インディアン ス 昔 の 写真。 今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史

インディアン

インディアン ス 昔 の 写真

イミンホの整形前の鼻が低い画像や目が違う昔の卒アル写真が衝撃 イミンホさんは韓流スターの投票で1位を獲得するなど大人気ですよね。 イミンホさんは韓国版「花より男子」で人気となって、これまでに様々な作品に出演しています。 そんなイミンホさんなのですが、整形前の鼻が低い画像や目が違う昔の卒アル写真が話題になっているそうです。 そこで調べてみると、イミンホさんは整形が噂されていて、昔とは鼻や目が違うと言われて、さらに卒アルに昔の写真が注目されているそうです。 スポンサーリンク イミンホは整形してる?鼻が高すぎると話題に!鼻が低いときの画像も イミンホさんは鼻を整形したと言われているそうです。 現在のイミンホさんは整形のために「鼻が高くなった」と言われているのですが、「鼻が高すぎる」とも言われているのだとか。 たしかに、イミンホさんの鼻はアジア人にしては、かなりはっきりとしていて高いですよね。 イミンホ氏なぜあんなにかっこよいのですかね?あの顔にあの身長にあの脚の長さにあの鼻の高さに。 イミンホ整形なのかな? — sakura sakura1107mk 自然に鼻が高くなったり低くなったりすることはないので、鼻の高さが変わるとどうしても整形が噂されるのも当然ですよね。 イミンホさんの昔の画像を見ると、当時からかなり鼻がはっきりとしているように見えるのですが、実際のところは整形を裏付ける情報はないようです。 なので、イミンホさんの鼻については今後も様々なことが言われていきそうですね。 スポンサーリンク イミンホは目を整形した?目が違う昔の卒アル写真も イミンホさんは目を整形したとも言われているそうです。 目は多くの芸能人が整形すると言われているのですが、イミンホさんもかなりはっきりとした二重ですよね。 なので、そこから目の整形が噂されるようになったそうです。 ただ、イミンホさんの目の整形については、卒アルなどの昔の写真と比べて、「あまり変わっていない」とも言われているのだとか。 なので、イミンホさんは目の整形の噂はあるものの、実際にはそれを裏付ける情報もないので、整形をしていない可能性もあるようです。 スポンサーリンク イミンホは顎を整形した?その他の整形箇所も イミンホさんは顎を整形したという噂も出ているそうです。 ちなみに、顎が少し前に出るようになったとも言えそうなのですが、イミンホさんの整形箇所として目、鼻、顎が噂されているようです。 イミンホ追加。 また、顔つきが自然と顔が変化して見えることもあるので、その影響で顎が変化したように見えて整形などが噂されるようになったのかもしれないですね。 スポンサーリンク イミンホの整形外科はどこ?顔の整形費用や整形した時期も イミンホさんは整形をした整形外科も注目されているのですが、中国の整形外科のHPにイミンホさんの写真が掲載されたことがあり、その整形外科で整形をしたと言われるようになったのだそうです。 さらに、イミンホさんは2007年に整形外科の医師と写っている画像が公開されたのだとか。 なので、この画像を見るとイミンホさんはその整形外科で整形を行ったと思ってしまいますよね。 さらに、整形を行った時期は写真が撮られたとされる2007年と言えそうなのだとか。 なので、こうした画像やイミンホさんと整形外科については大きな話題になってしまったそうです。 スポンサーリンク また、イミンホさんの整形費用についてははっきりしないのですが、仮に、目を二重にする目頭切開は25万円、鼻筋を高くするプロテーゼは35万円、顎を延長する手術が120万円ほどかかると言えそうなのだとか。 ちなみに、イミンホさんが実際にこうした手術を受けたかどうかはわかっていないものの、もしこれらをすべて受けたとすると180万円ほどの費用が掛かるようです。 ただ、このようにイミンホさんの整形については様々なことが言われているものの、イミンホさんと事務所は整形をはっきりと否定しているのだとか。 ミノさんの真剣な顔が 一番ドキっとすんの😳😳 目で演技してるからかな? 