くま さん マフィン。 まちのくまさん

まちのくまさん

くま さん マフィン

グルテンフリーのふわふわマフィンを作ろうとしてベーキングパウダーいっぱい入れたら失敗した。 このページでは失敗談をメインに書いていますが、失敗談の下に改良して成功したレシピを書きました。 よければ読んでみてください。 今日のお話は、タイトルそのままです。 グルテンフリーのふわふわマフィンを作ろうとしてベーキングパウダーを通常の2倍入れたら、溢れて空洞マフィンになって失敗しました。 ベーキングパウダーを入れすぎるとこうなるよ、というのを書きました。 ベーキングパウダーの入れすぎには気をつけましょう。。 グルテンフリーのふわふわマフィンを作るはずが、失敗編。 材料はこんな感じで作りました。 材料 5. 片栗粉 40g• 上新粉 20g• ベーキングパウダー 8g• 純ココア 10g• ハチミツ 40g• オリーブオイル 15g• 豆乳 100ml• 型4つで作れば、この後に起こる災難は逃れられたかもしれない・・いや、逃れられなかったと思う。。 その後なにが起こったかというと、 オーブンに入れて焼いて暫くしたら、膨らみに焼きが追い付かなくてマグマのように溢れちゃいました。 で、焼き上がりがコチラです。 ちなみにベーキングパウダーの適量は、小麦粉100gに対してベーキングパウダー4gらしいです。 それから、ベーキングパウダーを入れすぎると、逆に膨らまないとか、味が苦くなる、という現象が起こるらしいという事がわかりました。 うん?どういうこと?めっちゃ膨らんだぞ。 膨らみすぎてこのザマだぞ。 とにかく、お腹を下すことはないらしいという事がわかったので、食べてみることにしました。 普通に美味しかったです。 もしかしたらココアが苦みを消してくれているのかもしれません。 それから、溢れたり、膨らまなくて意味なくなるかもしれませんが、型はケチらない方が成功の可能性が高まります! でも、 ベーキングパウダーを一度に摂りすぎるのは、体にあまり良くないそうなので、ベーキングパウダーに頼らないで他のふわふわにする方法を考えた方が良さそうだな、と思いました。 ということで3つ綺麗に平らげて、気を取り直して、適量のベーキングパウダーを使って作りなおしました 笑 片栗粉で作るチョコマフィンの作り方。 【たぶん成功編】 上のレシピで固まるのに時間がかかったので、今回は豆乳を減らして玉子をプラスしてみました。 ベーキングパウダーは適量です。 材料 5. 片栗粉 40g• 上新粉 20g• ベーキングパウダー 4g• 純ココア 10g• ハチミツ 40g• オリーブオイル 15g• Mサイズの玉子 1つ• 豆乳 50ml• お好みでトッピング用のカボチャの種 適量 作り方 ボウルに、上新粉、片栗粉、純ココア、ハチミツ、オリーブオイル、玉子、ベーキングパウダー 4gを入れて混ぜ合わせます。 この時、しっかりと混ぜ合わせておくことで、後にダマになるのを防げます。 全部混ざったら、豆乳を加えて混ぜ合わせます。 失敗した時と同じマフィンの型に流し入れます。 同じようにカボチャの種もトッピングします。 もう、この時点で明らかに違いますよね。 焼く前から生地が膨らまないので、型3つでも生地の全部が余裕でおさまりました。 4つ一応用意していましたが、不要でした。 180度に予熱したオーブンに入れて40~50分焼いたら完成です! 使うオーブンによって焼き時間は変わってくると思うので、竹串で刺してみて生地がついてこなければ焼き上がりの目安です。 何事も勉強だなぁと思いました。 今までに私が作った、体が喜ぶデザートのレシピはコチラから見れます。

次の

くま★さん 領家店

くま さん マフィン

バター 70g は常温に戻す。 バター 30g は使用する直前まで冷蔵庫で冷やす。 2 【クランブル生地】バターは1cm角に切る。 ボウルにホットケーキミックス、バターを加えて手ですり合わせるようにしてそぼろ状にする。 使用する直前まで冷蔵庫で冷やす。 3 【生地】バナナは1cm角に切る。 4 ボウルにバターを入れ、クリーム状になるまで混ぜる。 ホットケーキミックス、卵、砂糖を加え、なめらかになるまで混ぜる。 5 バナナを加えてさっと混ぜ、マフィンカップに等分に入れる。 クランブル生地を等分にちらし、クッキーをのせて耳と鼻を作る。 串などを刺してドロっとした生地がついてくる場合は様子を見て5分ほど追加加熱しましょう。 6 チョコペンをお湯につけて溶かし、顔を描く。

