ホットケーキミックスで作るお菓子。 ホットケーキミックスをレンジと紙コップで簡単お菓子作りを紹介│めちゃ家事

ホットケーキミックスで作るお菓子簡単フライパンスイーツ│食卓辞典

ホットケーキミックスで作るお菓子

炊飯器の種類によってはケーキを何度焼いても生焼けになってしまったり、焼いている途中でスイッチが切れてしまうことがあります。 炊飯器に「ケーキコース」があれば安心して焼くことができますが、ない場合は説明書を確認してください。 ケーキを焼いて取り出すときに、内釜にくっついてしまったら台無な形になってしまいます。 あらかじめバターを内釜にしっかりと塗って、ポンと取り出せるようにしておいてください。 もしくはクッキングペーパーをひいておいても良いですよ。 次の記事では、炊飯器で出来る料理レシピを紹介しています。 炊飯器はケーキの他に料理も作れてしまう万能な家電アイテムです。 一人暮らしにも簡単なおかずレシピも紹介しているので、とても参考になりますよ。 炊飯器の便利な使い方をマスターして、毎日のお料理の時間を減らせたら楽になりますね。 ぜひ併せてご覧ください。 そのまま食べても美味しいですし、デコレーションケーキのスポンジとしても活用出来ます。 様々なケーキに応用が出来るレシピなので、ぜひお試しください。 ベーシックなスポンジケーキの材料• ホットケーキミックス 200g• 牛乳 180㏄• 卵 1個• バター 適量 ベーシックなスポンジケーキの作り方• 1炊飯器の内釜にバターをしっかりと塗る。 2ボウルに卵を割り、泡だて器でしっかりとかき混ぜます。 32に牛乳とホットケーキミックス入れてさらにかき混ぜます。 4炊飯器に3を入れてスイッチを入れます。 5竹串を刺して何も付いてこなければ完成です。 凝った作りのように見えますが、実はとっても簡単です。 ココアとプレーンの2つの味が楽しめますよ。 お子さんのおやつにもぴったりのケーキです。 マーブルケーキの材料• ホットケーキミックス 200g• ココアパウダー 大さじ2• 卵 1個• 牛乳 150㏄• 砂糖 大さじ2• バター 適量 マーブルケーキの作り方• 1炊飯器の内釜にバターをしっかりと塗る。 2ボウルにホットケーキミックス、卵、砂糖、牛乳を入れてしっかりと混ぜ合わせる。 3出来上がった生地を2等分します。 ざっくりの量で大丈夫です。 4片方の生地にココアパウダーを入れてよく混ぜます。 5炊飯器に2種類の生地を交互に流し入れて、スイッチを入れます。 6竹串を刺して何も付いてこなければ完成です。 人気のケーキのガトーショコラも炊飯器で簡単に作ることが出来ます。 生クリームやお好みのフルーツを添えれば見た目も華やかになり、おもてなしにもぴったりですよ! ガトーショコラの材料• ホットケーキミックス 120g• ココアパウダー 50g• 砂糖 大さじ3• 牛乳 大さじ2• 卵 2個• 粉砂糖 適量• 溶かしバター 30g• バター(内釜用)適量 ガトーショコラの作り方• 1炊飯器の内釜にバターをしっかりと塗る。 2ボウルに粉類を入れて泡だて器でよく混ぜ合わせます。 3溶き卵、バター、牛乳の順番に入れて、その都度よく混ぜ合わせます。 4炊飯器に3を流し入れて、スイッチを入れます。 5竹串を刺して何も付いてこなければ取り出します。 6粉砂糖をかけて完成です。 たっぷり入ったバナナの甘みが感じられ、小さなお子さんからご年配の方まで人気のあるケーキです。 バナナの甘さによって砂糖の量は加減してください。 バナナケーキの材料• ホットケーキミックス 200g• 卵 2個• 牛乳 120㏄• 砂糖 大さじ3• バナナ 2本• 溶かしバター 20g• バター(内釜用)適量 バナナケーキの作り方• 1炊飯器の内釜にバターをしっかりと塗る。 2バナナ1本分を輪切りにする。 3ボウルにホットケーキミックス、卵、砂糖、牛乳、溶かしバターを入れて混ぜ合わせる。 4もう1本のバナナをすりつぶして3に入れて混ぜ合わせる。 5カットしたバナナを炊飯器の底に並べる。 64を炊飯器に流しいれて、スイッチを入れます。 7竹串を刺して何も付いてこなければ完成です。 