腰 の 痛み 治ら ない。 いつまで経っても腰痛が治らない5つの原因。

腰痛に「リリカ」は効かない!? 治るどころか副作用も~痛みのメカニズムが違えば対処も変わる!|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

腰 の 痛み 治ら ない

「整形外科に何年も通ってるけど、腰痛が全く治らない・・・」 「整骨院で腰に電気とマッサージをしているけど、良くならない」 「ずっと湿布と痛み止めを使っている・・」 このようにどこか医療機関や治療院に通院はしている。 けど治らない、あまり変化がないといった方は多いのではないでしょうか? 整形外科で腰痛が治らない理由 まず、腰痛になると整形外科に行くといった方は多いと思います。 「やっぱりまずは病院」といった心理が働くのでしょう。 それは仕方ありません。 ただ、「治したい」という気持ちで通院しているのに、症状が変わらないのに何年も通院していることは 果たして良いのでしょうか。 整形外科に行くと、ほぼ100%レントゲンを撮って、湿布と痛み止めを処方されます。 そして「2週間経って、まだ痛みが残ってたらまた来てください」という感じで終わるところがほとんでしょう。 整形外科の腰痛治療 では整形外科では腰痛に対してどのような治療を行っているのでしょうか? 1 レントゲン・MRIの画像診断 2 電気・牽引 3 湿布と痛み止め処方 レントゲンとMRIで全ての腰痛の原因がわかるかというと答えはノーです。 実際に腰痛の85%は原因不明と言われていますし、レントゲンやMRIで診断できる腰痛は少ないのが事実です。 次に電気と牽引ですが、おそらく腰に電気をするか、腰を牽引するかになります。 湿布と痛み止めは消炎鎮痛剤なので、その時痛みを減らすだけでまた元に戻ってしまします。 ここで疑問に思わなけばいけないことは、「じゃあどこが原因なの?」ってことです。 腰が原因ではないのに腰に電気をする。 腰を牽引する。 これで本当にあなたのつらい腰痛は治るでしょうか? 整骨院・接骨院の腰痛治療 保険を使った治療費が安価な整骨院や接骨院だと、一概には言えませんが すぐにベッドに横になって、腰が痛いなら腰に電気して腰をマッサージする。 こうゆうところがほとんどだと思います。 整形外科と整骨院の共通点 整形外科と整骨院には一つの共通点があります。 それは、 「痛みの原因を特定して治療をしていないこと」 整形外科では湿布と痛み止め、牽引、電気など。 整骨院では痛いところに電気とマッサージ。 腰痛の原因は人それぞれ違います。 原因が違えば、もちろん治療方法も異なります。 原因が明らかになっていないのに、治療方法が同じでは治るはずがないのです。 現在、腰痛でお悩みのあなたへ 船橋市や習志野市ではまだまだ腰痛の患者様が多くいて、必要のない手術をすすめられている、手術をしたが全く改善しない、デスクワークが出来ない、立ち仕事がつらい、朝起きるのが苦痛だといった症状で、整形外科や接骨院、整体に通っておられます。 それにも関わらず、 ほとんど症状が改善していない患者様が多くいらっしゃるのも事実です。 「このままで良いわけがない」 もしも、あなたが 「この痛みをなんとかしたい。 でも治らなかったらどうしよう…」 「このまま痛みや痺れでちゃんと歩けなかったらどうしよう・・」 といった不安な気持ちを持っておられるのであれば… そんな時こそ、なかしま拓郎整体院にお越しください。 あなたが一歩踏み出した勇気、私が受け止めます。 なかしま拓郎整体院は 地域で唯一「 痛みの原因を明らかにする評価法」のスキルを持っています。 私の技術はそんなあなたのためにあるのです。 なかしま拓郎整体院で施術を受けてあなたも諦めていた変化を手に入れて下さい! 一緒に痛みのない生活を手に入れませんか? こちらをクリックして当院のホームページをご覧ください 腰痛に関する正しい情報を手に入れませんか? 今ご登録して頂くと 【自宅でできるセルフケア特集冊子】をプレゼントします! こちらから友達登録をお願いします!.