上手く説明できんけど、、. ただ、イミンホさんは整形を否定しているものの、こうした画像などが出回ってしまったことから、今も整形疑惑が噂されてしまっているのだとか。 実際のところがわからないので余計に騒ぎが大きくなってしまっているのですが、一度こうした噂が出てしまうと消すのはかなり難しいようですね。 スポンサーリンク イミンホの顔の傷の理由とは?顔がでかい説の真相も イミンホさんはこれまでに多くの映画に出演しているのですが、撮影中にケガをすることも多くあるのだそうです。 なので、顔に傷を負ったということなども噂されたのだとか。 特に「江南1970」という映画では、爪が抜けてしまうくらいの怪我をしたり、ドラマ「シティーハンター」ではアクションシーンの最中に車が事故を起こしてしまい、そのまま病院で精密検査を受けるなどしているそうです。 ただ、イミンホさんの顔に傷らしいものはないのだとか。 スポンサーリンク また、そんなイミンホさんは顔がでかいとも言われているそうです。 ちなみに、イミンホさんは背が高いので自然と顔も大きいと言えそうですが、実はイミンホさんは肝臓の調子が悪いのですぐに顔がむくんでしまうのだとか。 なので、そのために顔がでかく見えてしまうようなのですが、かなり意外ですよね。 イミンホさんは顔がむくみ過ぎて撮影が止まってしまうこともあるそうですが、こればかりはすぐにどうこうできるわけではないようなので、撮影時にはかなり大変な時もあるようです。 今後もこうしたむくみのせいもあって、顔がでかいと言われてしまいそうですね。 スポンサーリンク イミンホの顔が変わった?すっぴん画像も イミンホさんは整形や顔の怪我などが噂されて、さらに顔がでかいとも言われて、常に顔が変わったのではないかと言われているそうです。 ただ、そんなイミンホさんの顔が好きというファンも多く、逆に人気のポイントになっているそうです。 バースデーボーイ イミンホ 顔が素晴らしく良い。 いや、顔はいつも良い。 2015 Look at these sexy moves wow!! You should do those moves more often to make fall aparts 😉 — Moroccan Minoz MoroccanMinoz イミンホさんはすっぴんも普段とあまり変化がないと言われているのですが、人気俳優なので常に顔については様々なことが言われてしまうようですね。 整形前の鼻が低いと言われたり、目が違うと言われて昔の卒アル写真などが話題になったイミンホさんなのですが、今後もそんなイミンホさんは顔を含めて大注目されていきそうです。 スポンサーリンク イミンホのプロフィール 名前:イ ミンホ(い みんほ) 本名:イ ミンホ(い みんほ) 生年月日:1987年6月22日(31歳) 出生地:韓国 身長:187㎝ 血液型:A型 事務所:MYMエンタテインメント ・2006年:ドラマ「秘密の校庭」に出演する。 ・2008年:映画「うちの学校ET」に出演する。 ・2016年:シングル「The Day」で歌手デビューする。 ・2017年:兵役につく。 スポンサーリンク.

次の

インディアンスパゲッティ

インディアン ス 昔 の 写真

01 ケイ(ピンク・レディー) 1994年1月1日 幻となったヌード写真集 【初脱ぎ媒体】 「週刊プレイボーイ」1994年1月1・7日合併号 集英社 ご存知ピンク・レディーのケイちゃんこと増田恵子。 相方のミーちゃんこと根本美鶴代は10年以上前にさっさと脱いでおり、ミーのヌードは主演映画「コールガール」(1982年)と写真集「どうしても、おまえだ。 」(1983年)において鑑賞できる。 そして今度はケイちゃんの出番。 こちらは週刊プレイボーイの1994年新年号(発売は1993年12月末)からのカットで話題性は十分だった。 誌面でヌード写真集の発売が間近に迫っていることを伝えていたが発売は延期に...。 たった1度きりの幻の裸身披露となってしまった。 03 麻田華子 1994年2月15日 芸名を何度も変えて90年代を切り抜けた 【初脱ぎ媒体】 村上理央「体温」1994年2月15日発行 ワニマガジン社 1987年東鳩オールレーズンプリンセスコンテスト優勝者の麻田華子。 