台湾 フライドチキン。 雞排(ジーパイ)レシピ|台湾の夜市で習った本場の味を家庭で完全再現

話題のカルディで発見!!台湾フライドチキンの素

台湾 フライドチキン

無事、美味しいフライドチキンを食べることが 出来きました。 店名 : 老胖爹美式炸雞(台北民生店) 住所 : 台北市民生東路一段 27 號 お店のカードの地図がざっくりすぎですが。 メトロ中山國小駅が最寄りです。 台北市内に何店舗かあります。 頭上にセットメニューがあるので。 わたしはいつも『 2 番』をオーダー。 95 元( 368 円くらい) フライドチキン 2 個とドリンクのセットになります。 「雞腿」はケンタでいうところの「ドラム」 「雞塊」は「サイ」ではないかと。 なので、お肉たっぷりの満足セットです。 これにコーラ、スプライト、レモンティーから 1 つ付きます。 冷蔵庫に入っているので自分で取り出します。 単品メニューもあるので試しにいろいろ 選びたいのですが、セットでお腹いっぱいに なるのでなかなか食べられません。 それになんと言っても『 2 番』最高です。 foodpanda (フードデリバリー)に加盟して ますね。 日本のわたしの家まで運んでください!!! こちらの店舗はいつも 15 〜 20 分待つことになるの ですが、本当に今回も待ちました。 わたしの出来たかなぁ? と思っても、ふらっと入ってきた人が受け取って 帰って行きます。 時間がかかるので後で取りに来る方式で。 空いてると思ってもなかなかの待ち具合です。 これは店舗によって全然違い、西門にある お店に行ったときには、揚げてる間に隣の コンビニへ行き、戻ってくると既に出来上がって いました。 今回も 15 分くらい待ちました。 注文してから揚げるので仕方ないですね。 スミマセン。 熱々のチキンをホテルに持ち帰り。 いただきました。 持ち帰る時間が過ぎても持てない熱さです。 胡椒塩のようなスパイスが美味しくて お肉もジューシーです。 美味しい幸せでした。 そしてスパイスだけ売ってくれませんか? と本気で思います。 こちらはチェーン店ですが、わたし推し推しの フライドチキン屋さんです。 テイクアウト専門なので宿泊先ホテルの近くに あると嬉しいお店です。

次の

【台湾旅行】好きすぎて宿泊先ホテルの近くにあると嬉しいフライドチキン屋さん

台湾 フライドチキン

カルディにはだいたい週1回のペースで通い、おもしろそうな食材を買っては試しています! そんな中、ここ最近で「最強にコスパがいい!」ものに出会ったので、ご紹介します。 なんと、8種類のスパイスをブレンドした、調味液! すでにお値段以上にお得な香りがしていますね。 「台湾フライドチキン」とは、唐辛子・シナモン・山椒をきかせた台湾の「チーパイ」というフライドチキンを再現したもの。 屋台などでも人気のファストフードなんだそうです。 鶏肉にこの液体調味料を混ぜて20〜30分置き、片栗粉をまぶして油で揚げるだけ! 作り方も超簡単なんです。 ただ、1回に使用する鶏肉は、550gくらいと結構大容量! というわけで、まずは、鶏もも肉で作ってみました。 台湾フライドチキン、早速作ってみました! 鶏もも肉2枚で600gくらいです(プラス50gくらいはいいか〜と)。 (1)鶏もも肉を一口大に切り、ポリ袋に入れます。 (2)(1)に調味料1袋を入れ、よく揉み込みます。 調味料は、さすが!いろんなスパイスがミックスされた豊潤な香りがします。 このまま20分〜30分冷蔵庫に入れて置き、片栗粉をまぶして揚げます。 「あ、辛い!!!」 結構な辛さです。 ビールがどんどん進む的な、夏にはぴったりな感じ! 辛いのですが、味にはほんのり「甘さ」も感じられるのは、シナモンなどのスパイスの効果だと思います。 子どもは、お茶をがぶ飲みしながら食べていました(笑)。 鶏胸肉で増量アレンジ大作戦!果たして成功!? ここで、ふと思ったのが……。 もしや、これは鶏胸肉で作った方がいいのでは? しかも、味がかなり濃いので、もっと鶏肉の量を増やしてもいいのでは? そう思い、2回目は、「鶏胸肉900g分」を同じように漬け込んでみました! それが、こちらです。 肉の量は倍近くなのに、味はかなりしっかり! 何なら、もっとお肉を増やしてもよかったくらい!! 淡白な鶏胸肉にしっかりと味が付いて、めっちゃ美味しいです!!! ただし、これでも、しっかり辛いです! 家族みんな、「胸肉」で作った方が美味しい!との判定でした。 100g39円の鶏胸肉にしっかりと味が付いて、ご飯もお酒も進むこと間違いなし! これからの季節にぴったりな調味料でした。 普段の唐揚げに飽きた時に、ぜひおすすめです。 作る際はぜひ、鶏胸肉で! そして、肉の量は倍くらいで作ってみてくださいね。 コスパ最強の、台湾フライドチキン、おすすめです!.

次の

分厚いジューシーなデビルチキンは邪悪な美味しさ!

台湾 フライドチキン

惡魔雞排 逢甲夜市のお店が本店 惡魔雞排は台中をはじめ彰化、台北、桃園、台南など台湾中に現在二十数店ほどを展開する雞排、つまりフライドチキンのチェーン店です。 今回訪れたのは本店である台中の逢甲夜市にあるお店。 お店の場所は逢甲大学沿いの文華路にあるという2階建てのショッピングモールの中。 この辺りは逢甲夜市のメインストリートとも言える場所で特に人通りが多い場所。 時間帯によっては満員電車のような状態になることもあります。 逢甲歡樂星の入口です。 ちなみにここにはトイレがあるので覚えておくとよいと思いますよ。 中に入ってみましょう。 ショッピングモールというより屋内にある夜市という感じですね〜。 なぜかアサヒビールの提灯が(笑)。 飲食店以外にもアクセサリーなどを販売する雑貨店や夜市でお馴染みのミニゲームのお店もあります。 中も結構混雑してますね〜。 ここが惡魔雞排のお店。 人気店なので当然のように行列が出来ています。 このぐらいはまだまだマシな方で時間帯によっては長蛇の列になります。 ちなみに店主らしきお兄さんがフライドチキンを揚げながらマイクパフォーマンスをしているのですが、なかなか面白いのでご覧ください。 人気の秘密は超厚切り この辺りの位置まで来ると注文を聞かれます。 メニューは惡魔雞排と狂爆雞排の2種類なのでそれぞれ何枚欲しいか伝えましょう。 狂爆雞排というのは辛口なので辛いもの好きな人にはおすすめ。 次々とフライドチキンが揚がっていきます。 それにしてもデカい。 というわけで 惡魔雞排ゲットしました。 やっぱりデカい。 台湾のフライドチキンってもうこの大きさがデフォルトって感じがありますよね。 惡魔雞排( 65NTD) そしてこの厚さ! デカいフライトチキンは台湾にたくさんあるのですがこの分厚さが 惡魔雞排がここまで人気のある秘密なのです。 一口食べてみます。 この厚みがお分かりいただけるでしょうか。 もちろんお肉も柔らかくてジューシーで言うことありません。 1枚でお腹いっぱいになるほどの食べ応えあるフライドチキン最高です。 支店もたくさんありますが逢甲夜市に来る機会があれば創始店の 惡魔雞排をぜひ。 店舗情報 住所 ( 台中逢甲總店)台中市西屯區文華路71號(歡樂星五星級D9攤位) 営業時間.

次の