ドラクエウォーク 転職 レベル。 【ドラクエウォーク】レベル20の永続スキルを考慮したおすすめの転職ルートとタイミングまとめ

【ドラクエウォーク】上級職の特徴や転職条件、永続スキルなどまとめ

ドラクエウォーク 転職 レベル

転職とは キャラの職業が変更できる 転職とは、言葉の通りキャラの職業が変更できるシステムです。 ドラクエウォークでは、職業によって戦闘時の役割が異なるため、転職システムを上手く利用してパーティ編成が構築できます。 転職後の職業はレベル1から上げ直し 転職をした後の職業はレベル1からレベル上げをやり直す必要があります。 前職時のレベルは引き継がれませんが、保存はされています。 もう一度育成した職業に転職し直せば、元に戻せます。 得意武器やステータスが変わる 転職をすると得意武器やステータス、セットできるこころの色が転職をした職業に合わせて変化します。 手持ちの装備次第では、転職させて得意武器を持たせた方が有効な場合があります。 転職のタイミング メインストーリー攻略中の転職は非推奨 メインストーリーは、クリアできない場所でもレベル上げを行えば初期の職業の状態でも最後までクリア可能です。 転職をするとレベル上げを1からしなければいけないため、ストーリー攻略を効率的に進めることができません。 また、主人公の初期職業である戦士は、Lv. 25で「やいばくだき」を習得します。 3章10話のボス「キラーマシン」に対して非常に有効かつ「ラリホー」を持っていない場合の必須スキルなので、絶対に転職させないようにしましょう。 メタルダンジョン解放時に転職推奨 転職は、週末限定で開催される「メタルダンジョン」を攻略する際に行いましょう。 メタルダンジョンでは、メタル系モンスターを効率的に倒せるので、転職後のキャラ育成に最適です。 転職するメリット 永続パッシブ効果を得られる 職業 永続効果:Lv. 20 永続効果:Lv. 20とLv. 50時に永続効果がある特殊効果を習得します。 どの職業に転職しても効果が発動するため、キャラ自体のステータス強化が可能です。 永続パッシブを取ったあとは別の職業に転職しましょう。 永続効果の内容は職業毎に異なるため、メインとして使用したい職業に合わせて有効な永続効果から習得していきましょう。 上級職の永続パッシブ 職業 永続効果:Lv. 30 永続効果:Lv. 30とLv. 55時に永続効果がある特殊効果を習得します。 レベル55まで上げる必要があるため、大量の経験値が必要になります。 永続パッシブを取るためだけなら、取りやすい基本職の永続パッシブを先に取りましょう。 上級職に転職するためにレベルを上げる 上級職の一覧 上級職実装に伴い、2つの特定の職業をレベル50まで上げることで、上級職に転職できるようになります。 パーティ編成の幅がひろがる 転職をすると、パーティに同じ職業を複数編成できるようになり、物理攻撃主体のパーティや魔法攻撃主体のパーティなどの編成が組めるようになります。 上級職にも転職しやすくなりパーティ編成の幅が広がります。 装備の確保や育成に労力はかかりますが、メガモンスター戦時にはパーティ全員を物理職で揃えて火力に特化させるといった戦法も可能です。 星5武器に合わせて転職する ドラクエウォークは装備の恩恵が大きいため、星5武器を入手できているのであれば得意武器にあわせて転職するのはありです。 例えば、初期段階で「クリスタルクロー」と「らいじんの槍」を持っている場合、武闘家をパーティに2体編成することが考えられます。 職業別おすすめ転職ルート ストーリークリア前の転職ルート 職業 おすすめ転職ルート 盗賊Lv. 20 盗賊Lv. 20 盗賊Lv. 20 戦士Lv. 20 戦士Lv. 20 ストーリー攻略に行き詰まった時におすすめの転職ルートです。 レベル上げの労力を考慮し、レベル20時の永続効果のみ習得していく場合のルートを記載しています。 ストーリークリア後の上級職に向けた転職ルート 職業 おすすめ転職ルート 盗賊Lv. 