その時の準グランプリは河田純子(89年組)とだった。 1988年、彼女たちより先に弱冠13歳という若さで歌手デビュー。 飛び抜けた歌唱力でナベプロ所属ということもありプッシュされるが不発に終わった。 その後は樹本彩華に改名。 の主演映画「もうひとつの原宿物語」(1990年)に友人役として出演するなど新人アイドルの引き立て役にまわっていた。 再注目されるのは村上理央と改名してのぞんだ、こちらの初ヘアヌード写真集でのこと。 幼かった歌手時代からは想像できない美味しそうな肉体、幼さと大人っぽさが入り交じった表情もたまらなかった。 1996年には麻田華子名義で2冊目のヘアヌード写真集をリリースするが仕事は続かず一般人に。 ところが彼女の芸能界への未練はそこで終わらず、1999年にエイベックスからデビューした3人組ユニット、のMOCAの正体がこの麻田華子だと判明。 冬の時代、氷河期と例えられる80年代後半から90年代を彼女ほど身をもって体験したアイドルはいないと断言できる。 と結成したセクシーユニットのDee Deeのほか、Chu-Dogのメンバーとしても知られている。 こちらは彼女にとって初脱ぎとなるヘアヌード写真集からのカットで白人を思わせる釣り鐘の乳房と色素の薄い乳輪が特徴的だった。 現在は引退しレースクイーン時代に知り合った元F1レーサー、ミカ・サロの奥さんとして旦那の故郷であるフィンランドに在住。 玉の輿に乗った元芸能人として度々マスコミに取り上げられる。 07 三田はるな(ENDOLL) 1994年4月25日 CDデビューは叶わなかった... 【初脱ぎ媒体】 「LEPOLLEN」1994年4月25日発行 英知出版 らとのヌードルユニット、(アンドール)のメンバーとして活躍。 ヌードルとは裸になれるアイドルに使われた造語。 アイドルとして十分やっていけそうなキュートさだったが脱ぐとさらにその魅力を増した。 揉んだ時にプニュプニュと音を立てそうなおっぱいにバーンと張り出したヒップ、縦長の愛らしいおへそ、細いウエストなど見どころたっぷり。 こちらの初ヘアヌード写真集発売の半年後にENDOLLとしてCDデビューを控えていたがグループを脱退。 残念なことにそのまま引退してしまった。 メンバーが麻井美緒(芸映)、生田依子(ホリプロ)、杉本夕子(サンミュージック)とそれぞれ異なる芸能プロダクションに所属し、ファーストシングル発売直後にこちらのヘアヌード写真集をリリースをするという異色のグループだった。 プレイメイトジャパン自体が脱ぐことを前提をしたコンテストなので当然の結果と言える。 ほどなくグループは自然消滅。 その後、麻井美緒(写真中)は太田プロに移籍し、かねさだ雪緒と改名。 かねさだは2001年からは漫画家としても活動を開始し、コミック版「下妻物語」をヒットさせた。 11 千葉千恵巳(オーロラ5人組) 1994年5月25日 声優としてブレイクするのは5年後 【初脱ぎ媒体】 「未然」1994年5月25日発行 ぶんか社 1999年から放映が始まったアニメ「おジャ魔女どれみ」の主人公・春風どれみ役としておなじみの千葉千恵巳。 声優の仕事を得る前はアイドルグループのメンバーとして活動。 そのグループとは江口寿史がキャラクターデザインをつとめたファミコンソフト「おたくの星座」絡みの企画物でをリーダーとする。 1993年にデビューしたオーロラ5人娘は企画物ゆえ、シングルを2枚リリースしただけで解散。 そして彼女はこちらの初裸身を披露することになるのだが、大胆にもヘアヌードに挑戦している。 おそらく世間の人は西尾悦子って誰? と思ったに違いない。 彼女は1989年に「じゃじゃ馬にさせないで」で歌手デビューした西尾えつ子。 同アニメのエンディング曲に使われたセカンドシングルもヒットには至らずセクシー路線へ方向転換。 幼い顔立ちにきわどいポーズが話題となった3冊のヘアヌード写真集のほかに「新百合族3」(1995年)「でべそ」(1996年)「AnotherXX 赤い殺人者」(1996年)など映画でも脱ぎまくっていた。 