次の記事では、ホールケーキのラッピング方法をご紹介しています。 美味しそうに焼けたケーキをプレゼントするとき、どうやってラッピングをしたら良いか迷いますよね?定番のケーキボックスだけでなく、100均ショップや家にある手軽なアイテムを使ったラッピング方法もあり、とても参考になりますよ。 ぜひご覧ください。 さつまいものほっこりとした美味しさが口の中に広がります。 黒ゴマを飾ると見栄えがよくなるので、ぜひプラスしてください! スイートポテトケーキの材料• ホットケーキミックス 100g• さつまいも 中2本• バター 100g• 砂糖 70g• 卵 2個• 黒ゴマ お好みで• バター(内釜用)適量 スイートポテトケーキの作り方• 1さつまいもは皮をむき、レンジでやわらかくなるまで加熱しておく。 2炊飯器の内釜にバターをしっかりと塗る。 3ボウルに熱々状態の1と砂糖とバターを入れて混ぜ合わせる。 4冷めた3に卵とホットケーキミックスを加えてさっくりと混ぜ合わせます。 5炊飯器に4を流しいれて、スイッチを入れます。 6竹串を刺して何も付いてこなければ取り出します。 7お好みで黒ゴマを飾って完成です。 オレンジの輪切りを飾った可愛らしい見た目と、さっぱりとした酸味が美味しい人気のケーキです。 焼きあがったらマーマレードを塗るとツヤが出て、まるでお店で販売しているケーキのような仕上がりになりますよ。 オレンジケーキの材料• ホットケーキミックス 150g• 卵 2個• 砂糖 80g• ヨーグルト 100g• 溶かしバター 50g• 【コンポート用】• オレンジ 1個• 砂糖 40g• 水 150ml• バター(内釜用)適量 オレンジケーキの作り方• 1鍋にスライスしたオレンジ、砂糖、水を入れてコンポートを作る。 約20分煮る。 2鍋から取り出し冷ましたら、半分は飾り用に、半分はきざんでおく。 3炊飯器の内釜にバターをしっかりと塗る。 4ボウルに卵、ヨーグルト、砂糖を入れて混ぜ合わせる。 5ホットケーキミックス、溶かしバター、レモン汁の順に入れてよく混ぜ合わせる。 6飾り用のオレンジを内釜の底に並べる。 7刻んでおいたオレンジも入れて混ぜ合わせて炊飯器に流し込み、スイッチを入れます。 8竹串を刺して何も付いてこなければ完成です。 見た目が豪華なので、おもてなしケーキとして喜ばれますよ。 甘みのあるリンゴで作るときは、砂糖の量を少し減らしてください。 仕上げにシナモンをふると大人っぽい味に変身します。 リンゴケーキの材料• 【煮リンゴ】• リンゴ 1個• 砂糖 大3• バター 10g• 【生地】• ホットケーキミックス 200g• 卵 1個• 牛乳 160㏄• 砂糖 40g• バター 10g• バター(内釜用)適量• シナモンパウダー お好みで リンゴケーキの作り方• 1フライパンにくし形にカットしたリンゴ、砂糖、バターを入れて焼く。 2蓋をして3分程蒸し焼きにしたら、蓋を開けて煮汁がなくなるまで煮詰める。 3炊飯器の内釜にバターをしっかりと塗る。 4ボウルにホットケーキミックス、卵、砂糖、牛乳を入れてよく混ぜ合わせる。 5内釜の底に煮リンゴを並べて、4を流し入れる。 スイッチを入れます。 6竹串を刺して何も付いてこなければ取り出します。 7お好みでシナモンをふって完成です。 ケーキの種類で人気の上位にランクインするチーズケーキも、炊飯器で簡単に作ることが出来ます。 多めに作って冷凍することも可能ですので、ぜひお試しください。 チーズケーキの材料• ホットケーキミックス 50g• クリームチーズ 200g• 生クリーム 200ml• 砂糖 70g• 卵 2個• レモン汁 大さじ1• バター(内釜用)適量 チーズケーキの作り方• 1クリームチーズを常温に戻しておきます。 2炊飯器の内釜にバターをしっかりと塗る。 3ボウルにクリームチーズと砂糖を入れてよく混ぜ合わせる。 4さらに溶き卵、生クリームを少しずつ入れて混ぜ合わせる。 レモン汁も加える。 54にホットケーキミックスを加えて、さっくりと混ぜ合わせる。 6炊飯器に流しいれて、スイッチを入れます。 7竹串を刺して何も付いてこなければ完成です。 