田井中聡。 みみかき!

田井中聡とは (タイナカサトシとは) [単語記事]

田井中聡

cv: 概要 アニメ1期の第13話(番外編)にて初登場した、の。 現在中学生。 姉である律との仲は良好で、一緒に映画を見に行ったり、軽いどつき合いなどもするようだ。 また、幼い頃から田井中家に出入りしているとは面識があるらしく、澪からは名前を呼び捨てにされている。 アニメ2期の第16話では田井中家に遊びに来た軽音部の面々を前にトイレに隠れてしまうなど思春期の少年らしい行動を見せた他、第18話では律が学園祭のクラス演劇でヒロインのジュリエット役を演じることに対して、飲んでいたコーラを思わず噴き出して笑っていた。 ちなみに1期13話には同じ中学と思しき友人が登場しており、両名とも同作品には数少ない男性キャラクターである。 アニメスタッフやキャスト陣、特に姉である律役のからは非常に愛されているようで、ディスク収録のコメンタリーでは登場シーンで度々歓声が起こっていた。 なお、後に公開された『映画けいおん! 』にもOP他本編終盤にて登場を果たしている。 なお、では、主要人物の弟という描き手からしてもも美味しい立場から、アレヤコレヤ便利に 絡まされる(婉曲表現)。 関連イラスト.

次の

田井中聡(@Tainaka_satoshi)のプロフィール

田井中聡

田井中家 律「ほら、聡! お姉様が耳掃除をしてやるぞ〜」 律は竹の耳かきを片手にバシバシと自分の膝を叩く。 カリ…カリ……フサフサ……カリ…… 聡(ああ、気持ちいいな……) 程よい力加減で掻かれて皮膚の感覚が敏感になった所を梵天の柔らかな羽毛で撫 でられる心地よさに、全身から力が抜ける。 掃除される場所は徐々に外側から耳穴に近い内側の溝へと移って行いく。 そして、遂にサジは耳穴の周囲のすり鉢状の地点に達した。 カリ…カリ……カリカリ…… しかし、律の操る耳かきはいつまでたっても穴の周囲を優しく掻いて回るだけで 一向に中まで入ってこない。 聡(そ、そんなッ!) ちらりと姉を見てみれば、いやらし笑みを浮かべながら見返してきた。 その度にまるで脳を直接羽毛で撫でられているかのような、むず痒さと気持ちよさ が同時発生した。 律「ん〜、なんつーか、中は割りと汚れてないなー」 トントンと掻き取った耳垢をティッシュの上に落としながら律は言う。 律「ちょっと強めに掻くから、痛かったら言ってね」 カリカリカリカリ…… 先程までのもどかしいような掻き方とは打って変わって、それは痒いところをボリ ボリと豪快に掻いた時のような痛みにも似た快感だった。 律「ん〜、もうちょい……」メキメキ……カリカリ… 律は懸命な発掘作業の結果できた隙間に耳かきのサジをねじ込み、てこの原理で一 気に剥がしにかかる。 プチプチとその塊に巻き込まれた産毛が抜けていくツンとした刺激から、確実にそ れが剥がされていっているのがわかる。 その感覚はちょうど痛みと快感の境界上で、 これ以上痛かったら苦痛というラインギリギリのものだった。 律「おお、これはなかなか……」シゲシゲ ティッシュの上にはだいたい小指の爪の四分の一程の大きさの耳垢がのっていた。 聡「うわ、デカ……」 律「悪くはないが、まあブラックバスで言うところの60cm級だな」 律「もっと精進したまえ、弟よ」ハハハ 聡「もう、姉ちゃん意味がわかんないよ」ハァ 律「お姉様のために耳垢貯金を頑張りなさいってことだ」ヤレヤレ 聡「う、うん……」 聡(だったら頑張ろう。 おわり.

次の

田井中貞利とは (タイナカサダトシとは) [単語記事]

田井中聡

cv: 概要 アニメ1期の第13話(番外編)にて初登場した、の。 現在中学生。 姉である律との仲は良好で、一緒に映画を見に行ったり、軽いどつき合いなどもするようだ。 また、幼い頃から田井中家に出入りしているとは面識があるらしく、澪からは名前を呼び捨てにされている。 アニメ2期の第16話では田井中家に遊びに来た軽音部の面々を前にトイレに隠れてしまうなど思春期の少年らしい行動を見せた他、第18話では律が学園祭のクラス演劇でヒロインのジュリエット役を演じることに対して、飲んでいたコーラを思わず噴き出して笑っていた。 ちなみに1期13話には同じ中学と思しき友人が登場しており、両名とも同作品には数少ない男性キャラクターである。 アニメスタッフやキャスト陣、特に姉である律役のからは非常に愛されているようで、ディスク収録のコメンタリーでは登場シーンで度々歓声が起こっていた。 なお、後に公開された『映画けいおん! 』にもOP他本編終盤にて登場を果たしている。 なお、では、主要人物の弟という描き手からしてもも美味しい立場から、アレヤコレヤ便利に 絡まされる(婉曲表現)。 関連イラスト.

次の