浅草 餃子。 【最高にうまい!餃子】3年連続ミシュラン1954年創業 浅草「餃子の王さま」

Gyoza Bar けいすけ

浅草 餃子

基本情報• 【電話番号】03-3875-2274• 【営業時間】18:00~• 【定休日】月曜日• 【エリア】浅草• 【アクセス】 つくばエクスプレス浅草(つく…• 【ジャンル】餃子 このお店のポイント• 東京浅草にある餃子専門店です。 一つ一つ手作りの餃子は、創業以来変わらない製法で作られている、こだわりの逸品です。 パリッと焼けた皮の中には、肉と野菜がしっかり詰まっており、ビールとの相性が抜群。 一度食べたら忘れられない味で、ファンの多いお店です。 近隣駅・エリア、人気のジャンルから検索• 浅草には入谷駅や ・ 等、様々なスポットがあります。 また、浅草には、「」もあります。 浅草寺は1400年ほど前、隅田川で漁師の網にかかった仏像を起源とし、御利益は古今無双、あらゆる願いを叶えると言われています。 特に7月10日のお参りは4万6千日参詣分の御利益があるとして人気。 10月18日の菊供養会では浅草寺幼稚園園児の献花と併せ、中国の故事にちなみ菊の葉のお守りで長寿を願います。 また江戸三十三観音めぐり第一番の御朱印やおみくじも人気です。 浅草寺を中心に発展した浅草は、鉄道開業で銀座が台頭するまで江戸期を通じて最大の繁華街。 ライトアップされた姿には今もそんな力強さがあります。 この浅草にあるのが、餃子「餃子の末ッ子」です。 周辺スポットから探す• おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 関連情報• 【ぐるなびグループ】お取り寄せグルメを探す• 【ぐるなびグループ】美容・癒し・健康情報を探す• 【ぐるなびグループ】観光スポットを探す•

次の

餃子の末ッ子(地図/浅草/餃子)

浅草 餃子

東京餃子通信編集長の塚田です。 先日、久しぶりに浅草の町に行ってきました。 浅草には、「2018ミシュランガイド東京」のビブグルマンに選出された「餃子の王さま」をはじめとして名店揃い。 そんな中、前々から気になっていた町中華のお店に向かいます。 浅草寺の裏に回り言問通りを渡ると赤いテントと「中華料理」の暖簾がかかったお店が見えてきます。 こちらが、この日の目的のお店「」です。 これぞ町中華のテンプレートのような店構えですが、店名に「餃子舗」と書いてあるので列記とした餃子専門店です。 こちら「」は、夜のみの営業なのと、少し駅から離れているので、これまでなかなか来るチャンスがなかったのですが、ようやく訪問することができました。 暖簾をくぐり店内に入ると、これぞ町中華といった雰囲気。 赤いテーブルが並んでいます。 炒麺(いためやきそば)と鍋貼児(焼き餃子)を注文。 まず炒麺が先に運ばれてきました。 細麺でボソボソっとした独特の食感の麺です。 味付けは中国醤油っぽい甘しょっぱい感じ。 焼きそばというより、肉野菜炒めにそばが入っているような感じで、これはこれで美味しいですね。 そして餃子舗の鍋貼児。 乱雑に盛られていますが、焼き面にはムラがなく均一に焼けています。 通常の餃子より一回り大きいですね。 そしてオリジナルの餃子タレが用意されていたのでセッティング。 かなり濃いめのタレです。 鉄の餃子鍋で油を多めに使ってしっかりと焼き目をつけています。 実はこの皮もご主人が手打ちで作っているそうです。 餃子舗を名乗るだけのことはある実力派の餃子です。 餡の具材はキャベツとニンニク。 ザクザクしたキャベツの食感と甘み、そしてニンニクがしっかりと効いています。 シンプルな味付けでキャベツの甘みが特に際立っています。 これは癖になる味付けです。 そのまま食べても美味しく食べられるのですが、お好みで餃子のタレで濃いめの味付けにしても美味しくいただけます。 タレをつけた餃子を食べると白米が欲しくなりましたが、炒麺を食べてしまったのでここは我慢。 お店の雰囲気は町中華でしたが、餃子舗の看板に偽り無し。 昔ながらの懐かしい感じの餃子ですが、また食べたくなる妙な魅力のある餃子でした。 夜だけの営業なので浅草で飲んだ後の締めによっても良さそうですね。 また訪れたいとおもいます。 0 tokyogyoza.