市販の生クリームも販売されていますが、ご家庭でホイップした方が新鮮で美味しいです。 ケーキの甘さに合わせて砂糖の量は加減してください。 見た目にも可愛らしく、どのケーキにトッピングしても相性抜群です。 またイチゴの赤い色は食欲をそそる色でもあります。 プレゼント用のケーキには少し多めにトッピングすると良いですよ。 香ばしい香りとカリッとした歯ごたえが、ケーキをより一層美味しく感じさせてくれます。 薄くスライスしてケーキの上にトッピングすると華やかな見栄えになりますね。 甘くて美味しいチョコレートシロップは、世代を問わず人気のあるトッピングです。 かけるとケーキも見栄えもグンとおしゃれにアップしますね。 トロっと柔らかいシロップなので、かけ過ぎないように気を付けてください。 ケーキに合わせた味のアイスをトッピングすると、豪華な見た目になります。 また炊飯器ケーキは水分量が少ないので、パサパサとした感じが気になる方もいらっしゃいます。 アイスが少し溶けたくらいの状態で一緒に食べると美味しいですよ。 生地を練って形成してと時間のかかるイメージですが、ホットケーキミックスを使えば簡単に出来ます。 詳しい作り方は、下記の動画を参考にしてください。 美味しいのですが、油で揚げているお菓子なのでカロリーが気になりますよね。 ホットケーキミックスを使えば揚げないでチュロスを作ることが出来ます。 簡単に出来ますので、下記の挿画を参考にぜひチャレンジしてみてください。 炊飯器ケーキを作ろう! 炊飯器ケーキのレシピをたくさん紹介しました。 いかがでしたでしょうか。 ホットケーキミックスを使えばケーキは簡単に作れます。 手順も少ないので、ぜひチャレンジしてみてください!.

次の

ホットケーキミックスで作れるお菓子とメリット・デメリット

ホットケーキミックスで作るお菓子

ホットケーキミックスには何が含まれているのか まず、ホットケーキミックスとはホットケーキを作るための粉末材料のことで、単にミックス粉と呼ばれたり、HMと略されたりすることもあります。 この粉の特徴は独特の味や匂いが既につけられていて、それは、この粉には小麦粉、砂糖、ベーキングパウダーの他に水あめや油脂などが含まれているためと考えられます。 ちなみにベーキングパウダーとは、クッキーなどの焼き菓子に使われる膨張剤の1つで、別名膨らし粉とも呼ばれています。 この中に含まれる重曹によって炭酸ガスを興して生地を膨らませることになりますが、これだけでは、入れた生地が変色したり、膨らみが不十分だったりすることが多いため、大抵は、ここにミョウバンやリン酸ナトリウムといった化学物質が複数加えられているのが特徴です。 なお、パン生地のパン酵母も同じように作った生地を膨らませることでは共通していますが、パン酵母はイースト菌で作られるので、ベーキングパウダーのように人工的に膨らませるのではなく、自然の力で膨らませているという違いがあります。 また、ホットケーキミックスの味や匂いは森永製菓や日清製粉などメーカによって若干違ってきます。 また、中には抹茶味などの味付けが始めから、あるホットケーキミックスもあります。 ちなみに先述したミックス粉にはパンケーキ、蒸しパン、クッキーなどを作るためのものも存在しています。 ホットケーキミックスを用いたホットケーキの基本的な作り方と食べ方の紹介 そもそもホットケーキはホットケーキミックスを用いる作り方としては、卵と牛乳を混ぜたところに、このホットケーキミックスを混ぜて生地を作成してフライパンやホットプレートなどで焼くという流れで、生地を裏返すタイミングや、あまり生地を混ぜないことに気を付ければ簡単に作ることができます。 このケーキを2~3段ほど重ねたところにハニーシロップやメープルシロップなどのシロップ系をかけてバターを上に載せて食べるパターンが多いと思います。 こうすることで、ホットケーキ生地のバニラ味がシロップの甘味とバターの脂味で引き立って最高のおやつとして美味しく頂いた記憶を持っておられる方もいると思います。 また、本当のケーキのようにホイップクリームなどのクリームを段の間にたっぷり塗って、イチゴなどのフルーツを乗せて食べる方法もおいしいと思います。 