14 広田玲央名 1994年6月25日 不作の83年組のひとりでもある個性派女優 【初脱ぎ媒体】 「SELF」1994年6月25日発行 スコラ 現在の芸名は広田レオナ。 かつては広田玲央名としてバレリーナを目指しベルギー留学まで果たすも身体を壊して帰国。 その後、作家・村上龍による初監督映画「だいじょうぶマイ・フレンド」(1983年)のヒロインに抜擢され芸能界デビュー。 ヌードを披露するなど話題性もあったが映画は大コケ。 また、映画と同名タイトルの主題歌で歌手デビューを果たしたものの失笑を買うほどの音痴ぶりだった。 こちらは個性派女優として再び脚光浴び出した頃にリリースされた初写真集。 セルフシャッターを使って自ら撮影したという意欲作でスクリーンでは見せたことのないヘアをさらしていた。 15 三原順子 1994年7月3日 ツッパリに人気があったアイドルが自民党議員に 【初脱ぎ媒体】 三原じゅん子 「Junco」 1994年7月3日発行 KKベストセラーズ 小学生の頃から東京宝映に所属した三原順子(現・三原じゅん子)は1979年に放映されたドラマ「3年B組金八先生」のツッパリ生徒役で人気を得る。 1980年に発売したファーストシングル「セクシー・ナイト」もヒット。 アイドルとしても成功を収めたが「GOGO! チアガール」(1980年)で共演した宮脇康之(ケンちゃん)との恋人宣言以降は人気が急下降。 その後ヘビーメタルを歌ったりレーサーとして活動したが話題にならなかった。 この初ヘアヌードは長いトンネル期に撮影された荒木経惟氏による異色作。 荒木氏の作風と三原のキャラクターとの相性は悪く、場末感だけが漂う。 結婚したコアラとのアツアツぶりが唯一の話題だった彼女はそのコアラとも離婚。 そんな彼女が2010年の参院選に自民党から出馬し当選を果たすのだから世の中何が起こるかわからない。 16 久野真紀子 1994年7月20日 忘れがたい美人女優 【初脱ぎ媒体】 「蜜」 1994年7月20日発行 スコラ 1987年のNHK朝ドラ「チョッちゃん」でヒロイン古村比呂の同級生役としてデビューした久野真紀子(現・クノ真紀子)。 当時は久野翔子という芸名のアイドル女優であった。 1990年頃に本名の久野真紀子に戻して多くのサスペンスドラマ、刑事ドラマに出演。 特にテレビ朝日の「はぐれ刑事純情派」「はぐれ刑事純情系」には事件のカギを握る人物として幾度となく登場している。 また、阿部寛とコミカルな演技をみせた「ビップエレキバン」をはじめ「花王・健康エコナ」「三共・ビトン-ハイ」と印象的なCM作品も多い。 親しみやすさとクールさ両面を持ったところが彼女の魅力だが、そのクールな面が遺憾なく発揮されたのが1994年の主演映画「XX 美しき狩人」。 こちらの初ヘアヌード写真集は映画公開を記念する形で発売されたもので映画同様、一糸まとわぬ姿を堪能できた。 19 SHIHO 1994年9月11日 モデルの矢野志保とは別人 【初脱ぎ媒体】 「SHIHO 写真集」1994年9月11日発行 竹書房 もともとは1988年に和製ユーロビート「GYPSY QUEEN」をヒットさせたシンガーで、90年代に入るとお色気路線を更に強調。 グラビアモデルのAYUMIとセクシーユニットを組んだりしたが人気を保てるはずもなくヘアヌードを披露した。 また、翌1995年には宇宙企画から「ハードコアな夜」をリリース。 宇宙企画はアダルトビデオレーベルだがファックシーンが長いといったことを除いて作りはVシネマそのものという中途半端な内容だった。 現在活躍するモデルのSHIHOはこの当時、矢野志保と名乗っていたのでSHIHOのオリジネーターは彼女に違いないのだが末期はストリップ劇場にまで出ていた。 20 ルビー・モレノ 1994年10月5日 正体は出稼ぎフィリピーナだった 【初脱ぎ媒体】 「RUBY」 1994年10月5日発行 勁分社 前年に公開された映画「月はどっちに出ている」で女優として高い評価を受けたフィリピン出身のルビー・モレノ。 その後も女優として活躍を続けると思われたが、フィリピンパブの元ホステスだったことをすっぱ抜かれ経歴詐称していたことが判明した。 続いて仕事放棄、借金地獄などのトラブルが続出。 