが知られ、糖尿病の人の約6割が高血圧を合併しているといわれているのです。 では、なぜ高血糖の人は高血圧になりやすいのでしょうか。 日本人の糖尿病の90% 以上は2型糖尿病です。 1型糖尿病は、インスリン(血糖値を下げるすいぞうホルモン) が膵臓からほとんど分泌されないために起こります。 2型糖尿病は、過食・偏食・運動不足などが原因で、インスリンは分泌されますが、その機能が低いために高血糖状態が続く病気です。 2 型糖尿病では、インスリンの機能の低さを補うために、膵臓から分泌されるインスリンの量が増え、高インスリン血症(血液中のインスリンが異常に増えた状態)を引き起こしてしまいます。 そのため、交感神経(体の活動力を高める神経) の活動が過剰になり、アドレナリンやノルアドレナリンなどの血圧上昇ホルモンが多く分泌されたり、血圧上昇作用のあるナトリウム(塩分) が排泄されにくくなったりします。 その結果、末梢血管が強く収縮し、血圧が上昇。 血管に大きな負担がかかり、動脈硬化(血管の老化) の進行も早まってしまいます。 動脈硬化が進み、脳の血管がつまったり、破れたりすれば脳卒中、心臓の血管がつまれば心筋梗塞が起こります。 このように、動脈硬化、脳卒中や心筋梗塞などの病気の発症には、糖尿病と高血圧が密接に関連していることが多いのです。 日本山ニンジンには、高血圧を改善する働きがあることがわかっています。 たとえば、などでもよく効くようです。 日は、有名な生薬の朝鮮ニ ンジンとよく似た薬用植物で、薬効にも共通した部分があります。 ただ、日本山ニンジンはセリ科の植物ですが、朝鮮ニンジンはウコギ科に属しています。 さらに、両者の決定的な違いは、朝鮮ニンジンが血圧を上昇させる傾向があるのに対し、日本山ニンジンは血管を拡張させて血圧を下げる働きのある点です。 現在、高血圧が起こる原因として考えられているのが、「レニン・アンジオテンシン系」と「神経系」と呼ばれる2つのしくみです。 特に、レニン・アンジオテンシン系のしくみでは、「アンジオテンシン変換酵素」とい、われる酵素(体内での化学反応を助ける物質)が関係しています。 つまり、アンジオテンシン変換酵素は、血圧の上昇を促進する物質を作り出してしまうのです。 そのため、現代医学では、高血圧の治療にアンジオテンシン変換酵素阻害剤という薬がしばしば用いられています。 日本山ニンジンには、アンジオテンシン変換酵素阻害剤と同しように、アンジオテンシン変換酵素を阻害する働きがあることが、ラットを使った試験で証明されています。 この働きによって、末梢血管が拡張して血流が改善し、高い血圧が低下するのです。 さらに、日本山ニンジンには血小板の凝固を防ぐ働きがあります。 血液成分の1つである血小板が血管の中で固まると、動脈硬化や血管がつまる原因になります。 動脈硬化は心筋梗塞や脳卒中などの危険国子ですが、日本山ニンジンをとれば、動脈硬化の進行を抑える効果が期待できるのです。 日本山ニンジンには動脈硬化を改善し、硬くなった血管をしなやかにして弾力性を与える働きがあることが認められています。 また、血圧を上昇させる酵素の働きを抑え、末梢血管を拡張する働きもあるため、最大血圧と最小血圧をバランスよく下げるのです。 さらに、日本山ニンジンには、高い血圧を低下させ、正常な血圧は下げないという理想的な働きがあることもわかっています。 最近では、日本山ニンジンの有効成分が生薬の根よりも多い葉を使った健康食品が市販されており、手軽に飲むことができます。 コメント数:• by setubiya 日本山ニンジンの有効成分はインスリンの働きを増強して高い血糖値の改善を促す日本山ニンジンには、空腹時や食後の血糖値を下げる優れた働きがあります。 ここではその有効成分や働きについてです。 日本山ニンジンの効能については30~40年ほど前から本格的な研究が進められており、2002年に厚生労働省によって、日本山ニンジンの根が生薬(植物の一部をそのままか少し手を加えて用いる薬)大阪薬科調査によって日本山にんじんの根には4種類の特殊な化合物が含まれていることがわかりました。 そのうち「YN-1(イソエポシプテリキシン)」という成分が薬効の主役を担っていると推定されています。 YN-1 はクマリン系の有機化合物です。 「クマリン」とは、サクラの葉などに含まれている芳香成分の一種で、抗酸化作用や抗菌作用を持つことが知られています。 最近の研究で、日本山ニンジンの葉には、根の二倍以上ものYN-1が含まれていることが判明しました。 特に、秋になると熟成する葉には、YN-1が大量に含まれています。 日本山ニンジンの有効成分であるYN-1には、インスリンの働きを増強させる作用があります。 インスリンは膵臓から分泌されるホルモンの一種で、血液中のブドウ糖(血糖) を細胞に取り込みやすくして血糖値を下げる働きがあります。 インスリンの分泌量や機能が低下すると、食事から摂取したブドウ糖が全身の筋肉に取り込まれにくくなるため、血糖値が上昇し、糖尿病を引き起こす危険が高くなってしまいます。 日本山ニンジンの有効成分であるYN-1 をとれば、インスリンの働きが増強されて血液中のブドウ糖が細胞に取り込まれやすくなります。 ブドウ糖は筋肉のエネルギーとして十分に利用されるようになり、血糖値も下がって、糖尿病の予防や改善に役立つのです。 残念ながら現在、糖尿病に一度なってしまうと完治する手だてはありません。 したがって、糖尿病と診断された人はもちろん、予備軍や血糖値が基準値域内でも高めの人は、早めの血糖値の改善が重要になります。 ただし、血糖値をあまり急激に低下させてしまうと危険が伴う場合があります。 急激な血糖値の低下は意識障害などの低血糖症状を引き起こすことがあるからです。 血糖値の改善は、緩やかに行うことが大切です。 糖尿病の治療のために副作用のほとんどない生薬を使いたと希望する患者さんが少なからずいますが、実際に血糖値を下げる働きが証明されている生薬はわずか2種類しかありません。 その貴重な1つが日本山ニンジンなのです( もう1つはイチョウ葉エキス)。 糖尿病の予防や改善に、効果のはっきりしている日本山ニンジンを活用することをおすすめします。 最近は、日本山ニンジンの葉を用いた健康食品が販売されており、容易に入手することができます。 糖尿病の予防・改善のため、食事療法や運動療法とあわせて、日本山: ンジンの葉の健康食品を役立ててみてはいかがでしょうか。 なお、高血糖の人は高血圧にもなりやすい、という研究結果が報告されています。 日本山ニンジンには高血圧を改善する働きもあります。 日本山人参とはヒュウガトウキというセリ科の植物で、薬効成分も似ていることから古くから「神の草」と呼ばれていた薬草です。

