コロナ 抗体 検査 日本。 アボット、日本で新型コロナウイルスの抗体検査用試薬を研究用途として販売開始|アボットジャパン合同会社のプレスリリース

新型コロナ抗体検査が日本でも始動、米国での調査結果は?/JAMA|医師向け医療ニュースはケアネット

コロナ 抗体 検査 日本

日本国内の新型コロナウイルス感染症の感染者数が1万2000人を超えました。 これは確認できた分だけですので、「本当の感染者数」はもっとずっと多いです。 軽症者はPCR検査を受けられるとは限りませんし、クルーズ船をはじめとした先行事例からは感染しても無症状のままの人がけっこういることもわかっています。 新型コロナウイルスに感染したけど診断されていない人はたくさんいるはずです。 各国の感染者数が発表されていますが、検査体制が充実している国ほど確認された感染者数が多くなります。 実際の感染状況や感染対策の有効性を評価するためにも、本当の感染者数を推定でもいいから知りたいところです。 しかし、無症状の人も含めてかたっぱしからPCR検査をするのは難しいのが現状です。 そこで抗体検査が注目されています。 海外ではすでにいくつか抗体検査を用いた研究がなされていますし、日本でも調査目的での抗体検査を行うとの報道がありました。 PCR検査はウイルスそのものを見ていますが、抗体検査はウイルス感染後の免疫反応を見ます。 抗体検査と一口にいっても複数の方法があり、その一つがイムノクロマト法による簡易キットです。 すでに複数の製品があります。 原理的にはインフルエンザ迅速キットと同じですが、新型コロナ感染症の抗体検査では検体は鼻腔(びくう)拭い液ではなく血液を使います。 検体採取のときに検査者が感染するリスクが低いのは大きな利点です。 また、治ってしまうとPCR検査は陰性になりますが、血液中の抗体はしばらくは残ります。 現在感染しているかどうかではなく、感染したことがあるかどうかを調べるには抗体検査のほうが向いています。 ただし抗体検査には注意点もあります。 新型コロナウイルス感染症において抗体の意義ははっきりしていません。 抗体の意義は病気によって違います。 麻疹や風疹なら抗体の存在は感染症から守られていることを示していますが、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症や慢性C型肝炎ではそうではありません。 また、感染してから抗体ができるまでには時間がかかりますので、症状が出てすぐは診断の目的には使えません。 「抗体がついたから安全だ」とか「抗体が陰性なので感染していない」といった誤解をしないようにしましょう。 抗体検査を使った調査目的の研究も、解釈が難しいかもしれません。 海外の抗体検査を使った研究では、PCR検査で確認された感染者よりもずっと多く、数十倍も感染した人がいるかもしれないという結果も出ています。 ただ、検査は必ずしも正確ではありません。 本当はウイルスに感染したことがなくても検査が陽性になる「偽陽性」が、一定の割合であります。 偽陽性の割合が小さくても集団に適用すると大きな影響が出ます。 たとえば、ウイルスに感染していない人の99. 無作為に選んだ日本人1万人にこの検査をすると、本当の感染者数がきわめて少なくても10人ぐらいが偽陽性になります。 日本の人口は1億2000万人ですから、そのまま掛け算すると感染者数を誤って12万人多く評価することになります。 キットにより精度は異なります。 新型コロナウイルス感染症の流行以前の検体や、流行が比較的抑えられている地域での結果と比較するなど、慎重に判断する必要があるでしょう。 偽陽性だけではなく、本当は感染していたのに抗体検査で陽性にならない「偽陰性」もあります。 ただ、抗体検査に限らず、どの検査もなにかしらの欠点はあります。 それぞれの検査法の特徴を理解し目的によって使い分ければいいのです。 検査の選択肢が増えるのは喜ばしいことです。 <アピタル:内科医・酒井健司の医心電信・その他>.

