胃腸 炎 入院。 胃腸炎ってどんな病気?

急性胃腸炎とは(症状・原因・治療など)|ドクターズ・ファイル

胃腸 炎 入院

胃腸炎の原因とは? 胃腸炎はウイルスによることが多い 胃腸炎の多くは感染性のもので、中でもウイルス性のものが大半だと考えられています。 胃腸炎の原因となるウイルスとしてよく知られているのは生ガキなどを介して冬季に流行するノロウイルスです。 ノロウイルスはアルコール消毒では死滅せず、少ないウイルス数でも強い症状をおこします。 乳幼児のかかる胃腸炎の代表的な原因であるロタウイルスもよく知られています。 ロタウイルスについては、保護者が希望すれば乳幼児は予防接種を受けることもできます。 ほかにもアデノウイルスが原因で胃腸炎をおこすことが知られています。 細菌や寄生虫の場合もある 感染性胃腸炎には、細菌や寄生虫によって引きおこされるものもあります。 このような胃腸炎を食中毒ともいいます。 O-157で知られる病原性大腸菌、生の魚介類を介して感染する腸炎ビブリオ菌、生卵や肉、生乳による感染で話題になるサルモネラ菌、しっかりと加熱処理されていなかった鶏肉などにいるカンピロバクターなどが胃腸炎をおこす代表的な細菌です。 細菌による感染性胃腸炎は夏から秋に多いのも特徴です。 感染性胃腸炎の原因となる寄生虫にはアメーバや、哺乳類の腸管に寄生しているクリプトスポリジウムなどがあります。 多くは糞尿に触れた手をしっかり洗わずに食事をとったことによる糞口感染や、加熱されていない、あるいは鮮度が落ちて保存状況の悪い食品、汚染された水や食品の摂取によって広がります。 そのほかの腹痛や下痢の原因 感染以外の原因としては ・食物アレルギー ・便秘による腸の血流不良(虚血性腸炎) ・過度なストレス、手術によるストレスなど(ストレス性胃腸炎) ・薬剤 などがあります。 感染経路を知って予防しよう 感染経路 細菌やウイルスが付着しているものに手を触れたり(接触感染)、感染者の糞尿や咳、くしゃみが空気中に舞ったものを吸い込んでしまったり(飛沫感染)することが考えられます。 具体的な予防法とは? 公共の場 電車や商業施設など、人が大勢行き交う場所ではマスクの着用、携帯用のアルコール製品で消毒をこまめにおこなうこと、手洗い、うがいをすることが有効です。 家族が感染している 家族が感染した場合は、できる限りタオルや洗面器などの共用を避け、ドアノブや手すり、子どものおもちゃなどの消毒をおこないます。 また、吐しゃ物や糞便などの処理を適切におこないましょう。 消毒用のエタノールや次亜塩素酸ナトリウム(0. 02%)が消毒剤として利用されます。 さらに食事を別々に取ることや部屋を分けることが推奨されます。 十分な栄養と睡眠をとる 細菌やウイルスに抵抗する力を高めることで、万が一体内に原因物質が入り込んでしまっても免疫機能によって排除されます。 そのためには、日ごろから栄養バランスのとれた食事と十分な休息をとることが大切です。

次の

【急性大腸炎(急性胃腸炎)入院体験談】辛い症状と経過 期間と費用は?

