防御反映 アムリタゲージ。 【仁王2】アイテムを効率よく取集することができる全武器対応の装備「30秒で読めます」

仁王攻略 すべての守護霊の効果まとめ、九十九武器、おすすめ属性

防御反映 アムリタゲージ

初期能力値で装備できる割に揃え効果が優秀で、特に「ガード中の気力回復速度」と「残心の気力回復量」上昇は、初心者に最適な効果です。 太初の侍の鎧よりも攻撃的な効果が多く、4部位で発動する「アムリタ吸収で気力回復増強」は、攻撃時にアムリタを得られるボス戦において強力です。 同じく特典防具の「太初の侍の鎧」よりも重いのが難点ですが、2部位で敵撃破時体力回復の効果が付くため、太初の侍の鎧と組み合わせて重量を調整するのも手です。 妖怪からの被ダメージを僅かながら軽減でき、常世払いで体力が回復するため、初心者におすすめです。 2部位効果は槍専用ですが、4と5部位効果が強力なため、体を上げていればほとんどの武器と相性に良いです。 入手は中盤に可能ですが、クリア後以降の最終装備としても挙げられます。 1つ1つの揃え効果が優秀ながら効果量も高く、中鎧にしては重量が軽いため、どの武器種とも好相性です。 多くの敵から入手できるので厳選しやすく、5部位効果で回復ができるので仙薬の節約も可能です。 重鎧の中でも特に重いものの、頑強さと対物理カットの高さで被撃を物ともしないため、大太刀や斧といった振りが遅い武器と好相性です。 武家「藤堂」に所属すると体力と火力アップが可能 武家の「藤堂」に所属して家紋の加護受けることで、楯無の重さをダメージに、敏捷改善のために振る『剛』を体力に反映させられます。 ダメージ反映は楯無の揃え効果と重複するため、楯無を装備する際は藤堂に所属するのがおすすめです。 攻撃反映 剛 が付いていることで、剛で重量を軽減しながら攻撃力も上げられるのは強力です。 また、斧の「烈火」の持続時間も伸び、かけなおしの手間が減るのも便利です。 0 金吾の中鎧は、攻撃に特化した中鎧防具です。 防御面に乏しい反面、追い討ちと背後ダメージが大きく上昇するので、動きが軽快な武器と好相性です。 入手方法は、ランダムドロップなので厳選が難しいですが、採用しているプレイヤーも多いため、ストーリー終盤や2周目の血刀塚から集めるのがおすすめです。 軽鎧なので防御力は皆無ですが、忍術にはHP0を1回無効かする「変わり身の術」があるので万が一に備えられます。 防具の選び方と重さについて 防具は揃え効果を優先して選択 一部の防具には、同名の部位を必要数装備すると効果を発動する「揃え効果」が備わっています。 特殊効果と同様、効果発揮には必要能力値を満たす必要がありますが、いずれも強力な効果ばかりなので、揃え効果を持つ防具を選びましょう。 防具の重さ 比率 で気力の消費や回避力が変わる 防具には、各部位ごとに「重量」が設けられています。 防具の重量は「敏捷さ」に影響し、走りや回避、気力の回復速度が変動するため、最低でも 敏捷さは『B』以上になるように比率を調整するのがおすすめです。 装備できる重量は「剛」を上げると増加 装備できる重量は、能力値の「剛」を上げると増やせます。 剛は、体力も上昇させるので上げて損はありません。 重鎧であっても敏捷さが高い方が圧倒的に有利なため、敏捷さを調整しながら優先して振るようにしましょう。