元の職業をレベル50まで上げたら、上級職に対応した基本職に転職してレベル50を目指しましょう。 最低基本職を2職レベル50にすれば上級職に転職できます。 基本的には素早さステータス重視 転職を行う場合は、まず素早さを高められる盗賊を経由することをおすすめします。 魔法使いや僧侶に関しては、好みによって変わり、耐久力を補いたければ戦士を経由することで戦闘を安定させることも考えられます。 転職キャラのレベル上げおすすめ方法 おすすめ方法• ・低レベルのモンスターを効率的に倒す• ・メタル系で一気にレベルを上げる• ・編成配置を一番右にして生存率を上げる 転職キャラは、初期レベル1に戻るため、いかに戦闘不能に陥らず経験値を稼ぐかが重要です。 主に推奨レベルの低いクエストで被弾せず経験値を獲得するか、メタル系モンスターを倒して一気にレベルを上げる方法があります。 主力キャラが先制で全体攻撃を行いモンスターを一掃できるため、時短かつ効率的に転職後キャラのレベル上げをすることができます。 メタル系モンスターで一気に経験値を稼ぐ 転職キャラのレベルをいち早く上げるには、メタル系モンスターを撃破するのが最効率です。 週末限定のメタルダンジョンやメタル系モンスターがフィールドに出現した場合は、一時的に転職して経験値を一気に稼ぎましょう。 メタルフェスティバルイベントが開催中です。 大量のメタル系モンスターを倒せるイベントなので、効率よくレベルを上げられます。 転職中でもメタル系は倒しやすいので、転職レベリングに最適です。 転職キャラの編成配置は一番右がベスト 1体づつ転職させる場合、転職したキャラの編成配置は、一番攻撃を狙われにくい右側に設定しましょう。 戦闘不能に陥ると経験値が入らないため、転職キャラが死なないように、少しでも生存率を高める編成を行うべきです。 転職キャラLv20までの育成時間を検証 Lv20までの必要経験値 93,837 対象クエスト 3章7話:推奨Lv27 パーティの平均Lv Lv37 Lv20までの所要時間 1時間30分 攻略班が転職キャラをレベル20まで育成するための所要時間を検証しました。 3章で約1時間30分、戦闘を繰り返すとレベル20に到達しました。 なお、挑戦するクエストや敵の殲滅速度で誤差が出るため、所要時間の参考にしてください。 転職キャラにおすすめの低コストモンスター こころ 色 Sランク注目のスキル・性能 出現場所:試練の扉「中級」 出現確率:ときどき見かける• ・コストが39と低くつけやすい• ・特殊効果が強く転職キャラに重宝する 出現場所:• ・コストが24と低くつけやすい• ・HPや器用さが高い低コストこころ• ・竜王イベント3-5で同時厳選可能 出現場所:3-5~8 出現確率:よく見かける• ・攻撃魔力とMPが高い魔法使いのこころ• ・イオも習得可能 キャラの転職時に、いち早く戦力として使用したい場合のおすすめこころです。 「よく見かける」以上のモンスターの中から「低コスト」「ステータス」を重視して選定しています。 目安として、ゲーム開始からストーリーのみを進めていた場合、2章の5話クリア前後で冒険ランクが12に到達します。 転職には100Gが必要 転職は1回につき100Gが必要です。 転職先のレベルに関わらず、100Gで転職が可能です。 また、転職に時間と回数の制限はないため、ゴールドさえあればいつでも好きな職業に転職が可能です。 転職の注意点 レベルは各キャラの各職業で固有 職業のレベルは、各キャラの各職業ごとに固有になっており、初めて転職をする場合はレベル1から上げ直す必要があります。 当然、キャラも転職前より弱くなっているので、安易に強いモンスターと戦闘をしないように注意しましょう。 転職後はモンスターのこころが外れる 転職をした後は、元々装備していたモンスターのこころが外れます。 戦闘を行う前に必ずセットをし直すようにしましょう。 また、武器も転職後の職業の得意武器でない場合は、装備の変更も忘れないようにしましょう。