ただ、ホットケーキ生地が十分に冷めてからクリームを塗らないと融けてしまうので、その点は注意が必要です。 このホットケーキに近い味がするお菓子は結構多い ホットケーキの味としては何もかけなくてもバニラ味がしっかりしているという特徴がありますが、このようなバニラ味や基本的な味付けであるシロップとバターを加えた味がするお菓子は市販されている物において他にもあります。 そのいくつかを紹介しますが、いずれもチョコや抹茶のような味付けをせずにプレーンの場合での話になるので注意が必要です。 まず、スイスロールとして売られていることが多いロールケーキがあげられます。 メーカによって異なりますが、ホットケーキそのものの味がしたものもありました。 マドレーヌ等のカップケーキの場合は、シロップやバターが加わったケースの味と近い味わいがしました。 これはバームクーヘンやザラメがないカステラに対しても同じである上、特に後者では屋台などで見かけるベビーカステラでは尚更そうでした。 ドーナツ類に入りますが、カステラドーナツの場合でも油のべたべた感や食感があるものの、味はホットケーキに近いものがあります。 これはプレーンドーナツに対しても同じでした。 さらに、ケーキなどの洋菓子だけでなく、今川焼やたい焼きなどにある皮と呼ばれている生地の食感や味がホットケーキにかなり近く、特にカスタードクリームやホイップクリーム入りのたい焼きを食べたときは尚更ホットケーキの贅沢感を味わえるほどでした。 これらは和菓子に分類されています。 また、これまでに取り上げてきたケーキやたい焼きのように、ふんわりとある程度食感があるお菓子とは異なるバタークッキーなどのプレーンクッキーでも土台の味がホットケーキミックスに近い味だったものがあり、幅広いお菓子でホットケーキに近いような味や食感がするものがあることが分かりました。 これらのお菓子の構成要素と基本的な作り方をおさらいすると ここまでに取り上げてきたお菓子の種類は広範囲にわたりますが、ホットケーキに近い味や食感がしたということは、生地などに用いられている材料がホットケーキと似たようなものであることが考えられます。 一般的なホットケーキで用いられているのは先述したとおり、小麦粉、砂糖、ベーキングパウダーで構成されているホットケーキミックスと卵、牛乳の5つで生地が構成され、基本的な味付けまで考慮すると、はちみつなどのシロップ類、バターなどの油脂類を加えた計7つになります。 これらの材料が含まれていると、チョコレートやフルーツソースなどの味付けがない限り、ホットケーキと近い味になり、調理方法によっては、それ自身と近い食感も得られると考えられます。 そこで、それらについて具体的に取り上げていきたいと思います。 まずは、スイスロールなどのロールケーキに用いられているスポンジ生地は、基本、薄力粉などの小麦粉、卵、砂糖、バターなどの油脂類、牛乳から作られることが多いことから、かなり近い結果が得られることになります。 なお、ベーキングパウダーを入れる所と入れない所がありますが、これを入れなくても人手などの記述で生地を膨らませることが可能な上、化学物質を使わずに済むため、必要なものではありません。 現に、同じようにスポンジ生地で作られているショートケーキなどの場合は入れないことが多いし、この生地はホットケーキとは、また別の味のことが多いです。 次に、バームクーヘンの場合は薄力粉などの小麦粉、卵、砂糖、バターなどの油脂類、牛乳、はちみつ、ベーキングパウダー、コーンスターチから作られることが多く、この方が基本のホットケーキに近い食感と味が得られる可能性があります。 なお、コーンスターチは記事にとろみをつけるためのもので、水溶き片栗粉の役割に近いですが、ベーキングパウダーとは異なり、それ自身に味が含まれていないので、入れても味に影響が及ぶとは考えにくいです。 ちなみにパウンドケーキやバターケーキもこのバームクーヘンと同じお菓子の部類に入り、それらの基本材料は薄力粉、砂糖、ベーキングパウダー、バター、卵、バニラオイルであり、作り方は、焼く前に、しっかりと生地を混ぜるため食感は違うことが多いですが、ホットケーキとかなり近い味が得られると思います。 