おう りゅう ぶ き。 そうりゅう型最新鋭潜水艦「おうりゅう」進水 初のリチウムイオン電池搭載 防衛省

TVアニメ「りゅうおうのおしごと!」公式サイト

おう りゅう ぶ き

兵庫県神戸市の三菱重工業神戸工場で3月5日、海上自衛隊の新潜水艦「おうりゅう」の引き渡し式が開かれた。 海自の主力潜水艦「そうりゅう型」の11番艦で、リチウムイオン蓄電池搭載の通常動力型潜水艦としては世界初めてとなる。 近く呉基地第1潜水隊群第3潜水隊(広島県呉市)に配備され、警戒監視活動などに当たる。 海自によると、おうりゅうは全長84メートル、全幅9. 1メートル、基準排水量2950トンで、水中速力は約20ノット。 乗員は約65人。 建造費は約660億円。 3月5日に引き渡し式を終えた海上自衛隊の潜水艦「おうりゅう」(三菱重工業提供) そうりゅう型は世界最大のディーゼル潜水艦で、低振動で静粛性に優れ、世界有数の高性能艦として知られている。 そして、長時間潜航可能な非大気依存推進(AIP)機関を海自として初めて搭載する。 外気を必要としないAIPにはいくつかの方式があるが、そうりゅう型10番艦の「しょうりゅう」までは水中の航続時間を延ばすためのスターリングエンジンを搭載している。 スターリング機関による発電方式は長時間の潜航能力に優れている。 鉛電池に替えて、GSユアサが開発したリチウムイオン蓄電池を搭載する。 リチウムイオン電池技術を採用し、ディーゼルエンジンを使う通常動力型潜水艦は、実は日本が世界で初めてだ。 この点で、おうりゅうは日本の最新技術の結晶と言える。 リチウムイオン電池の蓄電量は鉛酸電池の2倍以上といわれ、水中航行能力が高くなり、潜航時間も大幅に延ばすことができる。 おうりゅうに続く、そうりゅう型の最終艦の12番艦となるのが「とうりゅう」だ。 2019年11月6日にその命名・進水式が川崎重工業神戸造船所で行われた。 (参考記事:) 3月5日に引き渡し式を終えた海上自衛隊の潜水艦「おうりゅう」(三菱重工業提供) 海上自衛隊は、そうりゅう型の後継艦として、今後は新型のソナーシステムを装備して探知能力などが向上した新型潜水艦(3000トン型)を配備する。 海上幕僚監部広報室によると、三菱重工業神戸造船所でその1番艦、川崎重工業神戸造船所でその2番艦がそれぞれすでに建造中だ。 2019年度予算ではその3番艦建造費として698億円、2020年度予算ではその4番艦建造費として702億円がそれぞれ計上されている。 (参考記事:) 日本の潜水艦は三菱重工業神戸造船所と川崎重工業神戸造船所が隔年で交互に建造している。 海自は、おうりゅうの就役で護衛艦48隻、潜水艦20隻の体制を整えたことになる。 そして、2018年12月に閣議決定された新たな防衛大綱に基づき、これを護衛艦54隻、潜水艦22隻に増勢することにしている。 海自7隻目のイージス艦となる護衛艦「まや」は今月中旬に就役する予定だ。 2018年10月に進水した新潜水艦「おうりゅう」(海上自衛隊提供).

次の

「りゅうおうのおしごと!」白鳥士郎氏 藤井聡太七段に脱帽「もうラノベ書かなくていいんじゃないかな」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

おう りゅう ぶ き

2005年から建造している「そうりゅう型」の11番艦で、20年3月の引き渡しを予定している。 全長84メートル、基準排水量2950トン。 水中の速力は約20ノットという。 おうりゅうは従来のそうりゅう型の大幅アップグレード版だ。 従来型と大きく異なるのは、これまでの鉛蓄電池に代えてリチウムイオン電池を搭載した点。 蓄電容量が大幅に増大し、非大気依存推進(AIP)システムの搭載もやめた。 海上自衛隊の潜水艦はディーゼルエンジンを回して発電した電気を蓄電池にためておき、作戦や戦闘の際には電池からの電力だけで艦を動かす。 エンジン音を消し、敵に見つかりにくいようにすることで優勢に戦う。 リチウムイオン電池を搭載することで、行動半径や水中での活動時間が大幅に向上する。 トランプ政権の誕生以降、米国は貿易赤字の解消に向けて防衛装備品の購入拡大を日本に求めている。 特に有償軍事援助(FMS)を通して購入する武器は年々増加している。 「イージス・アショア」のように高性能の武器の確保につながる一方、ライセンス生産と異なり国内の防衛産業への恩恵は乏しい。 ブラックボックスとなるため、技術力の向上にもつながりにくい。 艦艇は造船業の基盤が厚い日本が独自技術を持つ分野だ。 次期戦闘機では国産化に暗雲が垂れこめる。 国内の技術力が生き、性能への評価も高い潜水艦は残された「牙城」といえる。 商船で中国や韓国勢に押されている総合重工の造船部門にとって、防衛需要は重要な収益源になっている。 おうりゅうは三菱重工が建造するそうりゅう型の最後の艦。 今回の建造で培ったリチウムイオン電池などの最新技術は次の3000トン型潜水艦にも使われる見通しだ。 国産防衛装備の技術力を維持し、国内防衛産業の基盤を保てるかの正念場を迎えている。 (朝田賢治).

次の

三菱重工の最新鋭潜水艦「おうりゅう」が進水 :日本経済新聞

おう りゅう ぶ き

将棋を題材にしたライトノベル「りゅうおうのおしごと!」の白鳥士郎氏が4日、自身のツイッターを更新。 この日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第91期棋聖戦の挑戦者決定戦で永瀬拓矢二冠(27)を破り、最年少タイトル挑戦を決めた将棋の藤井聡太七段(17)に脱帽した。 藤井七段は5番勝負出場時(今月8日開幕)に17歳10カ月20日。 屋敷伸之九段(48)が1989年12月に記録した17歳10カ月24日を30年ぶりに更新した。 白鳥氏は「私が『りゅうおうのおしごと!』を書き始めた頃、将棋界には『絶対に破られない』とされる記録が2つありました。 1つは神谷(広志)先生の(公式戦)28連勝(藤井四段が2017年6月に29連勝をマークし、連勝記録の歴代単独トップ)。 もう1つが屋敷先生のタイトル挑戦最年少記録。 ラノベなので、そのうちの1つを破らせた設定にしたんですが、現実さんは1人の少年に2つとも破らせちゃうとか…。 もう俺ラノベ書かなくていいんじゃないかな」と驚き。 「最後の最後、永瀬先生が馬を動かす鬼手を放り込んだ後にすぐスーツを羽織ったシーン。 藤井先生の記録的瞬間のために礼を尽くしつつも手は抜かず、さらに『藤井さんなら、これくらい完璧に対応するでしょ』と互いを信用し合ってることが垣間見えてグッときた。 今後も名勝負を期待しています」と2人を称えた。

次の