次の

【ドラクエウォーク】上級職と基本職レベル50のステータスを比較!7つの転職のメリット

ドラクエウォーク 転職 レベル

なので、せめてLV20の永続スキルを取得してから転職するのがいいでしょう。 第2章をクリアするまではさほど苦労することなく進めると思いますが、第3章あたりから難易度が上がり、レベル上げや導きのかけらを集めるためにモンスターと戦ったりしないと先に進めなくなります。 このタイミングで初めて転職する場合は注意が必要です! 職業にはそれぞれにLVが設けてあるので、転職先が初めて就く職業だった場合LV1からのスタートになります。 転職することでパーティーの強さが転職する前と比べて格段に落ちる可能性があります。 ストーリー第3章まで到達していればある程度初期の職業のレベルが上がっていると思うので、それを維持したままひとまずストーリーを全部クリアしたほうが早くストーリーを終わらせることができると思います。 この得意ぶきを装備することで武器スキル内の「得」と書かれているスキルが有効になるので、職業ごとに得意ぶきを装備させてほうがよいのです。 武器の種類が偏っている場合には持っている武器に合わせて職業を変更したほうが、バトルで活躍できる場合もあるのです。 転職後はLVが下がるためある程度LVが上がるまでは3人で戦闘しなければなりません。 もっと詳しく得意武器や職業の特徴について知りたい方は以下の記事をご覧ください。 sponsored link 転職後のレベルはどうなる?レベル上げのコツとは? ドラクエウォークではキャラクター自身のLV設定はなく、職業ごとにLVが設定されています。 残念ながら、転職するとレベル1からスタートします。 LVを共有できないのでそれぞれの職業でレベル上げをしなければなりません。 ただし、通常クエストやフィールドでは出現率が低めです。 出現するモンスターの強さはストーリーが進んでいるほど強くなるのでストーリーを進めることも重要なポイントです。 毎月のスマホ代を5000円安くする方法とは? 大手キャリアのスマホの機種代の平均は以下の通りです。 月額料金が格安スマホの場合、5000円近く安くなっています。 年間でなんと12万円もお得になります。 安くなった分で、毎月ゲームに5000円課金することもできます。 データ量の平均料金は以下の通りです。 こちらも格安スマホの場合、毎月5000円以上安くなります。 「ドコモ、au、ソフトバンクから乗り換えて月額料を5000円安くしつつ、使い心地はキャリアと変わらない」ということも可能です! しかも、2年縛りのような契約もないので、いつ契約解除しても0円なので安心ですね。 ネットで簡単に手続きできるので、ぜひ試してみてくださいね!.

次の

【ドラクエウォーク】転職のおすすめルートを解説!上級職を見通したタイミング

ドラクエウォーク 転職 レベル

どのタイミングでメンバーを転職させるべきか 全員がLv. 50に達してからがおすすめ ドラクエウォークで5章10話をクリアしてからレベリング・モンスターのこころ集めに没頭していると、どこまでレベリングすればいいのかわからなくなりますよね。 今後上級職業が追加されることを考慮するのであれば、メンバーを転職させるのはLv. 50に達してからにしましょう。 転職後のレベリングが楽になる パーティメンバーを全員Lv. 50まで育成するのは、上級職業が追加されることを見越しているのに加えて、転職後のレベリングを楽して行うのに有効だからです。 主力だったメンバーがLv. 1からスタートするため、ダメージソースだった大切なメンバーが必然的に足手まといになってしまいます。 メンバーが1人2人かけても戦えるように、他のメンバーをLv. 50まで育成しておくことであらかじめ備えることが可能です。 転職させるのは何人がおすすめ? 最初は1人だけ転職させる 転職させる人数は比較的迷いがちですが、おすすめは1人だけ転職させることでしょう。 全員を転職させると敵を倒すのにも一苦労ですし、少ないMPでやりくりしないといけなくなるため、効率的ではありません。 転職させる職業=僧侶以外の全体攻撃ができないキャラクター 一度Lv. 50まで達した僧侶を転職させてしまうと、「まんたん」が使えなくなってしまうことからレベリングが効率的にできなくなってしまいます。 全体攻撃ができないメンバーを優先的に転職させるのも重要であり、敵を一掃するのに全体攻撃は欠かせないことから消去法で転職させるメンバーを選ぶのがおすすめです。 1人目がLv. 30に達したら2人目を転職させる 2人目の転職するタイミングは、1人目のメンバーが転職してからLv. 30に達するまで待ちましょう。 もともとLv. 50だったダメージソースが、Lv. 1となりLv. 30まで育成されたとしても20レベル分の差があることから、まだまだ効率を損ねてしまいがちです。 ただし、Lv. 50からさらにレベリングするメリットもほとんどないことから、ある程度のタイミングを見計らって転職させるべきなので、2人目はこのタイミングにすると良いでしょう。 転職後のおすすめレベリングクエスト Lv. 1のおすすめクエスト クエスト 4章7話 メインクエスト4章7話には、比較的HPの低いモンスターが揃っており、Lv. また、モンスターのこころとしても優秀な「ベビル・メタルハンター・ホークマン」や「はぐれメタル」も出現するので周回していても損することがないというメリットがあります。 本クエストだけでLv. 1のメンバーをLv. 20までレベルアップすると良いでしょう。 20のおすすめクエスト クエスト 5章6話 転職後のメンバーがLv. 20まで達したら、敵のレベルを一回り強くすることでさらに効率がよくなります。 メインクエスト5章6話では、HPの高い「かっちゅうアリ」が出現しないため周回向きのクエストです。 また、「ホークブリザード・ヒイラギどうじ・ドラゴスライム」のような優秀なモンスターのこころをドロップするモンスターや「はぐれメタル」も出現することからレベリングにもおすすめなクエストでしょう。 30とLv. 1のおすすめクエスト クエスト 4章7話 転職後のメンバーがLv. 30に達したら新たにもう1人転職させましょう。 そして転職後は再度4章7話を周回することでレベリングが効率的にできます。

次の