バニラオイルを入れるとバニラ味になることから、牛乳の濃い味に近いものが得られると考えられます。 マドレーヌ等のカップケーキもこの材料が基本材料となる上、混ぜ方も全体的に混ざる程度の所が多いことから、ホットケーキと近い味や食感が得られたのだと考えられます。 ベビーカステラの場合は、小麦粉、卵、砂糖、塩、はちみつ、ベーキングパウダー、牛乳、サラダ油が基本的な材料となり、サラダ油はベビーカステラが、たこ焼き器のような機械を使い、焼くときに敷くものです。 混ぜ方も先述のカップケーキと同じなので、似たような結果が得られると期待されます。 ちなみにカステラの場合は、卵、砂糖、小麦粉、牛乳が基本材料で、薄力粉を使えば食感が近づくことから、ホットケーキに近い味や食感が得られたと見られます。 カステラドーナツの場合は、材料は基本的に薄力粉、ベーキングパウダー、卵、砂糖、牛乳、揚げるための油としてのサラダ油ですが、揚げないタイプのカステラドーナツもあり、その場合はホットケーキの生地と全く同じになるため、脂っこい感じを除けば近い味や食感が得られたのも納得です。 ちなみにプレーンドーナツの場合は、先述した材料に、最後に味付けするための砂糖やシナモンなどを加えた形が基本になるので、同様の結果が得られると考えられます。 次に、和菓子のたい焼きや今川焼きは同じ種類で、皮の部分に用いられる材料は共に、薄力粉、砂糖、卵、牛乳、ベーキングパウダーが基本的に用いられています。 そして生地を作る所まではホットケーキの時と同じなので、中身がないものに対しては、食感も味もほとんど変わらないことになります。 ただ、実際は焼くときにあんこやカスタードクリームなどを入れて作っています。 最後にプレーンクッキーに用いられる材料は薄力粉、バター、卵、砂糖、ベーキングパウダーを用いるのが基本であることから、味だけを考えればホットケーキとは完全に異なるとは言えないのではないかと思います。 ちなみにベーキングパウダーを使わずに牛乳を使ったパターンのクッキーの場合はしっとり感のあるクッキーになり、食感も少し近づくことが期待されます。 他にもホットケーキミックスを用いても作ることができるお菓子はある これまで取りあげてきたお菓子類は、ホットケーキミックスを用いて作ることができますし、実際にそれを用いて簡単に作る方法も一部紹介されているほどです。 それら以外にもホットケーキミックスを代用して簡単に作ることができるお菓子も幾つかあります。 例えば、ワッフルならば、ベーキングパウダーで生地を膨らませて作るアメリカンワッフルの場合、材料はベーキングパウダーの他に薄力粉、バター、卵、砂糖、牛乳、サラダ油があれば作れるので、代用可能と言えます。 ちなみにサラダ油は焼くときにフライパンなどに敷くものです。 パン類の1つであるスコーンも基本は小麦粉、ベーキングパウダー、バター、砂糖、牛乳で作られているため、生地を作るときに卵を使わずにバターを入れることに注意すれば十分作成できます。 さらに、食感がホットケーキとはかけ離れたものの例としてクッキー以外にもタルトやシュークリームなども作ることができます。 前者で用いられるタルト生地は、クッキーと同じ材料を用意すれば作ることができ、後者で用いているシュー皮も材料がバター、卵、小麦粉、サラダ油さえあれば作成できます。 同様にビスケットの材料もクッキーと近いため、作ることができる上、この生地が用いられるメロンパンもホットケーキミックスでもできることになります。 和菓子でよく知られている饅頭のうち蒸し器で作る蒸し饅頭の皮も場合によってはホットケーキミックスで作ることができる可能性があります。 この材料は、普通は薄力粉、砂糖、炭酸、水などをベースにして作られますが、ベーキングパウダーを炭酸の代わりに用いているものと考えられます。 ベーキングパウダーで膨らませていることが多い蒸しパンの場合は、さらに代用可能と言えると思います。 