次の

そりゃぁ もう くまさわぎ!な 3びきのくまフィン

くま さん マフィン

グルテンフリーのふわふわマフィンを作ろうとしてベーキングパウダーいっぱい入れたら失敗した。 このページでは失敗談をメインに書いていますが、失敗談の下に改良して成功したレシピを書きました。 よければ読んでみてください。 今日のお話は、タイトルそのままです。 グルテンフリーのふわふわマフィンを作ろうとしてベーキングパウダーを通常の2倍入れたら、溢れて空洞マフィンになって失敗しました。 ベーキングパウダーを入れすぎるとこうなるよ、というのを書きました。 ベーキングパウダーの入れすぎには気をつけましょう。。 グルテンフリーのふわふわマフィンを作るはずが、失敗編。 材料はこんな感じで作りました。 材料 5. 片栗粉 40g• 上新粉 20g• ベーキングパウダー 8g• 純ココア 10g• ハチミツ 40g• オリーブオイル 15g• 豆乳 100ml• 型4つで作れば、この後に起こる災難は逃れられたかもしれない・・いや、逃れられなかったと思う。。 その後なにが起こったかというと、 オーブンに入れて焼いて暫くしたら、膨らみに焼きが追い付かなくてマグマのように溢れちゃいました。 で、焼き上がりがコチラです。 ちなみにベーキングパウダーの適量は、小麦粉100gに対してベーキングパウダー4gらしいです。 それから、ベーキングパウダーを入れすぎると、逆に膨らまないとか、味が苦くなる、という現象が起こるらしいという事がわかりました。 うん?どういうこと?めっちゃ膨らんだぞ。 膨らみすぎてこのザマだぞ。 とにかく、お腹を下すことはないらしいという事がわかったので、食べてみることにしました。 普通に美味しかったです。 もしかしたらココアが苦みを消してくれているのかもしれません。 それから、溢れたり、膨らまなくて意味なくなるかもしれませんが、型はケチらない方が成功の可能性が高まります! でも、 ベーキングパウダーを一度に摂りすぎるのは、体にあまり良くないそうなので、ベーキングパウダーに頼らないで他のふわふわにする方法を考えた方が良さそうだな、と思いました。 ということで3つ綺麗に平らげて、気を取り直して、適量のベーキングパウダーを使って作りなおしました 笑 片栗粉で作るチョコマフィンの作り方。 【たぶん成功編】 上のレシピで固まるのに時間がかかったので、今回は豆乳を減らして玉子をプラスしてみました。 ベーキングパウダーは適量です。 材料 5. 片栗粉 40g• 上新粉 20g• ベーキングパウダー 4g• 純ココア 10g• ハチミツ 40g• オリーブオイル 15g• Mサイズの玉子 1つ• 豆乳 50ml• お好みでトッピング用のカボチャの種 適量 作り方 ボウルに、上新粉、片栗粉、純ココア、ハチミツ、オリーブオイル、玉子、ベーキングパウダー 4gを入れて混ぜ合わせます。 この時、しっかりと混ぜ合わせておくことで、後にダマになるのを防げます。 全部混ざったら、豆乳を加えて混ぜ合わせます。 失敗した時と同じマフィンの型に流し入れます。 同じようにカボチャの種もトッピングします。 もう、この時点で明らかに違いますよね。 焼く前から生地が膨らまないので、型3つでも生地の全部が余裕でおさまりました。 4つ一応用意していましたが、不要でした。 180度に予熱したオーブンに入れて40~50分焼いたら完成です! 使うオーブンによって焼き時間は変わってくると思うので、竹串で刺してみて生地がついてこなければ焼き上がりの目安です。 何事も勉強だなぁと思いました。 今までに私が作った、体が喜ぶデザートのレシピはコチラから見れます。

次の