次の

〈雪まろにんじんジュース〉脱サラ兄弟が奮闘7年、月山高原にんじん使用の人参ジュースが登場!|「colocal コロカル」ローカルを学ぶ・暮らす・旅する

山にんじん 販売

ヒュウガトウキは和名、 日本山人参は俗名です。 根を引っこ抜いた姿・形が朝鮮人参に似ていることから、 日本山人参とも呼ばれています。 昔は ヒュウガトウキ(日本山人参)は、 イヌトウキ(日本山人参)と呼ばれていました。 ところが、その後の研究・調査の結果、ヒュウガトウキ(日本山人参)とイヌトウキ(日本山人参)は違う種であることが判明しました。 ヒュウガトウキ(日本山人参)は絶滅危惧種 ヒュウガトウキ(日本山人参)は、九州の大分、宮崎、熊本の県境に自生しています。 環境庁に 絶滅危惧種に指定された希少な植物がヒュウガトウキ(日本山人参)です。 朝霧が深くて陽の当たらない北向きの断崖絶壁に自生しています。 岩肌の割れ目に根を張り、ミネラル分たっぷりの栄養成分を吸い上げているのです。 ヒュウガトウキがいま注目の訳 ヒュウガトウキ 日本山人参)がいま注目されている訳は、ヒュウガトウキが豊富なビタミン・ミネラルの他、「YN-1」「イソプテリキシン」「アオノマリン」といった 特殊な有機化合物を含んでいるからです。 ヒュウガトウキの根の方は、 医薬品認定(医薬発第1115003号)されています。 その後、ヒュウガトウキ(日本山人参)の研究が進み、 ヒュウガトウキ(日本山人参)の葉に特殊な有機化合物が含まれていることが判明しました。 「YN-1」という成分が、 根以上にたくさん含まれていることがわかり、注目を浴びているのです。 ただ有機化合物は未解明な部分も多く、今も全容解明に向けて研究が進められています。 ヒュウガトウキ(日本山人参)の歴史 ヒュウガトウキは、江戸時代、薩摩藩の霧島・高千穂地方の領民が、その効能の高さから 「神の草」として栽培し利用していました。 戦国時代が終り江戸時代になると 徳川家康を初め各諸大名は不老不死の秘薬を探し求める様になり、また 薩摩藩島津氏においては無病息災の薬として珍重され 門外不出の秘薬であったと考えられます。 真意のほどはわかりませんが、秦の始皇帝の命を受けて、徐福が探し求めていた不老長寿の薬草ではないか?という噂もあります。 歴史的ないい伝えからみても、 希少価値の高い魅力的な植物であるというのは間違いない事実です。 門外不出のため、その存在は近年まで一部の地域住民にしか知られていませんでした。 しかし、近年「ヒュウガトウキ(日本山人参)」が 健康食品やサプリメントとして注目されるようになりました。 そして、宮崎大学農学部、愛媛大学医学部、九州大学医学部卒水野博士をはじめ多くの研究グループによって、ヒュウガトウキ(日本山人参)に関する研究成果が「和漢医薬学会」や「日本生薬学会」などで発表されています。 ヒュウガトウキと イヌトウキ、朝鮮人参との違い これまでヒュウガトウキ(日本山人参)はイヌトウキ(日本山人参)と誤認され、生薬系の学会や健康雑誌にもイヌトウキ(日本山人参)として紹介されてきました。 それは、日本植物分類学の父である牧野富太郎博士が、江戸時代 ウヅと呼ばれていた日本山人参をはじめにイヌトウキと定義づけされたからです。 しかし1971年、北川政夫氏によって ウヅは、イヌトウキ とは異なる新種で、ヒュウガトウキ と正式に発表されました。 ヒュウガトウキ(日本山人参)もイヌトウキ(日本山人参)もセリ科の植物で非常に似通ってはいます。 しかしイヌトウキ(日本山人参)はおもに和歌山や四国に自生しています。 それに対し、ヒュウガトウキ(日本山人参)は、宮崎、大分、熊本の県境に自生して生活環境も異なっています。 