ホットケーキミックスはお菓子作りの材料の1つとして便利といえるのか これらのように、小麦粉・砂糖・ベーキングパウダーを使うお菓子の場合にホットケーキミックスを使っても、それらの材料の代わりになるため、それら3つの材料を揃えなくても、色々な種類のお菓子を作ることができる上、チョコレートや抹茶味を付けるなどのアレンジも手軽にできるというメリットがあると思われます。 しかし、同時に含まれている水あめや油脂などの味が強いという特徴もあるため、何も味付けをしないプレーンバージョンの場合はホットケーキ味のクッキーやショートケーキなどになってしまい、本来期待されている味とは異なったものができる可能性もあるため、本格的なお菓子を作る際は、面倒でも先述した3つの材料を揃えて作った方が良いと思います。 余裕があれば、ホットケーキミックスを使った場合と普通に使った場合とで味や食感がどのように違うのかなどを比較してみるのも面白いのではないかと思います。

次の

ホットケーキミックスで作れるお菓子とメリット・デメリット

ホットケーキミックスで作るお菓子

ホットケーキミックスには何が含まれているのか まず、ホットケーキミックスとはホットケーキを作るための粉末材料のことで、単にミックス粉と呼ばれたり、HMと略されたりすることもあります。 この粉の特徴は独特の味や匂いが既につけられていて、それは、この粉には小麦粉、砂糖、ベーキングパウダーの他に水あめや油脂などが含まれているためと考えられます。 ちなみにベーキングパウダーとは、クッキーなどの焼き菓子に使われる膨張剤の1つで、別名膨らし粉とも呼ばれています。 この中に含まれる重曹によって炭酸ガスを興して生地を膨らませることになりますが、これだけでは、入れた生地が変色したり、膨らみが不十分だったりすることが多いため、大抵は、ここにミョウバンやリン酸ナトリウムといった化学物質が複数加えられているのが特徴です。 なお、パン生地のパン酵母も同じように作った生地を膨らませることでは共通していますが、パン酵母はイースト菌で作られるので、ベーキングパウダーのように人工的に膨らませるのではなく、自然の力で膨らませているという違いがあります。 また、ホットケーキミックスの味や匂いは森永製菓や日清製粉などメーカによって若干違ってきます。 また、中には抹茶味などの味付けが始めから、あるホットケーキミックスもあります。 ちなみに先述したミックス粉にはパンケーキ、蒸しパン、クッキーなどを作るためのものも存在しています。 ホットケーキミックスを用いたホットケーキの基本的な作り方と食べ方の紹介 そもそもホットケーキはホットケーキミックスを用いる作り方としては、卵と牛乳を混ぜたところに、このホットケーキミックスを混ぜて生地を作成してフライパンやホットプレートなどで焼くという流れで、生地を裏返すタイミングや、あまり生地を混ぜないことに気を付ければ簡単に作ることができます。 このケーキを2~3段ほど重ねたところにハニーシロップやメープルシロップなどのシロップ系をかけてバターを上に載せて食べるパターンが多いと思います。 こうすることで、ホットケーキ生地のバニラ味がシロップの甘味とバターの脂味で引き立って最高のおやつとして美味しく頂いた記憶を持っておられる方もいると思います。 また、本当のケーキのようにホイップクリームなどのクリームを段の間にたっぷり塗って、イチゴなどのフルーツを乗せて食べる方法もおいしいと思います。 ただ、ホットケーキ生地が十分に冷めてからクリームを塗らないと融けてしまうので、その点は注意が必要です。 このホットケーキに近い味がするお菓子は結構多い ホットケーキの味としては何もかけなくてもバニラ味がしっかりしているという特徴がありますが、このようなバニラ味や基本的な味付けであるシロップとバターを加えた味がするお菓子は市販されている物において他にもあります。 そのいくつかを紹介しますが、いずれもチョコや抹茶のような味付けをせずにプレーンの場合での話になるので注意が必要です。 まず、スイスロールとして売られていることが多いロールケーキがあげられます。 メーカによって異なりますが、ホットケーキそのものの味がしたものもありました。 マドレーヌ等のカップケーキの場合は、シロップやバターが加わったケースの味と近い味わいがしました。 