次の

PCR・抗原・抗体検査をどう使い分ける?:日経メディカル

コロナ 抗体 検査 日本

本製品は、新型コロナウイルス感染の既往を評価する、IgG抗体検出用の血清検査試薬です。 今回の販売開始は研究用途に限定したもので、製造販売承認に基づくものではありません。 本製品は、新型コロナウイルス感染症に対する最前線において、ウイルスを理解し、抗体検査の日本の医療における役割を明確化するために取り組んでいる、日本全国の主要な病院や検査室で使用されます。 また、アボットでは、早期の製造販売申請ならびに承認に向けて、関係当局と緊密に連携しています。 PCR検査が感染の有無を調べるのに対して、抗体検査は感染の既往を調べます。 アボットのSARS-CoV-2 IgG抗体検査は、血液中のIgG抗体を検出します。 一般的にIgG抗体は、ウイルスの感染後期に体内で産生されるタンパク質で、回復してから数か月、場合によっては数年間、体内に持続します。 なお、本製品は米国食品医薬品局(FDA)より緊急使用許可を、欧州連合よりCEマークを取得しています。 アボットジャパンの代表執行役員社長である天野 総太郎は、次のように述べています。 「抗体検査により、新型コロナウイルス感染症について未だ解明されていない多くの情報が得られる可能性があります。 私たちアボットは、診断薬・機器の世界的リーダーとして、新型コロナウイルス感染症と闘っている日本の医療に検査の領域で貢献し、新型コロナウイルス感染症に対する新たな検査試薬を一日でも早くお届けしたいと考えています。 また、HIVおよび肝炎ウイルスに対しては、その変異を世界規模で追跡するチームを結成し、25年以上にわたってモニタリングしています。 また、長年にわたって新たな病原菌を特定するための探索プログラムを運用し、新たな脅威に対する検査を開発しています。 業界をリードする診断薬・機器、医療機器、栄養剤、およびブランド ジェネリック医薬品分野の事業および製品を含め、人々の生活に大きな影響をもたらす画期的なアボットの技術は、ヘルスケアの広範な領域にわたっています。 現在、世界160カ国以上で、約107,000人の社員が活動しています。 アボット(www. abbott. com)、アボット ジャパン(www. abbott. jp)、リンクトイン(www. linkedin. facebook.

次の

新型コロナ:「疑陽性ゼロ」のコロナ抗体検査薬 日本は5月下旬に :日本経済新聞

コロナ 抗体 検査 日本

提供 加藤勝信厚生労働相。 緊急事態宣言が解けても、コロナとの闘いはまだまだ続く (c)朝日新聞社 東京都の陽性率は「0. 厚生労働省が5月15日に発表した新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査の結果だ。 抗体検査は新型コロナに感染した後、体内にできるタンパク質(抗体)の有無を調べる。 日本はPCR検査の実施数が少なく、新型コロナは感染しても軽症や無症状で済む人が多いため、感染者数は判明しているよりもかなり多いと考えられている。 抗体検査で実際の市中感染の割合を推計することが期待されているのだ。 今回、国の研究班が行った抗体検査は、4月下旬に東京と東北6県で献血をした人それぞれ500人を対象に行われた。 結果、東京では0. 6%にあたる3例で、東北では0. 4%にあたる2例で陽性反応が出た。 都の人口は約1400万人のため、0. 6%の陽性率から推計される感染者数は約8万4千人。 PCR検査で確認された感染者数が約5千人だからその17倍となり、一見、もっともらしい数字に見える。 シカゴ大名誉教授の中村祐輔医師が厳しく批判する。 「不確かな陽性率を厚生労働省が公表し、それが独り歩きしてしまっている。 日本の科学力のなさを示しているようなものです。 メディアも東京の0. 6%ばかり取り上げますが、同時に出てきた東北の0. 4%が非現実的な数字であることに目を向けようとしない。 サイエンスリテラシーが欠如しています」 どういうことなのか。 先ほどと同じ計算を東北6県に当てはめると、推計される感染者数は人口約900万人のうち0. 4%で約3万5千人となる。 PCR検査で確認されている感染者数は約300人だから、その差は115倍にもなる。 これでは検査の信ぴょう性自体に疑義が生じる。 厚労省は今回の抗体検査は検査キットなどの性能評価が目的だとしているが、中村医師はそれにしても今回の検査はおかしいと言う。 前述のとおり東京では500検体中3例(0. 6%)が陽性反応だったが、実は新型コロナが存在しなかった昨年1~3月の保存血液500検体からも2例(0. 4%)の陽性反応が出たのだ。 誤って検出された「偽陽性」と考えられる。 「陽性と偽陽性の差が誤差の範囲でしかなく、0. 6%という陽性率に統計学的な価値はまったくありません。 本来ならば献血に来た人だけでなく、発症後に回復した人の検体を対象にして抗体がどれだけ検出されるのかのデータを示さなければならなかったはず。 抗体キットの精度を確かめるにしても、科学的にナンセンスです」(中村医師) 医療ガバナンス研究所理事長の上昌広医師もこう指摘する。 「献血を検査対象にしたことも疑問です。 新型コロナに感染した人が献血するとは考えにくいから、市中感染の実態はわからない」 独自に抗体検査に取り組んでいる福島県平田村のひらた中央病院の非常勤医、坪倉正治医師はこう語った。 「検査方法により感度に差があるなど、私たちもいま試行錯誤しながらデータを積み上げている段階。 厚労省の発表は早計です」 6月初旬から1万人を対象に検査が実施されるが、全体像を把握できるのか。

次の