胃腸 炎 入院

概要 急性胃腸炎とは、胃腸の粘膜が何かしらの原因により障害をきたし、粘膜が炎症を起こしている状態をいいます。 炎症を起こした粘膜は腫れ、急性発症の下痢や吐き気、嘔吐、腹痛を伴うようになります。 胃腸の粘膜に障害を起こす原因にはさまざまなものがあります。 なかでも、ウイルス性をはじめとした感染症が多く、一般的に急性胃腸炎というと、を指すことが多いです。 衛生環境が整っている日本では、特殊な病原体による急性胃腸炎にかかるリスクは少ないです。 また、下痢や嘔吐などの急性胃腸炎の症状が現れた場合にも、適切な治療を提供できる医療機関が整備されており、致死的な予後になることは少ないです。 しかし、乳幼児を中心に流行することの多いロタウイルスに伴うの症状は強く、点滴や入院が必要になることもあります。 原因 急性胃腸炎の原因は、感染によるものが多いです。 その他、薬剤やなどの原因もあります。 感染性のものはさらに、ウイルス性、細菌性、その他、に分類することができます。 ウイルス性胃腸炎 小児の下痢の原因は、大半がウイルスの感染によるものであり、、ロタウイルス、アデノウイルスが代表的です。 特にノロウイルスとロタウイルスが原因となることが多いでしょう。 ロタウイルスは5歳未満のお子さんのほぼ全員が感染すると考えられています。 年齢が高くなるにつれロタウイルスに伴う急性胃腸炎の頻度は少なくなり、ノロウイルスによるものがその大半を占めるようになります。 細菌性胃腸炎 乳児期以降の小児や成人では細菌感染にともなう急性胃腸炎にかかることがあります。 生卵や生肉の摂取によって感染が成立することから、の一種として捉えられることもあります。 原因となる細菌には、カンピロバクター、、病原性大腸菌、黄色ブドウ球菌などがあります。 それぞれ、鶏肉、生卵、牛肉、仕出し弁当などを介して食中毒として発生することがあります。 その他の感染性胃腸炎 ウイルス性と細菌性以外にも急性胃腸炎を引き起こす感染症があります。 たとえば、ランブル 鞭毛虫 べんもうちゅう 、クリプトスポリジウムなどを挙げることができます。 検査・診断 急性胃腸炎は、臨床経過や身体診察から診断されることが多いです。 ただし、脱水の症状が強いときや合併症を伴っているとき、などの集団感染が疑われるなどの状況があれば、検査にて確定診断が行われることもあります。 やロタウイルスは、便を用いた迅速検査が可能です。 細菌性急性胃腸炎であれば、糞便を顕微鏡で確認したり、培養をしたりすることで、原因となっている細菌を調べます。 また、脱水の程度を評価するための血液検査や尿検査が行われることもあります。 腸管出血性大腸菌が疑われる場合には、ベロ毒素と呼ばれる毒素を検査することもあります。 また、、血小板、腎機能の障害を評価するために血液検査を行うこともあります。 治療 脱水を避けるための対策 水分・糖分・ミネラルを適切に摂取しながら、脱水を避けることが治療の第一目標になります。 急性胃腸炎では、吐き気が強く水分摂取がままならないときもあるため、極少量ずつ、頻回に水分摂取をすることが大切です。 食事は固形物に限る必要はありません。 市販の経口イオン水を摂取することも有効な手段です。 どうしても口から水分が摂取できず、脱水の程度が強い場合には、点滴にて水分補給がされます。 薬による治療 水分摂取方法の工夫以外に、内服薬が検討されることもあります。 水分摂取や下痢の症状をサポートする目的で、制吐剤や整腸剤が処方されることもあります。 また、症状や合併症の有無などを適宜判断しながら、抗生物質が必要かどうかを判断します。 たとえば、であれば、輸血、血漿交換などの治療方法が選択されることもあります。