これはバームクーヘンやザラメがないカステラに対しても同じである上、特に後者では屋台などで見かけるベビーカステラでは尚更そうでした。 ドーナツ類に入りますが、カステラドーナツの場合でも油のべたべた感や食感があるものの、味はホットケーキに近いものがあります。 これはプレーンドーナツに対しても同じでした。 さらに、ケーキなどの洋菓子だけでなく、今川焼やたい焼きなどにある皮と呼ばれている生地の食感や味がホットケーキにかなり近く、特にカスタードクリームやホイップクリーム入りのたい焼きを食べたときは尚更ホットケーキの贅沢感を味わえるほどでした。 これらは和菓子に分類されています。 また、これまでに取り上げてきたケーキやたい焼きのように、ふんわりとある程度食感があるお菓子とは異なるバタークッキーなどのプレーンクッキーでも土台の味がホットケーキミックスに近い味だったものがあり、幅広いお菓子でホットケーキに近いような味や食感がするものがあることが分かりました。 これらのお菓子の構成要素と基本的な作り方をおさらいすると ここまでに取り上げてきたお菓子の種類は広範囲にわたりますが、ホットケーキに近い味や食感がしたということは、生地などに用いられている材料がホットケーキと似たようなものであることが考えられます。 一般的なホットケーキで用いられているのは先述したとおり、小麦粉、砂糖、ベーキングパウダーで構成されているホットケーキミックスと卵、牛乳の5つで生地が構成され、基本的な味付けまで考慮すると、はちみつなどのシロップ類、バターなどの油脂類を加えた計7つになります。 これらの材料が含まれていると、チョコレートやフルーツソースなどの味付けがない限り、ホットケーキと近い味になり、調理方法によっては、それ自身と近い食感も得られると考えられます。 そこで、それらについて具体的に取り上げていきたいと思います。 まずは、スイスロールなどのロールケーキに用いられているスポンジ生地は、基本、薄力粉などの小麦粉、卵、砂糖、バターなどの油脂類、牛乳から作られることが多いことから、かなり近い結果が得られることになります。 なお、ベーキングパウダーを入れる所と入れない所がありますが、これを入れなくても人手などの記述で生地を膨らませることが可能な上、化学物質を使わずに済むため、必要なものではありません。 現に、同じようにスポンジ生地で作られているショートケーキなどの場合は入れないことが多いし、この生地はホットケーキとは、また別の味のことが多いです。 次に、バームクーヘンの場合は薄力粉などの小麦粉、卵、砂糖、バターなどの油脂類、牛乳、はちみつ、ベーキングパウダー、コーンスターチから作られることが多く、この方が基本のホットケーキに近い食感と味が得られる可能性があります。 なお、コーンスターチは記事にとろみをつけるためのもので、水溶き片栗粉の役割に近いですが、ベーキングパウダーとは異なり、それ自身に味が含まれていないので、入れても味に影響が及ぶとは考えにくいです。 ちなみにパウンドケーキやバターケーキもこのバームクーヘンと同じお菓子の部類に入り、それらの基本材料は薄力粉、砂糖、ベーキングパウダー、バター、卵、バニラオイルであり、作り方は、焼く前に、しっかりと生地を混ぜるため食感は違うことが多いですが、ホットケーキとかなり近い味が得られると思います。 バニラオイルを入れるとバニラ味になることから、牛乳の濃い味に近いものが得られると考えられます。 マドレーヌ等のカップケーキもこの材料が基本材料となる上、混ぜ方も全体的に混ざる程度の所が多いことから、ホットケーキと近い味や食感が得られたのだと考えられます。 ベビーカステラの場合は、小麦粉、卵、砂糖、塩、はちみつ、ベーキングパウダー、牛乳、サラダ油が基本的な材料となり、サラダ油はベビーカステラが、たこ焼き器のような機械を使い、焼くときに敷くものです。 混ぜ方も先述のカップケーキと同じなので、似たような結果が得られると期待されます。 ちなみにカステラの場合は、卵、砂糖、小麦粉、牛乳が基本材料で、薄力粉を使えば食感が近づくことから、ホットケーキに近い味や食感が得られたと見られます。 