次の

腰痛が一週間治らない人が注意すること

腰 の 痛み 治ら ない

目次:クリックしてください• 腰痛は整骨院で治らないのは治療の仕方や考え方を根本的に間違っている この記事をご覧になられている方のほとんどが、腰痛で悩まれている肩か整骨院に行って腰痛が改善しないで悩まれている方の方が多いと思われますが、見出しの通りに治療の仕方や考え方が的外れな整骨院に何年通院したにしても絶対に改善をする事はありません。 反対に改善した場合は、たまたま原因がその箇所に遭って、たまたまその部分を治療されているだけになります。 しかしそれ以外の方はマッサージ屋さんと同じように腰をマッサージしてもらっても次の日動いたら再び痛みが出てきてしまったという事がありませんか? 実際の所ここだけの話で言わさせていただくと、痛みが次の日に戻ったという時点で治療の内容が不適切という事が証明されているという事にもなってしまうんですね。 では腰痛に対して普通の腰痛の原因が腰にあるとは限らない理由と、普通の整骨院の治療の内容のどこがいけなかったのかを話していきましょう。 腰の痛みは何も腰部に原因があるとは限らない 基本的に腰の痛みは腰から発生しているから、えっ?何で腰なのに腰以外に原因があるの?っていう方は多いと思います。 しかし普段の日本人の日常や仕事の行動を考えると、腰痛の原因が腰部に無い方が9割以上と断言してもいいでしょう。 普段のあなたの姿勢ってどんな姿勢かと言われて想像できますか?例えば会社での姿勢ではデスクワークなら座っている。 立ち作業なら前かがみになっている(でないと仕事は出来ませんからね)という風に心当たりはありませんでしょうか? 実は普段の人間の行動の中に本来の腰痛の原因が隠されているんですが、その原因は腰部(背骨がある部分)に大きな負担が掛かる様な要素は実は少なく、ある部分に対して腰痛を引き起こす原因を作る負担を引き起こしてしまいます。 じゃあ腰部(背骨)でない所の本当の腰痛の原因はどこ? それは 腸腰筋と言いまして、大腿骨(太ももの骨の上部)から腰椎椎体(背骨の腰の部分の前側と思って頂けたら結構です)に付着している筋肉が腰痛を引き起こしている原因の筋肉になっています。 勿論腸腰筋が強く引っ張ってしまうと腰痛を引き起こすという所までは合っていますが、じゃあどうやって腸腰筋が負担が掛かるのかを理解する必要があるんですね。 腰痛を引き起こす腸腰筋は日常生活の動きから負担が掛かりやすくなってしまう(注意して見てください) これはそのままの意味で、座った姿勢や前かがみで前方に重心を加えた持続的な負担、そして抱え物をする際の力を入れる瞬間の負担、実はすべて腸腰筋の方に負担が掛かっているんですね。 実は腸腰筋の動きのほとんどが前かがみや座った姿勢と同じような動きに関わる、股関節の屈曲(膝を上げる動き)と、足を固定すればお辞儀をする姿勢の動きをする筋肉になります。 ですのでこういった動きのほとんどは日常の中で一番動かしている可能性は非常に大きいものになってしまいますので、腸腰筋からの腰痛を引き起こす可能性は極めて高いと言えます。 そうなると 腸腰筋が腰椎椎体を引っ張るだけは無く、骨盤を前面に引っ張る動きをしてしまいますので、自体は腸腰筋が緩めばOKという訳でなく、骨盤から発生している膝までの筋肉からも腰痛を引き起こしてしまうきっかけを作ってしまうんですね。 整骨院の腰痛の治療は上記の腸腰筋の事を理解していない先生が多い! これは言葉通りの意味になってしまうのですが、「 腰痛と言われて腸腰筋と考える整骨院の先生は非常に少ないです」 腰痛だから脊柱起立筋部の腰部面をマッサージすれば改善できると思っている先生が半分以上はいるのではないでしょうか? 実際いるから腰痛が整骨院で改善しない患者さんが多数いらっしゃるんだと思いますね。 (泣) 恐らく整骨院で腰痛の治療をした事がある方のほとんどは、うつ伏せの状態になって腰をマッサージ屋さんの様に治療されていた方の方が多いのではないでしょうか? はっきり言いますが、それは 絶対に治りませんのでうつ伏せでマッサージ屋さんの様に押されているのであれば無駄な出費になるだけなので行かなくて結構です。 だってそこは腰痛の治療において関係ない可能性が高いんですから。 (火のない所に水をかけているだけなんでね) なので腰が痛いと言われて、腰しか診ていない整骨院は論外も良い所でしょう。 残念ながらそれでは9割の人が一生治りませんよ。 一般的な腰痛だけでなく交通事故の腰痛になってしまうと尚更該当しますので、詳しくはを参照してください。 実際に腸腰筋が原因で腸腰筋以外の腰のアプローチをしても治らなかった事例 これは実際に私の所に通院されたお客様が他の整骨院や整体で腰の治療されていた事例でして、どんな治療をされていたのかというと腰椎部にある脊柱起立筋部の「電気治療」「起立筋部のマッサージ」を1年ずっと続けていたんですが、全然改善する感じではない悩みを持たれていました(保険診療ではなく自費だったという事です) それを私の院に受診された時に「起立筋の線はないな」って直ぐに分かるんですね。 (マッサージがどんなに上手かろうが下手だろうが1年も同じ箇所をやってると少なくとも変化はあります) そこで私は「起立筋以外の腰痛が起きる原因を探す」事を優先事項として考え、問診の中でありえる症状を察して腰痛の原因って考えると腸腰筋の負傷と考えていますので、そこを治療するとわずかな期間で改善する事が出来ました。 ですので腰痛でもアプローチする場所が違うと、本当に無意味になってしまいます。 腰痛は整骨院で治らない中で治せる整骨院を探す対策基準は? これも非常な事を言ってしまいますが、海の中で針を探すくらいの難易度になっていると言っても過言ではないでしょう。 殆どの整骨院の先生は、基本マニュアル的に技術を学んで知識を学んではいるけども、患者さんの動きから来る負傷の可能性までは教えられていない状態で治療している事が多いので、そしてそれが技術の原因と考えている先生が多いのも事実ですから。 なので症状に対して柔軟に考える事が出来る先生が一番と言いたいですが、腰痛の本来の治療に適した整骨院を探すにはいくつかの条件を満たしていないと難しいですね。 結論 今までの内容をご覧いただいた通り、腰痛を治せる整骨院より治療の基準を間違えて治せない整骨院が圧倒的に多いという事実は変わりません。 そして治せる整骨院を探すというのも先ほどの治せる整骨院の条件を最低限クリアしていないと難しいと言えるでしょう。 基準を満たさない整骨院で治療を受けてしまうと、骨盤から上の背部を永遠とマッサージされてしまう事となり無駄金を払う結末を迎え続けるでしょう。 そのため腰痛を整骨院で治療してはいけないとは言いませんが、せめてもの助言として治せる基準の所を探すようにして頂けたらと思います。