次の

揃え効果|仁王2攻略

防御反映 アムリタゲージ

初期能力値で装備できる割に揃え効果が優秀で、特に「ガード中の気力回復速度」と「残心の気力回復量」上昇は、初心者に最適な効果です。 太初の侍の鎧よりも攻撃的な効果が多く、4部位で発動する「アムリタ吸収で気力回復増強」は、攻撃時にアムリタを得られるボス戦において強力です。 同じく特典防具の「太初の侍の鎧」よりも重いのが難点ですが、2部位で敵撃破時体力回復の効果が付くため、太初の侍の鎧と組み合わせて重量を調整するのも手です。 妖怪からの被ダメージを僅かながら軽減でき、常世払いで体力が回復するため、初心者におすすめです。 2部位効果は槍専用ですが、4と5部位効果が強力なため、体を上げていればほとんどの武器と相性に良いです。 入手は中盤に可能ですが、クリア後以降の最終装備としても挙げられます。 1つ1つの揃え効果が優秀ながら効果量も高く、中鎧にしては重量が軽いため、どの武器種とも好相性です。 多くの敵から入手できるので厳選しやすく、5部位効果で回復ができるので仙薬の節約も可能です。 重鎧の中でも特に重いものの、頑強さと対物理カットの高さで被撃を物ともしないため、大太刀や斧といった振りが遅い武器と好相性です。 武家「藤堂」に所属すると体力と火力アップが可能 武家の「藤堂」に所属して家紋の加護受けることで、楯無の重さをダメージに、敏捷改善のために振る『剛』を体力に反映させられます。 ダメージ反映は楯無の揃え効果と重複するため、楯無を装備する際は藤堂に所属するのがおすすめです。 攻撃反映 剛 が付いていることで、剛で重量を軽減しながら攻撃力も上げられるのは強力です。 また、斧の「烈火」の持続時間も伸び、かけなおしの手間が減るのも便利です。 0 金吾の中鎧は、攻撃に特化した中鎧防具です。 防御面に乏しい反面、追い討ちと背後ダメージが大きく上昇するので、動きが軽快な武器と好相性です。 入手方法は、ランダムドロップなので厳選が難しいですが、採用しているプレイヤーも多いため、ストーリー終盤や2周目の血刀塚から集めるのがおすすめです。 軽鎧なので防御力は皆無ですが、忍術にはHP0を1回無効かする「変わり身の術」があるので万が一に備えられます。 防具の選び方と重さについて 防具は揃え効果を優先して選択 一部の防具には、同名の部位を必要数装備すると効果を発動する「揃え効果」が備わっています。 特殊効果と同様、効果発揮には必要能力値を満たす必要がありますが、いずれも強力な効果ばかりなので、揃え効果を持つ防具を選びましょう。 防具の重さ 比率 で気力の消費や回避力が変わる 防具には、各部位ごとに「重量」が設けられています。 防具の重量は「敏捷さ」に影響し、走りや回避、気力の回復速度が変動するため、最低でも 敏捷さは『B』以上になるように比率を調整するのがおすすめです。 装備できる重量は「剛」を上げると増加 装備できる重量は、能力値の「剛」を上げると増やせます。 剛は、体力も上昇させるので上げて損はありません。 重鎧であっても敏捷さが高い方が圧倒的に有利なため、敏捷さを調整しながら優先して振るようにしましょう。

次の

揃え効果|仁王2攻略

防御反映 アムリタゲージ

守護霊には、それぞれ固有の能力を備えており、プレイヤーに装備 憑けかえ することで効果を発動させることができます。 具体的には、装備するだけで発動する守護霊固有の効果 加護 と、アムリタゲージを消費して発動させる九十九武器の効果があります。 この記事では、守護霊自体が持つそれぞれの効果を個別で紹介していくので、守護霊選びの参考にしてみてください。 0% ダッシュの気力消費 -15. 0% 常世祓いで体力回復 150 回避行動の気力消費減少 20. 0% 薬の体力回復効果 20. 0% 喪失アムリタ回収 50. 0% 武技での攻撃力増加 ガードの気力消費軽減 20. 0% 雷属性ダメージ 12. 0% 強い攻撃の気力消費権現 10. 0% ダッシュの速度低下 30. 0% アムリタ吸収で構えに応じた強化 妖怪からの被ダメージ軽減 13.

次の