自ら重い障害を持つ子の母親である事も告白した。 これはそんなドロドロの時代に披露したヘアヌードで知名度もあってヒットしたが「借金精算のため」という側面は大きかった。 1995年には所属の稲川素子事務所を解雇されフィリピンに戻ることになった。 25 キャティ 1994年11月10日 ポスト・アグネス・ラムとして期待されたトースト娘 【初脱ぎ媒体】 「Toast Girl」1994年11月10日発行 音楽専科社 70年代後半からアグネス・ラム人気を受け多くのハーフモデルが出現したがキャティもそのひとり。 沖縄基地勤務のアメリカ人の父と日本人の母親との間に生まれ同地でスカウトされた彼女。 1979年JAL沖縄キャンペーンガール、同じくハーフモデルのセーラと共演したコーセーCMで見せたビキニショットが鮮烈だった。 あれから15年近くの年月を経てリリースされたのがこちらのヘアヌード写真集。 あのトーストボディが健在だったばかりか当時は水着で隠されていた箇所が拝めることに。 26 八木さおり 1994年11月20日 中国当局に拘束されアイドル生命を断たれた!? 【初脱ぎ媒体】 八木小織「春花秋冬」1994年11月20日発行 1985年の第4回ミスマガジンに選ばれ、1986年のNHK連続ドラマ「ジニーがやって来た」でデビューした八木さおり。 同ドラマの挿入歌をB面にして歌手デビューも果たすが、当時は水着グラビアで見せる大きなバストが評判になっていた。 致命的だったのは悪名高き映画「パンダ物語」(1988年)にヒロインに抜擢されたこと。 中国ロケの際に当局に拘束され長期に渡って日本を不在という事態に...。 新曲リリースが1年近くないなど映画が公開される頃には完全にアイドル戦線から脱落してしまっていた。 同映画の主題歌を最後に歌手を廃業、ちなみにタイトルが「SAYONARA」だから笑えない。 再び注目されたのが八木小織と改名してのぞんだこちらのヘアヌード写真集だった。 週刊プレイボーイ全面バックアップのもと元アイドルが肩書きで大ヒットしたが、少年のような髪型、エグすぎるおっぱい、剛毛ぶりが賛否両論を呼んだ。 27 鈴木砂羽 1994年11月22日 ヌードモデルをしながら 成功を夢見た文学座卒業生 【初脱ぎ媒体】 「Sawa・愛の新世界」 1994年11月22日発行 KKベストセラーズ 文学座を卒業した鈴木砂羽が女優としてはまったく芽が出ずヌードモデルなどをして糊口を凌いでいたのは割と有名な話。 そんな頃に舞い込んできたのが1994年公開の映画「愛の新世界」でヒロインを決めるオーディション。 主役の条件が「脱げる」ことだったのでオールヌードでの審査もあり見事合格。 SM嬢という難しい役柄をつとめ上げ、この年の映画祭新人賞を総なめにした。 同時に発売されたのがこちらのヘアヌード写真集で映画と連動した企画。 スクリーンに挿入された全裸スチールも収録した見応え十分な内容で、撮影した荒木経惟氏の世界に引き込まれること受け合いである。 彼女の顔、体型、雰囲気は良い意味で古臭く、アラーキー氏のモノクロ写真と相性は抜群だった。 厳密に言えばエロ本での活動歴がある鈴木。 そちらは非公認なので本作が紙媒体での初脱ぎということにする。 28 橋本美加子 1994年11月30日 サンミュージックが売り出した80年代アイドルの末路 【初脱ぎ媒体】 「Magical」1994年11月30日発行 スコラ サンミュージックに所属し大々的に売り出されたものの、まったく売れなかった橋本美加子。 デビューは15歳の誕生日に当たる1985年3月22日。 その日前後には大量のCMや多くのテレビ出演が組まれ大手芸能事務所の力を見せつけてくれたが、次第に売り上げが落ち、2年目を迎える頃にはマスコミにも取り上げられなくなった。 もともと所属レコード会社ワーナー・パイオニア主催のオーディション「ザ・スカウト'83」大阪大会に出場。 そこでスカウトされていて本名の杉本亜由美でアイドル雑誌に登場。 歌手デビューするまでの2年間の間に新鮮さを失ってしまったと言えよう。 レコードリリースは1988年まで続けていたが、存在自体忘れ去られた頃に発売されたのがこちらのヘアヌード写真集だった。 