そして 葉の形や色をはじめ成分などが異なっていることもわかったのです。 ヒュウガトウキとイヌトウキは「YN-1」の含有量で区分できる 1995年の日本薬学界において、大阪薬大と日本薬草研の研究チームによる 「クマリン類を指標にしたセリ科生薬の分類」についての発表がありました。 当時九州地方で薬用とされていたヤマニンジンはイヌトウキ(日本山人参)ではなく、ヒュウガトウキ(日本山人参)の成分に限りなく近いことが明らかになりました。 両者の間には共通の成分は認められたものの、そのとき大きな差を見せたのが イソエポキシプテリキシン(英語名称YN-1)の含有量でした。 YN-1はヒュウガトウキ(日本山人参)を決定づける特殊な有機化合物だと判明したのです。 そして、現在も研究が進められています。 ヒュウガトウキはセリ科、朝鮮人参はウコギ科 ヒュウガトウキ(日本山人参)は、セリ科のシシウド属に属します。 それに対し、朝鮮人参(高麗人参)はウコギ科のトチバニンジン属に属します。 ヒュウガトウキ(日本山人参)は日本固有の希少植物で、朝鮮人参(高麗人参)とは全く種類が違います。 ヒュウガトウキ(日本山人参)がどうして日本山人参(ニホンヤマニンジン)と呼ばれるようになったのかは不明です。 おそらく根っこごと引っこ抜いた姿が朝鮮人参(高麗人参)のようで朝鮮人参(高麗人参)と勘違いされた歴史的経過もあって、日本山人参(にほんやまにんじん)と呼ばれるようになったと思われます。 純正日本山人参の成分詳細 純正 日本山人参(ヒュウガトウキ)は、栄養素がたっぷりで、特にカリウム(2500mg)、カルシウム(1900mg)、ビタミンE(18. 4mg)の含有量は飛び抜けています。 また今話題の コエンザイムQ10など35種類以上のビタミン・ミネラルが豊富にバランス良く含まれています。 最近の日本人の栄養調査を見ると、一致して指摘されている点は、 「ほとんどの栄養素は必要量を満たしているのに、カルシウムだけが不足している」ということです。 カルシウム不足は老年期に入ってから骨粗鬆になるばかりでなく、若年層でも骨がもろくなって骨折しやすくなります。 カルシウムの必要量は1日600mgとされ、この1,5~2倍を摂ることが推奨されています。 このようにカルシウムひとつとっても、純正 日本山人参(ヒュウガトウキ)は現代人に必要な栄養素をバランスよく含んでいるのです。 ヒュウガトウキ(日本山人参)の秘密は今注目のYN-1 ヒュウガトウキ(日本山人参)を構成する有機化合物は4つ発見されています。 その中でも特に 有機化合物YN-1が、ヒュウガトウキの主翼を担う特殊な有機化合物として脚光を浴びています。 ヒュウガトウキ(日本山人参)の熟成葉に 有機化合物YN-1が大量に含まれていることがわかっています。 4g ビタミンB1 0. 03mg たんぱく質 11. 1g ビタミンB2 0. 59mg 脂質 5. 2g ナイアシン 4. 4mg 炭水化物 70. 3g ビタミンB6 0. 46mg 灰分 10. 0g ビタミンB12 0. 83mg カルシウム 1900mg ビタミンC 2mg マグネシウム 130mg セレン 0. 03ppm リン 200mg コエンザイムQ10 3. 2mg 鉄 50. 4mg ヒドロキシプロリン 0. 14g 亜鉛 3. 0mg 総フェルラ酸 34mg 銅 0. 朝鮮人参はウコギ科の薬草で、日本山人参はセリ科の薬草です。 ・日本山人参は地元で「神草」とも呼ばれてきた日本古来の薬草です。 自生地は熊本、大分、宮崎の県境で、断崖絶壁に自生しています。 最近になってその薬効成分が解明され、大きな脚光を浴びるようになってきた薬草です。