カステラドーナツの場合は、材料は基本的に薄力粉、ベーキングパウダー、卵、砂糖、牛乳、揚げるための油としてのサラダ油ですが、揚げないタイプのカステラドーナツもあり、その場合はホットケーキの生地と全く同じになるため、脂っこい感じを除けば近い味や食感が得られたのも納得です。 ちなみにプレーンドーナツの場合は、先述した材料に、最後に味付けするための砂糖やシナモンなどを加えた形が基本になるので、同様の結果が得られると考えられます。 次に、和菓子のたい焼きや今川焼きは同じ種類で、皮の部分に用いられる材料は共に、薄力粉、砂糖、卵、牛乳、ベーキングパウダーが基本的に用いられています。 そして生地を作る所まではホットケーキの時と同じなので、中身がないものに対しては、食感も味もほとんど変わらないことになります。 ただ、実際は焼くときにあんこやカスタードクリームなどを入れて作っています。 最後にプレーンクッキーに用いられる材料は薄力粉、バター、卵、砂糖、ベーキングパウダーを用いるのが基本であることから、味だけを考えればホットケーキとは完全に異なるとは言えないのではないかと思います。 ちなみにベーキングパウダーを使わずに牛乳を使ったパターンのクッキーの場合はしっとり感のあるクッキーになり、食感も少し近づくことが期待されます。 他にもホットケーキミックスを用いても作ることができるお菓子はある これまで取りあげてきたお菓子類は、ホットケーキミックスを用いて作ることができますし、実際にそれを用いて簡単に作る方法も一部紹介されているほどです。 それら以外にもホットケーキミックスを代用して簡単に作ることができるお菓子も幾つかあります。 例えば、ワッフルならば、ベーキングパウダーで生地を膨らませて作るアメリカンワッフルの場合、材料はベーキングパウダーの他に薄力粉、バター、卵、砂糖、牛乳、サラダ油があれば作れるので、代用可能と言えます。 ちなみにサラダ油は焼くときにフライパンなどに敷くものです。 パン類の1つであるスコーンも基本は小麦粉、ベーキングパウダー、バター、砂糖、牛乳で作られているため、生地を作るときに卵を使わずにバターを入れることに注意すれば十分作成できます。 さらに、食感がホットケーキとはかけ離れたものの例としてクッキー以外にもタルトやシュークリームなども作ることができます。 前者で用いられるタルト生地は、クッキーと同じ材料を用意すれば作ることができ、後者で用いているシュー皮も材料がバター、卵、小麦粉、サラダ油さえあれば作成できます。 同様にビスケットの材料もクッキーと近いため、作ることができる上、この生地が用いられるメロンパンもホットケーキミックスでもできることになります。 和菓子でよく知られている饅頭のうち蒸し器で作る蒸し饅頭の皮も場合によってはホットケーキミックスで作ることができる可能性があります。 この材料は、普通は薄力粉、砂糖、炭酸、水などをベースにして作られますが、ベーキングパウダーを炭酸の代わりに用いているものと考えられます。 ベーキングパウダーで膨らませていることが多い蒸しパンの場合は、さらに代用可能と言えると思います。 ホットケーキミックスはお菓子作りの材料の1つとして便利といえるのか これらのように、小麦粉・砂糖・ベーキングパウダーを使うお菓子の場合にホットケーキミックスを使っても、それらの材料の代わりになるため、それら3つの材料を揃えなくても、色々な種類のお菓子を作ることができる上、チョコレートや抹茶味を付けるなどのアレンジも手軽にできるというメリットがあると思われます。 しかし、同時に含まれている水あめや油脂などの味が強いという特徴もあるため、何も味付けをしないプレーンバージョンの場合はホットケーキ味のクッキーやショートケーキなどになってしまい、本来期待されている味とは異なったものができる可能性もあるため、本格的なお菓子を作る際は、面倒でも先述した3つの材料を揃えて作った方が良いと思います。 余裕があれば、ホットケーキミックスを使った場合と普通に使った場合とで味や食感がどのように違うのかなどを比較してみるのも面白いのではないかと思います。

次の