29 網浜直子 1994年12月10日 ボーイッシュなイメージを覆した 【初脱ぎ媒体】 「ラブレター」 1994年12月10日発行 風雅書房 松本典子とのダブル受賞が話題となった1984年ミス・セブンティーンのグランプリ受賞者。 優勝特典だった歌手デビューと映画出演(共に1985年)で芸能界入りを果たした。 ショートカットでボーイッシュな網浜直子は女性ファンをターゲットにするような路線で、TBSドラマ「夏・体験物語」シリーズでの暴れっぷりなど強烈な印象を残した。 1992年には飯島直子とデュオユニットを結成。 あまりグラビアのイメージはなかっただけにヌードになったのは意外。 とはいえ天晴れな脱ぎっぷりだった。

次の

写真 の今と昔を比較しよう

インディアン ス 昔 の 写真

インディアンスの木村亮介のプロフィール 帰りはこうやって帰ります こうすれば無くさないという必殺を 見つけました。 SNSに「 中国版亜生」とか書かれちゃうお茶目な一面もありますが、そんなご自身の事を「嫌われ者」と評しています。 インディアンス木村亮介は嫌われ者? インディアンスの木村さんを検索しようとすると 「嫌われ」 というネガティブなワードが出て来ます。 これを見ると「嫌われてるのかなー?」と思ってしまいますよね。 そして実際、ご自身でも嫌われ者だと公言している木村亮介さん。 俺はねー、タブっちゃんの事ずっと男前や思ってるんよね。 タブっちゃんの中身知らずに、ウザイ感じが嫌っていう人おるけど むっちゃ友達多くて人に好かれまくるんよね。 笑 そんな事も感じれない人って可哀想。 尊敬します!! 逆に僕は人から嫌われまくる。 笑 へへへ!見習わなくちゃね! 出典:嫌われるくらいがちょうどいいんだよ よしもとで一番元気のある若手芸人インディアンス きむちゃんのブログ より 更に言えば、売れる前だというのにSNSで嫌いと連呼される始末 全く売れてないのに、こんな嫌われる?笑 RT : インディアンスの木村くんイヤ!ほんまにイヤ!!「ぼく、ツッコミ巧みでしょう?語彙豊富でしょう?」っていうのが浅い浅い浅い浅いーー!!!!今のところ、大っっっ嫌い! — インディアンス きむ indianskimura 先程も書きましたが、この嫌いを連呼された日付が2012年と、まだ売れていない時期。 そんな時期からアンチがいるという事は、大物になる気質はタップリと言っていいかと思います。 そんな感じっすねー。 でもホントは仲間がもっと多くてね将来なんかは皆結婚して子供連れて 50人くらいでBBQしたいですね!!! 出典:嫌われるくらいがちょうどいいんだよ よしもとで一番元気のある若手芸人インディアンス きむちゃんのブログ より 中学の頃からの仲間と今でも集まれる。 しかも結構な集団。 これ絶対嫌われてないですよね。 なぜこんな「嫌われ」というネガティブな予想ワードが出るのか完全に予想なのですが 一番可能性が高いのは、公式ブログのタイトル「 嫌われるくらいがちょうどいいんだよ」を検索する時に、 全部は長いから「嫌われ」だけ入れた人が多かったというのが真相じゃないでしょうか。 他にも相方である田渕さんが 子供に 嫌われ、捨てられたピーマンの役をやったところ、その顔が面白すぎて、ただただ笑ってしまった と言うエピソードがあります。 このエピソードの嫌われの部分が切り取られた可能性も少なからずありそうです。 と言う事で私見ですが、木村さんは嫌われておらず、そういうキャラクターだということでしょう。 ただよく聞いてみると、このネタの冒頭で「昔は悪かった」と木村亮介さん自身が仰ってますねww どうやら元ヤン説に信憑性が出て来ました。 ただ、当時のお写真等はなく、本当にヤンキーかはご本人のみぞ知る…というところ。 先程の中学時代の仲間がヤンキー仲間の可能性も…と思ったのですが、実は木村亮介さん 高校1年生までは野球をされていました。 神奈川の桐光学園の松井裕樹投手かな? 高校二年生18歳の。 22奪三振で新記録出して連続10奪三振で新記録出したんだって!! 僕も高校生一年生までしか野球してないから あまりどれが凄くてとか分からないけどこの記録は明らかに凄いよね。 