次の

『【最高にうまい!餃子】3年連続ミシュラン1954年創業 浅草「餃子の王さま」』by ShigeP_Bishoku : 餃子の王さま (ギョウザノオウサマ)

浅草 餃子

今回の内容• 浅草 餃子の王さま とは? 浅草に行ってないな。 とはうすうす気づいていました。 別に浅草が嫌いなわけでも興味がないわけでもないのですが、弊ブログでは浅草の店が登場した事は今まで1度もないはずです。 子供の頃に横浜に住んでいたこともあり何かすごく遠い場所というイメージがあるのも一因かも。 実際はいつも行っている場所とさほど変わらないのですが。 興味のある店も多いし、今後は浅草を訪問する回数が増えそうな予感がします。 さて、弊ブログ浅草訪問の最初の候補地は「餃子の王さま」。 なんと1954年!創業という老舗でメディアにもよく登場する店です。 近年ミシュランガイドには餃子専門店も掲載されるようになりましたが、「餃子の王さま」は2018年から3年連続で掲載されています。 さて「餃子の王さま」ですが、かなり食べ歩いている友人のW君が「餃子で一番美味しい店」と絶賛する店。 餃子はまあどこで食べても美味しいので、どんな感じで違うのか想像できなかったのですが、実際に食べてみると確かに普通の餃子とは違う。 すごく美味しい。 その違いを文にするのは難しいので今回どこまでその魅力を伝えきれるか自信がありませんが、とにかく良く出来た餃子でした。 浅草 雷門から餃子の王さまへ 学生時代は浅草で単発のアルバイトをしていたこともあったし、会社員時代は職場の仲間と遊びにいったこともありました。 外国人の友人を連れて行ったこともあったな。 それでもとにかくかなり久しぶりの浅草。 そして雷門です。 【 浅草 王さまの餃子の餃子メニュー 】 王さまの餃子 420円 湯餃子 420円 肉餃子 500円 スープ餃子 750円 王さまの餃子と肉餃子の違いが分かりません。 品の良い感じの女性店員に尋ねると「王さま餃子は野菜中心で肉はほんの少し、肉餃子は本当に肉という感じ」との答え。 どちらもの食べてみたいと思ったので、王さま餃子と肉餃子、それにライスを注文しました。 卓上の調味料は一般的な中華料理屋の感じ と思いきや自家製と思われる辣油が美味しそうです。 そしておそらく座って2分くらいで王さまの餃子がやってきます。 早くて驚きました。 浅草 餃子の王さまで頂いた王さまの餃子と肉餃子 おおっ、見事な焼き加減。 色合いがなんとも言えません。 食べる前からカリッという音が聞こえてきそうです。 肉餃子@餃子の王さま 浅草 さて、こちらも頂きます。 うわっ、さっきと全然違う。 肉の旨味がすごい。 餡が美味しいです。 こちらはにんにくは入っておらず少し生姜が入っているのかな?シンプルな中身だし、肉汁もさほど出ません。 それでも餡の中身だけで十二分と他店と差別化できる感じです。 いやぁ、びっくりしました。 さりげなくこれだけ美味しい餃子が出てくるとは。 帰り際に飴を頂きます。 「ハッカアメ」とカタカナで書かれています。 結構大きい。 ニンニクの臭みを取るためでしょうか? 店員さんの対応も良かったし、こうした小さな点でも加点したくなることが多い店でした。

次の