次の

ヒュウガトウキ(日本山人参)とは?

山にんじん 販売

私たち、宮崎・すどう農園は日々、日本山人参と向き合い仕事をさせていただいております。 その中で、畑での栽培に限界を感じ、数年にわたり様々な栽培方法を試験してまいりました。 時には、イノシシに荒らされたり、シカにほとんど食べられたりと順調にはいきませんでしたが、現在、本格的に山の中での有機自然栽培を進めております。 山の中での栽培は、車も入らず、トラクターも使えずイノシシやシカの対策など、大変なこともあります。 しかし、春・夏に木の葉が茂り、木漏れ日の下で日本山人参が成長し、秋・冬に枯れ葉が落ちて土にかえり養分となっていく、この自然のサイクルが日本山人参にとって必要不可欠であると私たちは考えています。 日本山人参(ヒュウガトウキ・日向当帰)の種まき 日本山人参(ヒュウガトウキ・日向当帰)は、夏に白くて小さなかわいらしい花を咲かせます。 トウが立ち花が咲いて種を付けると、日本山人参の株は、枯れたり小さくなってしまいます。 そこで、宮崎・すどう農園では、種を取るための株を数株残して、トウが立つ前に切ってしまいます。 種を取るために残した、日本山人参から取った『種』です。 風が吹くと本当に飛んで行ってしまいます。 この種を、冬に蒔きます。 種を蒔いてから3〜4週間で発芽します。 クヌギの木(丸いドングリを実らせる木)が程よい日陰を作ってくれるので、日本山人参も元気に育ってくれます。 そして、秋から冬になるとクヌギの木は葉っぱを落とします、落ち葉はそのまま土にかえり養分となってくれます。 宮崎・すどう農園は自然と共に日本山人参を育てています。 日本山人参(ヒュウガトウキ・日向当帰)の収穫 宮崎・すどう農園では、すべて手作業で収穫します。 枯れて茶色くなった葉や茎を取り除きながら、上質なものだけを1本1本鎌で収穫していきます。 カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。 ・配送は、ゆうパック・ゆうパケット 『ゆうパケット』は配達日時の指定は出来ません。 【代金引換不可】 ・ご注文確認(ご入金確認)後の2営業日以内の発送を こころがけておりますが、万が一ご出荷が遅れる場合は メールでご連絡致ます。 ・また、ゆうパックは時間指定もうけたまわります。 下記の時間帯にてご指定頂けます。 午前中・12時〜14時・14時〜16時・16時〜18時・18時〜20時・20時〜21時 営業時間帯について プライバシーについて ネットでのご注文は24時間受け付けております。 お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。 お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。

次の