次の

腰痛が治らない方は必見!受診したほうが良い危険な腰痛の見分け方

腰 の 痛み 治ら ない

目次:クリックしてください• 腰痛は整骨院で治らないのは治療の仕方や考え方を根本的に間違っている この記事をご覧になられている方のほとんどが、腰痛で悩まれている肩か整骨院に行って腰痛が改善しないで悩まれている方の方が多いと思われますが、見出しの通りに治療の仕方や考え方が的外れな整骨院に何年通院したにしても絶対に改善をする事はありません。 反対に改善した場合は、たまたま原因がその箇所に遭って、たまたまその部分を治療されているだけになります。 しかしそれ以外の方はマッサージ屋さんと同じように腰をマッサージしてもらっても次の日動いたら再び痛みが出てきてしまったという事がありませんか? 実際の所ここだけの話で言わさせていただくと、痛みが次の日に戻ったという時点で治療の内容が不適切という事が証明されているという事にもなってしまうんですね。 では腰痛に対して普通の腰痛の原因が腰にあるとは限らない理由と、普通の整骨院の治療の内容のどこがいけなかったのかを話していきましょう。 腰の痛みは何も腰部に原因があるとは限らない 基本的に腰の痛みは腰から発生しているから、えっ?何で腰なのに腰以外に原因があるの?っていう方は多いと思います。 しかし普段の日本人の日常や仕事の行動を考えると、腰痛の原因が腰部に無い方が9割以上と断言してもいいでしょう。 普段のあなたの姿勢ってどんな姿勢かと言われて想像できますか?例えば会社での姿勢ではデスクワークなら座っている。 立ち作業なら前かがみになっている(でないと仕事は出来ませんからね)という風に心当たりはありませんでしょうか? 実は普段の人間の行動の中に本来の腰痛の原因が隠されているんですが、その原因は腰部(背骨がある部分)に大きな負担が掛かる様な要素は実は少なく、ある部分に対して腰痛を引き起こす原因を作る負担を引き起こしてしまいます。 じゃあ腰部(背骨)でない所の本当の腰痛の原因はどこ? それは 腸腰筋と言いまして、大腿骨(太ももの骨の上部)から腰椎椎体(背骨の腰の部分の前側と思って頂けたら結構です)に付着している筋肉が腰痛を引き起こしている原因の筋肉になっています。 勿論腸腰筋が強く引っ張ってしまうと腰痛を引き起こすという所までは合っていますが、じゃあどうやって腸腰筋が負担が掛かるのかを理解する必要があるんですね。 腰痛を引き起こす腸腰筋は日常生活の動きから負担が掛かりやすくなってしまう(注意して見てください) これはそのままの意味で、座った姿勢や前かがみで前方に重心を加えた持続的な負担、そして抱え物をする際の力を入れる瞬間の負担、実はすべて腸腰筋の方に負担が掛かっているんですね。 実は腸腰筋の動きのほとんどが前かがみや座った姿勢と同じような動きに関わる、股関節の屈曲(膝を上げる動き)と、足を固定すればお辞儀をする姿勢の動きをする筋肉になります。 ですのでこういった動きのほとんどは日常の中で一番動かしている可能性は非常に大きいものになってしまいますので、腸腰筋からの腰痛を引き起こす可能性は極めて高いと言えます。 そうなると 腸腰筋が腰椎椎体を引っ張るだけは無く、骨盤を前面に引っ張る動きをしてしまいますので、自体は腸腰筋が緩めばOKという訳でなく、骨盤から発生している膝までの筋肉からも腰痛を引き起こしてしまうきっかけを作ってしまうんですね。 