次の

ウイルス性胃腸炎で救急車&入院

胃腸 炎 入院

今回、駅のトイレで倒れ、救急車で運ばれ突然入院したのでブログにまとめて残しておこうと思います。 その翌々日のクリスマスの日に妻も同じ症状になり、私も夕方6時頃に発症しました。 会社のトイレで水下痢が止まらず、1時間トイレから出れなくなりました。 これはヤバイと思い、すぐに帰る準備をして会社を出ました。 <会社出た時のツイッター> ウイルス性胃腸炎になったっぽいです。 吐き気ヤバイ。 この仕事糞忙しい年末の時期に…。 マジヤバイ。 マジ卍。 — SHUNROID shunroid この時はまだ「マジ卍」とか言う余裕ありましたw 帰宅中 帰宅中も一度A駅で途中下車をして嘔吐&水下痢、乗り換えのI駅にて再び嘔吐&水下痢で動けなくなりました。 少し落ち着いたかなと電車に乗ろうとすると、また気持ち悪くなりトイレへ駆け込むという状況でした。 最後は多目的トイレ(車イスの方でも入れる広いトイレ)に駆け込み嘔吐していたら、嘔吐し過ぎの息苦しさから過呼吸状態になり、両手が痺れて座ってもいられず、トイレの床に倒れてしまいました。 吐きすぎて脱水症状にもなっていたっぽいです。 トイレの床は冷たく、ドンドン体温を奪われていきました…。 両手が痺れてスマホ操作が出来ないのはさすがにヤバイと思いました。 スマホで119番押せない…。 救急車 これはマズイ、マジで死にそうと思い、多目的トイレに設置されている 「非常時ボタン」を押しました。 駅員の方が鍵を開けて入ってきてくれましたが、ただの酔っぱらいがゲロ吐いてるだけと思われ、 「そこに事務所あるので来てください」と言われ、扉を閉められました。 いやいやいや、マジでそんな歩ける状態じゃねぇ…死ぬ…と思い、全力で体を起こし、再度非常時ボタンを押しました。 再度来た駅員は状況を理解したのか、車椅子で事務所まで運んでくれました。 そもそも本当に非常時なので非常時に押すボタン押しているのだから察して欲しかったです。 その後救急車を呼んで頂き、救急隊員の方々に連れられ救急車でに搬送されました。 病院に着いてから 病院到着後、看護師さんに 「ゆっくり息を吐きましょう」と言われ、頑張って実践すると手の痺れが取れていきました。 病院でも相変わらず嘔吐&水下痢は続いていましたが、吐き気止めの点滴も打ってもらってからは吐き気が収まり、少し楽になりました。 レントゲン、心電図、インフルエンザかなど色々検査した後、病室へ。 病室は個室でトイレも洗面所も部屋にあったので、すごく助かりました。 病室で寝ていると深夜4時頃に突然目が覚めて気持ち悪くなり 大量の嘔吐をしてしまい、翌朝の熱は 39. そのまま入院となりました。 面会 救急車で運ばれた為、着替えなど何も無く、妻にお願いするにも家で同じ症状なので、母親に頼る事にしました。 (家で義母が妻の面倒をみてくれてました) 母親にラインで連絡したら仕事を早退して着替えなど一式持ってきてくれました。 入院手続きなどもしてもらいました。 また、会社から面会に来てくれる方も居ました。 入院生活 入院中はずっと点滴を打っている状態です。 熱のせいか目を閉じればすぐ寝てしまう状態だったので、とにかく沢山寝てました。 病院食 入院1日目から禁食。 2日目も何も食べれずでしたが、ポカリかアクエリアスなら飲んでいいよと許可が出ました。 動けなかったので看護師さんにポカリを買ってきてもらい、飲んだ時はすごく美味しく感じましたw 入院3日目の昼から 解禁となりました! <入院3日目 昼飯> うどんの卵が半熟でメチャ旨!煮物も美味しかったです! <入院3日目 夜飯> お粥の味が全くの「無」で全然おいしくなかったのですが無理して食べました。 トマトは中身がなぜか抜かれていましたw <入院4日目 朝 飯> え!牛乳飲んで良いの!?って思いましたが飲みたかったので飲んじゃいました。 <入院4日目 昼 飯> 写真左奥のやつがよく分からなかったのですが食べてみるとハンバーグっぽい味がして美味しかったですw 右上のマンゴーは少し凍ってましたが、口の中がサッパリして良かったです。 これを最後に退院です! 最後に 自分が突然入院するとは思ってもいなかったので、保険に入ってて良かったなぁと思いました。 しかし、クリスマスの日に人生で初めて救急車で運ばれる+入院という最悪なクリスマスプレゼントを貰ってしまうとは…。 の医師や看護師の方々、大変お世話になりました。 すごく親切丁寧で入院中に嫌な思いは一切しませんでした。 すごく素晴らしい病院でした。 ありがとうございました。

次の