出典:嫌われるくらいがちょうどいいんだよ よしもとで一番元気のある若手芸人インディアンス きむちゃんのブログ より 高校1年生まで野球をやっていたのなら、その当時はヤンキーではないですね。 どうやら野球を辞めたあたりから、高校2年生~3年生の間に非行に走っていた可能性が高そうです。 もしかしたら野球を辞めた理由もその辺にあるかもしれませんが、これ以上は情報がありませんでした。 おまけ:インディアンス木村亮介の昔~インディアンス結成秘話 折角昔を調べたので、その過程で分かったインディアンス結成前の事も書きたいと思います。 元々NSC在学中は田渕さんとは別の人と マロンバロン と言う名前のコンビを組んでいました。 マロンバロンは当時のNSCでAクラス。 (所謂トップのクラス) ちなみにその時今の相方の田渕さんは、グリーンホーンと言うコンビでBクラスに在籍していました。 少々脱線しましたが、このAクラスがどのくらい凄いかと言うと 毎年NSCに入ってくるのが600人。 その中でAクラスに入れるのはたったの5組。 つまり5組全てがコンビだとたったの10人。 …狭き門です。 この頃から才能に溢れていたようですね。 マロンバロンで活動していた時は現在のツッコミと違いボケ。 在学中に「ワッハ上方漫才コンテスト」の決勝や「今宮戎新人漫才コンクールの決勝」に出場するなど大活躍でした。 ですがコンビはわずか6カ月ほどで解散。 その後はピンを経験しながらNSCを卒業しています。 木村さんがコンビを組みたいと思った矢先に、田渕さんもコンビを解消。 元々そこまで知っている中ではなく、ただ単に「元Bクラスなら」という理由。 「NSCは(有望な順に)上からA、B、Cとクラス分けされるんですけど、僕はAクラスに入ったこともあった。 タブっちゃん(田渕)は入ってから卒業するまでBクラス。 Cクラスのヤツと組むのはどうかな~という悪いところが僕にはあって(笑)、Bクラスのヤツが解散したらしいと聞いて、声を掛けたんです」 出典:産経ニュースより ちなみに田渕さんはかなり「モテモテ」で、当時コンビのお誘いが木村さんを含め4人からありました。 そんな中、木村さんを選んだ理由はなんと「消去法」 「正直4人とも知らへん子やったんですよ。 ただ、キム(木村)以外の3人は、『メッチャ変なヤツやな』と思った記憶があったんで。 なら、一番知らんキムが一番マトモやないかな、と思って選んだんですよ」 出典:産経ニュースより ちなみにこの話には「組んでみたらキムが一番変やった」と言うオチつきです。 そうして結成されたコンビですが、その「キムが一番変やった」と言うオチが少なくない原因で、 翌年には一度解散しています。 田渕さんはその後、今を時めく人気コンビ 「ミキ」のお兄ちゃん昴生さんとコンビを組んでいます。 田渕さんが昴生さんとコンビで活動している間、木村さんは3~4ヶ月の間「もう一度組もう」と熱烈ラブコールを送り続けていました。 そんなラブコールが田渕さんに届き、もう一度コンビとして再始動することになります。 …まあ実際はラブコール以外にも、昴生さんとのコンビは煩すぎて「何言ってるか分からへん」という指摘があった事も後押ししていますが…確かにあの2人なら煩そうですww なぜここまで木村さんが田渕さんにこだわったかと言うと 僕はマロンバロンの時にネタ合わせで一緒に笑いあったりとかはしてなかったんです。 でもタブっちゃんとは笑い合いながら、ネタを作ってました! なのでネタ合わせをするのが楽しくて楽しくて仕方ありませんでした!! ネタをやってる最中にその感じが出てたと思います。 そしてある時、しっかりネタをやろう!ボケツッコミをハッキリさせようと思い、 僕は自分が一番面白いと思い、NSCに入り ボケを担当してやってきてたんですが 初めて僕より面白いなと思えたのがタブっちゃんでした。 だから僕がツッコミになりました。 出典:嫌われるくらいがちょうどいいんだよ よしもとで一番元気のある若手芸人インディアンス きむちゃんのブログ より 木村さんの田渕さんに対する思いが溢れている文章ですね。 お互い色々な物を超えてきたからこそ生まれた信頼が、今の素晴らしい漫才に繋がっているんじゃないでしょうか。

次の