整骨院の腰痛の治療は上記の腸腰筋の事を理解していない先生が多い! これは言葉通りの意味になってしまうのですが、「 腰痛と言われて腸腰筋と考える整骨院の先生は非常に少ないです」 腰痛だから脊柱起立筋部の腰部面をマッサージすれば改善できると思っている先生が半分以上はいるのではないでしょうか? 実際いるから腰痛が整骨院で改善しない患者さんが多数いらっしゃるんだと思いますね。 (泣) 恐らく整骨院で腰痛の治療をした事がある方のほとんどは、うつ伏せの状態になって腰をマッサージ屋さんの様に治療されていた方の方が多いのではないでしょうか? はっきり言いますが、それは 絶対に治りませんのでうつ伏せでマッサージ屋さんの様に押されているのであれば無駄な出費になるだけなので行かなくて結構です。 だってそこは腰痛の治療において関係ない可能性が高いんですから。 (火のない所に水をかけているだけなんでね) なので腰が痛いと言われて、腰しか診ていない整骨院は論外も良い所でしょう。 残念ながらそれでは9割の人が一生治りませんよ。 一般的な腰痛だけでなく交通事故の腰痛になってしまうと尚更該当しますので、詳しくはを参照してください。 実際に腸腰筋が原因で腸腰筋以外の腰のアプローチをしても治らなかった事例 これは実際に私の所に通院されたお客様が他の整骨院や整体で腰の治療されていた事例でして、どんな治療をされていたのかというと腰椎部にある脊柱起立筋部の「電気治療」「起立筋部のマッサージ」を1年ずっと続けていたんですが、全然改善する感じではない悩みを持たれていました(保険診療ではなく自費だったという事です) それを私の院に受診された時に「起立筋の線はないな」って直ぐに分かるんですね。 (マッサージがどんなに上手かろうが下手だろうが1年も同じ箇所をやってると少なくとも変化はあります) そこで私は「起立筋以外の腰痛が起きる原因を探す」事を優先事項として考え、問診の中でありえる症状を察して腰痛の原因って考えると腸腰筋の負傷と考えていますので、そこを治療するとわずかな期間で改善する事が出来ました。 ですので腰痛でもアプローチする場所が違うと、本当に無意味になってしまいます。 腰痛は整骨院で治らない中で治せる整骨院を探す対策基準は? これも非常な事を言ってしまいますが、海の中で針を探すくらいの難易度になっていると言っても過言ではないでしょう。 殆どの整骨院の先生は、基本マニュアル的に技術を学んで知識を学んではいるけども、患者さんの動きから来る負傷の可能性までは教えられていない状態で治療している事が多いので、そしてそれが技術の原因と考えている先生が多いのも事実ですから。 なので症状に対して柔軟に考える事が出来る先生が一番と言いたいですが、腰痛の本来の治療に適した整骨院を探すにはいくつかの条件を満たしていないと難しいですね。 結論 今までの内容をご覧いただいた通り、腰痛を治せる整骨院より治療の基準を間違えて治せない整骨院が圧倒的に多いという事実は変わりません。 そして治せる整骨院を探すというのも先ほどの治せる整骨院の条件を最低限クリアしていないと難しいと言えるでしょう。 基準を満たさない整骨院で治療を受けてしまうと、骨盤から上の背部を永遠とマッサージされてしまう事となり無駄金を払う結末を迎え続けるでしょう。 そのため腰痛を整骨院で治療してはいけないとは言いませんが、せめてもの助言として治せる基準の所を探すようにして頂けたらと思います。

次の